2008年09月18日 18:30 [Edit]

VMWare Fusion 2 がすごい件

初出2008.09.02; 2008.09.18:RCが取れたので更新

で、諸般の事情でどうしてもVersion 2.0の一部機能が必要になって、RC 1を使ってみたのだけど....

404 Blog Not Found:VMWare Fusion で FreeBSD-7.0 + KDE-3.5.8
というわけで、遅ればせながら VMWare Fusion で遊んでみたのだが、いいわこれ。

すごいわ、これ。

[追記2008.09.18 RCが取れた2.0はこちら → VMWare Fusion - VMWare]


まず、目立つのがこちら。

vmware-unity-2.0

Unity、Parallels Desktop で言うところの Coherence が、見ての通りWindowsだけではなくLinuxにも対応した。UbuntuだとAutomatic Installにも対応していて、Windowsのようにデフォルトアカウントの作成とVMWare Toolsのインストールまでやってくれたりする。LinuxのサポートがもうほとんどWindowsなみ。

でも、本当にすごいのが、これ。

OSX-in-OSX

そうです。OS X の中で OS X を動かせるんです。

それも、単に「インストールできる」というレベルでなくて、ちゃんと VMWare Tools も用意されているという。

Parallels Server も同様の機能を提供しているようですが、Parallels Desktopとは今のところ別製品。しかしVMWare Fusionはそういう「差別」はないようです。

もっとも、Appleのライセンスの関係で、インストールできるのは Mac OS X Server のみだそうで。Host OS が Client で Guest OS が Server というのもちょっと変。仮想マシンは今や「常識」でもあるので、このあたりはAppleにもライセンスの見直しをお願いしたいところ。

その他にも、地味なところがすごくよくなっている。

  • GUIで設定できる項目が圧倒的に増えた。Ver. 1までは Linux/Windows 版のソフトをそのまま「OS X に移植しました」という感じで、ちょっと変わった設定だとすぐに*.vmxファイルを手で編集という感じだったけど、複数ディスクの追加なども System Preferences に似たようなUIで出来るようになった。
  • それでも、*.vmxの直接編集が必要な項目はまだ多い。Firefoxのabout:configのような編集画面があればいいのに。
  • Ubuntuでも共有フォルダーがちゃんと使えるようになった。以前から実はあったようなのだけど、Ver. 1付属のVMWare Toolsは共有フォルダーを実現するvmhgfsのビルドに失敗していた。ただし注意が必要。Guest側から書き込むためには、LinuxユーザーのUIDをOS X側と同じにしなければならない(通常は501。これに対してUbuntuのデフォルトは1000)。UIDをマップする機能はないのだろうか。
  • VMWareの仮想ディスクをDisk ImageをマウントするようにマウントするVMDKMounterが便利。/Library/Application\ Support/VMware\ Fusion/にある。ここに.vmdkを drag & drop するか、コマンドラインで
  • % open -a /Library/Application\ Support/VMware\ Fusion/VMDKMounter.app path/to.vmdk
    
    とすればよい。実はこれがVersion 2が必要だった最大の理由だったりして。
  • 仮想ディスクの容量が後から増やせるようになった。ただし、VMWare Fusion側で増やした後、Guest OS側でも拡張のための措置が必要

というわけで正式リリースが待たれますが、Release Candidate だけあって、安定度ではVersion 1と同等かさらに上というのが使用感です。Version 1のユーザーは無料でアップグレードできます。

というわけで、どうしても Version 1 ではかゆいところに手が届かない人は是非。

Dan the Man with Too Many CPUs to Tame, Virtual and Physical


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
APPLE iMac 21.5インチ3.06GHz 500GB MB950J/A アップル というわけで、家族共用のiMacを、G5から五年ぶりに更新したのですが、これが素晴らしい。 何が素晴らしいかというと、メモリーが2GBから8GBと一挙四倍になったこと。 これだけあると、俄然生きてくるのが VMW...
VMWare Fusion 3 と新型iMacの相性が最高な件【404 Blog Not Found】at 2009年11月07日 22:00
■VMWare Fusion 2 がすごい件 後で読む 良さそう 俺の弱小スペックのThinkpad X30ちゃんではぴくりとも動かないんだろうな… 300ホシス… Ubuntuで遊びたいゼ… VMwareってマジすごいよ! 今後の成り行きによっては第二のマイクロソフトになりうる可能性を持つ...
VMWare Fusion 2 がすごい件【クマログ 2ch系面白ブログ】at 2008年09月03日 13:44
この記事へのコメント
はじめまして。いつも楽しませていただいています。
UIDのマッピングはvmhgfsのmountオプションでuid指定が出来るようです。

mount -t vmhgfs ... -o default,ttl=5,uid=hogehoge
Posted by nyamap at 2008年09月16日 10:10