2008年09月24日 13:00 [Edit]

それを知らなかったことは知ってはじめて知る

違う。

[を] 「ブログの読者」が知らないだけ情報を情報発信しさえすればよいかと
ブログは「他の人が知らないこと」を書く必要はなく、
「ブログ読者が知らないこと」を書けばよいんですよね。

だって、私はこれを読んでいるあなたが何を知らないか、知らないもの。


実のところ私は、自分が何を知らないかすら知らない。「無知の知」どころじゃない。「無知の無知」だ。ムチムチだ。確かにムチムチな体型ではある。

メタボはさておき、実は自分が何を知っていて、何を知らなかったのかというのは、その「知」に触れてみないとわからないのではないか。

ここに書いてあることは、あなたがもう百万回も目にしたことかもしれない。他でもっとわかりやすく洗練された形で紹介されていることかも知れない。いや、多分そうだろう。

しかし、私は知らなかった。知らなかったことさえ知らなかった。

そしてそれを知ることで、私の中の何かが変わった。

そういうことを、書いていけばいい。

書いてみて、はじめて自分が何を知らなかったのかを知ることが出来るのだから。

「そんなの誰でも知っている」?「もう聞き飽きた」?私の知ったことじゃない。

ここはあくまで小飼弾が知ったことを小飼弾が書く場。そこにたまたまあなたの知らなかったことがあるのかも知れない。あなたに役に立つことがあるのかも知れない。でも、そうなるかどうかは、書いてみるまでわからない。

結局このblogがこれだけ続いているのも、私が何を知らないのか、当の本人が知らないからかも知れない。

Dan the Ignorant in Bliss


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
もう、2年以上もこのブログを運営していますが、いまだに良く考える事だし、その時...
ブログ考:誰のために何を書くのか【creazy photograph】at 2008年10月02日 23:29
そもそもが私のインタビュー記事に端を発していることもあり、弾ちゃんとたつをさんの
ブログの読者は過去でも現在でも未来でも全部欲しいと贅沢にも思ってます【[mi]みたいもん!】at 2008年10月02日 13:45
先日の記事[2008-09-23-3]で、「ブログで情報を広く発信したい、そのためにみんなが知らない ...
[を] 「想定読者」と「ブログを書き続ける目的」について【たつをのChangeLog】at 2008年09月30日 01:15
嗚呼  遥か純一郎の時代。 [【小泉元首相政界引退】「彼らしい」と石原都知事 猪瀬副知事や本間近大教授も惜しむ声 - MSN産経ニュース] asahi.com(朝日新聞社):小泉元首相引退に橋下知事「僕の改革なんてハナクソ」 [小泉元首相、記者だけが....
2000年紀少年【今北プロレス】at 2008年09月26日 22:05
「404 Blog Not Found」の子飼弾さんがこんなことを書いていらっしゃいます。 「メタボはさておき、実は自分が何を知っていて、何を知らなかったのかというのは、その「知」に触れてみないとわからないのではないか。 ここに書いてあることは、あなたがもう百万回も目...
【日誌】「自分が知らなかったということさえ知らなかった」【神奈川横浜のスポーツ整体&スポーツカイロプラクティック】at 2008年09月26日 12:57
「[を] 「ブログの読者」が知らないだけ情報を情報発信しさえすればよいかと」 「404 Blog Not Found:それを知らなかったことは知ってはじめて知る」を読んで。 ブログで何を情報発信していくかって話題。 ブログは「他の人が知らないこと」を書く必要はなく、 「ブログ読者
[blog]自分に書けること【北の大地から送る物欲日記】at 2008年09月25日 17:19
それを知らなかったことは知ってはじめて知る たつをさんのところの記事について書か...
ブログって、改めておもしろいなと思った【独立起業家ネットビジネスブログ:実践起業!成功への道。blogで人脈は作れるか?】at 2008年09月25日 09:26
先ほどのエントリと、対を成すような話を見つけたのでリンク。 dankogaiさんの話は知らないことを知らないから、知っていることを書ける。と...
知っていることを知っているのも難しい【若だんなの新宿通信】at 2008年09月24日 18:33
ブログをやめる人もいれば、ブログを始める人もいる。 「書く事が無い」といってやめる人もいれば、 「何を書いていいかわからない」から姮..
あなたがブログを書く理由。私がブログを書く理由。【若だんなの新宿通信】at 2008年09月24日 14:39
 昨日、夕方のニュース番組で、自殺願望があったり、親の手に負えなくなった中高生を
自分の子供と、ちゃんと向き合っていますか?【「走れ!プロジェクトマネージャー!」】at 2008年09月24日 14:30
この記事へのコメント
いや、blogに書くことは本当の意味で「何でも」いいんですよ。
そして、すでにある程度そのようになっています。


ある程度「本気」で書いてる人とかは、その辺に気づいてないか、
価値を理解してないんです。


ある程度「本気」の人から見ると、
個人的な雑記なんかどうでもいいと思えるんですが、
というか、
blogエントリの99%超はそういう価値なんか全くない(わたくしは全くそう考えませんが)情報しかないんです。




Posted by tak at 2008年09月27日 16:33
似たような話を、2003年くらい?に書いたことがありますねー。
http://coolsummer.typepad.com/kotori/2003/10/post_23.html
ブログ書くのが嫌いにならないためには必要なコンセプトだと思います。
Posted by いちる at 2008年09月27日 02:11
そのとおり!


と声を大にして言う程でもなかったりして。^^;
あまりに弾さんのおっしゃる事が当たり前すぎて。
むしろ何故に弾さんがリンク先のエントリに反応されたのかに興味があったり。。
Posted by k.yoshioka at 2008年09月25日 18:19
「姫テレビ」でクイズタイム小学生を思い出した。それだけなんですが。

…とあんまりなので。
エントリに対して「価値ナシ」ってコメントするのはとても的外れなんだ、ってことを暗に言っているわけですね。
Posted by randomize at 2008年09月25日 11:30
新しい知識を得たときの感動の共有ですね。
Posted by Lill at 2008年09月25日 08:52
昔、「姫テレビ」という深夜番組で「無知無恥」という劇団だかグループが出ていて、「日本語バイリンガル教室」とかやっていたのを思い出しました。いや、それだけなんですが。
Posted by ramblelazy at 2008年09月24日 22:52
貴方のエントリは大抵、僕に何かを与えています。
一応 応援のつもりです。
これからも頑張って。
Posted by 凉平 at 2008年09月24日 17:56
ムチムチうけましたw
Posted by ジャル at 2008年09月24日 16:05
はじめまして。
いつもブログ読んでいます

>私は知らなかった。知らなかったことさえ知らなかった。
>そしてそれを知ることで、私の中の何かが変わった。
>そういうことを、書いていけばいい。
>書いてみて、はじめて自分が何を知らなかったのかを知ることが出来るのだから。

本当に、そう、
知らないことを知ったって言う驚きをもっとみんな大切にしていってほしいって
本当に思います。
驚きに体を定着させて
体が驚きにもっと敏感に働くことで
創造的なことってできるんじゃないかなあって。
そう思いました。改めて。

Posted by イダヅカマコト at 2008年09月24日 13:38