2008年10月13日 18:00 [Edit]

Indivisual we are not - 書評 - 英会話ヒトリゴト学習法

著者より献本御礼。

NED-WLT : 新刊、『英会話ヒトリゴト学習法』が出ます。
この疑問について、あくまで仮説ではありますが、僕なりに満足する解答を得ました。英会話の力は、たとえ完璧な自動翻訳機ができたとしても、その重要性は色あせません。この仮説が、日本人の英語力の底上げにつながることを夢見つつ、英会話の力を養うための具体的な学習法をまとめたのが本書です。

著者の本としては、最も役立てづらく、しかしそれだけに面白かった一冊。

本書を読んで英会話が出来るようになるのは、「はじめての課長の教科書」を読んで課長になるより難しいと弾言しておく。「本書を読んでも英会話がうまくなりませんでした」というのはお門違い。

そんな「小さな」ことではないのだ、著者の真意は。


本書「英会話ヒトリゴト学習法」の主題は、英会話、ではない。「課長の教科書」の主題が、実は「課長」ではないように。

本書の主題は、なんと人格なのである。

目次 - Amazonより
理論編
  1. 英語を学習する理由
  2. 英語の学習はなぜ難しいのか
  3. スピーキングはなぜ特に難しいのか
  4. 英会話ヒトリゴト学習法
  5. ヒトリゴト学習法の理論的なポジショニング について
実践編レベル1 ヒトリゴトによる基本語彙の形成
  1. 学習法の背景(レベル1)
  2. ヒトリゴト学習法(レベル1)
実践編レベル2 ヒトリゴトによる発音の矯正
  1. 学習法の背景(レベル2)
  2. ヒトリゴト学習法(レベル2)
実践編レベル3 ヒトリゴトによるビジネス思考の訓練
  1. 学習法の背景(レベル3)
  2. ヒトリゴト学習法(レベル3)
発展編
  1. ヒトリゴト・パートナーを探そう
  2. 文法の世界の、恐ろしいまでの奥深さ
  3. 語源を探る面白さ
  4. 英会話学校について
  5. 短期留学を考える
  6. 英語で夢をみる
解説 赤松 武(外務省国際協力局政策課)

著者は、「一言語一人格」を説く。速い話、一つの人格が話せる言語はたかだか一つであり、多言語を話せる人の中には少なくともそれだけの人格がいる、ということである。

さすれば、英会話を学習するためには、英語だけ話す人格を「一人」育てなければならない。そうするためにはどうすればよいか、というのが本書のHowの部分であるが、「特定の機能のために特定の人格を育てる」という考えは、英会話でなくても成立する。「課長」でなくても「課長の教科書」が成立するように。

著者の魅力は、なんといってもこの「本質」をそのまま書くのではなく、「課長」や「英会話」といった、よく知られた、しかしよく知られるだけにこういう「乗せ方」がなかなか思いつかない、意外な「乗り物」に乗せて出すところにある。この意外性ゆえに、著者の言葉は忘れられないものとなっていくのだ。

この「一言語一人格」というのは、さらに細かく「一機能一人格」になるかも知れない。私の実感としてはそうだ。同じ英語を話すときでも、毒づくときと論文を書く時では別の人格が担当していることを私ははっきりと感じ取ることが出来る。

いや、今これを書いていること自体、「脳内会議」の産物である。私の場合、「一人」で考えることはほとんどない。いろいろな「立場」で考えているそれぞれの人格が実存のように認識できるのだ。

しかしそれだと、肉体というハードウェアをどの人格にまかせるかという競合が起きる。私の場合は、「書記人格」が「何人」かいて、それが「脳内会議」をまとめている。ただし「乱暴」な人格が多いので、時々「マイクを奪う」ようなことがおきる。これがちょっとした私の悩みである。

ところで、英語では「個人」のことを"individual"という。以下がOADによる語源(etymology)である。

ORIGIN late Middle English (in the sense [indivisible] ): from medieval Latin individualis, from Latin individuus, from in- ‘not’ + dividuus ‘divisible’ (from dividere ‘to divide’ ).

そう。「これ以上分けられないもの」とある。個人というのはここではAtomicな存在ということになる。

しかし「原子」が実は陽子と中性子から成り、そしてその陽子や中性子がクォークから成り立っているように、individualはatomではない。私にとってこれはしごく当然のことで、むしろ「なぜatomicでない人格群が、自己同一性を保っていられるのか」の方がよほど不思議なのであるが、とりあえずその点はさておき、「alter egoを育てればこういう利点がありますよ」というのが本書の主張である。

その点において、英会話というのは実に巧妙な「かくれみの」である。日本人にとって英会話というのは「ハイコスト・ハイリターン」な技能の代表として扱われている。コストも大きいがリターンも大きい。このコストの大きさ故に、リターンを得る段階を前にして過半の人々が脱落する。

しかし、英会話が単なる技能ではなく実は人格だとしたら?

今までかけてきた、そしてこれからかけるであろうコストも正当化されうるのではないか。「会話人格の形成」が一種の「子育て」だとしたら、それに匹敵するコストすら容認しうるのである。

オビより
英語ができるビジネスパーソンは、英語ができるから優秀なのではない。「アルターエゴ」を持っているから優秀なのだ。 -- 吉越浩一郎

けだし同感である。

もっとも、社会が個人がindivisualであるという前提で設計されているのも事実であり、それ故「人格統合術」もまた欠かせないはずであり、みなさんこの点をどうしているかがむしろ気になる。人格の多さであれば自信(ってどのegoの?)があるし、それが今の「私」のありように多いに貢献しているのも確かなのだが、「人格による人体の奪い合い」には「我」ながらあきれる日々である。私がどもっている瞬間は、口という「マイクの奪い合い」が起こっている瞬間であり、私の肉声を聞けばそれがどれだけ煩雑かはおわかりいただけるかと思う。

みなさんは、どうやってあまたの人格を統合として「個人」としてふるまっていらっしゃるのだろうか。

これぞ、私の全人格が異口同音に唱える「ヒトリゴト」なのである。

Dan the Society of Egos

See Also:

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
出版社より献本御礼。 ほら、あの「アレ」は・・・なんだっけ? Martha Lear / 藤井留美訳 [原著:Where Did I Leave My Glasses?] タイトル、秀逸すぎ!原著の"Where Did I Leave My Glasses?"よりさらにイイ! あと、設問と回答が「ゆるい」のもいい。この手の....
We are what we remember - and forget - 書評 - ほら、あの「アレ」は…なんだったっけ?【404 Blog Not Found】at 2010年04月20日 19:30
  すでに今年は英語の勉強本を2冊紹介させていただきました。 ▼【本】レバレッジ英語勉強法−やっぱり英会話スクールは使わなきゃ駄目かもね ▼【本】村上式シンプル英語勉強法―30歳過ぎから英語を使えるようになるために必要な努力の水準とは? 今は上記2冊それ...
【本】英会話ヒトリゴト学習法―英語学習本のようで英語学習本でないような、英語学習本【企業法務マンサバイバル】at 2008年12月05日 07:28
間違いなく、kennのエッセイのベスト。 英語の世紀に生きる苦悩:江島健太郎 / Kenn's Clairvoyance - CNET Japan私には、英語コンプレックスがある。
英語の世紀で日本語を話せるよろこび【404 Blog Not Found】at 2008年11月11日 19:44
英会話ヒトリゴト学習法 酒井 穣 (著) 英会話の学習法について書かれているよ...
英会話ヒトリゴト学習法 酒井 穣 (著)【ビジネス書スクエア】at 2008年10月16日 17:01
この記事へのコメント
昔から言ってますが、
翻訳をしてる時間なんか、
待ってくれませんからね。

ボクシングの選手で、
シャドウボクシングしてる人が
強いのと同じです。

http://www.pat.hi-ho.ne.jp/higekuma-kun/daigakuin/e_study/index1.html
Posted by higekuma3 at 2008年10月16日 13:52
この記事を書いてるのは弾さんの中の三木なのか、後藤なのか・・・。
Posted by しま at 2008年10月14日 17:18
マサル一人会議ですね、わかります。
Posted by うすたファン at 2008年10月14日 11:31
米国に住んでいたころ、英語を話すときの自分のキャラと、日本語を話すときの自分のキャラが違うのは、なんとなく気づいていました。

「全人格が異口同音に唱える」
は私にはないのですが、気持ちはわかります。
Posted by ひ at 2008年10月13日 23:46
他人の人格の話に口を挿むようで恐縮ですが、
「私の全人格が異口同音に唱える」
っていうのは言い過ぎなんじゃ…と思いました。
唱えてないのが何人か居そうな感じ。

「脳内会議」が頻繁に出てくるマンガ、「Bバージン」を思い出しました。
Posted by 11031 at 2008年10月13日 22:11