2008年11月05日 21:00 [Edit]

惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full

私はCNNで観たのだけど、同時通訳を殺して観たので、妻から「日本語マダー」要求が。

というわけで以下に。


なお、原文も少し直してあります。たとえば"Victory belongs to you"が繰り返されているところなど。

Dan the Translator

If there is anyone out there who still doubts that America is a place where all things are possible; who still wonders if the dream of our founders is alive in our time; who still questions the power of our democracy, tonight is your answer.

どんなことも可能なのがアメリカだということに疑念を抱いている方、建国者たちの夢がまだ生きているのだということに、そしてわたしたちの民主主義の力に疑念を抱いている方、今夜がその答えです。

It's the answer told by lines that stretched around schools and churches in numbers this nation has never seen; by people who waited three hours and four hours, many for the very first time in their lives, because they believed that this time must be different; that their voice could be that difference.

教会や学校に現れた長蛇の列が、そこで3時間も4時間も待っていた人々が、そこで生まれて初めて投票した人々が、その答えを出したのです。今回は違うのだと、今回は違う声をわたしたちはあげたのだ、と。

It's the answer spoken by young and old, rich and poor, Democrat and Republican, black, white, Latino, Asian, Native American, gay, straight, disabled and not disabled – Americans who sent a message to the world that we have never been a collection of Red States and Blue States: we are, and always will be, the United States of America.

答えを出したのは、若者であり老人であり、民主党員であり共和党員であり、黒人、白人、ラティーノ、アジア人、ネイティヴアメリカンであり、ゲイでありストレートであり、障害者でありそうでない人々です。アメリカ人は世界に訴えました。わたしたちはただの個人の集まりではなく、赤(共和党)と青(民主党)の州の集まりではなく、合衆国なのだと。これまでも。そしてこれからも。

It's the answer that led those who have been told for so long by so many to be cynical, and fearful, and doubtful of what we can achieve to put their hands on the arc of history and bend it once more toward the hope of a better day.

歴史というものに手をかけ、より良い明日に引き寄せることができるのだということに対する疑念、恐怖、そして冷笑に対する、答えががこれなのです。

It's been a long time coming, but tonight, because of what we did on this day, in this election, at this defining moment, change has come to America.

先は長くとも、今夜、今日、この選挙という決定的な瞬間にわたしたちの行動が、アメリカに変革を呼び寄せたのです。

I just received a very gracious call from Senator McCain. He fought long and hard in this campaign, and he's fought even longer and harder for the country he loves. He has endured sacrifices for America that most of us cannot begin to imagine, and we are better off for the service rendered by this brave and selfless leader. I congratulate him and Governor Palin for all they have achieved, and I look forward to working with them to renew this nation's promise in the months ahead.

マケイン上院議員から、感謝のこもった電話がきました。彼はこの長い選挙戦を戦い、そしてそれよりも長く困難な戦いを愛する国のために戦ってきました。彼は想像することさえ難しい犠牲に耐え、その無私なる献身の結果として、わたしたちはよりよい今日を享受しています。彼とペイリン知事の偉業を讃え、彼らとともにこの国の約束を新たにすることを熱望しています。

I want to thank my partner in this journey, a man who campaigned from his heart and spoke for the men and women he grew up with on the streets of Scranton and rode with on that train home to Delaware, the Vice President-elect of the United States, Joe Biden.

この長い旅を共に歩み、スクラントンの街角の人々のためにデラウェアから列車で通い続けてきた、次期副大統領ジョー・バイデンに感謝します。

I would not be standing here tonight without the unyielding support of my best friend for the last sixteen years, the rock of our family and the love of my life, our nation's next First Lady, Michelle Obama. Sasha and Malia, I love you both so much, and you have earned the new puppy that's coming with us to the White House. And while she's no longer with us, I know my grandmother is watching, along with the family that made me who I am. I miss them tonight, and know that my debt to them is beyond measure.

この16年間、家族の礎であり、私の愛の源であり、そして最も大切な友人であり続けた、次期ファースト・レイディであるミシェル・オバマなしには、今夜この場に私がいることはなかったでしょう。サーシャにマリア、愛してるよ。君たちの新しい子犬たちと一緒にホワイトハウスに行こうね。そしておばあさん。あなたはもうここにはいないけれども、私を私にしてくれた家族とともに見守ってくれていたことを承知しています。彼らの恩は計り知れません。

To my campaign manager David Plouffe, my chief strategist David Axelrod, and the best campaign team ever assembled in the history of politics – you made this happen, and I am forever grateful for what you've sacrificed to get it done.

今回の選挙を統括してくれたディヴィッド・プローフにチーフストラテジストのディヴィッド・アクセルロッドに、選挙至上最高のスタッフたち。これは君たちの成果です。君たちの犠牲には、一生感謝しなければなりません。

But above all, I will never forget who this victory truly belongs to – it belongs to you. It belongs to you.

しかし、この勝利が誰のものか、私は終生忘れません。これは、あなたたちの勝利です。あなたたちの勝利なんです。

I was never the likeliest candidate for this office. We didn't start with much money or many endorsements. Our campaign was not hatched in the halls of Washington – it began in the backyards of Des Moines and the living rooms of Concord and the front porches of Charleston.

私は最後まで最有力候補ではありませんでした。当初は資金も支持も微々たるものでした。わたしたちの選挙戦が始まったのはワシントンのホールではなく、デモインの裏庭であり、コンコードの居間であり、チャールストンの玄関先だったのです。

It was built by working men and women who dug into what little savings they had to give five dollars and ten dollars and twenty dollars to this cause. It grew strength from the young people who rejected the myth of their generation's apathy; who left their homes and their families for jobs that offered little pay and less sleep; from the not-so-young people who braved the bitter cold and scorching heat to knock on the doors of perfect strangers; from the millions of Americans who volunteered, and organized, and proved that more than two centuries later, a government of the people, by the people and for the people has not perished from this Earth. This is your victory.

この勝利を築いたのは、5ドル、10ドル、20ドルといったなけなしの資金を提供してくれた、額に汗して働く男女です。この勝利を育てたのは、無関心世代という神話を否定した若者たちです。家と家族を離れ、見返りも休みもほとんどない仕事に身を投じてくれた彼らです。酷寒や猛暑の中で、全くの他人の家をノックしてまわってくれた、今はもう若くない人々です。何百万人というアメリカ人がこの戦いに自ら加わり、自ら組織し、そして人民の、人民による、人民のための政府がこの地上から消滅していないことを二百年後に証明したのです。これは、あなたの勝利なのです。

I know you didn't do this just to win an election and I know you didn't do it for me. You did it because you understand the enormity of the task that lies ahead. For even as we celebrate tonight, we know the challenges that tomorrow will bring are the greatest of our lifetime – two wars, a planet in peril, the worst financial crisis in a century. Even as we stand here tonight, we know there are brave Americans waking up in the deserts of Iraq and the mountains of Afghanistan to risk their lives for us. There are mothers and fathers who will lie awake after their children fall asleep and wonder how they'll make the mortgage, or pay their doctor's bills, or save enough for college. There is new energy to harness and new jobs to be created; new schools to build and threats to meet and alliances to repair.

私は知っています。あなたがそうしたのは、私のためではないことを。あなたがそうしたのは、この先に待っている困難がどれほど大きいかを知っているからだということを。今夜は祝杯をあげても、人生最大の挑戦が明日から始まるのだということを。二つの戦争。危機に瀕する地球、今世紀最大の金融危機。今この瞬間にも、イラクの砂漠とアフガニスタンの山々では、勇敢なアメリカ人が命がけでがんばっています。子どもたちを寝かしつけた後、住宅ローンや医療費や教育費が払えるかどうかわからず眠れずにいる父母たちがいます。開拓すべき新エネルギー源、創出されるべき職。新しい学校、対応すべき脅威、そして修復すべき同盟がわたしたちを待ち受けています。

The road ahead will be long. Our climb will be steep. We may not get there in one year or even one term, but America – I have never been more hopeful than I am tonight that we will get there. I promise you – we as a people will get there.

今後の道のりは長く、そして上るべき坂は険しい。一年、いや一期かけてもそこに行くのは難しいでしょう。しかしアメリカよ、今夜ほどそこに行く希望が大きくなったことはありません。約束します。わたしたちは、一つの民としてそこに行くことを。

There will be setbacks and false starts. There are many who won't agree with every decision or policy I make as President, and we know that government can't solve every problem. But I will always be honest with you about the challenges we face. I will listen to you, especially when we disagree. And above all, I will ask you join in the work of remaking this nation the only way it's been done in America for two-hundred and twenty-one years – block by block, brick by brick, calloused hand by calloused hand.

後退や失敗もあるでしょう。大統領として私が下す決断に納得しない人々も少なくないはずです。わたしたちは政府が全ての問題を解決できないということを知っています。ですが、私はわたしたちが直面している問題を、包み隠さずあなたたちに提示するつもりです。むしろ私に賛成しない人々の声にこそ、私は耳を傾けるつもりです。あなたたちにお願いします。この国の再生に、その手を貸してください。過去221年間、そうしてきたように、一つ一つ問題を解決し、一個一個実績を積み上げていくしかないのですから。

What began twenty-one months ago in the depths of winter must not end on this autumn night. This victory alone is not the change we seek – it is only the chance for us to make that change. And that cannot happen if we go back to the way things were. It cannot happen without you.

21ヶ月前、真冬に始まった旅を、この秋の夜に終わらせてはなりません。この勝利そのものは、わたしたちの求めた変革ではありません。その手がかりに過ぎないのです。いままでどおりのやり方では、変革はおきません。あなたなしでは、それはありえないのです。

So let us summon a new spirit of patriotism; of service and responsibility where each of us resolves to pitch in and work harder and look after not only ourselves, but each other. Let us remember that if this financial crisis taught us anything, it's that we cannot have a thriving Wall Street while Main Street suffers – in this country, we rise or fall as one nation; as one people.

愛国の精神を呼び戻しましょう。それぞれのわたしたちだけではなく、お互いの面倒を見て、責任と負担を分かち合う精神を。この金融危機の教訓は、あなたの街をないがしろにしたまま、ウォール街をはやらせることはできないということです。この国では、わたしたちは共に栄え、共に廃れるのです。一つの国、一つの民として。

Let us resist the temptation to fall back on the same partisanship and pettiness and immaturity that has poisoned our politics for so long. Let us remember that it was a man from this state who first carried the banner of the Republican Party to the White House – a party founded on the values of self-reliance, individual liberty, and national unity. Those are values we all share, and while the Democratic Party has won a great victory tonight, we do so with a measure of humility and determination to heal the divides that have held back our progress. As Lincoln said to a nation far more divided than ours, "We are not enemies, but friends…though passion may have strained it must not break our bonds of affection." And to those Americans whose support I have yet to earn – I may not have won your vote, but I hear your voices, I need your help, and I will be your President too.

わたしたちの政治を長いこと毒してきた、幼稚な分断主義の誘惑をはねのけましょう。ホワイトハウスで最初の共和党大統領が、この州(イリノイ)から出たことを忘れないでください。自立、自由、そして国としての統一性を基盤とする党です。これらの価値を、わたしたちは党を超えて共有しているのです。今宵は民主党の大勝利ですが、わたしたちの進歩の障害となっている国民の分断を、わたしたちは修復せねばなりません。今よりさらに分断されていたこの国に対してリンカーンが言ったのは、「わたしたちは敵ではない、友人なのだ。情熱は異なれど、愛情で結ばれた絆を断ち切ってはならない」ということです。私を今だ支持しないアメリカ人のみなさん、私はあなたの票を獲得しなかったかも知れませんが、私はあなたの声に耳を傾けます。私にはあなたの助けが必要です。わたしは、あなたの大統領でもあるのですから。

And to all those watching tonight from beyond our shores, from parliaments and palaces to those who are huddled around radios in the forgotten corners of our world – our stories are singular, but our destiny is shared, and a new dawn of American leadership is at hand. To those who would tear this world down – we will defeat you. To those who seek peace and security – we support you. And to all those who have wondered if America's beacon still burns as bright – tonight we proved once more that the true strength of our nation comes not from our the might of our arms or the scale of our wealth, but from the enduring power of our ideals: democracy, liberty, opportunity, and unyielding hope.

そして、今晩の出来事を海外で目にした、議会や宮殿のみなさん。そして路地裏のラジオでこれを聞いている皆さん。この物語はあなたたちのものではありませんが、あなたたちとわたしたちは、運命を共にしています。アメリカのリーダーシップの夜明けがかかっています。この世界を引き裂くものたちを、わたしたちは遠慮なしに討ちます。そして平和と安全を求めるものたちに、わたしたちは遠慮なく手をさしのべます。アメリカという灯台が今も輝いているか疑問を持つ皆さん。わたしたちは今夜それを証明しました。わが国の力の源が、軍事力にでもなく、経済力にでもなく、尽きることのない理想にあるのだということを。民主、自由、可能性、そして確固たる希望にあるのだということを。

For that is the true genius of America – that America can change. Our union can be perfected. And what we have already achieved gives us hope for what we can and must achieve tomorrow.

それこそが、アメリカの天賦なのです。アメリカは、変われるのだということが。わたしたちの絆はさらに高められるのです。そしてわたしたちが今日までに成してきたことが、明日からわたしたちに出来て、そしてやらねばならぬことをやってのけられるのだという希望になるのです。

This election had many firsts and many stories that will be told for generations. But one that's on my mind tonight is about a woman who cast her ballot in Atlanta. She's a lot like the millions of others who stood in line to make their voice heard in this election except for one thing – Ann Nixon Cooper is 106 years old.

この選挙は空前の出来事に満ちています。このことは代々語り継がれていくことでしょう。ここでは一つだけ、アトランタで投票した女性のことに触れておきます。一票を投じるために長い長い列に並んでくれた何百万人の人々と、彼女は変わるところはありません。彼女、アン・ニクソン・クーパーが106歳だということを除いては。

She was born just a generation past slavery; a time when there were no cars on the road or planes in the sky; when someone like her couldn't vote for two reasons – because she was a woman and because of the color of her skin.

彼女が生まれたのは、やっと奴隷制度が廃止された頃です。車というものはなく、道路もましてや飛行機もありません。そして、二つの理由により、投票権もなかったのです。彼女は女性で、そして非白人だったのです。

And tonight, I think about all that she's seen throughout her century in America – the heartache and the hope; the struggle and the progress; the times we were told that we can't, and the people who pressed on with that American creed: Yes we can.

そして今夜、私は彼女が生き抜いたアメリカの一世紀に心をはせます。その心の痛みと希望に、その闘争と進歩に。「出来ない」と言われ続けてきたことに、そしてアメリカを突き動かしてきたその信念に、Yes we can -- わたしたちなら出来る、という信念に。

At a time when women's voices were silenced and their hopes dismissed, she lived to see them stand up and speak out and reach for the ballot. Yes we can.

女性の声が無視され、希望が封じられてきても、彼女は立ち上がり、声を発し、そして投票に向かったのです。Yes we can

When there was despair in the dust bowl and depression across the land, she saw a nation conquer fear itself with a New Deal, new jobs and a new sense of common purpose. Yes we can.

大恐慌がこの国に吹き荒れた時、彼女が目にしたのは、ニューディール政策と、それが生み出した新規雇用と共通の目標でその恐怖を乗り越えたこの国の姿でした。Yes we can.

When the bombs fell on our harbor and tyranny threatened the world, she was there to witness a generation rise to greatness and a democracy was saved. Yes we can.

爆弾が湾に降り注ぎ、暴君が世界を恐喝していた時、彼女は目撃したのです。それに対して立ち上がり、民主主義を守り抜いた人々の姿を。Yes we can.

She was there for the buses in Montgomery, the hoses in Birmingham, a bridge in Selma, and a preacher from Atlanta who told a people that "We Shall Overcome." Yes we can.

彼女は、モントゴメリーのバスや、バーミングハムの放水や、そしてセルマの橋も目にしました。そして聞いたのです。アトランタの宣教師が、「わたしたちは乗り越える」(We Shall Overcome)と説くのを。Yes we can.

A man touched down on the moon, a wall came down in Berlin, a world was connected by our own science and imagination. And this year, in this election, she touched her finger to a screen, and cast her vote, because after 106 years in America, through the best of times and the darkest of hours, she knows how America can change. Yes we can.

人類が月に到達し、ベルリンの壁が崩壊し、想像力と科学力が世界を繋ぎました。そして今年、この選挙で、彼女はタッチスクリーンに指を触れ、投票をすませたのです。アメリカにおける106年の人生を通して、彼女は最良の時も最悪の時も目にしてきたのです。彼女は知っています。アメリカが、変われるのだということを。Yes we can.

America, we have come so far. We have seen so much. But there is so much more to do. So tonight, let us ask ourselves – if our children should live to see the next century; if my daughters should be so lucky to live as long as Ann Nixon Cooper, what change will they see? What progress will we have made?

アメリカよ。わたしたちはこれほどの高みに来ました。これほどのものを目にしてきました。しかしやらねばならぬことはさらに多いのです。わたしたち自身に問いかけようではありまえせんか。もし子どもたちが次の世紀を迎えるのだとしたら、私の娘たちがアン・ニクソン・クーパーと同じぐらい運良く長生きしたとしたら、彼らが目にする変化がどれほどのものであるのか。わたしたちがたどりついた進歩がいかほどのものであるのか。

This is our chance to answer that call. This is our moment. This is our time – to put our people back to work and open doors of opportunity for our kids; to restore prosperity and promote the cause of peace; to reclaim the American Dream and reaffirm that fundamental truth – that out of many, we are one; that while we breathe, we hope, and where we are met with cynicism, and doubt, and those who tell us that we can't, we will respond with that timeless creed that sums up the spirit of a people:

その問いに答える機会が今なのです。今、この瞬間、わたしたちが子どもたちの機会への扉を開くのです。繁栄を取り戻し、平和を振興するのです。アメリカンドリームを取り戻すのです。そして、根源的な真実を再確認するのです。多からなる一が、わたしたちなのだと。息をしながらでも、希望は持てるのです。冷笑や疑惑や、「できるわけがない」という言葉に取り囲まれても、わたしたちは皆の信念を集めてこう言い返せるのです。

Yes we can.

Thank you, God bless you, and may God Bless the United States of America.

ありがとう。あなたに神の加護があらんことを。アメリカ合衆国に神の加護があらんことを。

See Also:

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full
404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full【】at 2012年01月20日 09:37
早川書房高橋様より、まさかの献本御礼。 夏への扉 Robert A. Heinlein / 小尾芙佐訳 [原著:The Door Into Summer] 全く同じ作品なのに、これほど印象が変わるとは。 1988年にこの宇宙を去った著者に、見せて上げたい。 我々が、どれほど遠くに来たのかを。 ...
事実は小説より喜なり - 書評 - 夏への扉 [新訳版]【404 Blog Not Found】at 2009年08月05日 16:21
以前、「Barack Obama’s Victory Speech - 動画、英文」の記事で、 オバマさんの勝利演説について書きましたが、 最近、オバマさんの演説の英文に関連した検索で来られる方が多いです。(^^ 上...
Obama’s Inaugural Speech - 動画、英文【日々これ修行】at 2009年01月22日 00:57
献本キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!! オバマ ホワイトハウスへの道 これを読まずして、今年のまとめ記事も書けなかったのよ。 ディスカヴァー社長室blog: It's TIME for DISCOVER ●干場 その第一歩というには少しミーハーかもしれないけれど、今や世界のほと...
なんと長く偉大な助走 - オバマ ホワイトハウスへの道【404 Blog Not Found】at 2008年12月25日 13:23
16歳から大学卒業までアメリカで過ごした私にとって、アメリカという国は特別な重みがあるのですが、アカデメイアにて先週は生徒たちにこの本を叩き台にオバマさんのスピーチを教材としてレッスンをしてみたのですが:生声CD付き [対訳] オバマ演説集posted with amazlet at ...
オバマさんのスピーチに見るアメリカの強さと日本の弱さ、そして私(たち)【ハウディーズ社長日記】at 2008年12月21日 23:03
YOUTUBEでバラク・オバマ上院議員の米大統領選挙勝利演説を聴きました、今日の
バラク・オバマ上院議員の大統領選挙勝利演説【時事を考える】at 2008年11月10日 09:29
とてもショウモナいことを思いついてしまった。こんなつまらんことを思いつくのが私だけであることを切に願う。 ソースはガーディアン紙(Via 404 Blog Not Found) If there is anyone out there who still doubts that America is a place where all things are possible;
[英語な日々]「イリノイ州出身、バラク・オバマ!」【一法律学徒の英語と読書な日々】at 2008年11月09日 23:14
感動。
Yes, We can.【天気晴れ - ITと趣味のブログ】at 2008年11月09日 13:32
あとで新聞 - 2008年11月7日(金)から 404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama’s acceptance speech in full オバマ演説の和訳。朝日新聞、民主党、社民党がオバマのキーワード「Change」だけを抜き出して...
大前 研一「韓国はマジでやばいから日本を利用すべきw」【メシウマ状態 飯の旨いおかずがてんこ盛り】at 2008年11月08日 02:07
ヨーロッパ旅行中に1週間くらいで現地の言葉をしゃべりはじめたというdankogai先生(ソースが見つかりませんでした。たしか404のどこか)。そんなdankogai先生の英語記事をまとめてみました。 その前に。 オバマとマケインのスピーチの「惰訳」が公開されています。これで勉
[英語]dankogai先生の英語講座(404英語記事のまとめ)【医者を志す妻を応援する夫の日記】at 2008年11月07日 21:07
被害妄想にもほどがある。 Yes you can - finalventの日記補足すると。 この米国の真珠湾に爆弾が落下し、日本の独裁が世界を恐怖で支配しようとしたとき、時の米国民が立ち上がり、偉業を達成し、そして民主主義を救うのをクーパーさんは見ていました。Yes we can。私た...
The enemy we share【404 Blog Not Found】at 2008年11月07日 15:18
ここ数日、仕事が終わった後に会社でPCをいじる時間が無くて。野暮用で千葉まで行って、帰りが2時とか(泣) そんな中、いまさらtwitterを始めてみたり。でもって、そのつぶやきをサイトに表示させようとして...
そのはてブの使い方ってどうなのよ?【shintata.com @Nucleus】at 2008年11月07日 09:09
オバマ氏の演説、すごかったです。とても勇気付けられました。まだ見ていないという人は、弾さんによる演説の全訳を読んでから、是非ビデオもどうぞ。 アメリカには、この金融危機はもちろん、その他の多くの問題を、自らの力で乗り越えようとする人々がいます。そうした...
それで、僕はどうするのか。【NED-WLT】at 2008年11月07日 05:02
価格.com - コピー用紙 A4 の検索結果 | OA用紙 http://search.kakaku.com/ksearch/search.aspx?category=0001,0075,0007,0001&cid=SS_keyword&query=%83R%83s%81%5b%97p%8e%86%20A4 価格.com - プリンタ用紙 A4 の検索結果 | OA用紙 http://search.kakaku.com/ksearch/se...
ここは酷いコピー用紙ですね【障害報告@webry】at 2008年11月06日 23:31
他の国の事なんで興味のない人もいらっしゃるでしょうが、アメリカで初の黒人大統領が誕生しましたね。 その名もバラク・オバマ。 歴史が作られた瞬間の同じ時代に生まれた事にちょっと興奮しました。 このブログで何度も言葉の不確実性を言ってきましたが、言葉の力ってす...
YES WE CAN !【「Tシャツ三昧〜Tシャツデザイナーのblog」】at 2008年11月06日 23:08
アメリカの大統領選挙、オバマ氏がマケイン氏を制し、次期大統領に決定しましたね。
オバマ氏が次期大統領に! 映画界からはあの軍曹から祝福コメントが!!【六本木で映画情報サイト運営中!】at 2008年11月06日 20:19
いまさらですが、バラック・オバマ氏が次期米国大統領に選出されました。 その勝利演説が大変感動的でした。 その全訳は、やはりこちらが朮..
同学年の米国大統領が生まれた時代に生きるということ【若だんなの新宿通信】at 2008年11月06日 18:18
YouTube:Yes We Can - Barack Obama Music Video - Japanese subtitlesYes! We can.スピーチの翻訳はコチラのページでご覧になれます。 404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full
Yes We Can【今日までそして明日から】at 2008年11月06日 17:11
さて歴史的な一日が明けて、朝のニュースはといえばやれ小室さんがどうとか、 ひき逃げ犯の素性がどうだかと本当に日本の民法は見る気がうせ...
アメリカ大統領確定!【iThink】at 2008年11月06日 16:46
あまり、政治的なことはこのBLOGでは取り上げてないけど、オバマのスピーチと言...
歴史の1ページ【ESCAPE BLOG】at 2008年11月06日 15:46
もういたるところで報道はされていますが、オバマ氏が米大統選においてマケイン候補に圧勝したようです。これで、初のアフリカ系アメリカ??.
オバマ氏、人種の壁を超え圧勝 米大統領へ【ワールドオクト】at 2008年11月06日 15:37
404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama's a...
404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full【5039 blog】at 2008年11月06日 11:36
From 404 Blog Not Found http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51134807.html Based on his backgroudな含蓄のある人を動かす演説ですね。 いい演説やスピーチは、自分の中に「既にある何か」を気づかせて動かす事に長けている なぁと思います。 Yes We C...
Obamaの演説 英文・和文【To communicate with Communication】at 2008年11月06日 10:31
あまり政治的な事は加工とは思わないのですがオバマ大統領が大勝し、自分の防備録として書きたいと思います。 404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama’s acceptance speech in full. 早速、オバマ大...
オバマ大統領 404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama’s acceptance speech in full【あるまとめサイト管理人の思ったこと】at 2008年11月06日 01:09
 ライブ中継を見てちょっと感動した勢いで。  元テキストはこちら。  
オバマ候補 大統領就任演説の全訳【びじうのログ】at 2008年11月06日 00:31
惰訳 - Barack Obama’s acceptance speech in full ?? Yes we can もう流行語大賞(アメリカにもあるの?)間違いなし、でしょう。(つかノッチ思い出しちゃうんですが) しかし、すばらしい訳、あ...
Yes we can【Fujio Hidekatsu Blog】at 2008年11月06日 00:26
ついにオバマ氏に決定ですね。 惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full@小飼弾氏ブログ 正直、私はアメリカの政治に関してあれこれ言えるほの..
"Yes we can."-Barack Obama's acceptance speech in full【Scrap! My Source. →Webデザイナーめざして、毎日をスクラップ♪】at 2008年11月05日 23:29
404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full↑動画と訳。個人的感想。オバマの実行力が試されるのはこれからだけど、期待を持たせる力はすでに実証された。麻生総裁の時も書いたように、そういう力もとても大事だと思う。実際それだけで株価が回...
オバマのスピーチ【lame】at 2008年11月05日 22:56
404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full↑動画と訳。個人的感想。オバマの実行力が試されるのはこれからだけど、期待を持たせる力はすでに実証された。麻生総裁の時も書いたように、そういう力もとても大事だと思う。実際それだけで株価が回...
オバマのスピーチ【lame】at 2008年11月05日 22:43
勝利宣言の動画と和訳が「404 Blog Not Found」に。 弾さん、ありがとうございます(´∀`) オバマ勝利宣言(動画+和訳)
YesWeCan!【だいこのシステムエンジニア的備忘録】at 2008年11月05日 22:03
弾さん、仕事速すぎ。全訳です。 全訳は以下。 404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama’s acceptance speech in full ...
Barack Obama’s acceptance speech in full【Sasaki Takanori Online】at 2008年11月05日 21:51
この記事へのコメント
訳ありがとう御座います。
ところで、"Hispanic" といっているのを Latino と記しているのは、何か意味がありますでしょうか?
Posted by Memory A. Register at 2008年11月13日 21:44
>When the bombs fell on our harbor and tyranny threatened the world, she was there to witness a generation rise to greatness and a democracy was saved.

これってパールハーバーの事と日本やドイツなどに吹き荒れたファシズムと戦って勝ったんだ、と言ってるんだって事どのくらいの人がわかってるんだろう。
Posted by see at 2008年11月07日 11:42
オバマスピーチの英語スクリプトをさがしてたらこれにHit!すごくたすかりました。感謝です。
Posted by ozinho at 2008年11月07日 02:08
みなさん、はじめまして。

>akihikoさん
Sam cooke "A change is gonna come" ですね。
この曲はスパイク・リー監督の映画「マルコムX」の劇中、最も重要な「演説会場に向かう場面」でも使われました。
Posted by damoshi at 2008年11月07日 01:04
全訳感謝。

a time when there were no cars on the road or planes in the sky

s/車というものはなく、道路もましてや飛行機もありません。/道に車はなく、空に飛行機もありません。/

100年前も道路はあったと思います。
Posted by boussk at 2008年11月06日 21:32
弾さん、すみません。「はじめまして」のご挨拶もなく、失礼しました。
Posted by akihiko at 2008年11月06日 21:15
It's been a long time coming, but tonight, because of what we did on this day, in this election, at this defining moment, change has come to America.

このカ所について、gooにこういう説明がありました。
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/world/gooeditor-20081105-04.html

>この「It's been a long time coming (中略)but a change has come」という表現は、「It's been a long time coming, but a change is gonna come (ずいぶん長くかかるが、変化はやってくる」と歌う、非常に有名な南部黒人のプロテストソング(サム・クック、ネビル・ブラザーズなどの録音が有名)の歌詞をもじって、「変化はいつか来る」と長く歌われていたのを「変化はやってきた」と変えた表現。
Posted by akihiko at 2008年11月06日 20:59
弾様、
マケインのconcession speechは翻訳なさいましたか? 読ませていただきたいです。
Posted by busybody at 2008年11月06日 11:45
s/答えががこれなのです。/答えがこれなのです。/
全訳感謝。
Posted by hyuki at 2008年11月06日 11:34
Dan先生、場所の提供ありがとうございます。

norillsさん、
丁寧な説明ありがとうございます。把握しました。
Mountbattenをカタカナで書けと言われたら私は「マウン バッン」か「マウン バンン」のような書き方になるかもしれません。わけわからないですね。
Posted by H W at 2008年11月06日 10:55
× アメリカよ。--(略)--わたしたち自身に問いかけようではありまえせんか。

○ アメリカよ。--(略)--わたしたち自身に問いかけようではありませんか。
Posted by naomim at 2008年11月06日 09:16
It's been a long time coming, but tonight, because of what we did on this day, in this election, at this defining moment, change has come to America.

これ・・・change is come to America・・・.と聞こえるんだけど・・・そう言ってませんか?これって、英語で・・・change is come to America.・・・というと間違い?なんたって大統領の演説だから・・・ね

更に言えば、小生が11年駐在していたドイツ・・ドイツ語では 現在完了形は sein + 過去分詞 と haben + 過去分詞の2種類があって、kommen ( come ) の場合には ist gekommen ( is come ) のようになるのですが・・・
Posted by 匿@匿 at 2008年11月06日 08:50
最後に

Yes , dan can.

と入れて欲しかったです。
Posted by オバカ市民 at 2008年11月06日 06:10
 トラックバック、ありがとうございました。訳しかたも勉強になります。

 何より、リンク先の元テキストが拾っていなかった部分に関して、自分の間違いじゃないと確認できて安心しました。

 ありがとうございました。

Posted by びじう at 2008年11月06日 02:23
# Danさん、コメント欄お借りします。

HWさん、どうもです。あちらではおもしろい質問で楽しませていただきました。
> 米国読みの基準というのはマスコミとかが使う日本人の作った基準なのですか?

「米国読み」は、厳密にはBirminghamについてのものですね、言葉足らずで失礼しました。(カタカナで「バーミンガム」と書くと、イングランドの都市名のことになります。)

Montgomeryについては、私自身もこういうt音は欠落させる傾向が強いのですが(「マウントバッテン Mountbatten」も「マウン バッテン」と発音するくらいに)、人が検索に使ったり、検索エンジンが見たりするカタカナとしては、現状は「ト」があったほうが無難なように思います。

英和辞典では、研究社の『リーダーズ』では「モン(ト)ゴメリー」とカッコに入っているのですが、カッコを使わず「モントゴメリー」の表記の辞書も多くあります。(英辞郎もそうですし、三省堂もそうなっています。)
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=montgomery&kind=ej&mode=0&base=1&row=0

もちろん、カタカナで英語の音を完全に表すことはできないのですけれど。
Posted by nofrills at 2008年11月06日 01:29
「議会や宮殿」だけでなくてその他の人たちも呼びかけに入っているところを、ぜひ訳し足してあげてください。

瞬殺翻訳、お見事でした。ありがとうございました。
Posted by 77 at 2008年11月06日 00:16
nofrills さん

>△彼女は、モンゴメリーのバスや、バービンガムの馬や、
>○彼女は、モントゴメリーのバスや、バーミングハムの放水や、

>地名は「間違い」ではないのですが、上記のように米国読みの表記>基準に沿っておくのがよいかと思います。

Montgomeryのtって発音するかしないかは人によって揺れると思うのですが(私は人に聞こえるように発音しない方です)その米国読みの基準というのはマスコミとかが使う日本人の作った基準なのですか?不思議に思ったので

nofrills さんって今日お世話になったnofrills さんですか?その節はありがとうございました。おかげでかなり楽しいスレッドになったと思います。
Posted by HW at 2008年11月05日 23:43
各位、
ここまでの誤訳/typo指摘を反映させました。
Dan the Part of Us
Posted by at 2008年11月05日 23:40
素晴らしい、弾さんでなければできない仕事ですね。
Posted by mikura at 2008年11月05日 23:15
では、私も

×コンコードの今であり
○コンコードの居間であり

#細かいことですが
Posted by Q at 2008年11月05日 22:22
あまりの仕事の早さに驚嘆しています。

She was there for the buses in Montgomery, the hoses in Birmingham
△彼女は、モンゴメリーのバスや、バービンガムの馬や、
○彼女は、モントゴメリーのバスや、バーミングハムの放水や、

hosesは「公民権運動のデモ隊への放水」のことです。下記などご参照ください。
http://www2.netdoor.com/~takano/southern_film/girls.html

地名は「間違い」ではないのですが、上記のように米国読みの表記基準に沿っておくのがよいかと思います。

# 初めてのコメントでこのような指摘をする非礼、ご容赦ください。
Posted by nofrills at 2008年11月05日 22:04
感謝!
Posted by にしけん at 2008年11月05日 21:47