2008年11月06日 03:00 [Edit]

惰訳 - Remarks by John McCain

こちらも。

負け戦を何度も戦い抜いた人の、敗戦の辞。


思えば人生負けることの方が勝つことより遥かに多い。

彼ほど重要な負け戦をきちんと戦ってきた人はそうはいないだろう。ベトナム、そして今回の選挙。

最高司令官ならざる我々は、むしろ彼にこそ学ぶべきところが多いような気がする。

Dan the Loser by Default, Winner by Luck

Thank you. Thank you, my friends. Thank you for coming here on this beautiful Arizona evening.

ありがとう。戦友たちよ。この素晴らしいアリゾナの夜に集まってくれて。

My friends, we have -- we have come to the end of a long journey. The American people have spoken, and they have spoken clearly. A little while ago, I had the honor of calling Senator Barack Obama to congratulate him on being elected the next president of the country that we both love.

戦友たちよ。我々は--我々は長い旅の終わりにいる。アメリカ人は発言した。きちんと発言した。私は先ほどバラク・オバマ上院議員に、我々二人が愛してやまない祖国の大統領への当選のお祝いを述べる栄誉を得た。

[Booing, soothed by McCain]

In a contest as long and difficult as this campaign has been, his success alone commands my respect for his ability and perseverance. But that he managed to do so by inspiring the hopes of so many millions of Americans who had once wrongly believed that they had little at stake or little influence in the election of an American president is something I deeply admire and commend him for achieving.

長く辛い戦いであった。彼の成功自体、その能力と忍耐に対する敬意の理由として充分なものであるが、私が彼を敬してやまないのは、彼がその成功を、アメリカにも選挙にも絶望しかけていた何百万人ものアメリカ人に希望を与えることで得たからだ。

This is an historic election, and I recognize the special significance it has for African-Americans and for the special pride that must be theirs tonight.

歴史に残る選挙戦であった。今夜はアフリカ系アメリカ人にとっては特に重要な一夜となった。

I've always believed that America offers opportunities to all who have the industry and will to seize it. Senator Obama believes that, too. But we both recognize that though we have come a long way from the old injustices that once stained our nation's reputation and denied some Americans the full blessings of American citizenship, the memory of them still had the power to wound.

私は、アメリカという国が能力を持ち、それを使いこなすものであれば誰にでも機会が与えられるということをずっと信じていた。オバマ議員もそうだ。そして、一部のアメリカ人からその機会を取り上げてきたという過去の不正義が、我が国の対面を傷つけ、その記憶が未だに人々を傷つけているということも知っている。

A century ago, President Theodore Roosevelt's invitation of Booker T. Washington to dine at the White House was taken as an outrage in many quarters. America today is a world away from the cruel and prideful bigotry of that time. There is no better evidence of this than the election of an African American to the presidency of the United States. Let there be no reason now for any American to fail to cherish their citizenship in this, the greatest nation on Earth.

一世紀前にセオドア・ルーズベルト大統領がブッカー・T・ワシントンをホワイトハウスの夕食に招いたことは、多くの場所で怒りを買った。今日のアメリカは、当時のような偏見とは無縁である。アフリカ系アメリカ人が大統領に当選したことほど、それにふさわしい証拠はないのではないか。地球で最も偉大な国の市民権を、充分に謳歌できない理由など、あってはならないのだ。

Senator Obama has achieved a great thing for himself and for his country. I applaud him for it, and offer in my sincere sympathy that his beloved grandmother did not live to see this day, though our faith assures us she is at rest in the presence of her creator and so very proud of the good man she helped raise.

オバマ議員は彼自身、そして彼の国のために偉業をなしとげた。このことを祝い、彼の祖母がその偉業を目にすることなく他界したことに心からお悔やみを申し上げる。彼を育てた彼女が、主のもとで、この偉業を誇りに思いつつ眠ることを、私の心から確信している。

Senator Obama and I have had and argued our differences, and he has prevailed. No doubt many of those differences remain. These are difficult times for our country, and I pledge to him tonight to do all in my power to help him lead us through the many challenges we face.

オバマ議員と私はそれぞれの相違点について争い、そしてオバマ議員が勝利した。相違点の多くはそのままだ。しかし、我が国は未曾有の国難の中にいる。私は全力を尽くして彼とともに今後の困難に立ち向かうことを誓った。

I urge all Americans who supported me to join me in not just congratulating him, but offering our next president our good will and earnest effort to find ways to come together, to find the necessary compromises, to bridge our differences, and help restore our prosperity, defend our security in a dangerous world, and leave our children and grandchildren a stronger, better country than we inherited.

私を支持してくれた全てのアメリカ人たちに、私の後をついてきてくれるようお願いする。彼の当選を祝うにとどまらず、必要な時には妥協し、共に相違を乗り越え、繁栄を取り戻し、この危険に満ちた世界に安全をもたらし、子どもたちや孫たちのためにより強く、そして良き国をもたらすために共に手を携えることをお願いする。

Whatever our differences, we are fellow Americans. And please believe me when I say no association has ever meant more to me than that.

どんな違いがあっても、我々は共にアメリカ人なのだ。それ以上に大事な絆を、私は持たない。

It is natural tonight to feel some disappointment, but tomorrow we must move beyond it and work together to get our country moving again. We fought as hard as we could.

今夜は失望してもいい。しかし明日からは、それを乗り越え共にこの国を動かしていかねばならない。我々は力の限り戦ったのだ。

And though we fell short, the failure is mine, not yours.

力が及ばなかったのは、全て私の責任である。君たちの責任ではなく。

I am so deeply grateful to all of you for the great honor of your support and for all you have done for me. I wish the outcome had been different, my friends. The road was a difficult one from the outset. But your support and friendship never wavered. I cannot adequately express how deeply indebted I am to you.

君たちの支持と献身に、私は感謝の言葉もない。戦友たちよ。確かに望んだ結果ではないかも知れない。道は険しく見通しは悪かった。しかし君たちの支持と友情は尽きることがなかった。一生かけても償えないほどの恩義を、私は君たちに負っている。

I am especially grateful to my wife, Cindy, my children, my dear mother and all my family and to the many old and dear friends who have stood by my side through the many ups and downs of this long campaign. I have always been a fortunate man, and never more so for the love and encouragement you have given me.

妻のシンディ、子どもたち、母、家族、そして旧友たち。君たちには特に感謝している。いい時も悪い時も、私の側にたってくれた。私はずっと幸運な男だった。君たちの愛と励ましというかけがえのない運にめぐまれていたのだから。

You know, campaigns are often harder on a candidate's family than on the candidate, and that's been true in this campaign. All I can offer in compensation is my love and gratitude, and the promise of more peaceful years ahead.

諸君も承知しているとおり、選挙戦というのは本人よりも家族にとってより辛いものである。本選挙戦も例外ではなかった。私は、愛とより安静な未来の確約をもってそれに応えるしかない。

I am also, of course, very thankful to Governor Sarah Palin, one of the best campaigners I have ever seen and an impressive new voice in our party for reform and the principles that have always been our greatest strength. Her husband Todd and their five beautiful children with their tireless dedication to our cause, and the courage and grace they showed in the rough-and-tumble of a presidential campaign. We can all look forward with great interest to her future service to Alaska, the Republican Party and our country.

サラ・ペイリン知事にも感謝している。まぎれもなく過去最高の共闘仲間の一人であり、我が党に新風をとりいれ、我々の最も強い点をさらに強化してくれた。彼女の夫のトッド、そして五人の子どもたちの、とぎれることなき献身と、嵐にも似た大統領選挙を戦い抜いてくれたその勇気と寛容にも感謝を。アラスカ、そして共和党における今後の活躍に期待している。

To all my campaign comrades, from Rick Davis and Steve Schmidt and Mark Salter, to every last volunteer who fought so hard and valiantly month after month in what at times seemed to be the most challenged campaign in modern times, thank you so much. A lost election will never mean more to me than the privilege of your faith and friendship.

選挙を戦い抜いた戦友たちよ。リック・デイヴィス、ステーヴ・シュミットにマーク・サルター、そして近年においてもっと挑戦的な選挙戦を共に戦ってきたボランティアの最後の一人まで。ありがとう。君たちの信念と友情にくらべたら、選挙の敗北などものの数ではない。

I don't know what more we could have done to try to win this election. I'll leave that to others to determine. Every candidate makes mistakes, and I'm sure I made my share of them. But I won't spend a moment of the future regretting what might have been.

これ以上何をしたら選挙に勝てたのか、私にはわからない。敗因の分析は任そう。失点のない候補者はありえない。私もその例外であることは間違いない。しかし、私は一瞬たりとも後悔の念にかられることはないだろう。

This campaign was and will remain the great honor of my life. And my heart is filled with nothing but gratitude for the experience and to the American people for giving me a fair hearing before deciding that Senator Obama and my old friend Senator Joe Biden should have the honor of leading us for the next four years.

この選挙戦は、私にとって偉大な名誉であり、これからもそうあり続けるだろう。オバマ議員と我が旧友ジョン・バイデンに我が国の今後の四年間をゆだねることを決める前に、私にも存分に耳を傾けてくれたアメリカ人に対する感謝の念が、私の心の全てをしめている。

I would not be an American worthy of the name, should I regret a fate that has allowed me the extraordinary privilege of serving this country for a half a century. Today, I was a candidate for the highest office in the country I love so much. And tonight, I remain her servant. That is blessing enough for anyone and I thank the people of Arizona for it.

私は名乗るほどの者ではない。そんな私に半世紀もの間、この国に尽くす名誉を与えてくれた運命に、抗う必要などあるのだろうか。今日、私はこの国の最高意思決定者候補だった。そして今夜、私は一介の下僕へと戻る。それは誰にとっても身に余る天恵であり、それを与えてくれたアリゾナの諸君に感謝する。

Tonight, more than any night, I hold in my heart nothing but love for this country and for all its citizens, whether they supported me or Senator Obama, I wish Godspeed to the man who was my former opponent and will be my president.

今夜は、どんな夜よりもこの国と、この国の市民に対する愛で私の心は満たされている。オバマ議員と私のどちらを支持したにしても、神の恩寵が私のかつての対立候補にあることを願っている。

And I call on all Americans, as I have often in this campaign, to not despair of our present difficulties but to believe always in the promise and greatness of America, because nothing is inevitable here.

そしてアメリカの人々よ。この選挙戦でも繰り返し言ってきたことだが、今日の困難にくじけてはならない。アメリカの偉大さを信じ続けてほしい。必然的なことなど、この国には存在しないのだから。

Americans never quit. We never surrender. We never hide from history, we make history.

アメリカは、終わらない。我々が降参することはない。我々は歴史に隠遁したりはしない。我々は、歴史を創る者なのだから。

Thank you, and God bless you, and God bless America. Thank you all very much.

ありがとう。諸君に神のご加護があらんことを。そしてアメリカに神のご加護があらんことを。心よりありがとう。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
「時事英語」(英語演習)担当としては、やっぱり紹介しておきたいので、リンクしておきます。 大統領(まだだけど)の英語は、誰にでもわからなければ意味がないから、やはり聞きやすいですね。 オバマ氏の勝...
オバマ氏勝利演説・マケイン氏敗北宣言(11/4)(Pointer)【ひろの雑記帳 from KDU】at 2008年11月10日 08:35
オバマさんの大統領選勝利後のアメリカ、特にニューヨークではその余韻が冷めません。オバマさんの勝利演説が神がかってたのに加えて、マケインさんの敗北演説の素晴らしさが、さらにインパクトを与えました。冒頭から、オバマさんへの祝福と敬意を語り、そして、共に新大統...
アメリカの新しい夜明け【ニューヨークの遊び方】at 2008年11月08日 23:11
弾さんのおっしゃる通り、 人生、勝つことより負けることが多いです。 はっきりとした”負け”が出ない、 もしくは、出ても認められない自分がいます。 だからこそ、 はっきりと”負け”る人の言葉から 学ぶことはたくさんありますね。 ...
マケインさん、おつかれさまでした。【だいこのシステムエンジニア的備忘録】at 2008年11月07日 02:54
価格.com - コピー用紙 A4 の検索結果 | OA用紙 http://search.kakaku.com/ksearch/search.aspx?category=0001,0075,0007,0001&cid=SS_keyword&query=%83R%83s%81%5b%97p%8e%86%20A4 価格.com - プリンタ用紙 A4 の検索結果 | OA用紙 http://search.kakaku.com/ksearch/se...
ここは酷いコピー用紙ですね【障害報告@webry】at 2008年11月06日 23:31
私がご紹介するまでもなく、もうみなさん、ご存じだと思うが、いま、小飼さんがブログ
オバマ、マケインのスピーチ、感動の理由は? ●干場【ディスカヴァー社長室blog】at 2008年11月06日 17:24
私がご紹介するまでもなく、もうみなさん、ご存じだと思うが、いま、小飼さんがブログ
オバマ、マケインのスピーチ、感動の理由は? ●干場【ディスカヴァー社長室blog】at 2008年11月06日 17:09
惰訳 - Barack Obama’s acceptance speech in full ?? Yes we can もう流行語大賞(アメリカにもあるの?)間違いなし、でしょう。(つかノッチ思い出しちゃうんですが) しかし、すばらしい訳、あ...
Yes we can【Fujio Hidekatsu Blog】at 2008年11月06日 11:23
弾さん、仕事速すぎ。全訳です。 全訳は以下。 404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama’s acceptance speech in full ついでに McCain 氏の敗戦の辞も。弾さん、ありがとうございました。 全訳は以下...
Barack Obama’s acceptance speech in full【Sasaki Takanori Online】at 2008年11月06日 09:11
この記事へのコメント
こういう骨太の候補もいたんですけどね…

異色のド根性大統領候補:マイク・グラベル
http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/2007/05/post_9dcc.html
Posted by ゆき at 2008年11月22日 02:28
これで子飼の名誉白人的マッチョ発言もちっとは軌道修正かな。
Posted by karamu-cho at 2008年11月08日 23:11
素晴らしいスピーチでした。かなり前から尊敬していたが、流石マケインだと感じる。オバマ勝利への祝福の電話の所で出たブーイングへの対処が如何にも彼らしい所作だ、阿る事がないし「お願いだからオバマを支持してほしい」という感じで。

ボクシングをしながらマラソンを続けると言われる大統領選で、彼の趣味のボクシングで「長く辛い戦い」を42.195キロし続けて、しかし最後は爽やかだった。試合後にどう対処するかって人となりが表れるでしょうが、これが彼なんだと思う。一匹狼でも党派を超えて支持される事の理由でしょうね。

でもオバマ勝利になるべきだったと今回は思います。歴史で言えば黒人大統領が現れるべきだし(アジア系やヒスパニックだって女性大統領だって当然)、彼にはチェンジを齎し得る大衆支持の器量がある。公民権運動時代〜70年代の歴史や人達の結実でしょう。

まぁとは言えアメリカ一極支配は絶対おかしいと思うし、多極化した世界の中で多くの国や文化がより(民主的社会の中で)並列になるべきだと思うので、米国大統領選があまりにも世界政治の中心となってるのはかなり違和感を感じますが・・・。
Posted by bc at 2008年11月07日 21:30
日本には語るより示せ、という美意識もあるし。

Posted by ビトゲンシュタイン at 2008年11月07日 12:19
スピーチを考えた人が別の人だとしても、やはりこれだけ長い期間戦い、1つの終止符を迎えたことを考えれば、オバマ/マケイン両名のスピーチは感動的ですね。。

ほんと、自分の国の今の政治リーダー見ると情けなくなってきますわ。。
Posted by よねお at 2008年11月07日 10:02
負け院
Posted by あ at 2008年11月07日 09:56
敗者のことも評価し、再度チャンスを与えるアメリカでだからこそ、グッドルーザーとして振舞えるのでしょうね。

WBCの星野監督がグッドルーザーになれなかったことに関しては、本人の性格だけでなく、日本人の勝敗観が成熟していないことも一因ですかね。
Posted by みんち at 2008年11月07日 09:40
翻訳、ありがとうございます。
自分も、マケイン候補の敗北宣言に感銘を受けた者の一人で、ググっていたところ、こちらの「404 Blog Not Found」さんにたどり着きました。

勝手ではありますが、自分のブログでこの記事をリンクさせて頂きますm(_ _)m
Posted by おべべ at 2008年11月07日 03:04
翻訳感謝。ただ、僕も「例外」の部分はひっかかりました。

> Every candidate makes mistakes, and I'm sure I made my share of them.

> 失点のない候補者はありえない。私もその例外であることは間違いない。

直前の一文で原文にない二重否定を使ったので流れがわかりにくくなってしまったようです。

代案:どんな候補者でも失敗を犯すもの。ご多分にもれず私も失敗したのは確かだ。
Posted by ikuya at 2008年11月07日 02:32

よく書けるよね。心の底で政治をバカにしてないとたぶん書けないよね。
こういうの。
Posted by 美文積分いい気分♪ at 2008年11月07日 01:42
勝者を祝福する精神に感動した!
小飼弾さんの訳に感動!
感謝!
Posted by hoshi-zora at 2008年11月06日 23:18
見たり聞いたりしただけなので憶測に過ぎませんが、この人も大統領になっていてもおかしくない立派な人だと感じました。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20081011-OYT1T00710.htm
共和党候補として勝つためには出来ることを全てしなければならなかったのでしょうが、個人的にはネガティブキャンペーンなんてしたくなかったのではないかと思います。
Posted by bob at 2008年11月06日 21:17
合衆国のひとつの州になれば、日本人がアメリカ国民の最大派閥になるんかな。
それはそれでそんなに悪くないな。
Posted by   at 2008年11月06日 21:03
だが断る >合衆国の1つの州として吸収
Posted by さる at 2008年11月06日 20:53
悪い冗談だ。前任者を見てから物を言え。 > 吸収
Posted by Kei at 2008年11月06日 18:21
弾さん連訳GJ!
それにしてもここまで国を率いる人材候補のレベルが高いとなると、日本も合衆国の1つの州として吸収されても何も問題ないような。元々州は県ではなく国なのだから。
Posted by K2nd at 2008年11月06日 15:16
マケイン氏のスピーチライターにとっては最後の仕事だから、気合いが入るのも道理だ。
感動的に仕上げないと次の仕事にありつけないよ。
Posted by Kei at 2008年11月06日 13:57
わずかな時間で、こういう翻訳をして、無償で提供して
くださる方がいらっしゃるのは、まことにありがたく嬉しいことです。
心から感謝申し上げます。
Posted by 川崎 孝行 at 2008年11月06日 12:02
全訳していただいて細かいニュアンスまで日本語で理解できることに感謝します。

同じく重箱つつきになりますが
>失点のない候補者はありえない。私もその例外であることは間違いない。

の箇所は「例外でないこと」では
Posted by ren at 2008年11月06日 11:54
かっちょええのう。
こういう戦いを日本でも見たいものだ
Posted by A to Z at 2008年11月06日 11:30
×我が国の対面を傷つけ
○我が国の体面を傷つけ

#また重箱の隅ですが
Posted by Q at 2008年11月06日 10:15
I would not be an American worthy of the name, should I regret a fate that has allowed me the extraordinary privilege of serving this country for a half a century.

「私はアメリカ市民の名に値しないことになるだろう。もしも私が、半世紀にわたってこの国に尽くす名誉を与えてくれた運命を良しとしないならば」ということでは?
Posted by palantir at 2008年11月06日 08:19
なんだか泣けてきました。
これだけ、自分の国への愛と、対立候補への尊敬と、自分自身の誇りに満ちた演説をできる日本の政治家はいるのでしょうか。
そもそもの演説に対する意識や重要度の違いとはいえ、日本の政治家(特に野党党首)を見ると虚しくなりますね。
オバマ次期大統領もそうですが、国を導く人には、希望を与えるような前向きの発言をしていただきたいものです。
Posted by あとり at 2008年11月06日 08:12