2008年11月10日 19:00 [Edit]

エリートは日本(語)を救うか?

ちがうよ、梅田さん。

Twitter / Mochio Umeda: はてな取締役であるという立場を離れて言う。はてぶのコ ...
はてな取締役であるという立場を離れて言う。はてぶのコメントには、バカなものが本当に多すぎる。本を紹介しているだけのエントリーに対して、どうして対象となっている本を読まずに、批判コメントや自分の意見を書く気が起きるのだろう。そこがまったく理解不明だ。

彼らはバカなのではない。

無礼なのだ。


「日本語が亡びるとき」、飛ぶように売れている。

おかげで、昨日の売り上げは一日当たりとしては空前のものであった。残念ながら数を言うことは出来ないが、私の紹介記事に対するはてなブックマーク数よりも多いのは確かだ。

同書のメッセージ、そして著者と私が共有する危機感を、すべての人が理解するのははなはだ困難だろう。バブル崩壊前にバブル崩壊を語っても誰も耳を傾けないことにも似て。

404 Blog Not Found:今世紀最重要の一冊 - 書評 - 日本語が亡びるとき
この点において、私は著者と危機感をともにする。

それでも、想定以上の人が私の「書評ならざる」紹介記事から何かを感じ取り、自分の目でそれを確認する決定をしたことに、私は大変満足している。

しかし、私は著者と危機感を共有していても、価値観をも共有しているわけではない。

著者は言う。

第七章
日本語が「亡びる」運命を避けるために何をすべきか。
何か少しでもできることはあるのか。
凡庸きまわりないが、学校教育というものがある。
そして、その目的を達するにおいて、原理的に考えれば、三つの方針がある。あくまで、原理的に考えればのことではあるが。
 Iは、<国語>を英語にしてしまうこと。
 IIは、国民の全員がバイリンガルになることを目指すこと。
 IIIは、国民の一部がバイリンガルになることを目指すこと。

著者は、IおよびIIが不可能に近い困難であることを指摘した上で、次のように結論する。

 IIIを選ばなくては、いつか、日本語は「亡びる」。

まとめると、バイリンガルエリートが日本語を護る盾となり、残りの日本人は日本語を「きちんと」学ぶことで日本語を育み続ける、というのが著者の構想である。

しかし、私にはそれがIIを上回る困難に感じられてならないのだ。

なぜか。

日本には、エリートという伝統そのものがないからだ。

エリートとなりうる人々は、かつても存在したしこれからも存在しつづけるだろう。

しかし、国費であれ私費であれ、エリートとしての能力(capacity)を得た人が、エリートとなったのであろうか。

この国の歴史を振り返る限り、否、と答えるしかない。

エリートとは、強く賢い人々のことではない。

エリートとは、自らより愚かで弱い人々のために命を賭することを、自他ともに認めた人々のことである。

自らと同程度に賢い人々のために殉じた人は、少なくない。戦没者は全てこの中に入るだろう。

自らより愚かな人々のために尽くした人ですら、存在しなくはない。

しかし、それが自他ともに認められたともなると、日本が開国して以来、一人も思い浮かべることができないのだ。

この国において、エリートとしての能力とエリートとしての品格(quality)を持ったことなどかつてあったのだろうか。

反証なら、いくらでも思いつく。その中でも真っ先に思いつくのは、森林太朗である。乃木希典の将帥としての能力不足は今ではよく知られるところだが、その乃木よりも多くの将兵を損なったのが閣下である。閣下は自説に固執して将兵を損なったに留まらず、そのことを一生認めようとはしなかった。

エリートと能力も品格も欠いていたその人のペンネームが、森鷗外である。この人が文豪であることの条件を満たさぬという人は、およそ日本語の使い手には存在しないだろう。

文豪はいても、エリートはいない。

それこそが、この国の形ではないだろうか。

それでは、なぜこの国にはエリートというものが存在しなかった、いや出来なかったかを考えてみる。そして出てきた結論は、この国には文豪を敬う伝統はあっても、エリートを敬う伝統はないということにたどり着く。能力も品格もエリートとしての条件を満たしていた杉原千畝をこの国がどう遇してきたかというのは、そのごく一例に過ぎない。

「反知性主義」という言葉がある。私はこの言葉を充分理解しているとは言えないが、「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」などの書物を通して、そして自らがあの国で過ごしてきた日々を思い起こすことで、おぼろげにそれが一体なんなのかを想像することが出来る。その一方、かの国はエリートに事欠くことはないのだ。

日本は、まさにその反対に感じる。森林太朗を忘れ森鴎外を忘れないこの国には、反知性主義もないがエリートも存在しがたいのだ。

そして、なぜエリートを敬う伝統が生じなかったか。

エリートとなりうる人々に、人々が無礼をもって答えてきたからではないのか。

人々の無知蒙昧に、エリートは耐えねばならない。これはエリートとしての、義務である。

しかし、エリートたりうる人々が、エリートにならねばならぬ義務もまた存在しないのである。

エリートとなるのは義務ではなく、しかしいったんエリートとなれば義務ばかり追う。

そんな損な役割の彼らの唯一の報酬は、敬意である。

そして、この国は文豪には敬意を払っても、エリートには敬意を払うことなく今に至っている。

護るべき伝統を護るために、ありもしない伝統をゼロから作り上げる。

それに比べたら、国民皆バイリンガルの方がよほど簡単な事業に思えてならないのである。

Dan the Layman


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
流行の本。読んだでー。 て、もう、流行じゃないかな。祭りは終わったかな。 祭り終わってもせっかく読んだんで、書きますよ。 形式ばったものになっちゃうけど、 ■本書の要約■ ■読書感想■ ■web上での話題と絡めて今回個人的に思ったこと■ にわけて書いて...
呆気にとられて後の祭り【にやお文】at 2008年11月16日 19:36
関連することを以前書いた気がするのだけれど、キーワードがどうしても思い出せずエントリーが見つからない。出てきたのは、id:fromdusktildawnさんへトラバしたエントリーだけ。 人間の文明以前には、食べる、食べられるの関係しか個体の間で存在しなかった。そんな状態で
小さきもの、弱きものへの慈悲【HPO:機密日誌】at 2008年11月12日 14:12
日本にはエリートはいないと言うようなことを小飼弾氏が言っています。 エリートに対しての見地は微妙に違うような気もしますが、僕もおおむね同感です。 □404 Blog Not Found:エリートは日本(語)を救うか?
日本にはエリートはいない【地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記】at 2008年11月11日 13:07
エリートとなりうる人々に、人々が無礼をもって答えてきたからではないのか。 (404 Blog Not Found) エリートたる人が、人々に無礼をもって答えてきたからだと思う。エリートたる人からみ...
全ての愚かなる者に我と汝が力もて等しく滅びを与えんことを!【某氏のたわごと】at 2008年11月11日 02:33
もう、馬鹿で無礼で良いから、言わせて。 そして、なぜエリートを敬う伝統が生じなかったか。 エリートとなりうる人々に、人々が無礼をもって答えてきたからではないのか。 人々の無知蒙昧に、エリートは耐えねばならない。これはエリートとしての、義務である。 しかし、エ
[人生]エリーティズムとスノビズムのあいだには【おちゃめクールの周回遅れブログ】at 2008年11月10日 23:56
水村美苗「日本語が亡びるとき」は、すべての日本人がいま読むべき本だと思...
「亡びつつある日本の言語」と「日本語」、そして「普遍語」につらつら思うこと【ここギコ!】at 2008年11月10日 22:25
この記事へのコメント
日本にはエリート教育が無かったと言う前に、
旧制高等学校について調べてください
Posted by PK at 2008年11月21日 00:40
まあ、相手の無礼をものともせずに彼らのために尽力するのが本当のエリートなんですけどね。尽力に対する尊敬やら敬意やらをいちいち要求するのはアリストクラート。
Posted by 暇人 at 2008年11月15日 19:48
理解不明だ、という言葉と、そこで立ち止まって良いのか、という点が気になり、結論としては「全知全能になるまで人間は何もするな」という理解でいいんでしょうか。理解不明だ。
Posted by 腐敗脳 at 2008年11月15日 07:07
バカだ、いや無礼だって、全くこの人たちは。
はてブとか、あんなのただの垂れ流しの戯れ言なんだから、そんな筆頭に掲げるほどのこともないよ。
Posted by Zinc in Osaka at 2008年11月14日 23:38
日常Fxxk言いまくってる御仁が日本語の未来を憂えてるときたもんだ。
へぇ〜
Posted by K at 2008年11月12日 23:38
(1) 電車内で聞こえてくる、インターナショナルスクールに
通っていると思われる子同士の会話は英語と日本語がミックス。
発音は両方ともバッチリだし、切り替わりも素早い。

(2) 公立小学校に通っている知り合いのある子は、
親や親と同国出身の知り合いの子達とはスペイン語で会話。
学校や塾では日本語。発音は両方ともバッチリ。

世間に露出しているバイリンガル・タレントを引き合いに
出すまでもなく、『ブレードランナー』とも違う世界が
方針なぞなくとも現実の日本に勝手に存在しているのです。
Posted by 通りすがり at 2008年11月12日 11:39
こんなくだらない本を金に目が眩んでベタ褒め紹介しちゃうから池田氏に愛想尽かされちゃったってこと
まだわからないのかねぇ・・・この禅って人はさ

404 Blog Not Foundを読むのをやめた - 池田信夫 blog
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/93da1c13d0f2ad70922e3f7ce8e3d641
Posted by t at 2008年11月12日 07:48
 おっ、幕末人物伝での例え来ましたね。
 私にとってのエリートは大村益次郎。明らかに秀才〜天才で判断力もピカイチで、私益を超越した行動もできたけど民衆にとってはわかりにくく、ただのヤブ医者みたいに思われてたとか。
 エリートってそんなとこあると思う。劉備玄徳は民衆から尊敬されやすかったかもしれないけど、諸葛孔明はそんな感じではないでしょう?その辺、私と弾さまとのエリート感の違いでしょう。
Posted by Marv(ま〜ぶ) at 2008年11月12日 00:13
無知な人ほど人を馬鹿という、、
私も然り。
「馬鹿っていうほうが馬鹿」とはよく言ったものですね。
Posted by Lill at 2008年11月11日 22:30
小松たてわきさんや,西郷隆盛さんらはエリートと呼べるのではないでしょうか? 国外のエリートとは,例を挙げるならどのような方ですか?
Posted by sh at 2008年11月11日 20:12
とりあえず小飼弾氏が「エリートは文豪よりエロいのだ」と考えているということは理解出来ました。

そんな氏が日本語の滅亡とかおっしゃってますが「日本語なめんな」と人文の深淵に棲む人々にさんざん言われて終了〜、と言うオチになると思います。
Posted by outZider at 2008年11月11日 19:29
文章がわかりづらい。
Posted by h at 2008年11月11日 13:57
エリートという言葉がどんな人物を指すのかについては
人によってブレがありそうですが...

日本の人は、鍛えられ選び抜かれたエリートより、
無傷な経歴の秀才が好きだから...
生まれが良ければいっそう好きなのかもですね。

そんなわけで、エリート候補者は日本で尊敬されないのでしょう。

Posted by K at 2008年11月11日 12:58
日本の歴史の中で、「エリート的なモノ」が権力者から単純に警戒されて
いたのではと思う。
武士道はあっても騎士道はないし、Noblesse Oblige なんて言葉もないし。
「ブレーンを活用する」というのがあんまりなかったんでは。

>国民皆バイリンガルの方がよほど簡単
同意。体感だが、昔より英語できる日本人は増えてるし、外国への
コンプレックスは、高度成長期前後は凄かったんじゃないかな。
Posted by 俗人 at 2008年11月11日 12:53
エリートにならずとも、維新の志士になればよいと
思われ

歴史はくりかえす・・・
Posted by ryuu at 2008年11月11日 11:57
この一連の記事、興味深く読みました。

それにしても、インターネットって面白いね。
個人的な鬱憤を他人さんのブログにわざわざ書き散らす輩もいれば
かなり的を射た考察を展開する人もいる。
いずれにせよ、お互いに「礼」はわきまえたいね。
Posted by Melmo at 2008年11月11日 10:32
日本語の危機を語るエントリなのだから
それなりに気を遣ったテキストが読みたかった。
誤字はあるし、森鴎外や乃木将軍を語ったあたり
文章が急ぎすぎで日本語として駄目。

この文章力で、エリートについて語られても…。
これは水村氏の本にも言える。
ゴリゴリした、読みにくい抽象的なテキストで
危機に陥ってるのがこういう日本語なら仕方ないな、という感じ。
Posted by matrix at 2008年11月11日 09:51
馬鹿だから、礼儀を知らないだけだよ。

馬鹿同士が群がってるから、
誰も、礼儀を注意しないだけだよ。

いずれにしろ、馬鹿だ。

ま、いわば、コバエレベル。
Posted by higekuma3 at 2008年11月11日 08:39
>同書のメッセージ、そして著者と私が共有する危機感を、すべての人が理解するのははなはだ困難だろう。バブル崩壊前にバブル崩壊を語っても誰も耳を傾けないことにも似て。

なんか誇大妄想が進行してきた??
やばい人にしか見えんよ…
アフィリエイト狙いでわざと書いてるんならいいけど…
Posted by 変なの at 2008年11月11日 04:59
非常に共感しました。

人並みの生活を平均的な生活と思っている国故に、両極端な無知とエリートが存在しづらいのは最もなのかもしれませんね。
Posted by miyakou at 2008年11月11日 03:04
馬鹿∧無礼
Posted by bob at 2008年11月11日 01:28
乃木大将は無能ではない。戦後、特に司馬のフィクションによって無能伝説が流布されただけだ。
 乃木の行った戦術は当時常識だった。
Posted by のん at 2008年11月10日 23:53
>>弾翁

>彼らはバカなのではない。
>無礼なのだ。

 微妙な言い回しじゃけえセーフでええけど、礼を要求するようになったら、そいつは礼に値せんで? 厳密に言うたら遠回しでもダメじゃけど、そんなん言うたら話にならんけえ、厳密なことは言わんだけなんじゃけどね。
 いっこ前のエントリーで「俗人さん」がシャラップ黙れの効能について一理あることを言うとったけど、一理はあっても二理は無いんじゃけえ、そこを踏み越えちゃあ逝けんと思うんじゃけどね。

 あと、こりゃまぁ梅田望夫さんの書籍の品質とかそういうのとは全く関係無いんじゃけど、ナンボええ本でも、読むのが誰かによって意味変わってくるけぇね。言うちゃあ悪いが、「お前チンピラじゃろ?」ゆぅて見做されかねんような輩に限って大前研一とか読むんよ。言うちゃあ悪いが、梅田さんもそのラインなんよ。本人どこまで得心しとんか知らんけど。

 盛り上がっとるんはお前らだけじゃろうが? とか、
 お前らに盛り上がられたらワシらが往生するんじゃがのう? とか、
 言われるんよ。残念じゃけど。世の中そういうもんじゃけえ。

 良い言説?ゆうのんは、周りに群がるんが必ずしも良い人とは限らん面があるけえ、俗に云う「馬鹿」じゃろうが「無礼」じゃろうが、そおゆうモンの言い分を幾らかでも汲めんことには、行く末話に成らんのんで?

 ええこと言うもんの周りにええどええど言うもんばっかり集まって馬鹿と無礼は逝けんのう言い出したら、そいつらが次に何やらかすか言い出すかゆうたら、詐欺か強盗しか無いんよ。詐欺か強盗は、そうと分かっとるもんがやるなら抑えも利くけどが、ええ思うてやりよるもんは抑えを利かさんけえ、よっぽど性質が悪いんじゃわ。
 ええ学校出て普通に賢いヤツでも、詐欺のような商売に手を染めたりするじゃろうが。

 弾翁は偉いんじゃけえ、そういう人間に成っちゃあ逝けんで?
Posted by 野ぐそ at 2008年11月10日 23:31
森鴎外は、ご飯の上にあんこをのせてお茶をかけて食べる男だぞ。
脚気は、病原菌が原因だといった男だぞ。

よっぽど、虚像が好きなんだな、パラノイヤ諸君は。
Posted by えっと at 2008年11月10日 22:17
恐れ入ります。
スーパーエリートの受験術の概要教えてほしいです!
Posted by Ω at 2008年11月10日 21:49
森鴎外の部分に説明が欲しいです。
Posted by ham at 2008年11月10日 21:49
戦前の学生さんは結構尊敬されたような話も聞きますが、
ここでは現代の話をするとして、
今のアメリカでは大衆がエリートを尊敬する度合いが日本より強いんですか?
Posted by 念仏の鉄 at 2008年11月10日 21:15
エリートとは生け贄のことなのでしょうか。

あと、typo 見つけました。

s/森林太朗/森林太郎/g;
s/森林閣下/森閣下/g;

「もりばやしたろう」ではなくて「もりりんたろう」ではありませんか。
Posted by 通りすがり at 2008年11月10日 21:02
>危機感

以前に↓を読んで逆に全世界がひとつの言語に統一されたほうがいいと
思いましたね。

http://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay_301171.html
(略)
私にとっては、究極の理想は、「一人一言語」である。全世界40億人が、
みな一人一人自分の言語体系を持ち、かつそれが万人に理解できるのが
理想である。
言語というのはあらゆる抑圧がなくなった後にも残る最後の抑圧だと
思う。だいたい語学が苦手だ。英単語を覚えるのが苦痛でしかたなく、
何度も何度もひいた単語をまたひいてしまったときには、屈辱感で胃が
ねじれる思いをする。「こんなこと俺は同意していない! 勝手に決めるな!」と辞書に向かって悪態をつく。数学の定理も物理の法則も私に
納得を求めるのに、単語こそは有無を言わせぬ。全く許せない。
 おそらく、法律も経済もみな万民の合意で成り立つようになったと
しても、言語だけは最後までこんな独裁を続けるのだろう。
(略)
Posted by 123 at 2008年11月10日 20:02