2008年12月12日 01:00 [Edit]

本当は怖い血液型性格判断

これがたわごとでなければどれほど良かっただろう。

私は血液占いのために差別され人生を台無しにした | 某氏のたわごと
「私は血液占いのために差別され人生を台無しにした」なんて話は聞かないのでそんなに問題かなと私は思うんですけどね。

実際には、血液型性格判断はこのレベルに近い被害をすでに出しているのである。


血液型性格診断の実害に関しては、「大槻教授の最終抗議」でまるまる一章割いて紹介しているので是非一読していただきたいが、つい一年前にもこんな事例があった。

livedoor ニュース - 「O型は交通事故率が高い」 免許試験場の講師に厳重注意
2007年7月24日付の朝日新聞によると、2人の講師は県警を定年退職した60代の男性。07年2月頃から講義の最初に、「車の事故を起こす確率は血液型ごとに違う」という内容の話をしていた。「O型は最も事故率が高い」「A型は安全運転」「B型はメカ(機械)に強くて自信過剰で、不注意事故が目立つ」「AB型は神経質で疲れやすく、睡魔に襲われての追突事故が多い」などというものだった。

このときには、

福岡自動車運転免許試験場の講師が講習の中で、「最も事故率が高い血液型はO型」などと発言し、問題になっている。O型の受講生がハラを立て、新聞社に通報、記事になった。これを重く見た同県交通安全協会は、「科学的根拠の無いことを教えた」として講師の2人に厳重注意をした。

となって「ボヤ」で住んだのだが、以前にはもっとすごい例もあった。

朝日ジャーナル 昭和60年3月8日号 - 「いんちき」心理学研究所 | 「血液型と性格が関連している」という差別より孫引き
その1つが、ミサワホームの子会社、ミサワホームエンジニアリングだ。ミサワホームの監査役で、 1979年にここの社長になった山崎利秋氏は、従来の販売部門に加え、直工事部門を新設した際、「7人を配置しましたが、うち6人はAB型にしました。AB型はクールで調整能力があるので工務店の職人を動かすのがうまいのです。基礎が固まってからは、A型、B型も入れてバランスをとりました」
 と得意げだ。また、セールスマンの胸に、出身地、趣味に加えて血液型も書いた大きな名札をつけさせた。

そう、人事にまで利用されたのである。それも上場企業やその子会社で。

こうなるともう人種差別としか言いようがない。

これでも

SporT! & HSbad管理人Blog:血液型占いがはやる理由はコミュニケーションツールだからでは? - livedoor Blog(ブログ)
血液型占いを信じる理由を書いていうるのだが、僕はどちらかというと単純に話が盛り上がるからだと思う。要するに、コミュニケーションの一つのツールだと思う。

などと言っていられるのだろうか。これがコミュニケーションツールとして認められるのであれば、

初対面の人に「もしかしてA型でしょ?」なんてのを皮切りに話が、どんどん発展していく。

初対面の人に「もしかしてユダヤ人でしょ?」とやってもいいことになる。それを皮切りにホロコーストがどんどん発展して行った歴史から何も学んでいないのだろうか。

ネタ本の楽しみ方??Jamais Jamais『B型自分の説明書』(文芸社) - 平岡公彦のボードレール翻訳日記 - Yahoo!ジオシティーズ
ですから読者は、この本を読むまえにちゃんと楽しみ方を心得ていることが要求されます(「1 本書の使い方」参照)。この手の本をムキになって否定する人ははじめからお呼びではありません。

私は人種差別の楽しみ方を心得てないし、これからも心得るつもりはない。

もしこれをギャグとして受け取らなければならないであれば、たとえば就職の際に「AB型以外の人ははじめからお呼びではありません」と言われても笑ってそうですかと言わねばならないのではないか。

やはり、はっきり言っておいた方がいいだろう。

血液型性格診断は、人種差別以外のなにものでもない、と。

Dan the Bloody Blogger


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
小飼弾さんのブログで血液型性格判断についてのエントリーがありまして、興味深く拝見
血液型性格判断【サイボウズ青野の3日ボウズ日記】at 2009年01月18日 23:43
『問題の条項の立てられ方に、故意の誤魔化しや無意識の偏向が随分と見られるにも拘わらず、我々は、作者と正確に同じく、こういう性質の書物はいつだって無用でないと考える』(『レ・ミゼラブル』書評) 僕は上に掲げた言葉を或る二人それぞれに対して贈りたいと思う。「...
血液型論争に【ボードレール語録】at 2008年12月21日 16:10
 最後に、人種差別の問題についても触れておきたいと思います。    差別を恐れていてはボードレールの翻訳などできないのですが、私自身、  日本人は猿だ。私にそう言ったのはダルジューである。 (シャルル・ボードレール「赤裸の心」『ボードレール...
人種差別とエスニックジョークは「さじ加減」次第――小飼弾さんにつける薬5【平岡公彦のボードレール翻訳日記】at 2008年12月20日 18:26
 では、今度は小飼弾さんの血液型性格判断に対する立場の当否について検討してみましょう。改めて小飼さんの現状認識を確認しておきます。 この一見無害で実は結構危険な迷信が、なぜこの国では迷信になっていないのかということを改めて考えてみた。 ( ...
血液型本ブームは迷信の復活を意味しない――小飼弾さんにつける薬3【平岡公彦のボードレール翻訳日記】at 2008年12月20日 18:20
  小飼弾 さん、トラックバックありがとうございます。    ご教示いただいた 大槻義彦『大槻教授の最終抗議』(集英社新書) と 『子供の科学』2009年1月号 も拝読いたしました。貴重な勉強の機会を与えていただいたことも併せて感謝いたします。    小...
リテラシーについて――小飼弾さんにつける薬1【平岡公彦のボードレール翻訳日記】at 2008年12月20日 18:16
ぼくは「AB型だ」とか「ひとりっ子だ」とかいうと、たいてい「やっぱり」といわれる。 ・404 Blog Not Found:本当は怖い血液型性格判断 実は、AB型ではない。というようなオチではない。そんな厭味をやるほど、カテゴライズ好きの無邪気な人を、ぼくは存外、嫌いではない。第...
AB型の市場価値が高まったときAB型を優遇するのは差別か?【Weep for me - ボクノタメニ泣イテクレ > 雑記】at 2008年12月12日 20:36
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51150970.htmlなんか、アクセス数がやたらと増えていると思ったら、404 Blog Not Foundで記事の一部に紹介されていたようです。では、本題です血液型差別について差別…僕は自分では変えられない、または変えることが難しい...
差別だとは思いますが、、、【SporT! & HSbad管理人Blog】at 2008年12月12日 19:22
この記事へのコメント
差別の問題なんですから、血液型と性格に関連があるかどうかということよりも、仮に血液型別に性格と関連があったとしても(私自身は関連はないと思うが)、ミクロで見れば個々人はその傾向に当てはまらない人は当然多くいるのだから、それを人事等に利用するのは「そりゃ差別でしょ」ということになるんじゃないですか。

例えば、「○○県は学力テストの成績がいつも最下位グループにいるから、○○県出身者には頭を使う仕事はやらせないようにしよう」(実際そういう県はあるが)、なんてやる会社があったら、そりゃ差別でしょ。

本人の意思の及ばないところ(人種、血液型、出身等)で人をカテゴライズするという行為は、一歩間違うとすぐ差別に結びついてしまうので、よく気をつけないといけないですね。
Posted by ちょに at 2010年03月08日 10:50
一生結論でないことでしょうね(笑)

血液型宗教は続いていくのでしょうね。


 
Posted by ポカホンタス at 2009年12月06日 01:30
>人事の時に血液型で選出したのは賢いやり方だと思うよ。

ほほほんきで言ってんすか?
Posted by histamine at 2009年11月13日 13:21
結局のところ血液型診断は文化みたいになってるわけだから、逆に利用しちゃえばいいじゃん。暗示にかかってるならそこに付け込んで上手く扱ってやればいいこと。人事の時に血液型で選出したのは賢いやり方だと思うよ。
Posted by はう at 2009年01月29日 09:55
トラックバック出来なかったのでコメントしました。
小飼さんは自分が人種差別をしているという事を心得てないし、これからも心得るつもりはないという事でおk?
Posted by ボードレール語録 at 2008年12月22日 18:13
コミュニケーションツールとして認められるのであれば、
初対面の人に「もしかしてA型でしょ?」とやってもいい
→初対面の人に「もしかしてユダヤ人でしょ?」とやってもいいことになる。

この論理は飛びすぎじゃないですか?どうしてこうなるのかわからない。
Posted by ななし at 2008年12月18日 19:18
> 他のオカルトと比べて、... 若干ムキになってるように見えるのが不思議なのです。

「人種ごとに肉体的特性が異なる」という科学的事実に結び付けられていることが原因だと思います。

加えて、

> ないと断定するのは科学的な態度とは言えません(素数モロンさん)
> (考えにくいが)原理的にないとは言い切れない(msugaiさん)
> 統計学的には「ない」のにさらに「ないのを証明しろ」というのは悪魔の証明です。(bobさん)

ということから、「ない」ということを納得させるのが難しいのだと思います。

でも結局、信じる人は、科学的でないものも信じるから、
科学的にいくら否定しようが無駄なのにね、と思います。
Posted by 田辺 at 2008年12月16日 03:42
> 統計的にないのであれば「ない」と考えるのが科学です。

その統計結果には、社会的要因が考えられませんか。
その場合でも、科学としては「ない」とすべきなのでしょうか。

(血液型性格診断の是非は興味ないんですが)
Posted by 横から失礼2 at 2008年12月16日 03:16
>bobさん

AO型とAA型、BO型とBB型は血液型を決定している糖鎖への抗体が同じです。糖鎖構造じゃなくて抗体産生が性格に影響を与えていると仮定すると、各々を区別する必要はなくなります。他にもO型糖鎖は関係なくてA型とB型糖鎖のみが性向に作用すると仮定する場合も同様ですよね。

最初のご発言の「分類の仕方からして意味ない」という表現はご自分から足を半分揚げちゃってる感じかもw

まー、本質を穿たない揚げ足取りには困ったものですなぁw被弾ご愁傷様ですw
Posted by 横から失礼 at 2008年12月16日 01:11
>>素数モロンさん

「生物学的にある」と考えるのであれば、それを証明すべきなのはあると考える人たちです。統計的にはないのですから「ある」と考える必然性がありません。統計学的には「ない」のにさらに「ないのを証明しろ」というのは悪魔の証明です。
あと科学は99%は仮説です。統計的にないのであれば「ない」と考えるのが科学です。科学的な証明は実験の積み重ねによる経験論によるものであり、数学の厳密な証明とは違うのです。

>>AOとAA, BOとBBは、遺伝型としては別ですが、発現形態は同じです。
ですから区別するのもしないのも、それぞれ理由があると考えられます。

もし科学的に考えるならAO型とAA型の人たちの性向を調査し、AO型とAA型の人たちの性向は区別する必要ないことをまず証明する必要があります。実験的に推論結果を観測出来ない仮説は不適当な仮説であると考えるのが科学です。
Posted by bob at 2008年12月15日 13:06
>ただ、他のオカルトと比べて、血液型に関しては否定側の「頭がいいひと」たちが、
>若干ムキになってるように見えるのが不思議なのです。

一番安易かつ、一番影響力と強制力があるからじゃないかな。

「頭がいいひと」は、「馬鹿」が堂々とチカラを持つことを恐れているんだよ。
極端に言えば、馬鹿に殺傷能力のある武器持たしたらマズイでしょ。
Posted by 俗人 at 2008年12月15日 08:06
そうそう。現在の心理学でも血液型性格診断は取り扱われていますが、「なぜ血液型性格診断を信じてしまうのか」という視点で扱われていますよね。立派な疑似科学扱いw
Posted by ぽくね? at 2008年12月15日 00:30
誤解のないように(あってもいいのだけど)一言付け加えておくと、
私は「相関がある可能性」を留保しているだけで、肯定論者という訳ではありません。
ただ、他のオカルトと比べて、血液型に関しては否定側の「頭がいいひと」たちが、
若干ムキになってるように見えるのが不思議なのです。
そういう意味では、おっしゃるようにこれは社会学的関心の対象とも言えるでしょう。
Posted by 素数モロン at 2008年12月14日 18:48
以前、知り合い(♀)に「○○さんって何座ですか?」って訊かれたから「ネコ座wwww」って答えたらマジメにネコ座の性格診断されたよ。
ヤツらの程度なんてそんなもんだ。マジメに相手するとバカを見るぞ。
Posted by AS at 2008年12月14日 17:36
Zincです。この問題はやり出したらキリがないですし、他人のブログであんまり議論するつもりは無かったんですが、せっかくコメント頂いたのを見付けたので、ちょっとだけ書き残します。

> 輸血する場合はABOとRHしか考慮されないのはなぜでしょうか?
輸血する場合には、ABOとRHだけを考えていればいいからですね。輸血する際の影響・重大性でしかありません。
それが性格診断や作業能力の適性診断に用いられるということは、社会学や政治心理学的な問題です。

> 血液型性格占いを巡る否定論者の言動に知的好奇心を刺激されます。
私はこういうのを「そのまんま包んだだけのリンゴパイ理論」と呼んでいます。(長いw
私も別に「いい大人」ではありませんが、血液型性格占いを巡る否定論者の言動に知的好奇心を刺激される人の言動に知的好奇心を刺激されます。
あー。子供の頃よくこういうこと言って遊んだ。
Posted by zincinosaka at 2008年12月14日 13:10
>Zineさん
そうなんです。血液型にはたくさん種類があるのです。
ですが一般的に、輸血する場合はABOとRHしか考慮されないのはなぜでしょうか?
この2種類は特別影響が大きいということではないでしょうか。
したがって、これは社会学や政治心理学的な問題ではないと思うのです。

>いい大人が真剣に血液型性格診断をとなえているのも、ちょっとみっともない。
こういう心理があるからこそ、「頭のいいひとたち」は否定に走るのでしょうか?
私は別に「いい大人」ではありませんが、血液型性格占いを巡る否定論者の言動に知的好奇心を刺激されます。
Posted by 素数モロン at 2008年12月14日 11:31
つーかABO式以外にも一杯あるけどな。血液型。
なぜABO式だけが用いられるのかは社会学〜政治心理学的な問題で色々理由はある。
いい大人が真剣に血液型性格診断をとなえているのも、ちょっとみっともない。
Posted by Zinc at 2008年12月14日 03:19
昔、外国人に血液型は何?
と聞いたら、輸血するのか?といわれました。
ちょっと恥ずかしかったです。

こういうレッテル張りするのは日本人だけでしょうかね。
Posted by まさむ at 2008年12月14日 02:25
>bobさん
AOとAA, BOとBBは、遺伝型としては別ですが、発現形態は同じです。
ですから区別するのもしないのも、それぞれ理由があると考えられます。

また、理系人間として、そこまで断言できる根拠が曖昧だとは思いませんか?
「統計学的にない」という主張は一面の事実でしょうが、
「生物学的にない」と言えない限り断言できないのではないでしょうか?

私は「ある」と断言する人も「ない」と断言する人も、
同じ程度に非科学的だと思います。
Posted by 素数モロン at 2008年12月14日 01:43
まぁ理系人間から言わせて貰うと
AO型、BO型、AA型、BB型、AB型、OO型
で分けてない時点で「分類の仕方からして意味ない。バカじゃないの。」の一言です。

>>ないと断定するのは科学的な態度とは言えません。

統計学的にはないのが分かってますよ。
Posted by bob at 2008年12月13日 16:25
血液型性格判断を信用するタイプの人間と
信用しないタイプの人間でわけて、前者を
バカと判断しておればよろしい。
Posted by nt at 2008年12月13日 13:31
そういや心理学の世界では、血液型性格診断そのものよりも
なぜ人(というか日本人)は血液型性格診断を信じるのか、
という研究の方が盛り上がっているとか聞いたことがあるな…。
Posted by phyr at 2008年12月13日 04:05

C++型:凡人
L型:気取り屋
P型:へんなのがいっぱい
Posted by プログラム型性格診断 at 2008年12月13日 02:33
ホロコーストwww

日本で血液型性格診断が流行るのは、A、B、O、AB、それぞれが一定数いるからでしょ(3:2:4:1、ぐらいだったか)。偏りがあると話題にならない。ホロコースト、もとい、ホロスコープが流行るのも、それぞれの星座にまんべんなくいるからと考えれば合点がいきます。
Posted by ちいちゃん at 2008年12月12日 23:03
むしろ逆に、
「日本には"人種"が無い」からこそ、
血液型占いとかが流行るんじゃないかなあと思います。

少なくとも血液型は、
日本人の"誰もが"持ってる名前ですし…

例えば営業でも合コンでも、
外見なり星座なりの、
『分かりやすい特徴』というのは、
とても使いやすいネタです。

ずーっとそんなことばっか話すカップルは嫌ですが、
会話の糸口として、
入りやすい所から入るのは仕方ない気がします。

血液型を基準に人事を行うのは狂気の沙汰ですが、
営業マンが会話ツールとして、
血液型入りのネームプレートをぶら下げてるのは、
ごくごく真っ当な方法だと思います。

アイとか宇宙とかの、
"真剣"な議論を望まない国民性である以上、
娯楽としての血液型診断を否定するのは、
なかなかに困難です。
Posted by susu at 2008年12月12日 21:38
さすが理系脳
Posted by   at 2008年12月12日 19:06
↑馬鹿な差別と偏見の典型
Posted by *** at 2008年12月12日 15:15
血液型にこだわるのって大体B型ですねー
あとさそり座の女性は星座占いが嫌いですよね。
Posted by   at 2008年12月12日 15:12
おお、そんな感じですね、ありがとう。<ピグマリオン効果
Posted by 俗人 at 2008年12月12日 11:30
> 心理学でこれを定義した用語があったな。なんだっけなあ?
ピグマリオン効果じゃないかな?
Posted by 久々にこのサイトを見た at 2008年12月12日 11:24
よねおさん
>B型は自己チューと言われますが、A型が自己チューという話が皆が信じるようになれば、A型の人がより自己チュー的な性格に育つように思う。

心理学でこれを定義した用語があったな。なんだっけなあ?
Posted by 俗人 at 2008年12月12日 11:05
もともと、ドイツの優生学者が始めた血液型による性格や能力判定議論ですから何をか言わんや、です。

心理学の専門家が真剣に、時間をかけて取り組んだ結果を無視することはないと思います。
Posted by おさる at 2008年12月12日 11:03
血液型ではないが、サッカーフランス代表監督のドメネクは星占いで
選手を選考して非難を浴びていたな。
血液型性格診断が人種差別と違うのは、社会的に受容されているのと、
反対運動を起こしても排除される可能性が低いこと。
コストも当然あるが、本が売れる、出版社員の懐が潤う、などの
プロフィットも生み出されているのも事実。
血液型性格診断を憎む弾氏の気持ちは理解できる。まあ、血液型で人の
性格を真剣に分析したがる人はその程度の人間であると、軽蔑するくらい
しか、今のところなす術なさそう。
「反血液型性格診断」なんてサイトを作っても、無数にある血液型性格
診断のサイトに比べれば、ウケないだろうなあ。
どんなに文明が発達しても、その国や地域で支持されている迷信や不合理
な価値観は、簡単に消えないし、新しいそれらだって生み出される。
くだらないものではあるんだが、相対的に見て血液型性格診断より悪質で
取り組まなければならないものがもっと多くある、といったところでしょうね。
Posted by 俗人 at 2008年12月12日 10:58
カテゴライズの話はt_fさんに完全に同意。
別に血液型だけの話じゃないでしょ?
逆に血液型占いは、遊びとして普及してるから槍玉に挙げられるだけで、隠れた差別なんていくらでもあるわけだし。

僕は、血液型による「性格」の差異は「社会的な要因」じゃないかと考えてます。つまり、「その血液型の人はこういう性格でしょ?」という皆のある程度共通の思い込みがインストールされた結果かと。

B型は自己チューと言われますが、A型が自己チューという話が皆が信じるようになれば、A型の人がより自己チュー的な性格に育つように思う。

そういう意味だと、やっぱり「宗教」なのかな?(笑)
Posted by よねお at 2008年12月12日 10:40
赤ちゃんのころは母親の血液型の影響が出ますし、
血液疾患で大量輸血された方が、その後の血液型が
変わることはよくあります。
性格と相関あるとは思えないし、
あえてそれを調査する社会的なメリットは、そのコスト
を誰が負担するのかを含めて、ないと思います。

一部の出版業者などには追い風なのでしょうけど。
Posted by ひろ at 2008年12月12日 10:26
まあ、これ以外にも誕生日・出身地・親の職業・最終学歴・etc.いくらでもカテゴライズの根拠となりうる属性はあるし、血液型くらいが人種差別だってのもどんなもんでしょーか。
中国や韓国だと出身地域がカテゴライズの最大の要因になってるし、他の国々でもこの類のネタはザラにあるワケで、でもまあ、血液型を根拠にするってのもご愛嬌というには因循姑息すぐるとは思ふけど。
Posted by t_f at 2008年12月12日 08:56
MacBookAirで読んでいるんですが、コメントのフォントが小さくて読むの疲れますよう。
ちなみにA型です。
Posted by っっg at 2008年12月12日 06:04
私はB型ですが、A型と言っても納得されます。
O型と言っても納得されます。
もちろんB型と言っても納得されます。

AB型と言えば大した反応はありません。「へぇー」で終わります。
Posted by あああ at 2008年12月12日 04:43
血液型占いは日本で最も広まっている宗教なんじゃないかと思えてくる.
Posted by どせい at 2008年12月12日 04:36
>人種差別の楽しみ方を心得てないし、これからも心得るつもりはない。
まことに同感。血液型は民族的に大幅な差があります。アフリカ系の場合O型は日本人の倍(60%)あり、逆にAB型はゼロに近い。血液型占いのバカども、これを知ったら血液型民族占いを始めるでしょう。これが人種差別でなければ何が人種差別なのかわかりません。

「すすんでダマされる人たち ネットに潜むカウンターナレッジの危険な罠」(日経BP)にはもっと壮絶なデマが害悪まきちらしまくりのありさまが詳しく紹介されてます。鬱だ。
Posted by namekawa at 2008年12月12日 03:36
相関にほっとんど有意差出てねーんだから、「考えにくい」のでしょう。合理的だと思います


ついでに。糖転移酵素の遺伝子の変異がABO血液型の元ですが、最終的に赤血球表面の糖鎖の一部が血液型により異なる事になります。

が、実際には(他の血液型に対する)抗体が異なるくらいで、特に大きな生理学的差異が見られない(ですよね?)ですし、性格にまで影響があるとは考えにくい、と私も思います。
Posted by ぽくね? at 2008年12月12日 02:51
>マクロに検知できるような「性格」を含む「行動」に影響するとは考えにくいです。

なぜ「考えにくい」のでしょうか?
その合理的な理由が知りたいのです。
Posted by 素数モロン at 2008年12月12日 02:13
>>血液型性格診断は、人種差別以外のなにものでもない、と。
正直この提言はこの反応を引き起こすのが今の日本だと思うわけで。
http://d.hatena.ne.jp/orangestar/20081023/1224698559

そもそもみんな気にし過ぎだと思ったよ。科学信奉者とかって余裕無くない?
Posted by 奥平剛士 at 2008年12月12日 02:11
「占いの動物種によって行動特性に差がない」という説は現時点では「動物占いも必ずしも正しいとは言えない」というレベルでしかなく、明確な根拠があるわけではないので、ないと断定するのは科学的な態度とは言えません

ライオンの俺様は処遇に差を設けられたら怒ります


占いなんてどうでもいいよ。血液型性格占い、の筈が血液型性格診断だと信じちゃっている人をどげんかせんといかん


でも、水瓶座なので二重人格の俺様は女の子と飲んでいる時は血液型性格診断肯定派です
Posted by ぽくね? at 2008年12月12日 02:11
コメントに対するコメントです。

> 「血液型性格占いは必ずしも正しいとは言えない」というレベルでしかなく、
明確な根拠があるわけではないので、ないと断定するのは科学的な態度とは言えません。

私の理解では、物理法則に反するわけではないのでの、原理的にないとは言い切れないと思いますが、マクロに検知できるような「性格」を含む「行動」に影響するとは考えにくいです。また、科学的に設計されて実施された実験でも有為差は検知できてないのはご存知かと思います。

血液型によって行動に際が生じる事実として扱うことは「非科学的」態度だし、根拠のないことで人を区別することは「差別」と呼べると思います。

> 血液型占いとホロコーストを一緒に考えるのはどうだろうと思う。

占いとホロコーストを一緒に考えるのはどうかと思うのは、占いが「当たるも八卦、当たらぬも八卦」な占いとして認知されている範囲においてはおっしゃるとおりと思いますが、血液型性格判断を事実として扱っている場合は、根は同じで、無知ゆえの差別と思います。

ネタにマジレスですかねぇ。。。
Posted by msugai at 2008年12月12日 02:09
id:dankogaiって絶対B型だよねーww
Posted by 名無し at 2008年12月12日 02:01
まあ、概ね統計学で否定はされているけれどね。
性格とか複雑系だし科学体系には組み込まれないでしょ。

工務店の例は極端な例じゃないかな?
世間的にナチスに走りそうな向きはないとは思う。
甘いのかな。
血液型占いとホロコーストを一緒に考えるのはどうだろうと思う。
Posted by hiro at 2008年12月12日 01:55
なんか話がごっちゃになってる気がします。

「人種ごとに肉体的特性が異なる」のは科学的事実。
「人種ごとに非合理的な処遇の差を設ける」のはポリシー(善悪は別として)。
人種問題がtouchyだからと言って、実際に存在する生物学的な差異を、
見て見ぬ振りをするのは科学的な態度とは言えない訳です。

同様に、
「血液型によって、行動特性に差がある(かもしれないしないかもしれない)」は事実。
「血液型によって、非合理的な処遇の差を設ける」のはポリシー。
であって、両者の問題は別々に考えるべきです。

さらに「血液型によって行動特性に差がない」という説も現時点では
「血液型性格占いは必ずしも正しいとは言えない」というレベルでしかなく、
明確な根拠があるわけではないので、ないと断定するのは科学的な態度とは言えません。
Posted by 素数モロン at 2008年12月12日 01:34