2008年12月26日 12:30 [Edit]

訳すな、訳してもらってから読め

これ、Wikipediaやblogの記事ぐらいだと悪くない方法だと思うのだけど、一冊の本をこれで読もうとすると、むしろ途中で挫折する公算が高いと感じたので。

訳すな、頭から読め - 鰤端末鉄野菜 Brittys Wake
訳さないで頭から読む、英語に限らずあらゆる語学はこの方法で読むのが一番よいと信じる。効能は三つ。1.読むのが早くなる 2.(発音さえ聞き取れれば)耳で聞いてすぐに分かる 3.自分が話したり書いたりするのが楽になる。

というわけで、英語の本をまるまる一冊読破するにはどうしたらよいかという方法。


やり方は、三ステップ。

  1. まず、お気に入りの訳本を見つける。
  2. それをストーリーがそらで言えるぐらい読み込む
  3. そうしてから、原著を読み始める。

1. まず、お気に入りの訳本を見つける。

分野は問わないが、「短文の集合」であるビジネス本より、物語の方が読了感が高い。以下、物語を読むということを前提に話を進める。

2. それをストーリーがそらで言えるぐらい読み込む

読み込むといっても、丸暗記まではする必要がない。しかし次のパラグラフに何が待っているか、「先読み」出来る程度には読んでおく。だいたい三回も読めばそうなるだろう。

3. そうしてから、原著を読み始める。

こうして物語をあらかじめ知っておいてから読み始めれば、面白いほど速く読めるはずである。ただし、ここで調子にのって速く読み進めているつもりが単にページを速くめくっているだけにならないようにすること。パラグラフは飛ばさないこと。「あの台詞は英語ではこうだったんだ」というのを見つけながら読み進めること。

それを繰り返して、一対の訳本と原著を読了するのが苦でなくなったら、未読の原著に挑戦してみるといい。ここまでくれば原著コンプレックスはほとんどなくなっているはずだ。

実は、これは私がとってきた方法ではない。私はもっと非効率的な方法を取ってきて、おかげで最近になるまでこの方法を見つけることが出来なかった。すなわち、「いきなり原著」である。

私が通読したはじめての物語は、Dune だった。ユダヤ人の友人に「これ嫁」と言われて読んだのだが、今考えるとそれはスティルスーツもなしに砂虫の前に放り出されるようなものだった。10日ぐらいかけて読了し、読了してもわからん単語だらけで(当然だ!SFなのだし造語は当たり前なのだ)、よくもまあ砂虫に飲み込まれずにすんだものだと思う。

まあそれで死なずにすんだので、原著でSciFiを読むことが面白くてたまらなくなったし、別の本であまりにひどい邦訳を見て「なんだこれ、原著の方が全然わかりやすいじゃないか」とばかりに原著主義者となった私であるが、近年になって原著の入手が待てず邦訳を注文してから原著を読むという体験を何度か繰り返した後、あれほど原著に慣れていたはずの私でさえ、やむえず採った上記の方法がいかに楽かを思い知らされたのだ。

あの頃の私に言ってあげたい。「矢野徹訳を先に読んでおけ」、と。

そしてよくよく思い出してみれば、私は上記の方法を映画に対してはとっていたのだ。字幕なので邦訳と原文は同時だが、好きな映画を繰り替えし見ているうちに、台詞を覚えてしまったのだ。"Blade Runner"なんか、未だに台詞を思い出せる。そしてそのうち字幕がうざくなり、そして今では字幕と原文のギャップを楽しんですらいる。

私の英語力に最も貢献しているのが映画であることを考えると、それを読書で応用しなかったことがいささか残念だ。本でも使えることがわかっていたらもっと早く読めるようになっていたかもしれないのに。

この方法の明らかな欠点は、この方法を卒業するまでは未訳の作品が読めないことである。しかし、勝間さん曰く、「翻訳されているという事実そのものが良作フィルターとなっている。翻訳されている作品の方がずっとスカ率が低い」。言われてみればそれもそうである。

というわけで、私も以前ほどには原著にこだわらないことにしたのであった。

Dan the Bibliomania


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:訳すな、訳してもらってから読め
404 Blog Not Found:訳すな、訳してもらってから読め【】at 2012年01月21日 06:25
404 Blog Not Found〜訳すな、訳してもらってから読めというのが勉強になる。 英語の本を読めるようになりたかったら、まず訳書を3回ぐらい読ん??.
http://supee.blog121.fc2.com/blog-entry-63.html【ぶたときどき真珠〜深沢千尋のブログ〜】at 2008年12月29日 01:28
ホッテントリに英語と字の、高速学習方法が上がってました。 ところがこの方法、どちらもほぼ同じやり方なのです。 404 Blog Not Found:訳すな、訳してもらってから読め http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51157614.html やり方は、三ステップ。 1. まず、お気に入
英語と、字と、絵と、自転車と、スポーツと、仕事の高速道路について考察【teruyastarはかく語りき】at 2008年12月28日 15:25
英語その他の外国語についての勉強法がいろいろ議論にあがっている。 訳すな、頭から読め - 鰤端末鉄野菜 Brittys Wake 「訳すな、頭から読め」へのコメントとお返事 - 鰤端末鉄野菜 Brittys Wake 404 Blog Not Found:訳すな、訳してもらってから読め わたしがこれまで語学に...
訳すな、構造を理解せよ、そして、とにかく長いのを読め【絵文録ことのは】at 2008年12月26日 20:38
いつもRSSリーダーで斜め読みしているだけだったのだが、最近はdankogaiさんの404 Blog Not Foundの記事に引きつけられる。 今日の訳すな、訳してもらってから読めには、英語の覚え方の話の中...
最近、dankogaiさんのブログが興味深い【The Riddle of Middle Earth】at 2008年12月26日 14:40
この記事へのコメント
駿台予備校の先生が言ってた。

「教科書、12回読んで、わからんかったら、マジアホやから
大学行っても、ものにならんから、
勉強、あきらめなさい」


難解と言われるものが、1回で理解できたらラッキーという
マインドが必要ですね。


あと、しらない部分が多い時は、
「全体と部分のジレンマ」にはまりますね。
(1)全体を理解できないと、部分が理解できない
(2)部分を理解できないと、全体が理解できない。

いずれにしろ、
理解ができないのなら、
時間、かけないと無理だよ。

だいたいの人は、ちょいカシコなんだから。
Posted by higekuma3 at 2008年12月28日 08:04
同じ英語学習法を鳩山兄が言ってるのをTVで見たことありあす。
やっぱり英語をマスターするには良いやり方なんですね。

しかし、Duneはちょっと長すぎませんか、短編で面白い英文学のおすすめ
って何かありますかね。

とおもってアマゾンいったら、Dune中古しかない。
SF人気ないのかな・・・・1円は無いよ。
買い占めてしまおうか・・・なーんてちょっと思ったりして

Posted by 仁 at 2008年12月27日 08:21
矢野徹訳は鉄板。
Posted by Zinc at 2008年12月27日 02:24
>未だに台詞を思い出せる

Wake up! It's time to die! とか?

私が原著まるごと1冊ちゃんと読んだのはもう大学出ていたかと思いますが、ギャビン・ライアルのMidnight Plus Oneがたぶん最初。

菊池光氏の名訳(「深夜プラスワン」という邦題にはつっこまないでくださいw)を何度も読んでからふと思い立って取りかかってみると思いがけず楽に読めました。

It was April in Paris. So the rain wasn't as cold as it had been a month before...

と、今でも冒頭のパラグラフが思い出せる。

ライアルの遺作となった「誇り…」シリーズはおすすめ。第一次大戦前夜の欧州が舞台ですが、おもしろいだけでなくディテールの情報量が圧倒的。早すぎた死が惜しまれます…
Posted by namekawa at 2008年12月27日 02:11
逆に言えば、英訳の出ている日本語の作品を使ってもいいんじゃないの? とも。村上春樹なんかはオリジナルも翻訳調だし、軽くて読みやすいから繰り返し読むのもしんどくない。『風の歌を聴け』でこの方法、試してみます。
Posted by fox at 2008年12月26日 17:16
Danさん最近のエントリーでは、一冊を一時間以上かけて読むことはまれだと書いてました。そんな飛ばし読み系の速読をしてるDanさんがこのエントリーみたいなこと言っても、説得力ぜんぜんないですよぉ。
Posted by どうしたもんか at 2008年12月26日 14:52
あえて本ではなく fine software writings を押しておく
Posted by anonymous at 2008年12月26日 14:04
こんにちは。
Duneシリーズは私の愛読書なんですが、あれを原著で読んだなんてすごいです!
日本語訳で読んでもかなり分かりにくいので、かえって原著を読んだ方が理解しやすいのかな?と思った事もありますが、あれは英語で読んでも訳を読んでも、理解するためには何度も繰り返し読みしなくちゃならないと思います。

しかし、訳者が亡くなり、その後続編の翻訳が出版されないので、今は仕方なく原著を手にしています。
分かるようで、分からなくて困り果ててます。
Posted by みほ at 2008年12月26日 13:56
訳文が頭に入っちゃうと結局英語読んでも最初から訳文が頭の中にできているのだから意味がない。
訳を参照してもいいけど、やっぱり頭から読んでいくのがベター。
ただ、得意分野の本を読むとか、日本語訳を既に読んでいる作家の別の本を読むといった形でパターンに慣れておくことは有効だと思う。
Posted by Andy at 2008年12月26日 13:54
ダンさんって日本語の方が英語よりも得意だったの?
Posted by sakurada at 2008年12月26日 13:04