2008年12月31日 16:00 [Edit]

一般論という極論

どうするか。

極端シリーズ - ARTIFACT@ハテナ系
非コミュ「どうすればいいんだよ!」(最初に戻る)

とりあえず、テンプレ化。

人類「僕らなんかが、世界に関わったら、地球を傷付けてしまう…」
神「自分の行為が地球を傷付けるとはなんと傲慢な考えだ。誰もお前のことなど気にしていない」
人類「よし、気にせず、自分の思うように、世界に関わろう」
神「お前らは鈍感過ぎる。自分がどれだけ地球に迷惑をかけているのか、考えろ!」
非コミュ「どうすればいいんだよ!」(最初に戻る)

67億人を束ねても、宇宙にしてみればこんなところではないか。

次に、うまくやっている人を覗いてみることにする。

勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!: 今年の勝間的10大ニュースまとめ
以下が、10大ニュースです。

見事に自分が関わったことしか書かれていない。

なぜ「非モテ」とか「非コミュ」とか、「非」が頭につく人たちが「どうすればいいんだよ!」ループに陥るか。

自分ごとを、一般論で解決しようとしているからだ。

だから、ループを脱出するのは実に簡単だ。「人」とか「世界」とかという一般名詞を、あなたに関わる固有名詞で置き換えればいい。

道下「僕なんかが、ハッテン場に関わったら、阿部さんを傷付けてしまう…」

この時点で、もうみのもんたは何も言えなくなってしまう。みのもんたがベンチにつなぎを着て座っていれば別だが。

あとは、みのもんたがいない公園のトイレで、テクニックにはげめばよい。

と、ここまでが一般論。

私の疑問は、なぜかくも多くの人々が--時には自分自身さえも--このループにはまるのか、ということ。

その答えは、あっさりkanose村長の元発言に書いてあった。

極端シリーズ - ARTIFACT@ハテナ系
いつものオチだけど、バランスが大切。

そう。

バランスが大切だと勘違いするから、ループにオチてしまうのだ。

バランスが大切だと思い込むから、一般論に走るのだ。

確かに、一般論がうまく決まるのは痛快だ。数学のあのとてつもない美しさは、疎にして漏らさないあの全順序にある。うまく決まった一般論は、単に美しいだけではなくとてつもなく役に立つ。だから我々は幼い時から、一般論へのあこがれを周りの大人たちに刷り込まれる。

と同時に、一般論がほころびた時のはずかしさも刷り込まれる。たしかにほころびた一般論ほど薬なく毒多しなものもそうはない以上、それは間違っていない。

しかし、それが多くの人を無限ループの苦痛に追いやっているのも、また事実なのでないか。

しかも、この無限ループは「勉強のできる」「頭のいい子」ほど陥りやすいのだ。勉強がいやな子は、一般解などなくても、自分が必要な解を見つけた時点で解放されるし、頭がよくなければ一般解には誘惑されないものだ。

だから、「バランスが大事」という大人の言うことは「はい」ではなく「は〜い」と生返事ぐらいにしておくのがいいバランスなのではないか。

バランスは、一般論にして結果論。

みんなの仕事 = Our Business ではあっても、あなたの仕事 = Your Business ではない。

あなたの仕事は、一人でバランスを取ることではなく、「みんな」というシーソーのなるべく端の方に座ることなのではないか。

繰り返す。

バランスを取るのは、あなたの仕事じゃなくてみんなの仕事。

あなたがみのもんたでない限り。

Dan the Selfish Blogger

See Also:

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
ここ最近、情報科学がたまらなく面白い。いまさら認識したのかと思われる向きもあろうが、
情報科学がたまらなく面白いという話【Okdt BLOG】at 2009年01月03日 11:36
一般論という極論(404 Blog Not Found)をよんで、「僕は僕が嫌いだけど、僕は僕が好きでありたい」という人種は考慮されていないような気がした。「僕は僕が嫌いだけど、僕は僕が好きでありたい」と思ってるのは、私自身だ。たぶん、一般的には自己愛のゆがんだ形なんだと...
僕は僕が嫌いだけど、僕は僕が好きでありたい【某氏のたわごと】at 2008年12月31日 19:28
404 Blog Not Foundより バランスが大切だと勘違いするから、ルー...
一般論と同化すること【Design days of ecri】at 2008年12月31日 18:15
この記事へのコメント
>人類「僕らなんかが、世界に関わったら、地球を傷付けてしまう…」
>神「自分の行為が地球を傷付けるとはなんと傲慢な考えだ。誰もお前のことなど気にしていない」
 
>人類「よし、気にせず、自分の思うように、世界に関わろう」
>神「お前らは鈍感過ぎる。自分がどれだけ地球に迷惑をかけているのか、考えろ!」
 
人類「よし、じゃあ世界に関わる部分と関わってはいけない部分を、常に分析して分類してみよう、世の中は例外が多いんだから」
神「そうじゃ、何事も0と1で解決できるほど世界を単純に作ってはおらぬ、常に良く見て、よく考えて、行動するのじゃ」

が正解だろ。
いちばんマズいのはどちらかの答えに偏って、自分の考えを固定化してしまう事だと思う。
Posted by だんだだんっ at 2009年01月03日 14:57
「俺はこれからも『極論』を言うから
バランスがどうのとか言って批判するな」
っていう牽制ですか?要は。

人間、悩んだり立ち止まったりループしたり
ということも、ある程度は大事なことではないですか。
世の中がみんな「勝間さん」になったらマズイでしょ。
(お前個人がそれを「マズイ」と考える必要なしということですかw)

もちろん、個人でバランスなんて取れないわけで。
でも、そこに開き直っちゃうのもどうかと。
勝間さんは変だぞ、と思えるくらいの「バランス」は持っていたいですね。



Posted by も at 2009年01月01日 16:24
同じ事を考えたこと、あります。
激しく同意。
ただ、シーソーの端っこにおとなしく乗るつもりはありません。
そんなに謙虚じゃないから、わたしは。
Posted by みほ at 2009年01月01日 13:52
参考までに。
「認知の歪み」で検索すると、関連情報がみつかります。

おすすめは、次の記事。

http://d.hatena.ne.jp/cosmo_sophy/20050119
Posted by 田辺 at 2009年01月01日 12:51
「自分の行為が阿部さんを傷付けるとはなんと傲慢…」なんて言うみのもんたはそこにいませんよ、と。
Posted by Yugo at 2009年01月01日 03:56
弾さん、悪いけど、何が言いたいのか分からないよ。

>神「自分の行為が地球を傷付けるとはなんと傲慢な考えだ。誰もお前のことなど気にしていない」

>神「お前らは鈍感過ぎる。自分がどれだけ地球に迷惑をかけているのか、考えろ!」

 これって、一般論ていうのかな。一般論っていうのは、誰もが一般に受け入れられることなんじゃないのかな。例えば、「人は歳をとる。」とか「人は物を食べる」いったものだと思うんだが。でも、上のフレーズって、必ずしも、一般的に受け入れられているようなことじゃないと思うんだけど。

 弾さんが固有名詞で置き換えればいいという例だって、

A「僕なんかが、ハッテン場に関わったら、阿部さんを傷付けてしまう…」
B「自分の行為が阿部さんを傷付けるとはなんと傲慢な考えだ。阿部さんはお前のことなど気にしていない」
A「よし、阿部さんなど気にせず、自分の思うように、ハッテン場に関わろう」
B「お前は鈍感過ぎる。自分がどれだけハッテン場に迷惑をかけているのか、考えろ!」

としても、弾さんが、一般論と言っている例と何が違うのかよくわからない。

>無限ループは「勉強のできる」「頭のいい子」ほど陥りやすいのだ
 これも、続いて述べていることの根拠がよく分からないよ。






Posted by 風竜胆@文理両道 at 2008年12月31日 20:38
うまく決まる一般論をバランスと言うのは、弾語ですよね。
私はバランスが大事だと思っていますが、此処で書かれているような無限ループにはなりません。
ただ、行ったり来たり、ループも人生の醍醐味だとは思います。
語義を揃えた上で議論しないと、言葉遊びになっちゃいますよね。

ところで、ホモネタって面白いですかねぇ・・・。
Posted by Zinc at 2008年12月31日 19:41
つまり女性がそれなりに生きていけるのは、は自分のことしか考えてないからなのですね。
Posted by 一般論 at 2008年12月31日 19:13