2009年01月07日 01:45 [Edit]

本当は怖い日本国憲法

確かに第25条だけ見ればそうなんですが....

すべて国民は - good2nd
その上で思うのは、25条は「すべて国民は」と言っているのであり、「本当にまじめに働こうとしている国民は」などとは言っていない、ということです。

こういう条文もあるのですよ。


日本国憲法
第12条この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

「不断の努力」ですよ。

「常に公共の福祉のために」ですよ。

私自身は、憲法というのはあくまで「国家が国民に対してするべき約束」に留めておくべきで、その逆は下位の法でやれば充分と思っているのだけど、日本国憲法は結構権利だけではなく義務に関しても小姑なのですね。

他にも第3章には、

すべて国民は - good2nd
第26条-2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。
第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。
第30条 国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

なんてのが義務として記されているわけですが、条文を一本一本ばらさずに、「国民の権利及び義務」をまとめ読みする限りにおいては、

先の見通しが甘かった人も、愚かものも、堪え性がなくすぐに仕事をやめてしまう人も、身体の弱い人も、仕事を選り好みする人も、怠け者も、努力の足りない人も、勇気がない人も、人生設計など何も考えていない人も、マナーの悪い人も、他力本願の人も

みーんな、国民としての義務を果たしてないじゃないか、と憲法は言いたいようにむしろ私は感じているのです。特に第30条なんてほんと厳しくて、破産の時なんか租税公課って労働債権よりも優先順位が高かったりします。

憲法12条に照らし合わせれば、何をしても「公共の福祉」にならないなら「権利の濫用」認定されかねない。もちろん第21条(言論の自由)も。

せめて

第12条' この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならない。

ぐらいで終わっていればここまで怖くないのですが。

一国民としては、第九条よりよっぽど差し迫った問題です。

Dan the Taxpayer

See Also:


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
小飼弾氏のhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51168974.html:title=このエントリ]とかこのエントリを読んで、『法律力養成講座』は読んでいないが、「法律」と「法律力」について、現役法学部生として2、3気になったことを*1。   1.「常に公共の福祉のために」で
[法律]法律力について私が知っている二、三の事柄【一法律学徒の英語と読書な日々】at 2009年01月23日 01:51
日本実業出版長谷川様より献本御礼。 六法で身につける荘司雅彦の法律力養成講座 荘司雅彦 これだよ、これ! こういう法律の本を待っていた! 法律というものを知りたい人が、最初に読むべき一冊。 すでに読んでしまった本のことをきれいさっぱり忘れてでも、そ....
心を射抜く一冊 - 書評 - 六法で身につける 荘司雅彦の法律力養成講座【404 Blog Not Found】at 2009年01月22日 18:39
「本当は怖い日本国憲法(404 Blog Not Found)」でも述べられてい...
国民の義務、比較憲法のすすめ【Inquisitor】at 2009年01月12日 01:01
初め「憲法12条に照らし合わせれば」以降の一文の論理構造がいまいち分からなかったのですが「公共の福祉にならないなら」という一節から、小飼さんが「公共の福祉」という用語を「公共の為になる事、役に立つこと」みたいな感じで読み替えていると思うと意味が通る様な気が....
差し迫った問題を考えてみました。【まこさま日記。】at 2009年01月08日 16:55
私自身は、憲法というのはあくまで「国家が国民に対してするべき約束」に留めておくべきで、その逆は下位の法でやれば充分と思っているのだけど、日本国憲法は結構権利だけではなく義務に関しても小姑なのですね。 本当は怖い日本国憲法 - 404 Blog Not Found dankogaiは多
[憲法][社会について思うこと]憲法に関するよくある誤解【院生兼務取締役の独り言】at 2009年01月07日 12:17
仕事がら、またブロガーとして、日本のひどくややこしい法律体系っていったいぜんたいどういう人間がこんなの運用できるんだろうってずいぶん前から疑問に思っていた。とにかく、お目にかかるのは私にとってスパゲッティだってここまでからまっていないだろうと思われる法律
日本人であるための「要件」を憲法から考える【HPO:機密日誌】at 2009年01月07日 10:33
この記事へのコメント
日本国憲法は上から目線なのが特徴です。

民衆が権力者から権利を勝ち取った歴史的経緯が無いからだと思います。
Posted by shopetrade at 2011年12月16日 20:29
そんなもんでしょう、国民に対しての約束とは。
弱者とは法から外れたものだから、憲法から見て、
「義務を果たしていない」のは当然。
そこをなんとかするのが種々の法律でしょうが。
憲法で考えるべきものではないと私は逆に思います。
Posted by galil4a at 2010年02月12日 06:11
無知
Posted by   at 2009年06月17日 19:07
憲法って天皇や国家へ向けられたものですよ
Posted by バール at 2009年01月13日 20:20
ところで、納税の義務が国民に押しつけられているのは、日本と韓国だけだそうです。
他国では、政府に徴税の権利がある と定められているところがほどんどなそうな。
Posted by ほるほる at 2009年01月13日 00:17
歴史の流れ>
法律の技術的な読み換えに歴史は不要でしょww
右も左も変な概念持ち出すから言いたい放題って感じですよね。

右は余計なこと言ってないで素直にスカンディナビアリアリズムを唱えとけばいいのよ。

憲法は例外なく授権規範以外はただの言葉と思っていいと思うよ。
立法以前に義務なんてないし裁判以前に権利なんてない(訴権はある)んだから。
Posted by てらーーー at 2009年01月11日 14:22
憲法だけを読んで、歴史の流れと一緒に考えてないw
連合軍が日本を統治するために、強制的に作らせて、採択させたものなんだからさ
そういう視点で見れば、もう少し現憲法について理解できてくると思いますよ
Posted by ヤマトタケル at 2009年01月11日 10:11
憲法なんていう微妙なテーマを
軽軽しく論じないほうがいいんじゃないの?
Posted by うーあ at 2009年01月09日 21:56
ここまで憲法を理解していないなら触れない方が良いと思うんだけどどうだろう
Posted by   at 2009年01月09日 00:59
最近日本国憲法読んでなかったので、いい情報でした。
国家と国民、もたれあうなと戒めてるんですな。
先人の強い思いが感じられる、いい憲法だと思います。
Posted by 松本敏治 at 2009年01月08日 11:06
正確にいうと「国家が国民に対してするべき約束」ではなく、
「国家が国民に対してすべきでないことの約束」です。
立憲的憲法(99条など)なので。
いつの間にかwikiの日本国憲法めっちゃ充実してる。ヤバス!
Posted by あさ at 2009年01月08日 06:00
>だから裁判所があるのでは。

裁判所なんか、警察、検察の都合でどうにでも国民をぶち込むのに。

ちょっと調べて見ればわかるでしょ。

お節介ながら。↓
棒に怒る日本人-「日本を愛するガイジンによる日本の悪口と警鐘---猿を棒で叩くと叩いた人にではなく棒に怒りをぶつけると言う---ヘイ カマン! イエローモンキー」

政府による国民拉致事件:その2
http://yahhoo.cocolog-tcom.com/goodwill/2008/11/post-e51a.html
Posted by カーネルサンダース見習い at 2009年01月07日 21:54
>第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

これは小中学校の義務教育の事です。
住民票が無くとも就学出来ます。

※ただし、国民の定義は別途参照
Posted by A at 2009年01月07日 18:12
管理人さんは、よく勉強されていますね。」
Posted by ??? at 2009年01月07日 17:25
公共の福祉と人権の尊重は矛盾しているのでこの憲法は無効。
Posted by ワンピース at 2009年01月07日 15:18
憲法というのはあくまで「国家が国民に対してするべき約束」です。国民に対しての義務のように書かれてる条文は全て、そうした義務を課す下位の法を作成するよう国家に要求している、と解されます。
例え、何をしでかしたとしても、憲法12条で「個人」が裁かれるなんて起こり得ません。憲法は国家を縛る法律ですから。
ついでに言えば刑法は国民を縛る法律のように思われてますが、間違いですね。刑法に違反できるのは裁判官だけです。国民一人一人は刑法に従って裁かれるだけであり、刑法違反はできません。法律というのはすべからく、誰が誰にあてたものか、が厳密です。
Posted by 通りすがり at 2009年01月07日 14:08
普通教育って円周率が3とか
微積を使わない物理とかのこと・・・?
Posted by バナナ at 2009年01月07日 13:02
派遣村に逝った人が2chで大いに叩かれていて
なんと恐ろしい世の中になったものだと思いました。

派遣村を叩くのはみんな護憲派だったからなんですねえ。

イジメ社会というのが憲法に起因してるような気がしてきましたよ、
いや民主主義というのはひょっとすると常にスケープゴートを
つくりだして虐殺せずにはいられない体制なのかも知れない。
毎年3万人とは生贄の数が多すぎる。
Posted by 仁 at 2009年01月07日 12:59
先の見通しが甘かった人も助けてもらえるかもしれないけど、最低で文化的な生活ができるところまでね。
Posted by 憲法太郎 at 2009年01月07日 10:29
逆じゃないですか。
先の見通しが甘かった人も〜を助けるのが公共の福祉でしょ。

努力しない人を国家が救済すべき14の理由
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20081214/p1

>怠け者に罰を与えたところで、社会が良くなるわけではない。働き者に報償を与えればそれで十分である。
Posted by mikura at 2009年01月07日 09:46
結局解釈の問題でしょ。
だから裁判所があるのでは。
Posted by ね at 2009年01月07日 09:25
「公共の福祉」って「社会のお役に立つ」という概念じゃないですよね。
http://www.jicl.jp/chuukou/backnumber/09.html
Posted by うえだ at 2009年01月07日 07:46
弾さん、お邪魔します。

本当は警察も怖いんですが。(あたりまえか)

「光速」のスーパーバス タイヤ一回転で宇宙へ 「猿でもわかる、おかしな証拠その3」http://enzaix.jugem.jp/?eid=364

よろしくお願いします。
Posted by カーネルサンダース見習い at 2009年01月07日 01:49