2009年01月21日 06:00 [Edit]

惰訳 - Barack Obama Inauguration Speech in Full

惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full」に引き続き。

今回は、

と勝利宣言の時よりも全文原稿が早く出回ったようで、相変わらず左目も見えない状態でリンクのみでお茶を濁そうかとも思ったのですが、毎日.jpの全文翻訳が翻訳というより通訳だったのでちょっと手を入れるつもりが全文訳し起こしていました。


それでは、以下のとおり。

Dan the Translator

My fellow citizens:

市民の皆さん

I stand here today humbled by the task before us, grateful for the trust you have bestowed, mindful of the sacrifices borne by our ancestors. I thank President Bush for his service to our nation, as well as the generosity and cooperation he has shown throughout this transition.

私は今、任務を前にした畏怖と、皆さんの信頼に対する感謝と、我々の祖先たちが支払った犠牲に対する意識を胸にこの場に立っています。ブッシュ大統領の我が国への貢献と、政権移行期間中の寛容と協力に感謝します。

Forty-four Americans have now taken the presidential oath. The words have been spoken during rising tides of prosperity and the still waters of peace. Yet, every so often the oath is taken amidst gathering clouds and raging storms. At these moments, America has carried on not simply because of the skill or vision of those in high office, but because We the People have remained faithful to the ideals of our forbearers, and true to our founding documents.

これまで、44名のアメリカ人が大統領として宣誓してきました。繁栄の上げ潮もあれば、平和の凪もありましたが、たれ込めた暗雲と、吹きすさぶ嵐の中に行われた宣誓もありました。そのどの瞬間にも、アメリカはありました。政府の中枢の能力が高かったからだけではありません。我々国民が、先人の掲げた理想に忠実で、建国の文書を真摯に受け止めていたからです。

So it has been. So it must be with this generation of Americans.

これまでもそうだったように、この世代のアメリカ人も、そうあり続けなければなりません。

That we are in the midst of crisis is now well understood. Our nation is at war, against a far-reaching network of violence and hatred. Our economy is badly weakened, a consequence of greed and irresponsibility on the part of some, but also our collective failure to make hard choices and prepare the nation for a new age. Homes have been lost; jobs shed; businesses shuttered. Our health care is too costly; our schools fail too many; and each day brings further evidence that the ways we use energy strengthen our adversaries and threaten our planet.

我々が重大な危機のまっただ中にあることは皆さんご存知のとおりです。我が国は憎悪と暴力のネットワークと戦争中で、経済はひどく落ち込んでいています。一部の人々の貪欲と無責任に理由があるのも事実ですが、新時代への備えを怠り、困難な選択をあとまわしにしてきた我々の一連の失敗にその原因があります。家は失われ、職は減り、ビジネスが減っています。健康保険は高すぎ、学校は生徒を失いつつあります。そして我々のエネルギー利用の結果が、我々の敵を利し、地球を危機に陥れているという証拠が毎日のように上がっています。

These are the indicators of crisis, subject to data and statistics. Less measurable but no less profound is a sapping of confidence across our land - a nagging fear that America's decline is inevitable, and that the next generation must lower its sights.

これらのデータや統計が、危機をはっきりと示しています。これらほど明白ではないけれど、重要度において劣らないのが、我が国から自信が失われつつあるということです。アメリカの没落は必然で、次の世代は希望を減らさないとならないという。

Today I say to you that the challenges we face are real. They are serious and they are many.

はっきり申し上げます。我々が直面している試練は現実だと。試練は多く、そして深刻だと。

They will not be met easily or in a short span of time. But know this, America - they will be met. On this day, we gather because we have chosen hope over fear, unity of purpose over conflict and discord.

危機の克服は困難で、短期間では無理です。しかしアメリカよ、これは知っておいてください。危機は克服されます。我々がこの日この場所に集ったのは、我々が選んだからです。恐れではなく希望を。争議ではなく合議を。

On this day, we come to proclaim an end to the petty grievances and false promises, the recriminations and worn out dogmas, that for far too long have strangled our politics.

この日我々が集ったのは、あまりに長い間政治を停滞させてきた、口だけのお悔やみ、守られない約束、そしてもう役割を終えた教義に引導を渡すためなのです。

We remain a young nation, but in the words of Scripture, the time has come to set aside childish things. The time has come to reaffirm our enduring spirit; to choose our better history; to carry forward that precious gift, that noble idea, passed on from generation to generation: the God-given promise that all are equal, all are free, and all deserve a chance to pursue their full measure of happiness.

我々はいまだ若い国家であるけれど、聖書にもあるとおり、子供じみたことはやめるべきが来たのです。不滅の精神を再確認するときが来たのです。よりよき歴史を選び取り、代々受け継がれてきた尊い理想と才覚を次の世代へと受け継いでいくという伝統を。何人も平等であり、自由であり、最大限の幸福を、制約なしに希求するという神と交わされた約束を。

In reaffirming the greatness of our nation, we understand that greatness is never a given. It must be earned. Our journey has never been one of short-cuts or settling for less. It has not been the path for the faint-hearted - for those who prefer leisure over work, or seek only the pleasures of riches and fame. Rather, it has been the risk-takers, the doers, the makers of things - some celebrated but more often men and women obscure in their labor, who have carried us up the long, rugged path towards prosperity and freedom.

我が国の偉大さを再確認するにあたって、偉大さというのは与えられる者ではなく、勝ち取るものだということを理解しておく必要があります。我々の旅は、近道があるものでも楽が出来るものでもないのです。苦行より安楽をよしとし、富と名声のみを求める、心が弱い者には耐えられるほど。リスクを取り、行動し、何かを作る者たち、名声を得る者は一部で、仕事に隠れてしまって目立たない男女こそが、長く困難な道を乗り越え、繁栄と自由をもたらしてきたのです。

For us, they packed up their few worldly possessions and traveled across oceans in search of a new life.

我々にとって、それはろくな荷物ももたず、新たな生活を求め海を渡ってきた人々です。

For us, they toiled in sweatshops and settled the West; endured the lash of the whip and plowed the hard earth.

我々にとって、それは搾取に耐え、西部へと渡り、鞭に耐えつつ硬い大地を耕してきた人々です。

For us, they fought and died, in places like Concord and Gettysburg; Normandy and Khe Sahn. Time and again these men and women struggled and sacrificed and worked till their hands were raw so that we might live a better life. They saw America as bigger than the sum of our individual ambitions; greater than all the differences of birth or wealth or faction.

我々にとって、それはコンコード[独立戦争]、ゲティスバーグ[南北戦争]、ノルマンディー[第二次世界大戦]、そしてケサン[ベトナム戦争]で戦い命を落とした人々です。よりよき生活を求め、犠牲もとわず争いそして働いてきたこれら男女のことです。彼らにとってアメリカは単なる個人の集まりより大きく、生まれや富や思想の違いよりも大きかったのです。

This is the journey we continue today. We remain the most prosperous, powerful nation on Earth. Our workers are no less productive than when this crisis began. Our minds are no less inventive, our goods and services no less needed than they were last week or last month or last year. Our capacity remains undiminished. But our time of standing pat, of protecting narrow interests and putting off unpleasant decisions - that time has surely passed. Starting today, we must pick ourselves up, dust ourselves off, and begin again the work of remaking America.

我々は、この旅を今なお続けています。我々は今も地球上で最も繁栄し、力をもった国です。我々の労働者の生産性が、危機以前より下がったということはありません。我々の製品やサービスの質が、先週より、先月より、ましてや去年より劣るということはありません。我々の能力は今なお高い。しかし、過去にしがみつき、狭い利益にこだわり、面倒な決定を後回しにしつづけられた時代は終わりました。今日から、我々は立ち上がり、かぶった埃を払い、アメリカを再創造する仕事に取りかからねばなりません。

For everywhere we look, there is work to be done. The state of the economy calls for action, bold and swift, and we will act - not only to create new jobs, but to lay a new foundation for growth. We will build the roads and bridges, the electric grids and digital lines that feed our commerce and bind us together. We will restore science to its rightful place, and wield technology's wonders to raise health care's quality and lower its cost. We will harness the sun and the winds and the soil to fuel our cars and run our factories. And we will transform our schools and colleges and universities to meet the demands of a new age. All this we can do. And all this we will do.

どこを見回しても、なすべき仕事が山積しています。経済状況は、大胆かつ迅速な行動を必要としています。我々は実行します。雇用を創出するだけではなく、成長に必要な基礎を築くということを。我々は築きます。新たな道と橋を。新たな電力網とデジタル回線を。これらが我々の商業を繋ぐのです。我々は科学にふさわしい地位を与え、技術革新をもとに医療の質を上げ、医療費を下げます。太陽、風、そして土壌から、車と工場に必要な燃料を得ます。そして新世代を育て上げられるよう、学校および大学を変革していきます。我々にはこれら全てを実行する能力があり、そして我々はこれら全てを実行します。

Now, there are some who question the scale of our ambitions - who suggest that our system cannot tolerate too many big plans. Their memories are short. For they have forgotten what this country has already done; what free men and women can achieve when imagination is joined to common purpose, and necessity to courage.

我々の目標の高さに疑念を抱く人もいるでしょう。我々のシステムはあまりに多くの大計画を実行に移す余地などないのだと。彼らは失念しています。この国がすでにどれだけのことを成し遂げてきたのかを。自由な男女の想像力が、共通の目的、必要性、そして勇気とあわさった時、どれほどの成果が得られてきたのかを。

What the cynics fail to understand is that the ground has shifted beneath them - that the stale political arguments that have consumed us for so long no longer apply. The question we ask today is not whether our government is too big or too small, but whether it works - whether it helps families find jobs at a decent wage, care they can afford, a retirement that is dignified. Where the answer is yes, we intend to move forward. Where the answer is no, programs will end. And those of us who manage the public's dollars will be held to account - to spend wisely, reform bad habits, and do our business in the light of day - because only then can we restore the vital trust between a people and their government.

皮肉屋に理解出来ないのは、状況が根底から覆ったということです。我々にあまりに長い時間を無駄にすることを強いてきた、不毛な政治談義はもうないのだということを。政府が大き過ぎるか小さ過ぎるかはどうでもいいのです。重要なのは、それがうまくいくかどうかなのです。十分な仕事があるか。十分な給与が得られるか。十分な保証が手に入るか。それらを手助けしているか。答えがイエスなら、我々はさらに手を入れます。ノーならそこでおしまいです。そして我々のうち公金を預かる者たちは、賢くそれを使い、悪癖を改め、やるべきことをやる責任があります。我々だけが、国家と国民の間の信頼を取り戻すことが出来るのですから。

Nor is the question before us whether the market is a force for good or ill. Its power to generate wealth and expand freedom is unmatched, but this crisis has reminded us that without a watchful eye, the market can spin out of control - and that a nation cannot prosper long when it favors only the prosperous. The success of our economy has always depended not just on the size of our Gross Domestic Product, but on the reach of our prosperity; on our ability to extend opportunity to every willing heart - not out of charity, but because it is the surest route to our common good.

市場が善か悪かという質問も、同様です。富みを生み出し、自由を拡大するという点で、市場に勝るものはありません。しかし今回の危機で、注意深い監視なしでは市場は制御不能に陥ってしまうということを我々は学びました。富めるもののみに富みをもたらすのでは、国全体が富むことはないのです。我々の経済の成功は、国内総生産だけで決まるのではありません。富みがどれだけ行き渡るか、意欲あるものがどれだけ機会にありつけるかによって決まるのです。それは慈善ではありません。公共の利益に通じる最も確実な道なのです。

As for our common defense, we reject as false the choice between our safety and our ideals. Our Founding Fathers, faced with perils we can scarcely imagine, drafted a charter to assure the rule of law and the rights of man, a charter expanded by the blood of generations. Those ideals still light the world, and we will not give them up for expedience's sake. And so to all other peoples and governments who are watching today, from the grandest capitals to the small village where my father was born: know that America is a friend of each nation and every man, woman, and child who seeks a future of peace and dignity, and that we are ready to lead once more.

共同防衛に関しても、我々は「理想か安全か」という誤った二者択一は拒絶します。我々の建国の父たちは、我々には想像するのも困難な危機に直面していても、法治と人権を約束した憲法を起草し、それらは今日までうけつがれてきたのです。これらの理想は今なお世界を照らし、我々が私利のためにそれらを諦めることなどありえません。そして国外のみなさん、大都市から私の父が生まれた小さな村に至るまで、アメリカは平和と尊厳を求めるすべての国々とすべての男女の味方です。我々は、再び指導力を発揮する準備ができています。

Recall that earlier generations faced down fascism and communism not just with missiles and tanks, but with sturdy alliances and enduring convictions. They understood that our power alone cannot protect us, nor does it entitle us to do as we please. Instead, they knew that our power grows through its prudent use; our security emanates from the justness of our cause, the force of our example, the tempering qualities of humility and restraint.

思い出してください。ファシズムと共産主義を倒した先代たちは、ミサイルや戦車だけではなく、確固たる信念とゆるぎない同盟とでそれを成したのだということを。力はそれのみでは我々を守ってはくれません。力は慎重に用いてこそ大きくなります。目的の正しさこそ、安全の泉なのです。

We are the keepers of this legacy. Guided by these principles once more, we can meet those new threats that demand even greater effort - even greater cooperation and understanding between nations. We will begin to responsibly leave Iraq to its people, and forge a hard-earned peace in Afghanistan. With old friends and former foes, we will work tirelessly to lessen the nuclear threat, and roll back the specter of a warming planet. We will not apologize for our way of life, nor will we waver in its defense, and for those who seek to advance their aims by inducing terror and slaughtering innocents, we say to you now that our spirit is stronger and cannot be broken; you cannot outlast us, and we will defeat you.

我々は、この伝統を守り続けます。我々はこれらの理念に再び導かれることで、たとえ新たな脅威に対処するのにより大きな努力が必要となってもやっていけるのです。イラクはイラク人の手に責任をもって返します。アフガニスタンには平和を取り戻します。古き友人ともかつての敵とも、我々は核の脅威を減らすべく努力していきます。そして地球温暖化の脅威とも対峙します。我々は我々の生活のあり方に対して詫びるつもりもありませんが、開き直るつもりもまたありません。そして無辜の民を殺め、テロリズムを誘導する者たち、心得よ。我々の意思はなお強く、そして折れはしないのだということを。我々こそ生き残るべき者であり、あなたたちこそ敗者だということを。

For we know that our patchwork heritage is a strength, not a weakness. We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus - and non-believers. We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth; and because we have tasted the bitter swill of civil war and segregation, and emerged from that dark chapter stronger and more united, we cannot help but believe that the old hatreds shall someday pass; that the lines of tribe shall soon dissolve; that as the world grows smaller, our common humanity shall reveal itself; and that America must play its role in ushering in a new era of peace.

我々の多彩な出自は、強みであって弱みではありません。我々はキリスト教国であり、イスラム教国であり、ユダヤ教国であり、ヒンズー教国であり、そして無宗教者の国です。地球上の全ての文化と言語が、我々の国を形作っています。我々も歴史の暗黒を背負っています。南北戦争に人種差別。しかしそれを経て我々はより強く、絆はより深くなったのです。かつての憎しみは過ぎ、我々を隔てる壁が消えてなくなることを確信せずにはいられません。世界はより小さくなり、そして人類愛があらわになる。アメリカはその世界において平和の時代をもたらすという役割を演じなくてはなりません。

To the Muslim world, we seek a new way forward, based on mutual interest and mutual respect.

イスラム世界とは、ともに歩む方法をあらたに見つけて行きます。共通の目的と敬意に従って。

To those leaders around the globe who seek to sow conflict, or blame their society's ills on the West - know that your people will judge you on what you can build, not what you destroy. To those who cling to power through corruption and deceit and the silencing of dissent, know that you are on the wrong side of history; but that we will extend a hand if you are willing to unclench your fist.

西側世界との争いを求め、自らの世界の汚点を西側世界のせいにしたがる指導者は、何を破壊できるかではなく、何を創造できるかで判断されているを知るべきでしょう。腐敗と策略で権力の座にしがみつき、反論を封殺してきた者たちに、歴史はあなたたちが誤った側にあることを報せていると申し上げよう。しかしその握った拳を開くのであれば、我々も手を差し伸べるでしょう。

To the people of poor nations, we pledge to work alongside you to make your farms flourish and let clean waters flow; to nourish starved bodies and feed hungry minds. And to those nations like ours that enjoy relative plenty, we say we can no longer afford indifference to suffering outside our borders; nor can we consume the world's resources without regard to effect. For the world has changed, and we must change with it.

貧しい国々のみなさん、我々はあなたがたと共に働くことを約束します。農地を豊かにし、清浄な水が流れるようにすることを約束する。飢えた心と体に滋養をもたらすことを約束する。我々と同様、すでに豊かな国には、次のように申し上げます。国境の外に対して、無関心を装うことはまかり通らないのです。影響を無視して資源を浪費することも。世界は変わったのです。我々も世界と共に変わる必要あるのです。

As we consider the road that unfolds before us, we remember with humble gratitude those brave Americans who, at this very hour, patrol far-off deserts and distant mountains. They have something to tell us today, just as the fallen heroes who lie in Arlington whisper through the ages.

我々が進むべき道に思いをはせつつ、はるか彼方の砂漠や山々で今日も警戒に当たっている勇敢なアメリカ人たちに対し、謙虚に感謝することを我々は忘れません。彼らは何か大事なことを我々に教えてくれます。アーリントン[墓地]に眠る英霊たちが、時を超えて我々にささやくように。

We honor them not only because they are guardians of our liberty, but because they embody the spirit of service; a willingness to find meaning in something greater than themselves. And yet, at this moment - a moment that will define a generation - it is precisely this spirit that must inhabit us all.

我々が彼らを尊敬するのは、彼らが自由の守護者であるに留まらず、彼らが奉仕の精神を体現しているからです。自分たち自身より大事な何かがあることに、意味を見いだしているからです。そして、この世代を位置づけるこの瞬間こそ、かれらの精神を我々全員が共有する必要があるのです。

For as much as government can do and must do, it is ultimately the faith and determination of the American people upon which this nation relies. It is the kindness to take in a stranger when the levees break, the selflessness of workers who would rather cut their hours than see a friend lose their job which sees us through our darkest hours. It is the firefighter's courage to storm a stairway filled with smoke, but also a parent's willingness to nurture a child, that finally decides our fate.

そして、政府になすべきことがある以上に、アメリカを成しているのはアメリカ人自身の信念と決意にあるのだということを忘れないでください。それは堤防が決壊した時に見知らぬ人を招き入れる親切であり、友人が職を失うより自らの労働時間を削ってでもそれを友人と分かち合うという労働者の無私の精神であり、煙に満ちた階段をかけあがる消防士の勇気であり、そして子供たちを育てて行くという両親の決意なのです。

Our challenges may be new. The instruments with which we meet them may be new. But those values upon which our success depends - hard work and honesty, courage and fair play, tolerance and curiosity, loyalty and patriotism - these things are old. These things are true. They have been the quiet force of progress throughout our history. What is demanded then is a return to these truths. What is required of us now is a new era of responsibility - a recognition, on the part of every American, that we have duties to ourselves, our nation, and the world, duties that we do not grudgingly accept but rather seize gladly, firm in the knowledge that there is nothing so satisfying to the spirit, so defining of our character, than giving our all to a difficult task.

我々を待ち受ける試練も、それに対抗するための手段も新たなものです。しかし我々の成功のよりどころである、勤労、誠実、勇気、フェアプレイ、寛容、好奇、忠誠、そして愛国心は、今なお変わりません。これらは真実です。これらこそ歴史を静かに進めてきた原動力なのです。必要なのは、これらの真実への回帰です。我々に必要なのは、新たなる責任の時代です。我々は我々自身、我々の国家、そして我々の世界に対して責任があるのだという認識です。我々はこの責任を、不承不承ではなく胸をはって受け入れて行こうではありませんか。難事をやりとげる事ほど、精神を満たし、人格を確かにするものはないのですから。

This is the price and the promise of citizenship.

これこそが、市民であることの代価であり、そして約束なのです。

This is the source of our confidence - the knowledge that God calls on us to shape an uncertain destiny.

これこそが、我々の自信の源であり、まだ見ぬ運命に至る神の誘いなのです。

This is the meaning of our liberty and our creed - why men and women and children of every race and every faith can join in celebration across this magnificent mall, and why a man whose father less than sixty years ago might not have been served at a local restaurant can now stand before you to take a most sacred oath.

これこそが、我々の自由と信念の意味なのです。男女も問わず、人種も問わず、宗教も問わず、この壮大なモールに集い、わずか六十年前はレストランにも入れなかった父を持つ者が、あなたの前にたち、この最も神聖な宣誓に立ち会うことができた理由なのです。

So let us mark this day with remembrance, of who we are and how far we have traveled. In the year of America's birth, in the coldest of months, a small band of patriots huddled by dying campfires on the shores of an icy river. The capital was abandoned. The enemy was advancing. The snow was stained with blood. At a moment when the outcome of our revolution was most in doubt, the father of our nation ordered these words be read to the people:

今日という日を記憶に刻みましょう。我々がどれほど長い旅路を歩んできたか。アメリカが生まれた年、最も寒い月々、一握りの愛国者たちが凍った川縁で今にも消えそうな焚火を囲んでいました。首都は放棄され、敵は進軍し、雪は地に染まりました。革命の正否が最も不確かなまさにその時、建国の父たちはこの言葉を読み上げるよう命じたのです。

"Let it be told to the future world...that in the depth of winter, when nothing but hope and virtue could survive...that the city and the country, alarmed at one common danger, came forth to meet [it]."

「未来に語り継ごう。希望と美徳だけが生き残るこの真冬の底で、この街とこの国が、共に危機に瀕し、ともに立ち向かったのだということを。」

America. In the face of our common dangers, in this winter of our hardship, let us remember these timeless words. With hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come. Let it be said by our children's children that when we were tested we refused to let this journey end, that we did not turn back nor did we falter; and with eyes fixed on the horizon and God's grace upon us, we carried forth that great gift of freedom and delivered it safely to future generations.

アメリカよ。共通の危機に面したこの困難な冬に、永遠に残るであろうこの言葉を、もう一度思い出してください。希望と美徳が、この身を切るような寒さとこれから来る嵐の中にあっても我々に勇気を与えてくれれるのです。我々の子供たちの子供たちに、我々は語らせるのです。我々は旅を終えることを拒み、振り返ることもたじろぐこともなかったのだと。地平をしかと見据えつつ、神の加護の元、自由という偉大な贈り物を明日の世代に引き継いだのだ、と。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
ぱっと見て「あ、そういえば」とも思ったのだけど.... オバマ脳には仏教はない - あんとに庵◆備忘録 アメリカ下院の仏教徒議員(オバマ就任演説における「仏教スルー」を嘆く) - ひじる日々 東京寺男日記 Free Burma! Free Tibet! どうして、仏教徒だけスルーなの? ...
オバマは仏教をスルーしたというより、仏教は宗教をスルーしてない?【404 Blog Not Found】at 2009年02月08日 16:04
Googleに多くの言語に翻訳できる翻訳ツールがあったのご存知でしたか。海外からのアクセスがあったとき、61ヶ国語に訳せるので、とても便利だ??.
オバマ大統領就任演説同時通訳(YouTube) など追加情報【カナダde日本語】at 2009年01月25日 15:14
 昨年のアメリカ大統領選挙で共和党のジョン・マケイン(John McCain)を破り当選を果たした民主党バラク・オバマ(Barack Obama)が2009年1月20日に首都ワ??.
バラク・オバマ大統領就任演説の英語動画・スクリプト・日本語訳【YouTubeおもしろ無料動画で英語リスニング】at 2009年01月25日 12:10
Barack Obama III Originally uploaded by J-a-x This photograph is quoted from Flickr. YouTubeに設置されたホワイトハウスチャンネル「THE WITE HOUSE」で、オバマ大統領の就任演説ビデオが高画質で視聴ができる。大統領就任時、世界中のブログに祝...
Barack Obama 就任演説ビデオ,YouTubeがHD(高画質)で提供【iFeed】at 2009年01月25日 07:17
写真:彼の演説(?)も中々の人気だった〜今は無きくいだおれにて〜   派遣切も問題になっている群馬県太田市を盛り上げる為知り合いがイベントをやるそうです。出演あるいはスポンサーでご協力できる方は是非どうぞ 【企画ライブイベント出演者&協賛大募集】@Gエ....
大統領のChange 、首相のChange【ぶらざーてぃのblog】at 2009年01月25日 00:12
オバマ新大統領の第1印象だ。 まるで、映画の中から出てきたような大統領だ。 就任演説を見たが、そのパフォーマンスに惹きつけられた。内容は、今のアメリカを反映したもので、特に変わったものは無いのだが、それが、彼の言葉でとても聞き応えのあるものになっていた。
格好いい大統領【shinnie85@diary】at 2009年01月23日 00:57
オバマ米新大統領の就任演説にかなり感動したので前文の和訳を載せようと思い、 新聞やニュース、ブログから拾おうと思ったのですが、、
Obama Inauguration Speech(オバマ大統領就任演説)【Aiea Residents】at 2009年01月22日 19:14
Barack Obama Inaugural Address Publish at Scribd or explore others: Politics & Governmen Presentations & Slid president obama 404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama Inauguration Speech in Full Barack Obama, "Yes We Can", The Power Point D
[その他]Barack Obama【坂東慶太のブログ】at 2009年01月22日 15:38
オバマ大統領就任演説。夕べは主にUstreamでコメントを見ながら聞いてました。 やっぱりニコニコ動画になれてしまうと、コメントなしの動画はさびしいのです。 ほかにも、今回はそうしたソーシャル系サービスがフル活用された就任式でした。
オバマ大統領就任式から1日ちょっとして【Communication for the rest of us】at 2009年01月22日 12:45
大統領の就任式をライブで見ました。人生で初めての経験です。 NHKのBS1でAB...
オバマ大統領誕生!【ネットPRのニューズ・ツー・ユー社長のブログ : minako's blog】at 2009年01月22日 10:32
アメリカそのものが憎まれるのではない。アメリカが引き起こしたチェンジ(Change)が世界中の憎悪をかっている*1。 アメリカ発のマクドナルドは若者たちの食生活をチェンジした アメリカ発のモータリゼーションは古い町並みをチェンジした アメリカ発のカルチャーと民主的
オバマが「チェンジ」させるのはアメリカか、それとも【riverrun past...】at 2009年01月22日 03:08
以前、「Barack Obama’s Victory Speech - 動画、英文」の記事で、 オバマさんの勝利演説について書きましたが、 最近、オバマさんの演説の英文に関連した検索で来られる方が多いです。(^^ 上...
Obama’s Inaugural Speech - 動画、英文【日々これ修行】at 2009年01月22日 00:57
歴史的な日というのは今日の事を言うのかもしれません。 バラク・オバマ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任しました。 僕は、オバマのスピーチを生で聞きませんでした。 二時まで起きている気力は無かったのですが、 世の中には強者がいます。 小飼弾さんは生でスピ....
【God Bless The World】 コラム No.001 オバマ大統領就任式【社会起業家を目指すコンサルYUTAのブログ】at 2009年01月21日 22:18
以外と地味だった、Obama新大統領の就任演説。 livedoorニュースの「オバマ大統領就任演説]全文」で、毎日新聞の全文訳を見ることができる。 多くのひとと同じく、私も現実の厳しい環...
バマ米新大統領の就任演説【外資系で働く】at 2009年01月21日 16:28
Barack Obamaアメリカ大統領就任演説 404 Blog Not Fou...
404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama Inauguration Speech in Full【5039 blog】at 2009年01月21日 15:19
いまさら本ブログで扱う必要もないのですが、まあ備忘録的に。 全訳はあちこちにありますが、例えば dankogai さんのブログだと英文との対応が見やすくてよいです。 404 Blog Not Found:惰訳...
President Barack Obama 2009 Inauguration and Address【Sasaki Takanori Online】at 2009年01月21日 14:41
労働法の試験が終わった後、息抜きに就任演説をみてました。 全文と訳を見たい方は、こちらからどうぞ。 →惰訳 - Barack Obama Inauguration Speech in FullComments - 404 Blog Not Found 実は、初見では聞き取りやすい英語だなーと思いつつ、単語は聞き取れても、ほとん
[憲法][社会について思うこと][時事ネタ]オバマ大統領就任演説【院生兼務取締役の独り言】at 2009年01月21日 13:50
この記事へのコメント
「争議ではなく合議を」と訳されている、unity of purpose over conflict and discordのくだり、韻をふんでいて美しいのは別として、unity of purpose は、"oneness in purpose" つまり、目的において一義的であることを言っているので、「合議」とは言えまいと感じます。アメリカ大使館の訳を見ても、「対立と不和ではなく目標をひとつにすることを選択」というふうになっています。
Posted by 評論家 at 2009年02月04日 11:02
弾さん、素晴らしい翻訳をありがとうございました。
拙Blogでも紹介させていただきました。感謝します!
Posted by クララ at 2009年01月27日 08:12
新しいクリップをありがとうございます。
ずっとオバマさんのしゃべってる表情が見えて(他のTVクリップの「会場の反応はどうでっしゃろ」というカットがなくて)とても迫力があります。
字幕がついてるのもありがたい。
後ろで聞いている人が、感動的なことばに身震い(寒さのせいかも)してる様子までわかって面白い。
Posted by Haikeko2003 at 2009年01月27日 05:55
Every so often の部分を、ほとんどの新聞記事がちゃんと訳せていない、と日向清人氏が指摘しています。

オバマ演説の誤訳に見る大新聞の英文読解力
http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2009/01/post_545.html

晴天や凪のときより、「嵐」の状態で就任演説をした大統領はすくない、というのは事実なのでしょうか。そうだとしたら、弾氏のように「どんなときにもアメリカがあった」と訳すのではなく、むしろ「嵐」のときにこそ、アメリカがその強さをみせつけてきたのだ、とすべきだと思われます。

。。。。。さあオバマ氏の御美言葉の解釈をめぐって英語自慢の中傷合戦がはじまるよ!−(笑
Posted by strongaxe at 2009年01月26日 17:53
ソースは日経新聞?
Posted by あきあみっくす at 2009年01月26日 16:48
Kazuo Kawanoさん、
"無宗教者", that's the word. Better fit than "無神論者" so replaced. Thank you so much. I don't believe in gods but I do believe my readers :-)
Dan the (Non-believer|Atheist|Agnostic)
Posted by at 2009年01月26日 13:43
各位、
クリップをHQ+CC版に差し替えました。
再生を押してから右下のコントローラーをクリックしてみて下さい。
字幕付きでもお楽しみ頂けます。
Dan the Clip Finder
Posted by at 2009年01月26日 13:38
Kawano Kazuo様、
まずは、Kawano様の英語に対しての私の言葉ですが、ちょっと反省しております。日本人と思われる方が日本語のブログへあえて英語を使って返信されていた点で「おや?」と思い、さらに話題が和訳に関してのものだったために、かなり幼稚な方法で批判をしてしまいました。ちなみに私は日本生まれの日本人です。大学院はアメリカでしたが。日本語を書くのが下手なのは自認しております。: ) Kawano様からも「お返し」を頂いたので、ここはイーブンということにさせていただけないでしょうか?

>私が指摘した翻訳の不都合性について、きつい言葉を使って詰問する事はない...

はい、この意味で書きました。もし訳者がプロの方だったり、この和訳の掲載または引用の場が印刷物とかだとしたら話は別ですが、ブログという場を考えると、語調がちょっと強すぎたという印象です。

nonbelieverをaetheistとしてよいか、ということですが、もちろんKawanoさんのおっしゃる通りこの二つの言葉は意味が違います。でも、この違いを積極的に区別している人はどれだけいるでしょうか?私が言いたかったのは、和訳、しかも日本のブログに載せる目的で作られた和訳に対して、日本はおろか当のアメリカでもinterchangeablyに使われることの多い二つの言葉の「誤訳」をもってして、翻訳文全体を否定するともとれかねない批判をするのはどうでしょうか、ということでした。もっと学問的に議論する際には大問題になる翻訳であり(スミマセン、弾様...)、Kawano様のアプローチはすごく妥当だと思います。

それにしても、この演説のメッセージといい、就任早々からの一連の大統領令の内容といい、暗殺されてしまうんじゃないかとひやひやしています。
Posted by イギー at 2009年01月24日 11:15
オバマ氏は44代大統領ですが、実際は43人目の大統領です。グロヴァー・クリーヴランドが一人で連続せずに2代大統領を務めたからです。

1885年から1889年に22代大統領となり、それから4年後の1893年から1897年に24代大統領となっています。つまり、一人のアメリカ人が2代の大統領を務めているので、オバマは44人目ではなく、43人目のアメリカ人となります。明らかにこの点では、オバマがファーストミステイクをしたということです。

詳しくは、ブログに書いたので、ご参照いただければと思います。

http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1377.html


Posted by みにー at 2009年01月24日 05:58
イギーさん、私の意見について早速コメントをお寄せください、ありがとうございました。こなれた日本語をお書きになりますが、文脈や書きっぷりから判断しますと、イギーさんは英語圏で育ち、日本で日本語を習得された方だと推測します。もしそうでしたら、ここまでの日本語を書かれる事に敬意を表します。
“まあまあ、もうちょっとゆるりといきましょうよ。”と言われる事の真意が、私が指摘した翻訳の不都合性について、きつい言葉を使って詰問する事はないじゃないかという事でしたら、一つの忠告として受け取らないわけではありません。一方、“おっしゃられていることは大体はそうなんですが、―――”とお書きになっている部分の論旨が不明ですので判断が難しいのですが、“翻訳の他の部分から、オバマ大統領のメッ セージは十分正確に表されていると思います。”から私が指摘した部分の翻訳の誤りについては見逃してもよいのではないかという事でしたら、これは同意するべき事ではないでしょう。
Richard DawkinsやDaniel Dennett等の哲学者達は組織宗教、無宗教、無神論を明確に区別していますし、この延長で日本人の大半は無宗教者であるけれども無神論者ではありません。 アメリカ人の大多数が組織宗教に属していて自分達以外のものは無宗教者・無神論者として十把一絡げに認識しているのは事実でしょう。しかし、オバマ大統領が“Non-believer”という今まで語られる事のなかった言葉を明確に演説の核心部分に持ってきた事が(atheistはまだ今のアメリカでは禁句でしょう)、この人がこれから打ち破ろうとしている大事な事の一つを示していると私は思います。これは演説全体の最も重要なメッセージである寛容と融和につながる一節であることには、イギーさんも異論はないものと思います。
Posted by Kazuo Kawano at 2009年01月23日 21:14
[傍曰] Kazuo Kawano さんって、きっと農学の論文をたくさん書いている大先生だよ。修士課程なんて評するのはマズいよ。
Posted by Kei at 2009年01月23日 19:00
>>have now taken
>だから、現在完了形。
>たったいま、宣言しました。

たった今自分が行った行為を含めての現在完了形にするなら、「これで 〜 しました」とかにしたほうが分かりやすいでしょ。
「これまで 〜 しました」だと、現在を含まないような感じになるでしょ。

論理的には弾訳で合ってると私も思うが、日本語の文章として受ける印象はどうよ? ってことを言ってる。
一読して素直に意味が受け取れるかを問題にしてる。だから「ニュアンスが違う」って言ってるでしょ。
宣誓した直後だからとか、文法的にどうだとか、そういう事を指摘してるわけじゃないってば!
Posted by シッタカ at 2009年01月23日 17:50
>This is not a nitpicking. Your translation is not a simple wording mistake but of a serious conceptual infirmity.

まあまあ、もうちょっとゆるりといきましょうよ。おっしゃられていることは大体はそうなんですが、この翻訳の「読み手」(主に日本に住んでいる日本人ですね)がここまで敏感に反応するかというとを考えると、ご指摘されるほど問題は大きくはないのではないでしょうか?翻訳の他の部分から、オバマ大統領のメッセージは十分正確に表されていると思います。

「無神論者」の件ですが、アメリカというコンテクストで考えた場合、無宗教者と無神論者は同義語と考えてよろしいかと思います。「ここはクリスチャンの国」という認識が、メインストリームにいる人たちの間ではまだまだ強くありますから。この前提でnonbelieversと言えば、一般的には無神論者のことを指すと思います。

それにしても英語がお上手ですね。英語圏の修士課程でほぼ通用するレベルですね。国内在住だとしたら驚きです。
Posted by イギー at 2009年01月23日 14:40
There is a serious shortcoming in the translation posted above of Obama’s Inaugural Address. You translated “We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus – and non-believers.”. as “我々はキリスト教国であり、イスラム教国であり、ヒンズー教国であり、そして無神論者の国です。In English, we must clearly distinguish between “nation of Christians” and “Christian nation” , and “non-believers” should be translated as “無宗教者”, not as “無神論者”. “無神論者”in English is atheists.
“Non-believers” should have a special meaning clearly and strongly distinguishing Obama’s stand from that of Bush. To me, it is the first time I have ever heard those words echoed in a positive way in US politics. It was also testament of Obama's pledge to be inclusive, and not exclusive of every facet of society and culture that embodies Americans. Translation of “a Nation of Christians” to “キリスト教国” truly misses the profound message behind those words.
This is not a nitpicking. Your translation is not a simple wording mistake but of a serious conceptual infirmity.
Posted by Kazuo Kawano at 2009年01月23日 13:45
>have now taken
だから、現在完了形。
たったいま、宣言しました。

後ろに今の自分(大統領職)のおかれている状況説明が続くのだから、dankogai訳でいいと思う。
Posted by Haineko2003 at 2009年01月23日 05:03
>>自分自身を含めて44人です。
>宣誓した後に行ったスピーチだからおかしくないよん。
いや、おかしいだろ。まあ算数の問題文ならこれでもいいけど。

「これまで44名の 〜 宣誓してきました」だとなんとなく他人事みたいな、自分自身を除外してるような感じになるでしょ。宣誓後だから自分を含めれば44人で合ってるっつっても、そりゃ論理的には合ってるというだけのこと。
文章から受ける感じとしては、自分を除外してるみたいな感じになる(あくまで「感じ」ね)。だから「ニュアンスが違う」って言ってんの。

翻訳ってのは英単語を日本語の単語で置き換えれば良いってもんじゃない。文章の意味が一致してればそれで良いってもんでもない。
原文の意図を日本語で表現するのが翻訳ってもんでしょう。
したがって原文自体がそういう「ひっかけ」っぽい言い方をしてるのだ! というのなら、弾訳で完璧です。
Posted by シッタカ at 2009年01月22日 18:46
丁寧な翻訳と演説動画の全部がここにありますことを感謝します。(mixiにも昨日、URLを貼って紹介させていただきました)
すばらしいスピーチだと思いました。
困難な中からの、新生アメリカに期待します。

オバマ大統領のお父様のレストランでの話ですが、これがどのような事実であったかは読んだことはありませんが、私は「給仕をしてもらえなかった」のではないかと理解しました。

レストランに入り、席につくことはできても、彼のテーブルは(彼は)無視されて誰も給仕に来なかったような状況を思い浮かべました。戸口で中に入るのを拒まれるよりも、これは屈辱的です。

(「父親たちの星条旗」(実話映画)でアイラ・ヘイズがネイティヴ・インディアンであるがゆえに彼だけserveされないという差別を受け、レストランの椅子を振り回していたシーンを思い出します。もちろんお父様は椅子は振り回されなかったでしょうが…。)

大統領の一瞬ゆがんだお顔に、父が受けたその屈辱の痛みを見たように思いました。今もなお多くの人がもつ痛みでしょう。
オバマ大統領の述べられたことの詳細は不明ですが、私も海外在住で差別のようなことには敏感なので、一言させていただきました。

公民権運動、ワシントン大行進。人種差別と戦って民衆をきよい神様のみむねにもとづき指導したあのキング牧師の、感動的なスピーチから45年余。
今このオバマ氏が大統領に選出されて就任されましたことに深い感慨を覚えます。

アメリカがさらに祝福を受けますようにと祈ります。
それは世界の祝福にもつながると信じます。
Posted by jobanefari at 2009年01月22日 12:59
翻訳おつかれさまです。

やっぱりこれまでと同様、兵士への礼賛と神様が盛り込まれましたね。教科書通りですね。

>我々にとって、それは搾取に耐え、西部へと渡り...

ちょっとしたニュアンスの問題ですが、「sweatshop」は、「悪辣な労働条件」または「過酷な労働」の方がより真意に近いかもしれないです。「搾取」の場合、一般的にはexploitationという言葉が使われます。

>大統領の就任演説で「市民の皆さん」という呼びかけをするでしょうか。このcitizenというのは、" a person who has the legal right to belong to a particular country:"(OALD)のことで、「国民」とすべきでしょう。日本語の「市民」にこのOALDのニュアンスはありません。出だしからこれでは読む気にならない、と思うのは私だけでしょうか。

そうですか?citizen=市民で全く問題ないと思います。これから社会を再建設してゆくという内容のスピーチなので、社会やコミュニティのメンバーとしての「citizen」がぴったりじゃないですか。citizen=legal citizenというミストラルさんの解釈は、法律が絡んだ時のみに使われる限定的なものなので、このスピーチの文脈からすると曲解になります。在米20年です。
Posted by ゴン at 2009年01月22日 07:06
こまかいニュアンスが伝わってくる日本語訳をありがとうございます。

>hope and virtue could survive...
じんと来ます。
きっちり、(理想なんかに頼らない)自分の眼を信じているリアリストの手で動いていくんだろうなぁ。

タイポ
>我々に勇気を与えてくれれるのです。

我々に勇気を与えてくれるのです。
Posted by haineko2003 at 2009年01月22日 05:47
>自分自身を含めて44人です。

宣誓した後に行ったスピーチだからおかしくないよん。
Posted by catenary at 2009年01月22日 00:51
>これまで、44名のアメリカ人が大統領として宣誓してきました。

オバマは第44代目大統領です。
自分自身を含めて44人です。
この訳ではニュアンスが微妙に違いまする。
Posted by シッタカ at 2009年01月21日 23:44
情感湧く流れ豊かな文章になっていて感銘を受けました。翻訳掲載、ありがとうございます。
>市民・国民
アメリカ・フランスは"市民"が、ドイツ・日本は"国民"って訳が合うように感じます。市民蜂起で政府出来た国の為政者が発する言葉は、市民というフレーズがよく似合う。
Posted by nanwa hachi at 2009年01月21日 23:26
翻訳ありがとうございました。
演説に関してはいろいろな思いもあるでしょうが、素早く翻訳されたお働きに感謝いたします。
Posted by obb at 2009年01月21日 22:15
仏教徒は究極的には無神論者に含めればいいだろう。
少なくとも創始者は神についてなど語ってはいない。
Posted by 雲水 at 2009年01月21日 21:43
翻訳お疲れ様です。

ここまで言及できる大統領もすごいけど、
この人を大統領にした
アメリカ人の「変える」意志の強さもすごいということが
遅ればせながら、ようやく分かりました・・・
Posted by しげ at 2009年01月21日 21:15
「我々を待ち受ける試練も、それに対抗するための手段も新たなものです。しかし我々の成功のよりどころである、勤労、誠実、勇気、フェアプレイ、寛容、好奇、忠誠…」の部分
---
Our challenges may be new. The instruments with which we meet them may be new. But those values upon which our success depends - hard work and honesty, courage and fair play,
---
ですが、
honesty, and hard work って順番で喋っています。
Posted by ゆー at 2009年01月21日 21:05
お疲れ様
ありがとう!!!!!!!
Posted by uiui at 2009年01月21日 20:37
弾さん、
わざわざレスをありがとうございます。
>私はcitizenに「国民」をあてるのに抵抗があります。「国民」には「臣民」と「市民」の双方のニュアンスがあるからです。

「臣民」という言葉は、一般的にはとっくに死語になっていますから、うっかり「市民」としてしまった言い訳でないとすれば、弾さんの感覚はかなり特殊ではないかと思いますが、無料で公開してらっしゃる訳にあまりケチをつけても仕方ないでしょう。ちなみに、朝日、読売の全訳では「市民」、毎日では「国民」となってますね。機械的に訳すと citizen -> 市民としがちだと思います。内容の方が重要ですから、この話はこの辺で。
Posted by ミストラル at 2009年01月21日 18:03
アンチがわいてるなと思ったら1人しかいなかった
Posted by an at 2009年01月21日 14:59
>弾さん
全文訳有難うございます。ブログ、いつも興味深く拝見してます。

"the God-given promise that all are equal, all are free, and all deserve a chance to pursue their full measure of happiness."
"Recall that earlier generations faced down fascism and communism…"
"the justness of our cause…"
"We will not apologize for our way of life, nor will we waver in its defense…"

自らの正しさを信じて疑わない姿勢を感じました。
公人の発言としては然るべきものなのでしょう。

無宗教の非米国人としては、
相変わらず接し難い頑固さだなあと思います。

日本が世界のリーダーになる事はないでしょうが
優柔不断で変化も許容する日本人の精神性が
平和な世の中に必要なものとして
世界に広まる可能性はあると自分は思っています。

広めるのもアメリカ人かもしれませんが。
Posted by yestarina at 2009年01月21日 14:43
劇場さんのつっこみはどうも的をはずしすぎ。。。原文読めていることを願いますが。。日本語でも読解能力低いのでは?

「>政府が大き過ぎるか小さ過ぎるかはどうでもいいのです。重要なのは、>>それがうまくいくかどうかなのです」

>こんなことを言ったら議論の意味が無い。
>「平和なら平和だ」と言っているのと同じ。
>うまくいかないから大きい方がいいか小さいほうがいいか議論しているのに


政府は「大きくあるべき」「小さくあるべき」というイデオロギーと立場に囚われがちになっている人が多いなか、最終ゴールは機能させるべきであって、そのために一部は大きく、一部は小さくと考える事でしょ?というとても当たりまえだけど忘れてしまいがちな事を言ってんだよ。
Posted by Ken at 2009年01月21日 14:13
Our journey has never been one of short-cuts or settling for less. It has not been the path for the faint-hearted - for those who prefer leisure over work, or seek only the pleasures of riches and fame.

我々の旅は、近道があるものでも楽が出来るものでもないのです。苦行より安楽をよしとし、富と名声のみを求める、心が弱い者には耐えられるほど。

ちょっと時間軸の表現が違ったので
↓はどうです?ちょっと意訳になりますが。

「我々がこれまですでに辿ってきた道のりは決して近道でも、楽でもありませんでした。そしてこれからも苦行より安楽をよしとし、富と名声のみを求める、心が弱い者には耐えられるような道では決してないのです。」。
Posted by Ken at 2009年01月21日 14:07

>>「一部の人々の貪欲と無責任に理由があるのも事実ですが」

>どの口でこんなこと言ってるんだろうか・・・ 
>「一部」ってどれくらい一部なんだろう・・・

何言ってんの?
一部のファイナンス・エリート達という意味ですよ、これ。
一部でしょ、それって。

Posted by Ken at 2009年01月21日 13:56
はじめまして。

私、英語はまったくもって、まったくなものなので恐縮なのですが・・・

子供じみたことはやめるべきが来たのです。⇒
子供じみたことはやめるべき(時?)が来たのです。

雪は地に染まりました。⇒雪は(血?)に染まりました。
Posted by ? at 2009年01月21日 13:42
早速の翻訳ありがたく拝見いたしました
かって、朝日ソノラマの雑音の中のケネディ演説に涙した青春時代を思い出しました。しかしそれに比し、今回の演説は声も内容も格段に落ちると感じたのは、こちらの感受性が落ちたからでしょうか。
ひとつ気になるのは、世界人口に大きな比重を占める仏教徒に言葉が及ばなかったことです。

Posted by 後藤まこと74才 at 2009年01月21日 12:13
翻訳おつかれさまです。一箇所、訳抜けに気付きましたので投稿します。

for those who [seek to advance their aims] by inducing terror and slaughtering innocents, we say to you ...

そして無辜の民を殺め、テロリズムを誘導する[ことによって目的を進めようとする]者たち、心得よ。

(「目的を進めようとする」という日本語はちょっとぎこちないかもしれませんが、当座、よい表現がうかびません。「目的を果たそうとする」とすると訳しすぎになりますでしょうか。)
Posted by nofrills at 2009年01月21日 12:04
さっそくの翻訳ありがとうございます。
こうながめるといつものオバマ演説と
少し違った印象がありますね
Posted by 小田 at 2009年01月21日 12:01
各位、
ここまでの意見を反映させました。
>ミストラルさん
私はcitizenに「国民」をあてるのに抵抗があります。「国民」には「臣民」と「市民」の双方のニュアンスがあるからです。もっともそれを言いだすと「民」という字そのものが、「目つぶしされた人」ではありますが。
Dan the Humble Translator
Posted by at 2009年01月21日 11:49
s/我々の目標の高さに疑念の抱く人もいるでしょう。/我々の目標の高さに疑念を抱く人もいるでしょう。/
? s/それほどの成果が得られてきたのか/どれほどの成果が得られてきたのか/
s/意欲ありものが/意欲あるものが/
? s/自らの民が何を破壊できるかではなく、何を創造できるかで自分たちを判断していることを知るべきでしょう。/あなたの民は、あなたが何を破壊できるかではなく、何を創造できるかで、あなたを判断していることを知るべきでしょう。/

でしょうか?
Posted by sky at 2009年01月21日 11:26
大統領の就任演説で「市民の皆さん」という呼びかけをするでしょうか。このcitizenというのは、" a person who has the legal right to belong to a particular country:"(OALD)のことで、「国民」とすべきでしょう。日本語の「市民」にこのOALDのニュアンスはありません。出だしからこれでは読む気にならない、と思うのは私だけでしょうか。
Posted by ミストラル at 2009年01月21日 11:26
and why a man whose father less than sixty years ago might not have been served at a local restaurant can now stand before you to take a most sacred oath.

わずか六十年前はレストランにも入れなかった父たちがあなたの前にたち、この最も神聖な宣誓に立ち会うことができた理由なのです

わずか60年弱前まで地元のレストランに入ることもできなかった父を持つ1人の男が、なぜ今皆さんの前に立ち、最も神聖な誓いを立てているのか 

だと思いますが・・・父を持つ1人の男=オバマ。
Posted by マリモ at 2009年01月21日 09:41
さっそくの翻訳ありがとうございます。さすが、格段に質が高いすばらしい翻訳です。

細かいですが、間違って受け取られそうなところを。

「我々はキリスト教国であり、イスラム教国であり、ユダヤ教国であり、ヒンズー教国であり、そして無神論者の国です」

「我々はキリスト教信者であり、イスラム教信者であり、ユダヤ教信者であり、ヒンズー教信者であり、そして無神論者の国です」

「わずか六十年前はレストランにも入れなかった父達があなたたちの前に立ち」

「六十年足らず前には田舎のレストランにすら入ることのできなかった父親を持つ人間があなたたちの前に立ち」

Posted by pinahirano at 2009年01月21日 09:38
みんなー、これにvideo responseしてくれー!

http://d.hatena.ne.jp/toled/20090121/p1
Posted by ツネオ at 2009年01月21日 09:36
雪は地に染まり

> 雪は血に染まり
Posted by わっぽ at 2009年01月21日 09:25
> 子供じみたことはやめるべきが

子供じみたことはやめるべき時が
Posted by mi at 2009年01月21日 09:17
各位、
クリップをYouTubeに切り替えました。
#やはり軽くていい
Dan the Clip Finder
Posted by at 2009年01月21日 08:48
ありがとうございます
朝から勇ましい気持ちになれました
弾さんが訳してくださらなかったら、朝から触れることはできなかったと思います。

重箱の隅ですが。。

心が弱い者には耐えられるほど ⇒ 心が弱い者には耐えられないほど

Posted by jvn at 2009年01月21日 08:42
各位、
クリップをJoostのに張り替えました。
#きれいだけど遅い!
Dan the Clip Finder
Posted by at 2009年01月21日 07:51
ishisakaさん、
あ、本当だ。
上がり次第貼り直すことにします。
Dan the Man to Err
Posted by at 2009年01月21日 07:21
貼ってあるYoutubeのビデオが今日の就任演説でなく、一昨日のリンカーメモリアルでの記念行事時の物ですよ
Posted by ishisaka at 2009年01月21日 07:11
a man
- whose father less than sixty years ago might not have been served at a local restaurant
- can now stand before you to take a most sacred oath
ってオバマのことじゃないですか?
Posted by three fish at 2009年01月21日 07:09
「二元論を超えなければいけない」

というのも、もう使い古されすぎてボロッボロの言葉ですよ。
Posted by 劇場 at 2009年01月21日 07:04
「政府が大き過ぎるか小さ過ぎるかはどうでもいいのです。重要なのは、それがうまくいくかどうかなのです」

こんなことを言ったら議論の意味が無い。
「平和なら平和だ」と言っているのと同じ。
うまくいかないから大きい方がいいか小さいほうがいいか議論しているのに
Posted by 劇場 at 2009年01月21日 07:01
「我々にとって、それはコンコード[独立戦争]、ゲティスバーグ[南北戦争]、ノルマンディー[第二次世界大戦]、そしてケサン[ベトナム戦争]で戦い命を落とした人々です。よりよき生活を求め、犠牲もとわず争いそして働いてきたこれら男女のことです。彼らにとってアメリカは単なる個人の集まりより大きく、生まれや富や思想の違いよりも大きかったのです。」


ナショナリズムは本当に不快です。
日本ではこういうメッセージを発することが一切禁じられているだけに。
近い先祖はみんな殺人犯扱い。もっと遠い先祖は教科書の中にしかいない。
Posted by 劇場 at 2009年01月21日 06:57
「最大限の幸福を、制約なしに希求するという神と交わされた約束を」

アメリカ人は神とこんな約束をしていたのか。制約は必要だと思います。
Posted by 劇場 at 2009年01月21日 06:52
冷笑主義に反対することと、厚顔無恥になることは違うと思います。
Posted by 劇場 at 2009年01月21日 06:48
「そして我々のエネルギー利用の結果が、我々の敵を利し」

もの凄いことをおっしゃいますね、この方。
まず「我々を利し」てるじゃないですか、そのエネルギーを使って。
Posted by 劇場 at 2009年01月21日 06:46
「一部の人々の貪欲と無責任に理由があるのも事実ですが」

どの口でこんなこと言ってるんだろうか・・・ 
「一部」ってどれくらい一部なんだろう・・・

Posted by 劇場 at 2009年01月21日 06:42
やはり言葉が軽すぎて呆れます・・・
Posted by 劇場 at 2009年01月21日 06:39
(ま|ai)さん、
ありがとうございます。そういえば前大統領は nuclear が発音できませんでしたね。
Dan the Typo Generator
Posted by at 2009年01月21日 06:34
>書くの脅威

核の脅威
Posted by ai at 2009年01月21日 06:32
書くの脅威 ⇒ 核
Posted by ま at 2009年01月21日 06:30