2009年02月03日 06:00 [Edit]

GDPを一日で倍にする方法(の耐えられない軽さ)

それでは、私めがGDPを倍にして見せましょう。

2009-02-02 - こら!たまには研究しろ!!
というわけで
経済成長=一人当たり実質GDPの上昇
というところから出発しましょう.

以下のとおりにすれば、GDPはすぐに倍になります。


  1. まずは、お隣どおしペアになって下さい。
  2. お隣の家事を全てやってあげてください。
  3. それに対してお金を払ってください。

これだけです。

3.においていくら払うべきかですが、これは年間1,200万円とします。月100万円、わかりやすくていいですね。え?多過ぎる?そんなことありません。salary.com によると、合州国における家事の値段は年間$116,805だそうです。日本がそれに劣るわけがありませんよね。え?そんなに払えない?、大丈夫です。あなたの家事を全てお隣さんに面倒見てもらった代わりに、あなたもお隣さんの家事をすべて面倒見てあげたじゃないですか。同額がそっくり返ってきます。ネットではゼロ円です。

しかし、グロスではどうなるでしょう?日本の世帯数は2005年時点で4,906万世帯。これに1,200万円をかければ、589兆円。あっという魔にGDPは倍になりました。

もっと楽をすることも出来ます。どうせ同じ家事をこなすなら、お隣のではなく自分のうちの家事を、お隣に代わってやったことにして、お金だけお互いに払えばいいのです。ネットでは0円ですから何の気兼ねもありません。こうなるとお金を動かすのももどかしい。領収書だけ交換することにしましょう。

言葉遊びですって?でも、GDPですよね、Gross Domestic Productですよね?だとしたら以上はGDPを倍にする完璧な方法ということになります。

国内総生産 - Wikipedia
原則として国内総生産には市場で取引された財やサービスの生産のみが計上される。このため、家事労働やボランティア活動などは国内総生産には計上されない。

そう。GDPで経済を計る際の一番の問題というのは、自分が生産して自分が消費するものごとを無視してしまうことになります。私が自分のためだけにプログラムを書いてもビタ一文動きませんが、そのプログラムを誰かに作ってもらえばその代価分動くことになります。私が得ている効用は同じなのに、前者ではゼロ円、後者ではプラス円。ましてやオープンソースとか言って私が書いたプログラムをみなさんが使えば、それはマイナス円ということになってしまいます。経済界のみなさんごめんなさい。

まじめな話、不景気になると外食や旅行が控えられたりしますが、その分の効用がそっくりどこかに消滅してしまうわけではありません。自炊や屋内での遊びという形で「お隠れ」になってしまうだけなのです。もちろんそれが「同額」というわけではないでしょう。外食や旅行の方が楽しいかも知れない。しかしGDP上は、世帯内に「引きこもって」しまった経済活動は存在しないことになってしまうのです。

しかし、無償で「自家発電」しようが有償で「売買電」しようが、効用を手に入れている以上どちらも経済には違いありません。経済成長というからには、「引きこもり分」もきちんと計量しなければならないはずです。

さもなければ、上の「詭弁」は詭弁ではなくなってしまいます。

で、改めて質問です。

  • 「なんだか僕らは年率2%くらいで要領がよくなってるみたい」が100年続くと7.24倍になります。2000年における日本の一人当たりGDPは、PPPベースで25,274ドルだったので、2200年には18万3000ドルということになりますが、それでも経済成長がないとパイのスライスの大きさが十分にならないのでしょうか?
  • さらに1000年経つと、398,264,652、すなわち四億倍ということになります。西暦3000年、一人当たりGDPは10兆ドルということになりますが、これは現在の日本全体のGDPの倍です。1000年後の我々は一体何を買えばいいのでしょう?
  • 別の言い方をすると、1000年経てば四億倍要領がよくなっているわけですから、今の人たちが一年かけてやっている仕事を、未来人たちは1/30秒ほどでこなすことになります。時間を逆方向にたどると、平安時代の人々が一年かけてやっていた仕事を我々はTVの1フレーム内にやらねばならないということになりますが、古代人(ってほど昔じゃないけど)はそんなに要領が悪かったのでしょうか?
  • 結局のところ、経済成長って、本当のところどうやって計るべきなのでしょうか?「計れない分はなかったことにする」では駄目ですよ。

考えれば考えるほど、経済成長という言葉が人月神話と重なってしまうのですが....

Dan the Economic Animal


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
経済成長に関する、いくつかの記事を読んで。 経済成長とは「ある国の国民*2が経済的に豊かになっていくこと」です.経済的な豊かさは「国民がどれだけの財・サービスを購入できるor貯蓄できるか」できまる. (中略) ・経済成長とは一人当たりGDP増加ことだ ・経済成長...
やっぱり、GNHの方が大切だよね【SIer魂】at 2009年02月11日 22:42
弾さんが「GDPを一日で倍にする方法(の耐えられない軽さ)」というエントリを書いている。隣とペアになって家事を交換し、お金を払いあうというものだ。 以下のとおりにすれば、GDPはすぐに倍になります。 まずは、お隣どおしペアになって下さい。 お隣の家事を全てやってあ
[経済]GDPを一日で100倍にする方法【酔狂人の異説】at 2009年02月09日 22:45
▲ある時期の社会経済のバランスを考える  理念的にある時期(たとえば現在でも)の
経済は変化率を観る【TYOスクラッチ】at 2009年02月05日 17:37
実は、ものすごく興味のあるネタなので、ちょっと追っかけてみました。 始まりは、飯田泰之さんの以下のお話から。 まずは三択だって言うことに気づかねばならない - こら!たまには研究しろ!! すると格差と雇用の問題への対応には3つの選択肢しかないことがわかる. (1)
「経済成長」ってよくわからない【yu-kobaの教養帳】at 2009年02月04日 01:38
べちゃ。←泥団子をなげたサウンズ こんにちは。今日もななめねじれの位置からお届けです。 なんか生活と不況から労働時間や経済成長へとはてな界隈のブロガーの方々の話がシフトしたようですね。 ちょっと興味が湧いたのでお茶飲みがてらフォローしてみます。 http://d.hat
経済成長という神話に泥を塗ってみる【じごくごくらくいっぱん。】at 2009年02月03日 21:11
小飼弾さんが、「GDPを一日で倍にする方法(の耐えられない軽さ)」にて曰く; 以...
課税面から考えた、「GDPを一日で倍にする方法」【isologue - by 磯崎哲也事務所】at 2009年02月03日 18:24
来る予定だった仕事が来なくて時間が空いてしまったので...(どうなってるんだろう?) 弾小飼さんがGDPの事について質問されてましたので、この空いた時間を埋める為に使ってみる事にしました。俺も一応は経済学徒なので、こういうのはちょっと気になるわけですので。た
[経済学]経済規模とGDPについて【P.E.S.】at 2009年02月03日 14:17
GDPを一日で倍にする方法(の耐えられない軽さ)の内容って、明らかにおかしいと思うんだけど?
国内総生産と言う前に、金持ちは金使え!!【某氏のたわごと】at 2009年02月03日 12:09
この記事へのコメント
これやったら失業率が0パーセントになりそうですね。
Posted by toku at 2009年02月08日 16:49
倍になるのは1年だけ。
次の年は元の成長率に元通り。(別の手を打てば別ですが)
問題は額そのものより、同じ基準で算出したものがどう変化したか。
完璧な指標はなくて、すべては代替指標。
かといって今のGDPでいいという意味ではありません。
Posted by nao at 2009年02月06日 19:28
税金がどうとか実際に架空取引がどうとか倍の収益があるのかどうかとか
この場合どうでもよいのでは?

単にこのエントリは言い方ひとつでどうとでも出来るような基準値が
世界的に使われていることと、それでも代替物がなくその単位が
使われ続けてしまう現状に対してのやや皮肉交じりのアンチテーゼと
ささやかなジョークにしか見えないのですが…。
Posted by SizSiz at 2009年02月06日 14:03
経済成長がなければ、ノーベル賞の賞金はどこから出るのでしょう?
Posted by Chic Stone at 2009年02月05日 22:41
学生の頃に官庁のバイトで大蔵省(現財務省)の自治体ごとのGDPのデータを見たら成長率がゼロ。
?と思ったら、あらかあじめ<インプット=アウトプット>になっていて、自治体とはどこもかもゼロ成長になっているのでビックリ!
なぜ自治体の歳入と歳出を等価に設定しギャップをゼロにするのかわかりませんが…。
ただ犂霆爐縫璽蹲瓩魏捷修靴董△修里海箸猫牴燭瓩鯢發び上がらせるのは可能かもしれませんね。
Posted by Y-BAT at 2009年02月05日 17:34
GDPという指標が、人月と同じく大きさを測る単位として疑問が残るという話は分かります。

が・・・

家事の循環取引でGDPが倍になる(500兆円→1000兆円に)のですか?

あと、循環取引でGDPを増やすことと「家事がGDPに計上されてない事」とどういう関連性が???

話の筋道がまじで分からん・・・

大学教師さんからもリンクされてるので俺の読み違いなんだろうが・・・
Posted by ??? at 2009年02月05日 14:30
そもそも、GDP増えるとなんかいいことあるの?
経済成長すると何かいいことあるの?

いかに短い時間の労働で欲しいものが手に入るかが、最も単純な幸福度の指標だと思うが、つまり「物価に比べ給料が高い」状態が理想で、それはGDPや経済成長に現れる?

平安時代の平民は当時の給料で当時のそこそこのものを買っていたのだろうし、現代の平凡な俺もそこそこの給料でそこそこのものを買ってる。効率がよくなっても、その分たくさん働いて、掛け算したら大体同じところに落ち着く。平安時代との一番大きな違いといえば、「ものの種類」が豊富になったことだと思うな。
購買できるものの「選択肢の多様さ」を指標にした方が、文明度が計れる気がする。そんなもの計ることに何の意味があるかは知らないが。で、GDPや経済成長率は何のために計ってるんだっけ?それって何かに役立つの?
Posted by バーン at 2009年02月04日 23:47
富の未来で言うところの不可視の富を可視化しようという話?
Posted by THE-YUZO at 2009年02月04日 23:26
非課税とかいってるヤツの方がよほどアレだが、

>お隣に代わってやったことにして・・・領収書だけ交換することにしましょう。

これは架空取引であって経済行為には当たらない。こんなものをGDPに計上してどうする。まずは「経済」の意味から勉強すべし。


「経済」の意味が分かっていないから、

>自分が生産して自分が消費するものごとを無視してしまうことになります。
>経済成長というからには、「引きこもり分」もきちんと計量しなければならないはずです。

という発言も出て来る。

オープンソースのように、社会における財の生産・交換でありながら、無償であるためにGDPに計上されない経済について、その価値の評価や経済への貢献について述べてほしいところだ。
Posted by けん at 2009年02月04日 15:35
なるほどね。理屈で言えばGDPは増えますね。
税金云々は、hogeさんもおっしゃってますが、非課税にすりゃいい話なんだし。
まぁ、他に指標も無いし、とりあえずの目安程度ってことでしょう。
IT系の会社でWebサービスやってる自分としては、途上国と比較しても、10倍以上の生産性を達成してるとは全く思わないですし。
Posted by よねお at 2009年02月04日 10:17
弾さんのさらに斜め上(もしくは斜め下)を行く発想でGDPを膨らませようとした国の話も紹介しておきます。
http://www.iht.com/articles/2006/09/27/business/grecon.php

(http://en.wikipedia.org/wiki/Economy_of_Greeceによると、最終的にはもう少し穏健な額に落ち着いたようですが)
(そういえばhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50636223.htmlというエントリもありましたね)
Posted by 暇人 at 2009年02月04日 02:32
弾さんのアイディアって要はこれのことですか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%AA%E7%92%B0%E5%8F%96%E5%BC%95

これによると、弾さんがCIOを勤めた会社も実行したみたいですね。
Posted by 暇人 at 2009年02月03日 18:54
Danが書いてるのは確かに中2病かもしれないけど、税金がといってる奴も裏中2病でしかないね。実際の所、進歩を図る場合にGDPでは捉えれない部分はある。それは経済の人も否定はしないだろう。ただ、他に観測方法がなく、指標としてはGDPは比較的精度が高いので使っているって言う程度ではないだろうか。
Posted by 774 at 2009年02月03日 17:45
弾爺さんのこの手のエントリはわかりやすいんだけど、いつもの躍動感がない。ファンとしてはやっぱ「ついてこれない奴はノタレ氏ね!!!」的なエントリがうれしかったりする。上見る限り、やさしく書いてもわからない奴にはどうせわからないのだ。
Posted by shou at 2009年02月03日 16:23
既に育児の相当部分が幼稚園、小学校(最近では高校・大学まで?)として外部化されています。
また「おじいさんは山に芝刈りに、おばあさんは川に洗濯に」と言う決まり文句がありますが、前者は電機・ガス代として、後者は洗濯機代として同じく間接的に外部化されています。

家事経済が外部化されると、GDP計算上、上記のような代替物・サービスのコストを丸々換算することになりますが、エントリーでの主題どおり、実質的なメリットは、「要領がよくなった」差分だけですね。
Posted by maru at 2009年02月03日 16:16
>さっぱりわかりませんでした
読解力がないだけ。クズなPMほど単価が高いのよ。

>払う税金が増えるだけなので誰もそんなことしません。
隣組には非課税、で解決w
Posted by hoge at 2009年02月03日 12:08
ロージナ茶会ちゃんねるパイロット版でも経済成長ってのに疑問を呈してますね。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6025333
Posted by Koshian at 2009年02月03日 10:49
私も、本文の内容と「人月神話」の関係は、さっぱりわかりませんでした。



経済成長の話とかは、少し古い本ですが「クルーグマン教授の経済入門」が、理系の人間には理解しやすかったです。絶版になっているようですが、中古は入手可能な模様。
Posted by 通りすがり at 2009年02月03日 10:35
あっという魔に → あっという間に ではないでしょうか。
魔も面白いですけど。
Posted by revi at 2009年02月03日 09:56
そう、税金で大損ですよ…
 
まぁ言いたいことはわかる。
Posted by やぶさ at 2009年02月03日 09:06
すでに書いておられる人もいますが、隣同士で領収書を交換し合っても、払う税金が増えるだけなので誰もそんなことしません。

オープンソースでプログラムを書いたものを誰かが利用してそれで効率が上がれば、時間当たりの生産性は増えるでしょう。これはマイナスどころかプラスです。

>経済成長って、本当のところどうやって計るべきなのでしょうか?
結局のところ今の方法で「計れない分」はあるとしても、十分使えるものじゃないでしょうか。最後の一行は何がどう重なるのかわかりません。
Posted by ちゅう at 2009年02月03日 09:05
>時間を逆方向にたどると、平安時代の人々が一年かけてやっていた仕事を
>我々はTVの1フレーム内にやらねばならないということになりますが、
>古代人(ってほど昔じゃないけど)はそんなに要領が悪かったのでしょうか?
そう思いますよ。

平安時代の人間に本州と北海道の間にトンネルを掘れといっても,
彼らの技術では一万年たっても完成しないでしょう。

アメリカの人間に手紙を送ると,つくのに何十年かかるでしょうか?
いまは電子メールで数秒ですね。

インドからヨーロッパに胡椒を運ぶにしても,馬でえっちらおっちら運ぶのと
コンテナにつめて船で運ぶのでは,効率は1億倍ぐらい違いません?
Posted by tnk at 2009年02月03日 08:24
GDPのマイナス成長もあるから、エントリみたいに天文学的に要領が良くなり続けるって事は無いかもなぁ。
あと遣唐使が命がけだった事を考えれば、現代の中国から大量の製品を輸入している姿はまさしく、1年の仕事=1/30秒は実現してるかも。
Posted by ぽぽん at 2009年02月03日 08:23
この人は「当たり前のことを当たり前に考える」を押し切る屁理屈力が凄い
Posted by name at 2009年02月03日 07:46
GDPという言葉を初めて知った中学生みたいな発想だな。w

Posted by at 2009年02月03日 07:06
やったら税金が…。
Posted by koko at 2009年02月03日 06:56