2009年02月06日 06:00 [Edit]

宇宙人に左右を説明するには

これ、最初はもっと直感的だった。

2009-02-05 - なんでかフラメンコ - [考察]我々はいつまで「箸」と「茶碗」に頼らなければならないのか
「上」は地平線の上方に棒が出ているから「上」であり、「下」は地平線の下方に棒が出ているから「下」である。感動的なわかりやすさである。それに引き替え「右」「左」の不親切さといったら。右が右側に「口」を置くならば、左はこのような形であるべきだ(クリックで拡大)。

篆書だと、左はleftで右はright。左はもろ左手を「工」に差し出してるし、右はもろ右手を「口」(さい)にかざしている。

これなら宇宙人にもわかりそうではあるけれど、しかし、人類の解剖学抜きで左右を説明しなければならないとしたら、一体どうしたらいいのだろう。上下は「重力の方向」で説明できるし、前後は「進行方向」で説明できる。しかし左右はどうしたらよいだろう。CP対称性の破れを使う?まあ星間旅行が出来るほどの文明を持っている連中ならそれもいいかも知れないけど、そこまで「進んでいない」知的生命体に左右を説明するにはどうしたらいいだろう....

Dan the Not-So-Dexterous

See Also:


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
> 前後は「進行方向」で説明できる。

相手が蟹でも問題ない?
Posted by 田辺 at 2009年02月07日 16:33
時計を見せればいい。時計回りが...
Posted by 田辺 at 2009年02月07日 04:53
連投になるかもしれませんが、やはり弾さんやはてなブックマークやコメントを見るに、物理法則は全て理解しているが、他は何も知らないような、一般的なSFに出てきそうな?純粋知性保有体?みたいな宇宙人像みたいなものが一部では共有されているんでしょうか。SFは読んだことがないので分かりませんが。人間原理という概念を、物理法則や物理定数の非普遍性(方言性)を意味するものとして理解するなら、必ずしも物理法則が「宇宙の共通語」にはならないような気が今のところはします。まあ大きな勘違いでデタラメを書いている可能性は高いですが。
Posted by シチューとかも食べたい at 2009年02月06日 12:42
はてなブックマークと弾さんのエントリーとコメントを見ると、
もしかしてですが、SFに出てきそうな?典型的宇宙人像みたいなものが
存在しているのでしょうか。一冊も読んだことがないのでわかりませんが。何というか、物理法則だけならなんでも正確に理解していて、他は何も知らない知性体みたいなものを想定しているように感じられる意見がいくつか見られたので。それはそれで面白そうです。もしかして、SF小説というのは「物理法則は宇宙の共通言語であって、宇宙人とのコミュニケーションにはこれを使うぞ!」という共通認識をもとに成り立っているのでしょうか。でも、人間原理でしたっけ?の立場からすると、また話はややこしくなるような気もします、今のところ。

よく分からないですが 「anthropic bias」っていい言葉だと思います
今のところ。
Posted by シチューとかも食べたい at 2009年02月06日 12:16
 おぼろげながらしか憶えていないんですが、ホーガンだったかセーガンだったか、左右を異星人に伝える方法を議論していたと思います。

…どうだったかは忘れました。
Posted by rijin_md at 2009年02月06日 12:13
あまり関係ないのですが、説明しにくいものとして、
「腕の動かし方」というのを思い出しました。
腕にも脳にも異常が無いのに、
あるとき腕の動かし方を忘れてしまった人に
どうやって動かし方を教えればいいのか。

耳を動かせる人に動かし方の説明を受けたものの
結局動かし方が理解できなかったときに思ったことです。
Posted by はらへりんこ at 2009年02月06日 11:51
>>sssさん
そう自分も思います今のところ。
そいつが知能を持ち、人間と会話できて、約束を守ってくれるなら別ですが

この手の議論の重要なポイントは、
「ある思考」や「ある解釈」や「ある理解形式」が
いかに「方言に過ぎない」のか、ということだと思います。
Posted by シチューとかも食べたい at 2009年02月06日 11:28
そもそも「心は創発の産物だ」という文章は
どう理解したらいいのか困ります。何も言っていないような・・・
部分の単純な総和では考えられないことが起きると
「創発」が起きたと言うらしいのですが、
「単純な総和」というのはそれ自体がはっきり定義できないような・・・
何をもって単純というのかが疑問として残ります。
ある人にとっての単純の部分の総和が、全てをピッチリ説明できてしまう
という可能性は残るような気がします。

Posted by シチューとかも食べたい at 2009年02月06日 11:20
浮遊する球体型の宇宙人だったら、(顔面がどこにあるのかわからない、もしくはすべてが顔面である)
重力の方向で上下は判別できないし、
進行方向で前後は判別できない。
Posted by sss at 2009年02月06日 11:05
経験素というか意味素というか、わけのわからない造語ですけど
経験から自然に「左右」の概念を身につけるのが
人間の解剖学的といわれるような部分のあり方が原因なら
「圧力」が生死を左右するような生物たちは
現在感じている圧力が許容できるほど「弱い」か、
許容できないほど「強い」かを区別する、
「概念」まがいのものを身につけている可能性は0なのかと考えます
動物や昆虫が「表象(イメージ)」を持つことは無いという人がいるとしたら、その人は思考を突き詰めていないような気がします。
なぜなら人間も「表象」を持つとは言い切れないと思うからです
人間は表象を持つと信じることができると信じることができると信じることができると・・・ となるような気がします今のところ。
奴隷を作るアリは、「ホルモンか何かを利用している」といった簡潔な説明がなされますが、その他の要素(アリの支配欲など)を想定しないのなら、人間にもそういった要素は想定しなくていいような気がします。今のところ。

Posted by シチューとかも食べたい at 2009年02月06日 10:54
「公理があるから数学や論理学は厳密だ」

というのはちょっと違うような気がしていて

こんなに沢山の「公理」という縛りを受け入れて初めて

数学というものはまともなことを言っているとみなされるのだ

という意味だと思います。今のところ。

だから、公理というのはこういうメッセージを発しているように見えます

「数学なんてこんなもんだよ」
Posted by シチューとかも食べたい at 2009年02月06日 10:29
直線 正三角形 正方形 長方形 五角形 六角形 七角形 円  

などの色々な図形を描く、

それぞれの図形を真っ二つにする線を引く

それぞれの図形の同じ片側半分を黒くしたり色を塗ったり直線なら太くする

これを宇宙人に見せる

宇宙人が一般的な地球の生物の形なら、塗ったのと同じ側を一貫してつねる、叩く、もむ。

目を見ながら訴えかけるようにこれを繰り返す

自分の体半分(前述と同じ側)に墨をかけて強くアピールする

水流で宇宙人を挟むようにホースの先を潰して放出する

片側(前述の側)だけに水を放出する

胡坐をかいて「合掌」を決めて、さらに目を見つめる

髪を真ん中分けにする

壁に半分(前述と同じ側を見せるように)隠れて見つめる


「諸問題」
宇宙人は、
・記憶力があるのか
・目が見えるのか
・耳が聞こえるのか
・どういう感覚器官を備えているのか
・襲ってこないか

あと、上下も前後もなしに左右を教えることは出来ると思います。
   磁界の法則はあんまり関係ないと思います。
   正負ともあんまり関係ないと思います。

経験的なものは駄目なのですか?
公理も実は、公理を受け入れたり覚えたりするための経験が必要なので
経験を全て否定すると、そもそも何も思考のための基礎を置けないような
気が、今のところはしています。












Posted by シチューとかも食べたい at 2009年02月06日 10:15
名前変えるの失敗して連投になってしまいました。ごめんなさい。
Posted by ごめんなさい at 2009年02月06日 07:56
習慣的でなく厳密な意味で考えると、左右という概念は、上下、そして前後の方向を定義してから始めて意味をなす三次元での方向の意味付けです。中学校で習う磁界の右手の法則みたいなステップを踏んで始めて意味をなすものですね。

パリティーの破れみたいな根元的な現象とは次元が違うと思います。単に座標系を作るときに、どっちの方向を正にするか、負にするかの違いですよ。だからデカルト座標系を理解してる段階の文明を持つ宇宙人なら、問題なく理解できるでしょう。
Posted by ベクトル中年の星 at 2009年02月06日 07:54
習慣的でなく厳密な意味で考えると、左右という概念は、上下、そして前後の方向を定義してから始めて意味をなす三次元での方向の意味付けです。中学校で習う磁界の右手の法則みたいなステップを踏んで始めて意味をなすものですね。

パリティーの破れみたいな根元的な現象とは次元が違うと思います。単に座標系を作るときに、どっちの方向を正にするか、負にするかの違いですよ。だからデカルト座標系を理解してる段階の文明を持つ宇宙人なら、問題なく理解できるでしょう。
Posted by たんなるベクトルやがな at 2009年02月06日 07:53