2009年02月08日 15:00 [Edit]

レポートのコピペがダメな理由とそれを防ぐ意外な方法

確定申告の季節がもうすぐやってくる。というわけで2008年分の支払調書を仕分けたりしているのだが、今回はその数に圧倒されかけている。

なぜそうなったかといえば、本blogの書評を広告に使いたいという出版社がものすごい増えて、使われる都度謝礼を頂けるようになったから。一年分まとめて来るところもあれば、都度レポートを送ってくるところもある。いずれも数万円から多くてもぎりぎり二桁。塵も積もれば山となるで、全部あわせるとAmazonやAMNのような大口にひけをとらなさそうな勢いだ。


で、レポートのコピペの問題。

なぜそれがダメかというのは自明なのだが、ときどき「最小限の労力で最大限の価値を得ているのだからいいじゃないか」という勘違いが見られるので、まずはそれがなぜダメなのかあらためて考えてみる。

「最小限の労力で最大限の価値」というが、これ、誰にとっての価値だろうか。レポートをコピペする場合、それは「自分にとっての価値」ではなく、「提出先にとっての価値」ということになる。提出先にとっての価値が問われる場合、コピペも確かに悪いとは言えない。何かを相談された場合、自分の意見をひねり出す代わりに「アインシュタインはこう言っていた」「ポール・グレアムはああ言っていた」という具合に権威者の意見をもって返答に代えるというのは誰もがやっていることであり、悪いことどころかむしろ自分の意見しか言わない場合より適切だったりする場合も多い。

が、読書感想文から卒業論文まで、教育上の過程で提出を求められるレポートで追求されるべき価値は、執筆者自らにとっての価値である。その価値とは、それを書くことによって自分が何をどれだけ学んだかということになる。価値があるのは、結果ではなく過程なのである。

レポートのコピペがダメな理由というのは、結局のところダイエットやフィットネスを他人が代行できない理由と一緒なのだ。いくら代行してもらっても、自分がやせたり健康になったり筋肉がついたりすることはないのだ。

それだけの、ことである。

だから、

レポートコピペ問題の問題 - Ohnoblog 2
「ネットからコピペしても必ずわかるよ。特徴的な単語でググれば一発で出てくるから。これまでそれで何件も見つけたよ。いい?必ず見つけるからね?絶対やるんじゃないよ? 授業で書いてきたことをもうちょっと丁寧に膨らませて書けばいいんだからね。

という、「見つけたら罰する」という他動的アプローチは、ダイエットを代行してもらった人を罰するのと同じぐらい不毛なのではないか。代行してもらった時点で効用を捨てているのである。わざわざ人様が記帳な時間を使って罰し直すまでもないはずだ。

むしろ、「いくらでもコピペして下さい。コピペかどうかはこちらでは一切吟味しません。あくまで内容だけを採点の対象とします。社会に出てからのコピペレポート発覚のダメージは単位を落とす比ではありませんが、そういう社会人になったとしても当方は一切の責任を負いません。社会人になってから仕事で破滅したい人は、どうぞコピペしてください」とした方が利くのではないか。さらに「実はもっとてっとり早い方法があります。本校を退学してディプロマ・ミルから学位を買いましょう」と追い打ちをかけるのも悪くなさそうだ。

で、話は今年の確定申告に戻る。

私にとって本blogのentryというのは、「教育の過程におけるレポート」そのものである。あくまでも私の「脳フィットネス」としてやっている。今では4桁にもなる書評entriesも例外ではない。だからこそ、支払調書の山ができることになったのだろう。もしこれがコピペだったらそうはならない。わざわざお金まで払ってレポートを使う方の目の鋭さは、教官とは比較にならない。コピペがばれたら、単位どころか損害賠償ものなのだから。

しかし罰が恐くて「オリジナル」を書けるほど私は勤勉ではない。怠惰な私がこれほど多くのentriesを上げられたのは、「レポート」を書くのが楽しかったからだ。それを書く課程で自分が成長している実感を得ているからだ。それに対して代価を支払うどころか報奨金まで出るのだから幸せ者だと自分でも思わずにはいられない。

それでも剽窃する奴はいる、というのは確かだろう。しかしコピペがしやすくなった以上に、コピペがばれた場合のダメージもまた大きくなっているのである。昔だったら人の噂も七十五日だったが、今ではblogでさらされ、検索エンジンにインデックスされ、[これはひどい]とブクマされ、とどめに魚拓をとられたりするのだ。懲役三ヶ月だったものが無期懲役になったようなものである。

剽窃に対する罰を与えるという点において、娑婆の方が教室より遥かに優れているというのは確かならば、それは娑婆にまかせてしまって構わないのではないか。教室は娑婆では味わえない体験を得る場であって欲しい。

ところで、まだ支払調書が来ていないところがいくつかあるようです。まだ出していないところはお早めにお願いしますm(_._)m

Dan the Dropout

P.S. いきなり100kgのバーベルが持ち上げられないのと同様、「脳フィットネス」もいきなりやると脳を壊すのではないか。小学生に読書感想文というのは、それに近い無理を感じる。

See Also:


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
確定申告についての情報を紹介しています。今話題になっている確定申告の関連の情報も紹介しています。この確定申告の情報があなたにとってお役に立てることができればうれしく思います。確定申告の最新情報は・・・さぁ〜波に乗っていきましょう!偽造所得証明書で確定申告...
e-tax 確定申告【今流行のニュース】at 2009年02月23日 18:47
県内でも確定申告始まる 読売新聞2008年分の所得税の確定申告が始まった16日、...
確定申告【あやのつぶやき】at 2009年02月17日 05:40
404 Blog Not Found:レポートのコピペがダメな理由とそれを防ぐ意外な方法 むしろ、「いくらでもコピペして下さい。コピペかどうかはこちらでは一切吟味しません。あくまで内容だけを採点の対象とします。社会に出てからのコピペレポート発覚のダメージは単位を落とす比では
[misc]コピペレポートを防ぐには【maru source】at 2009年02月09日 22:50
来年度のシラバスの仕上げをしているのですが、そこに今回からacademic plagiarismの項を入れました。academic plagiarismとは「学問上の不正行為」とでも訳すのでしょうか。日本では暗黙のうちにアメリカ今年度の講義をとっていた学生が提出したレポートに、ネットからのコ
[仕事]剽窃の罪をやわらかく体験する【丸井綜研】at 2009年02月09日 18:47
 不特定多数の大学・高校などでレポートのコピー&ペースト(ネット上の情報をそのままコピーしてレポートを作成すること)が問題になっての..
レポートのコピペについて【満田剛のブログ】at 2009年02月08日 17:49
ネットの普及に伴い、大学で提出するレポートに対して、コピペ提出の問題が話題になっている。 全国の大学の先生が頭を悩ませているレポートコピペ問題もこれまで度々ネットでも話題になっていて、こちらのコメント欄にもいろいろすごい例が出されている。「映画を見てジェ
「レポートコピペ問題」の、本当の問題点と根本的解決法【kentultra1の日記】at 2009年02月08日 16:20
この記事へのコメント
当方、レポートの書き方を教わったことがない劣等感を持つ高卒なので、どこか大きく勘違いしているかもしれませんが、あえて書いてみます。

大学に行った人たちは、4年間かけて学び方やレポートの書き方を身に付ける機会を手に入れます。
その機会の中で、コピペで書いた人たちは「レポートを書式に則って仕上げる」ことを覚え、自力でレポートを書いた人たちは「自分の見解をレポートに仕上げる」能力を身につけることができるわけです…が。

この手の、どこまで真面目に取り組むかが本人の目的意識に左右される問題については、ムチより飴の方が効果的なんじゃないかと。
コピペは後々の身の破滅を呼ぶぞとか脅す(脅しじゃなく真実だとは思いますが、学生には単なる脅しに聞こえるでしょう)より
レポートを自力で仕上げた先にどんないいことが待っているのか、今ここでの努力が社会人になってどういう実を結ぶのかを教える方が、目ぇ輝かせてレポートを書けるんじゃないかと思います。

もちろんこの方法で全員がコピペから自力書きに改心するとは思いませんが「今やっていることの延長をそのまま社会でやることになって、それが自分の評価につながるんだ」という、社会人予備軍の自覚を育てるためにも。

上記は奇麗事かもしれませんが、少なくとも
> 〜とした方が利くのではないか。
> 〜と追い打ちをかけるのも悪くなさそうだ。
というのは教育ではなく、コピペしないレポートの提出という使役をさせるための姿勢ですよね。
同じ「忠告はするけどどうするかは本人任せ」なら、コピペした時のダメージは教えるけど本人任せよりも、コピペしなかったときの見返りは教えるけど本人任せの方がはるかに、人を伸ばす姿勢として適当ではないかと思うのです。
Posted by 奇麗事かな? at 2009年02月10日 02:32
>P.S. いきなり100kgのバーベルが持ち上げられないのと同様、「脳フィットネス」もいきなりやると脳を壊すのではないか。小学生に読書感想文というのは、それに近い無理を感じる
には、非常に同意できます。
国語のテストで「効率よく主題と思われる単語や文節を拾う」という訓練はされていますが、大体1〜2ページですむ文章量。そこにいきなり数十〜百ページを超える本で同じ事+知らない技術を使えといわれてもね…。
ちなみに、小中学校の「読書感想文という訓練」をしっかりやる事に意味がある(実際に小学校がその訓練を適切に行なえているかどうかは別)と実感したのは、大学時代にwebページ開いて公開戯言垂れ流し始めてからでした。
Posted by Mt.reliance at 2009年02月09日 15:26
学生やっていた立場からいえば教養の講義に二・三度出た程度で
「下らん」とか「単位だけもらえればよい」なんて見切れるほど
学生さん達に蓄積はないし見切れると思うのならそれは知的怠慢。
「昔と違って今の学生は忙しい」とかいうかも知れないが所詮は
ニッポンの大学生活なんていつの時代だって所詮モラトリアム。
時間は腐るほど捻出できるはずなのだから下手な知恵を絞る前に
目の前の対象に頭をひねって見ろと言いたくなる。
それさえ出来ない奴が要領の良い学生を表面上だけこなしてきて、
就職活動やその後の展開で見事メッキを破がされた展開は随分
見てきた。

レポートのコピペを防ぐ対策はいくつかのクリティカルな講義に
ついてはインタビュー形式での評価を導入する事だろう。

「小学生に読書感想文」は個人的には大変有意義な課題だと思う。
ただ問題は読書感想文を休みの宿題などと称して完全に生徒側に
丸投げしている事。必要なのはある程度書いたら提出して先生が
添削とコメント、また書き直して提出、コメント、のショート
タームのフィードバックを繰り返す事で一本の読書感想文を
レポートとして仕上げる事だと思う。
日本の教育課程ではこのようにしてレポートを完成させる訓練を
受ける機会が非常に少なかったように思う。大学で卒論修論を
書く機会が無ければほぼ皆無じゃないのかな。

いずれにしても先生側のリソースが足りない。それが問題。
Posted by fr at 2009年02月09日 13:55
出版社の薦める本ではなく、小飼さんが良書と思う本を書評して欲しい。ブログバリューが下がる。。。
Posted by yama at 2009年02月09日 06:37
上に同じ。^^
Posted by ty at 2009年02月08日 22:45
学生をやってる立場から言わせてもらえば、レポートでコピペをするのは
単位さえ貰えれば良いのであってその学習にはさして力点を置いていないから。
専門科目・卒論にまでコピペをする奴は救えないが、大多数は教養科目等
単位は取らなければならないが、その学習が大して意味を持たないと
感じているからコピペに走る。

つまりコピペをする者はそれが悪い事なのは判っているし、社会に出て
同じ事をするのがリスキーであることは十分承知している。
なので
>>「いくらでもコピペして下さい。コピペかどうかはこちらでは一切吟味しません。あくまで内容だけを採点の対象とします。社会に出てからのコピペレポート発覚のダメージは単位を落とす比ではありませんが、そういう社会人になったとしても当方は一切の責任を負いません。社会人になってから仕事で破滅したい人は、どうぞコピペしてください」
こんな物言いでは誰も従わない。
社会人になったらやりません、と言われてお終い。

>>「実はもっとてっとり早い方法があります。本校を退学してディプロマ・ミルから学位を買いましょう」
大多数の学生が、卒業後既存の日本企業に就職することを考えれば、
こんな評価されない学位よりも多数のコピペレポートと3年4年の2年間だけ
真面目にやった専門で卒業する方がずっと評価される。

結局「見つけたら単位没収」が学生にとってコピペをした際の一番のリスク
であり、これが一番効果的。
Posted by r at 2009年02月08日 20:41
s/記帳な時間/貴重な時間/
Posted by anon at 2009年02月08日 20:10
中学生のころ、感想文には読んだ小説の好きな箇所をまるごと写してたのを思い出しました。この感動は言葉にできないから写します、と理由まで書いてましたね。
なんてひねくれた子供だったかと思いますが、正しい行為だったと今でも思っています。
子供の頭からない言葉を絞り出して嘘くさい感想文を書くより、よくできた文章を筆写するほうがよほど文章力や思考力が身につく。
コピペ的行為も時には悪かぁないもんです。
Posted by 最後のくだりに脊髄反射すると at 2009年02月08日 19:48
わざわざ人様が記帳な時間を使って→わざわざ人様が貴重な時間を使って
ギャグかなぁ...。
Posted by ごろー at 2009年02月08日 18:13
小学生の時の400字詰めの原稿用紙がかなり高いカベに感じていたのを思い出しますね。なんというか、まっさらな空白にあんなに文字を埋めないといけなのか、と。



今は、キーボードをたたけば2〜3分で埋まってしまう分量ですけれど。
Posted by sakurada at 2009年02月08日 17:27
小学生の読書感想文なんて苦痛でしかない、あれでレポート嫌いになる人多いよね。
Posted by sss at 2009年02月08日 17:26
以外、じゃなくて、意外、ですよね。
Posted by nyontan at 2009年02月08日 16:04
TITLE =~ s/以外/意外/
Posted by Typo? at 2009年02月08日 15:51