2009年02月10日 06:00 [Edit]

政府紙幣vs日本銀行券

それでは日銀が常に頑なだったのだろうか。

政府紙幣について - Baatarismの溜息通信
このような日銀の頑なな姿勢があるため、日本においては、国債を発行せずに財政政策を行う最も現実的な方法が、政府紙幣の発行となるわけです。

調べてみた。


boj-bs

このグラフは、日銀のバランスシートの推移を、2000年1月から2009年1月まで追ってみたもの。元データは

をスクレイプして取った。スクリプトは最後に。

これを見ると、量的緩和の時代がはっきり見て取れる。この時には当座預金残高がぐっと増えて、それに対応するように国債保有残高も増えている。なぜこういう動きになるかは、「藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義」を読むとわかる。

実際には、マンデル・フレミングの法則を避けて財政政策をする方法として、この政府紙幣以外に、政府が発行した国債を日銀が買い入れて(これを国債引き受けと言います)、市場で流通する国債の量が増えないようにする方法もあります。日銀が直接政府から国債を買っても良いですし、政府が発行した国債と同じ量を日銀が市場から買っても良いです。

量的緩和の時代は、まさにこれをやっていた。

しかし、日銀はこの方法には否定的です。その理由は、戦前・戦時中に軍部が軍備拡張や戦争の費用を調達するため、日銀に大量の国債を引き受けさせて、その結果、戦後に大幅なインフレを招いたためです。日銀はこのことを二度と繰り返してはならないと思う余り、国債の買い入れには消極的なのです。

とはいっても見てのとおり日銀はピーク時で100兆円も国債を保有していて、今でも65兆円弱保有している。その割合バランスシートの54%にもなるのに、「原則禁止」なのだとしたら、一体原則とは一体なんなのだろうという気がする。

日本銀行が国債の引受けを行わないのはなぜですか?:日本銀行
ただし、金融調節の結果として保有している国債のうち、償還期限が到来したものについては、「財政法」(第5条ただし書き)の規定に基づいて、国会の議決を経た金額の範囲内に限って、国による借換えに応じています。

あれ?「国会の議決」って書いてある。

だとしたら、なんで「ついこの間まで」やってた方法を捨ててまで政府紙幣なんて言うんだろ?「前例がない」とかならとにかく、見ての通り2006年度まではやってたわけですし。私にはリフレがいいか悪いかわからないけど、政府紙幣が不要なことは日銀自らが証明しているのは確かではないのだろうか。

もっとも、政府紙幣にしろ国債引き受けにしろ、今のままだと金が回るのは市中銀行までで、その先に行き渡るかがかなり疑問なのだけど。"Money as Debt"も指摘する通り、銀行以外の誰かが借りてくれないとお金も増えないのだし。

それにしても、お金はいつまで増やさないといけないのだろう....

Dan the Taxpayer

#!/usr/local/bin/perl
use v5.10;
use strict;
use warnings;
use LWP::Simple;
use Encode;
use POSIX qw/mktime/;

my $base_url = 'http://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/ac';
my $sjis     = find_encoding('sjis');

for my $year ( 0 .. 9 ) {
    my @days =
      ( 31, ( $year % 4 ? 28 : 29 ), 31, 30, 31, 30, 31, 31, 30, 31, 30, 31 );
    for my $month ( 1 .. 12 ) {
        my $fn = sprintf "ac%02d%02d%02d.htm",
          $year, $month, $days[ $month - 1 ];
        my $url = "$base_url/$fn";
        $url =~ s{/ac/}{/ac07/} if 7 <= $year && $year <= 10;
        my $body = get($url);
        last unless $body;
        use utf8;
        no warnings;
        my $_ = $sjis->decode($body);
        my ( %item, $item );
        my ( $jgb, $note, $checking, $total ) = ();

        for my $dummy ( 1 .. 4 ) {
            s{\A.*?>(国債|発行銀行券|当座預金|合計)[<\s ]}{
                $item = {
                    '国債'=>'jgb','発行銀行券'=>'note',
                    '当座預金'=>'ck',合計=>'total'
                }->{$1};
            }msex;
            s{\A.*?>([\d\,]{6,})}{$item{$item} = $1}msex;
        }
        printf
          "20%02d/%02d\t$item{jgb}\t$item{note}\t$item{ck}\t$item{total}\n",
          $year, $month;

        # last ;
    }
}

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
2月3日の僕のエントリーを、著名なブロガーであるDan Kogai(小飼 弾)氏に取り上げていただきました。ありがとうございます。 それでは日銀が常に頑なだったのだろうか。 政府紙幣について - Baatarismの溜息通信 このような日銀の頑なな姿勢があるため、日本においては、
Dan Kogai氏の指摘についてこっちも調べてみた【Baatarismの溜息通信】at 2009年02月12日 13:13
政府紙幣を発行すればこの不況は脱却できる。という論議が自民党内部でも検討会なんかができて唱えられてきたのだが、経済アナリスト森永 卓郎氏あたりも 賛成しているようだ。政府紙幣を財源として強力な景気対策を実行せよ この政府紙幣、賛否はさておき、ブログ界で...
政府紙幣とか【ろーりんぐそばっとのブログ】at 2009年02月10日 16:26
日本政策銀行が、債務超過に陥り始めた国内の大手企業にどんどん資本注入しています。 日銀が再び日本国内の株式を買い支えようとしています。 さらには、日本の政府関係者から、政府紙幣や無利子国債の発行などの話が続々と発言されるようになり始めています。 ちなみに、無...
政府紙幣・無利子国債ー日本政府も本気でインフレを起こす気か?ー【貞子ちゃんの連れ連れ日記】at 2009年02月10日 14:55
たぶん、かくの如き事態になるでしょう。 政府通貨と日本銀行券のレートが固定 政府通貨は政府、日本銀行券は日本銀行が信用の裏付け、この2つの信用力が同じとしても 政府通貨の借り入れに必要な金利は、政府通貨の実需(流通量)で決定する 日本銀行券の借り入れに必要な
政府通貨と日本銀行券が混在したとして【riverrun past...】at 2009年02月10日 08:11
この記事へのコメント
"XBalimbing69notewith P.G.to Australia openning work-jobs but not sure if when is up to."休乾独逸あとー日本デ.
Posted by ServantMaid at 2009年04月20日 09:17
政府紙幣は憲法第9条に違反する意図で使われた場合に弾劾裁判となるを付記しないと駄目らしい、日銀財務省に造幣局通貨発効権を政府が売るなど厳しい規定がないとだめらしい。更に日銀紙幣を死滅し得るえない民間内需省がなければ、むつかしいらしい。戦争デフォルトや国債デフォルトすりゃ、要はおなじだが、まあ当たり前のというか、過去に失敗例もあるらしい。日露戦争や1932年あたりかな。ようするに紙幣も儲けようとし悪用すれば紙神爆弾の火種になりますよの意味だな、しかし間もなく世界は戦争突入か保護主義になるしかないのだが
Posted by 芹沢獅堂 at 2009年04月08日 01:22
日銀銀行券の新札切換だから問題なし条件で国債・財務・金融に支払可能通貨にし公務員給与に比率義務化し日銀銀行券の国民は政府紙幣で国債を購入し衣食住など庶民経済には金融機関両替を要す金利も政府紙幣つまり五百円以上は政府紙幣とする無利子国債は海外で納税者や海外で優良有人雇用起業家に限定し相続税免除但し公認賭博風俗麻薬兵器部品等の業界には認可しない(当面禁止)パチンコなどは日銀銀行券で 株投資第2日銀紙幣
Posted by 政府紙幣は日銀銀行券を保管する発行権は内閣だが日銀銀行券で発行できる at 2009年03月23日 18:36
新たな案 政府紙幣でしか国債を買えなくする。官公庁給与なり株主なり購入者に専用紙幣にし食糧品などは日銀紙幣をつかう。金塊や国債に縁のない国民に迷惑をかけない庶民経済と分離。庶民雇用市場が崩壊したら内需や国の存立を考える人材が現れず官公庁押し貸し都市計画だ市場原理放任、詳しくはジョディーは友達のブログさんに掲載。国家破綻か与野党が身命を賭けて理解か無利子国債は宝くじに相続税免税をつけたもの国家破綻だ
Posted by 芹沢獅堂 at 2009年03月20日 01:38
失策はリセット出来ないから、バーチャル的には世界信用と日本流行ブームを政府紙幣で150兆やれと言うことだ。衣類や医類の商業恒産事業を民間の大手に協力させ都心部に雇用の場を植樹のように植えてゆくわけだ。ユーロ紙幣を見習え。
Posted by 政府紙幣はよせい at 2009年03月08日 15:46
つまり情報化社会の欠点払拭ですな。たんまり公共事業で私服を肥やす官民や公民、議員、大臣には分かるまいて義賊 麻生小僧に ならんかな 小泉はん1兆あるゆうし竹中はん2兆隠し口座?にある云うし財務省庁やらなんやらが宮内庁の分を搬出したゆうデマはどこまで本当か。真っ赤な作り話か、兎も角除籍処分なしゆうことは…与野党で分けたかな金に纏わる裏話はつきない
Posted by ハヤブサ 鶻←骨付きの小鳥を襲うから? at 2009年03月05日 20:46
政府がこっそり全国の都道府県に1兆円市町村全自治体に300億円、中小企業口座に1億、全個人預金口座に200万円振込むと、景気はすぐに回復する。
Posted by 志士 at 2009年03月01日 12:50
日本は空洞化孤島と成りうる。庶民飢餓化が加速しメイドbyジャパンが海外生産で増やしてどうする政府紙幣だ海外で作り日本に送るのだ。バイジャポニカンを急げアメリカはCITYコープ処理をすまし欧州の様にバイアメリカンバイヨーロピアンバイチャイニーズになりつつある
Posted by サクセス 歌 宇崎竜童 at 2009年02月27日 23:27
なんだ儂が使ったんだ 鷲だ 偽りの経済大国第位国内GDPは今世界何位かな、大田弘子大臣がむかし教えてくれた。与野党よ消費税や福祉税や停学給付のあとは 政府紙幣ユーロ紙幣だ アメリカは世界通貨基軸ではない多国ワールド複合化紙幣の時代。ナンシーはインドネシア,大韓民国,中華大国へ向かった。さあ 資本家に媚を売り内需をへたらすな 政府紙幣 はやく発行し官公庁給与や支払に使え 責任ある政治の誠実をみせよ
Posted by みんなのうた at 2009年02月19日 14:58
百年に一度なら 経済と防衛が後ろ縦にあるいましか政府紙幣発行チャンスはない。過去の失政を取り戻せ 紙屑評価になってからでは遅い こけんに関わるな 与野党協議しろ むろん銀行や官公庁の内需 雇用軽視から転換せねば意味はないが
Posted by にしかすみこ at 2009年02月18日 16:03
自分で国債を発行して遊ぶCGIゲームを作ってみました。
超簡易版ですけど。

http://zeruda.vs.land.to/nRmVa5rog2zQqJQ/v.php
Posted by 匿名 at 2009年02月16日 16:52
「'当座預金'=>'ck',合計=>'total'」の 合計に ' が抜けてます。

Posted by noname at 2009年02月11日 20:51
なんで日銀の負債の一部である銀行券・当座預金と、資産の一部である
国債を足すんですか。
合計というのは資産(=負債+資本)の合計という意味でしょ。
中央銀行の基本的な仕組みについて勉強したほうがいいよ。
Posted by q at 2009年02月11日 12:59
上記折れ線グラフで質問ですが

国債(青)+発行銀行券(赤)+当座預金(黄)=合計(緑)

だとすると

例えば2009年1月はhttp://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/ac07/ac090131.htm

国債約64兆円 + 発行銀行券約76兆円 + 当座預金約11兆円

=合計151兆円になるかと思います。

グラフだと120兆円になっていますが、よろしければ
計算式をお教え下さい。




Posted by OGS at 2009年02月11日 11:54
なぜ最初に1回だけにせずに、毎回
use utf8;
no warnings;
を書いているのでしょうか?
Posted by an at 2009年02月10日 22:41
日銀は無から有を生み出すことはできません。
評価を「受け入れて」通用性(お墨付き)を与えることだけです。
道端の石ころを日銀の資産に載せて、交換として負債である日銀券を出すことは、普通認められません。
日銀の資産の構成についてを戦略的に評価基準を変更させるのは議会でしょう。
将来の国民の返済能力を認めさせて国債を日銀の資産として載せさせる。
あるいは希少金属や石油を載せさせる。
現在の米国のように、一時的に、あらゆる価格変動性資産を市場機能回復のために計上可能にする。
そうした評価基準に関する判断を、中銀は受け入れるだけです。
Posted by PK at 2009年02月10日 21:59
>今のままだと金が回るのは市中銀行までで、その先に行き渡るかがかなり疑問なのだけど。

銀行経由の信用創造が機能不全を起こしているので、逆に末端の国民に直接カネを渡してしまえばいいわけです。これが給付金政策=ヘリマネの理屈。


人体で例えれば、動脈が詰まって心臓(中央銀行)が必死にカネを送っても末端に届かないわけですね。
だったら末端に直接輸血してしまえば同じことです。


流通や情報処理技術が未発達な昔の時代はそんな末端のミクロな個人個人に現金をばら撒くというのは単純に事務処理的に不可能だったんですが、今ではさほど難しい話じゃないわけですよ。電信振込みを利用すれば現金すら必要じゃないですし。

IT革命によって可能になった新時代の経済政策だと呼ぶことも出来ます。(アメリカは小切手郵送という前近代的な方法を使ってるみたいですが・・・)

Posted by ez at 2009年02月10日 18:55
はじめまして。
十兵衛。です
ブログはじめたばかりなのでみなさんのを参考にしました。
ゴマ速 十兵衛
http://gomasoku.blog81.fc2.com
よければ来てくださいね。
おもしろいネタを2ちゃんねるからもらってのせてるだけですけどねwwww
Posted by 十兵衛。 at 2009年02月10日 13:22
ただ、麻薬が痛みを緩和する薬の役にも立つように、小額で万遍なく複数回に分けて使うなら、副作用が少ないです。
土地が絡む公共投資のようなものに使うと、資産取引を介しますので、非常に拙い事後の日本国バランスシートをもたらす。
野口教授が、東洋経済だかダイヤモンドだかで出生率上昇対策のために直接散布して使えという意見がでていますが、あれが一番納得できる。二番目に麻生の給付金ですね。
Posted by PK at 2009年02月10日 12:33
リフレ派というのは、机上の空論派でいいです。
あそこの親玉は、確信的なバブル派です。
昔はインタゲ派といいました。狙いは円安です。
今はリフレ派と言っています。
金融政策オンリーでは行き詰ったので財政政策の香りをつけたんです。
本丸は、元円安派の現バブル派ですよ。
戦争とか極端な恐慌とか極端な保護主義で日本の生産力が無効にならないかぎり、インフレはまず起きないです。
その代わりに日本のバランスシートが巨大化する。
その巨大化したものにバブルだの円天だのオレオレ詐欺が頻発する社会になります。そして年寄りは猜疑心一杯で現金預金を貯め込む。
それが、リフレ派の行き着く社会です。
Posted by PK at 2009年02月10日 12:26
政府紙幣発行論がいまいち理解できません。
仮に発行したとして、回収するときどうするんでしょう?
個人的には将来のデノミの布石のように見えるのですが。
Posted by あとり at 2009年02月10日 10:10
 誤解されていらっしゃるようなので一言コメントしておきますが、
財政法で原則的に禁止されているのは政府が新規に発行する国債を
日銀が直接引き受けるという行為です。

 市中からの買い上げについてはなんら問題なく、日常的に
行われています。量的緩和の時代も政府からの直接引き受け
などはやっていません。政府紙幣についてはいろんな人がいろんな
ことを言っていますが、非常にナンセンスなものが多いようです。
http://www.mof.go.jp/jouhou/soken/kenkyu/ron086.pdf
財務省の上記の資料はよくまとまったものです。ご参考まで。
Posted by kamakura at 2009年02月10日 09:31