2009年02月11日 08:00 [Edit]

自治なき自治体の得たもの - 書評 - 自治体クライシス

講談社Biz広部様より献本御礼。

いいタイミングで、二つの記事がホッテントリ入りしている。

本書に詰まっているのは、大館市と下條村の正反対の事例なのだ。


本書「自治体クライシス-赤字第三セクターとの闘い」は、バブル時代に乱立した第三セクターが今どうなっているのか、なぜそうなってしまったのか、そしてこれからどうなっていくのかをまとめた一冊。

目次 - Amazonより
はじめに
第1章 市町村を追いつめる恐るべき法律
第2章 「赤字第三セクター」という底なし沼
第3章 すべての悪夢はリゾート法から始まった
第4章 廃墟と借金の山が残されて
第5章 突然の返済要求を突きつけられた町
第6章 金融機関との果てしない交渉
第7章 「旗を振った」国の重大な責任
第8章 病院に蝕まれた瀕死の自治体
おわりに

本書に登場するのは、まさに「顧客が本当に必要だったもの」の世界。

左が「自治体が本当に必要だったもの」だとしたら、中央が「第三セクターが建ててしまった」、そして右が「今それがどうなっているのか」だ。客も来ない施設が、廃墟となり、しかし借金だけが残っている。

何でそんなことになってしまったのか。

国がリゾート法で後押ししたから?自治体がそれに乗ってしまったから?金融機関が損失補填契約に安心して貸し込んだから?いずれも正解であるし、いずれも本書で詳しく解説されているが、根本的な原因は、自分たちに本当に必要だったものを、自分たちで用意するどころか自分たちで考えるのも放棄した、自治の不在、というより自治体が自治体であることの自己否定にあったのではないか。

その結果、本当に必要だったものにまわす金がなくなってしまったのが、本書に登場する自治体が現在直面している危機である。これらの第三セクターの顛末は、リフレ政策に私が賛成するのをためらう一番の理由でもある。いくら供給を増やしても、それに応じた需要がなければ、後に残るのは廃墟と負債しかないのではないか。

いや、需要がないわけではない。それを教えてくれたのが、最初に紹介した記事である。需要に引っ張られた供給は無駄がない。むしろ予算不足でさえ工夫の母である。

供給で押そうとすると、どうなるのか。

是非本書でご確認いただきたい。

Dan the Taxpayer


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
→[http://d.hatena.ne.jp/perfectspell/20081128#p2 本書を読む前の自分の事前知識] 面白かった。てか怖かった。 赤字自治体のルポ。著者はNHKの人。2009年発行。 第三セクター(以下三セクと略す)が、いかに自治体を泥沼に引きずり込むかが本書のメインテーマ。夕張市(北...
「自治体クライシス」伯野卓彦(図書館)を読む【烏龍と鳥籠】at 2009年03月31日 04:57
自治なき自治体の得たもの - 書評 - 広部様より献本御礼。自治体クライシス 伯...
日経【きよしの日記】at 2009年02月16日 21:58
自治なき自治体の得たもの - 書評 - 広部様より献本御礼。自治体クライシス 伯...
日経【しんやの日記】at 2009年02月16日 03:01
書評リンク - 自治体クライシス 赤字第三セクターとの闘い (講談社BIZ)
自治体クライシス 赤字第三セクターとの闘い (講談社BIZ)【書評リンク】at 2009年02月11日 20:44
この記事へのコメント
感動しました。
献本御礼とかは、スルーしてましたけど、今回のエントリーは、するっと心に入ってきました。
Posted by KKMM at 2009年02月11日 22:36
中国地方も、昨年末にチボリ公園が閉演しました。
寂しい限りです。
Posted by 風竜胆@文理両道 at 2009年02月11日 21:56
 大阪府の橋下徹知事が、大阪府立大学(堺市中区)に支出している運営交付金の廃止を検討していることが10日、分かった。今月上旬の幹部あてのメールに「約100億円の交付金を医療や福祉分野に回すことはできないか」などと記載し、平成22年度に交付金を廃止し、大阪市立大学(大阪市住吉区)との統合も視野に入れている。橋下知事はこの日朝、報道陣の取材に応じ、「公立大に100億円が投じられているのはバランスが悪い。市大と統合し、大阪の強みを発揮してほしい」と述べた。
Posted by 瓦版 at 2009年02月11日 13:44
感動した!
http://www.nytimes.com/2009/02/11/health/research/11arm.html?partner=permalink&exprod=permalink
Posted by   at 2009年02月11日 12:52
お上は偉い、お上のやる事にケチをつけるな。

という人は、当然その頂点の天下りも「許せる」んだろうな。
Posted by カーネルサンダース見習い at 2009年02月11日 12:22