2009年02月14日 18:30 [Edit]

tips - livedoor Blog - canonical属性に対応する

今までなかったのがむしろ不思議としかいいようがないぐらい。大歓迎。

検索エンジン3社、正しいサイトURLを認識させるcanonical属性を導入(URLの正規化) :: SEM R
そこで検索大手3社は今回、canonical属性を導入。ここに正しいURLを記述することで、クローラはその情報を参考に適切なURLを特定する。linkタグは、301リダイレクト相当の取扱がされ、リンク評価など他の要素もcanonical で指定したURLに引き継がれる。また、全く同一のページ同士でなければ指定できないというわけではなく、ほぼ同じページ同士でもrel="canonical" 設定が可能だ。

というわけで、livedoor Blogでこれに対応する方法。


新管理画面では
[ブログ設定]ボタン(右中程)→[カスタマイズ]リンク(「デザイン」中)→[個別記事ページ]タブ
旧管理画面では
[カスタマイズ/管理]リンク→[デザインのカスタマイズ]リンク→[個別記事ページ]リンク

でテンプレートの編集画面を出して、そこに

<link rel="canonical" href="<$ArticlePermalink$>"/>

を加えるだけ。<head>の内側ならどこでもOKみたいだけど、私はlinkが並んでいるところの上の方に付け加えた。

正直ここ livedoor Blog では必要性はそれほど高くないのだけど、それでも時折変なURIへのアクセスがあるので(たとえば.htmlの後ろに?deadbeefが付いているような)。

すぐに対応して欲しいのが、ソーシャルブックマークと記事をページ分割しているニュースサイト。これでブクマがばらけてしまうのが結構防げるのではないか。

Dan the livedoor Blogger

See Also:


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
大丈夫だと弾言する。 はてなブックマークのやりすぎちゃったかもしれないSEO - ぼくはまちちゃん!(Hatena)こんなリスキーなことしちゃって大丈夫なのかな! もちろん最終判断はGoogleがする以上、断言にはならないのだけど。
「検索ボットのみURI Redirect」はクローキングにあらず【404 Blog Not Found】at 2009年06月10日 00:20
多くのクライアントのアクセスログ解析をしていると、 全く同じ内容のページが、異なるURLを持ってしまっている という場面に多く出くわします。 これは、サイトの構成上、やむを得ずそうなっている場合が多く、1つにした方がいいというアドバイスが意味を成さない...
SEO業界 今年最大の基本事項かも canonical属性【SEO佐世保センター】at 2009年02月16日 07:51