2009年02月18日 02:30 [Edit]

ハコモノ行政はもうたくさん、でもヤネモノ行政はいけそう

太陽光発電の現状に関しては、Wikipediaがむちゃくちゃ詳しい。

一般書では「新・太陽電池を使いこなす」がやはり一番のお勧めなのだけど、初版が1999年で、さすがに手に入りにくくなっているので、まずは上の記事を読んで欲しい。

で、ねらーとはてな村民の多くがしている誤解をまず解く。

「原発作れよ、原発」

私も一技術者として、実は原発大好きだったりする。が、日本において原発を今以上作るべきではないと考えている。以下その理由。

  1. 原発は「今から出力を二割増にして」が出来ない

    電力というのは、使いやすくて貯めにくい。そのくせ使用量は刻一刻と変わる。そのため基本的に「使う時に作る」ことになるのだが、原発の場合、一度動かしたら出力を上げ下げするのが非常に難しい。そのため原発は常に一定出力で運転させつつ、不足分を火力発電所で補っているのが現状だ。

    面白いことに、電力使用量は太陽の動きと連動している。昼間が多くて夜が少なく、夏が多くて冬が少ないのだ。年末年始にはなんと東京電力の発電量の九割が原発由来ということすらあった(ただし柏崎刈羽停止前)。原発をこれ以上作っても、夜間や休日には電力が余ってしまうのだ。

    太陽光発電は、これをちょうど補完するような出力特性を持っている。「原発か太陽光か」ではなく、「原発と太陽光」というのが望ましい組み合わせだ。

  2. 原発は今日発注して明日出来るものではない

    実際には10年以上の歳月がかかる。それだけあれば、太陽光発電のコストが同等になる可能性は非常に高い。

  3. 原発は分散して建てられない

    原発を建てられる用地は限られている。そのため原子力発電所の多くは、「何号機」という形で複数の原発を同じ発電所の敷地に建ててきた。それゆえに、その土地が持つリスクもそこに集中してしまう。世界最大の原子力発電所である柏崎刈羽が止まったことでこのことは誰の目にも明らかになったはず。

「またハコモノ行政かよ」

確かに。しかし今までのハコモノは「高価格、消費型」で、ハコを作った後は利用はされても、そのハコそのものが何かを生産するということはほとんどなかった。利用者が金を落とすことを期待して作った三セクのリゾートがあちこちで無惨な姿をさらしているのはご存知のとおり。

しかし、こちらは電力という、貨幣のつぎに流通性が高いものを生産するのである。しかも事実上メンテナンスフリー。極端なことを言えば、廃屋の屋根に太陽電池パネルを置くだけでも効用があるのだ。その点が、人が来なければ効用が発生しない、今までのハコモノとは違う。

「でも高いじゃん」

特性だけみるといいことづくめのほぼ唯一にして最大の泣き所がこれ。なのだけど、あと4年もすればグリッドパリティ、すなわち既存の電力会社ともタメをはれるところまで価格が低下すると見られている。

太陽光発電のコスト - Wikipedia
太陽光発電のコストの相場は、いまのところ他の電源の数倍とも言われる。電力量あたりのコストでは価格競争力が不足するため、現時点では普及促進に際して助成が必要とされる[3]。ただし用途などによっては現状でも価格競争力を有する。普及に伴い、ほぼ経験曲線効果に従ってコストが低下しており[4]、世界的には2012年頃には系統電力よりも安価になる(グリッドパリティに到達する)と見られている[5][6]。

しかも、すでにタメをはれるほど安価に作っていると主張するベンチャーすら現れている。

First Solar :: Lowering the Cost of Solar Electricity :: Company Overview
First Solar has achieved the lowest manufacturing cost per watt in the industry, $1.08/watt for the third quarter of 2008

「太陽光発電そのものはクリーンでも、それを生産するエネルギーと資源のコストが高い」

最大の神話はこれだろう。実のところ、CO2ペイバックタイムもエネルギーペイバックタイムも1年から3年ほどである。

太陽光発電の環境性能 - Wikipedia
価格的にペイバックしないから環境的にもペイバックしないという主張が見られるが(武田邦彦など)、価格と環境負荷が常に比例するという論拠に科学的証明は無く、日本および各国での調査結果にも反する。

武田邦彦に関しては、山本弘も「“環境問題のウソ”のウソ」で批判的に検証している。

二十兆円分の太陽電池ってどこにあるの?

こうやって見ると、太陽光発電に張るのははずれようのない賭けに思えるし、私もそちらに賭けたい。が、残念ながら

勝谷誠彦様の華麗なる脳みそ:勝谷総理の日本経済回復策 - livedoor Blog(ブログ)
たとえば、と私は夢想する。二兆円の金をバラまくくらいならばいっそ二十兆円を投じて日本国のあらゆる建物の屋根にソーラーパネルをつければどうか。

もうまく行かない。理由はシンプル。二十兆円ならあっても、二十兆円分もの太陽電池を作る能力は今のところ世界にないからだ。

右のグラフを見てみよう。太陽電池の世界の総生産量は、3500MWをやや上回るぐらい。これに現在の平均単価である300円/Wをかけると、1.05兆円となる。二十兆円ばらまくには、2007年の生産能力の20倍も必要なのだ。システムコストと設置コストが太陽電池本体と同じぐらいだとしても10倍。太陽電池は供給が需要に追いついていない、現代では数少ないアイテムなのだ。

だから、出来ることを今やっておくべきだろう。このグラフを見ると、先行していたはずの日本は見事に欧州に抜かれている。この日本の頭打ち状態は、補助金が止まった時期とも重なるが、それ以上に政治が停滞していた時期と重なる。

太陽光発電は、いわば卵から孵ったばかりのヒナである。立派な鳥になるのはもうはっきりしている。日本において壁にぶつかっているのが確かだからこそ、私ももう卵ではないヒナの側に立つ。

Dan the Taxpayer


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
というわけで計算してみた。 国連気候変動首脳会合における鳩山総理大臣演説IPCCにおける議論を踏まえ、先進国は、率先して排出削減に努める必要があると考えています。わが国も長期の削減目標を定めることに積極的にコミットしていくべきであると考えています。また、中期....
#guesstimate - 2020年までにCO2の25%削減の難易度【404 Blog Not Found】at 2009年09月23日 04:17
ミシマ社より献本御礼。 脱、「ひとり勝ち」文明論 清水浩 オビより - ジュンク堂書店池袋本店 大内達也氏 素晴らしい、の一言に尽きる。 この本はただの本ではない。本という形を取った "未来"であり、希望である。 ぐぬぬ、台詞取られた。 まだ六月が...
日はまた昇らずにはいられない - 書評 - 脱「ひとり勝ち」文明論【404 Blog Not Found】at 2009年06月01日 14:12
<img src="http://ec2.images-amazon.com/images/I/41PB1G6K2DL._SS400_.jpg" alt="電脳戦機バーチャロン マーズ TF-14A フェイ・イェン withVH (1/100スケールプラスチックモデル) VR6">  半年経...
ゆるClips 360でオラタンM.S.B.S.Ver.5.66!他20件【SuKiMa Clips】at 2009年02月28日 18:03
たったの一週間で、なぜTOEICで840点を達成することができたのか? それは、「TOEICの攻略法」を学んだから。 けれど、勘違いしないでください。 「TOEICの攻略法」=「英語の勉強」ではないのです。 本当は、「TOEICの攻略法」≠「英語の勉強」なのです。 ...
TOEICで840点を一週間で達成する方法とは【TOEIC研究所】at 2009年02月19日 23:14
原発がどんなものか知ってほしい
原発がどんなものか知ってほしい【某氏のたわごと】at 2009年02月18日 20:23
404 Blog Not Found:ハコモノ行政はもうたくさん、でもヤネモノ行政はいけそう
404 Blog Not Found:ハコモノ行政はもうたくさん、でもヤネモノ行政はいけそう【oryzaの環境備忘録】at 2009年02月18日 13:51
この記事へのコメント
本文読んで思ったのが
>私も一技術者として、実は原発大好きだったりする。
本当に技術者ですか?w
考えが浅すぎ。技術者じゃなくて評論家じゃないの?
理由はコメの方々が大半指摘してくれてる。
Posted by at 2009年02月26日 18:25
砂漠ならいざ知らず、日本が四季豊かな国であることを忘れてません?

上で維持費云々って話が出てますが
雪の降る地域はどうやって冬を越せばいいんですかね・・・
Posted by yui at 2009年02月26日 00:59
最初の原発うんぬんのくだりいらなくない?
原発なら出力がどうのこうの言えるけど、
他の電源も運用の難しさがどうのこうの言えるし
どの観点で見ても一長一短だよ、と。

そもそもCO2削減って短期的に問題を解決する手段として用いられたのに
ここまで世界規模で大掛かりになるとはなぁ・・・
Posted by ななしです。 at 2009年02月23日 01:25
トラックバックできなかったんで手動で足跡つけてみます。
http://www.hiroro.net/8eggs/index.php?categ=1&year=2009&month=2&id=1235160374
Posted by taityou@8eggs at 2009年02月21日 14:05
災害とかでライフラインがマヒしたときの“給電方法のひとつ”という使い道しか今のところ浮かばないかな。単体だと消防法の自家発電方法の要件を満たさないし。夜間向けに蓄電が可能なら(そんな高性能な蓄電が可能ならだけど)、普段から原発の余剰電力を利用するほうが効率よさそうだし。そんなわけで、太陽電池よりも蓄電技術がどうにかならないかなあ、と思っている。

ま、電力供給手段が増えること自体は否定しないので、コストに見合うものならやってちょうだい、って感じ。
Posted by   at 2009年02月21日 03:32
太陽電池は公共財ではないし価値財でもない。

必要かどうかは自動車と同様市場が判断するのであって、断じて政府の出る幕ではない。

自動車も官製プロジェクトで、とか言うやつは社会主義国へいけ。
Posted by U9 at 2009年02月19日 04:12
>U9
電力、防衛、インフラって公共性高いから、民間でやるか政府がやるか微妙なラインだと思うけどね。まあ、どっちでも出来るならいいんだけど、中々進まないからなぁ。
Posted by 774 at 2009年02月19日 01:47
太陽電池やってたから分かるけど。メンテナンスフリーは嘘だね。ただ日本は製造業以外の生産性低いから、メンテナンスありでも太陽電池はかなりの生産性だと思うよ。防衛、災害対策、環境、資源、土地依存の雇用。いろいろな意味からしても無益ってことはない。
Posted by 774 at 2009年02月19日 01:43
太陽光発電の良さについて語る奴って大概は「環境が〜」って言って、
絶対に設置・維持費とか設置場所・方法なんかの具体的なこと言わないよな
Posted by あああ at 2009年02月19日 00:29
太陽電池は既に技術的には枯れ切ったもので最先端ではありません。
もちろんより高効率とかシリコン以外の材料で、というのは最先端技術ですが。
設置も中小の電気設備業者で十分やれます。

問題は、売電で設備費用をペイさせようとするとまだ多少きついところがあるということくらいですね。
一般家屋に設置する程度の面積では中々ペイできません。
まあ、中にはソーラー発電をライフスタイルの中に組み込んでしまう人もいるわけですが。

ミュージシャン 平沢氏 (前編) ソーラー発電は創作意欲をかきたてる楽しい「趣味」なんです - ECO JAPAN〈エコジャパン〉 - nikkei BPnet 環境ポータル
http://eco.nikkeibp.co.jp/style/eco/interview/070202_solargene1/
Posted by WATERMAN at 2009年02月18日 23:35
分かってないのはわかりました。
で、このblogでは何をするのがいいと言っているんだ?
できることってなんなんだ?
Posted by foo at 2009年02月18日 22:26
公金使ってやるとか言ってるやつ。

何で政府がやるべきなのさ?

税金つかうなこの社会主義者め。
Posted by U9 at 2009年02月18日 21:32
>「太陽光発電そのものはクリーンでも、それを生産するエネルギーと資源のコストが高い」

この神話は「環境問題を考える」をはじめネットでは非常に強いですね。

これについて徹底的な検証を学問的に行い、またテレビでしっかりと議論して疑問の余地なく公に知らせたしたほうがいいと思います。
特に、「反環境本に反論する本」でその件に関する検討がなされていないのが残念です。
Wikipediaも信頼しない人が多いです…公開での徹底的な検証が望ましいです。
Posted by Chic Stone at 2009年02月18日 21:05
もし本当に20兆円分のソーラーパネルが設置されたら…

一番気になるのは美観。現状ただでさえも美しいとはこれっぽっちも思えない商業地域・住宅地の景観が、さらに太陽光に反射してキラキラ光るソーラーパネルに埋め尽くされるのは、おめめに痛すぎる。

パネルがメンテナンスフリーだと言うが、日常的についてしまう埃や雨水垢、鳥フン等は除去しないといけない(稼働が落ちる、品質劣化等)。その屋根の上にくっついたものの掃除は誰がするの?まさか家人??転落事故続出。

いきなり20兆円分とかじゃなくて、とりあえず屋根の平らな公官庁や学校の屋上に設置して、実験してみるのが妥当な気がする。
Posted by JR at 2009年02月18日 18:31
麻生首相の給付金とIMF融資が、現存する政治家のいう政策の中でも最も良い政策だと思います。
日本は狂った人たち、特にマスコミ関係者の狂った報道で、狂った将来に向かってまっしぐらです。
まあ、この狂った人たちは、戦前同様、何もかも他人に押し付ける面の皮の厚い人たちですから、麻生に何もかも押し付けるのでしょう。
Posted by PK at 2009年02月18日 17:38
さすがに、これはひどい。
Posted by at 2009年02月18日 17:20
太陽光発電がクリーンという考えの方が神話。モジュールレベルになるとクリーンじゃないことはグリンピースすらみとめている。

ただ、設置場所さえ選べば採算がとれるので後20年くらいは助成金を続けてもいいかもね。
Posted by nbody at 2009年02月18日 15:48
> 日本において原発を今以上作るべきではないと考えている。以下その理由。

すべて「作れない理由」であって、「作るべきではない理由」ではありません。論理の飛躍。
Posted by たんた at 2009年02月18日 13:56
基本的には賛成。
太陽光発電は日本の技術が世界をリードできる可能性がある数少ないかつ重要な分野です。
ドイツが補助によって世界一の市場になりメーカー(Q-Cells)も世界トップになったように
日本のメーカーもこれで活性化すれば世界のトップ10に戻れる
(2008年はトップ10に入っているのは多分シャープと京セラだけ)
力が付くでしょう。
Posted by &y at 2009年02月18日 13:36
今回は賛成です。
ウランを掘り出す所から考えれば原発は非効率。
長期的に見れば太陽光は必要。
Posted by m11m at 2009年02月18日 12:29
3.の問題に関しては以下の技術でいかがでしょうか?

ここから引用ーー

陸上に人工の池(ドック)をつくり、「前に進まない原潜」を浮かべておけば、どんな大地震がきても平気な原発ができるだろう。ちなみに、米海軍の原潜用エンジンがメルトダウンなどの放射性物質を撒き散らす大事故を起こしたことは、過去に一度もない。初代のノーチラス号から、一度もだ。

ーーーー
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2007/07/#000807

それに、ハコモノにも関わらず競争力ゼロの土建屋には一切金が流れない。
最先端技術の固まりなのだから。


Posted by 偽一茶 at 2009年02月18日 11:54
で、その維持費用は誰が負担するんすか?
Posted by Mr/2 at 2009年02月18日 10:28
そもそも法律をまず変えてほしい
電源3法だけではなく、電力価格の決め方が
すべてのコストを乗せてという方式は いくらなんでも
社会主義ちっくだろう。
アメリカのエンロンのような自由化は行き過ぎだとしても
まずは法律を変えて規制をなくした上でも原発を作る度量があるのか知りたいっす。
Posted by ろーりんぐそばっと at 2009年02月18日 09:31
太陽電池ね…
まずコチラをどうぞ。

http://openblog.meblog.biz/article/1388182.html

技術ではなく、もっと別のアプローチが必要なんでないの?
Posted by kinokoya at 2009年02月18日 09:04
超伝導を用いた蓄電池を併設して原発の出力を制御するというのはどう?
自然エネルギーを使うにしても発電量を平滑する仕掛けは必要だし。
Posted by 原発嫌いなんだけどね at 2009年02月18日 07:41
しかも事実上メンテナンスフリー? 本当に?
Posted by   at 2009年02月18日 07:27
それとなくイスラエル賞
Posted by to-ri_sugari at 2009年02月18日 07:03