2009年03月18日 00:05 [Edit]

紹介 - 「小飼弾の 「仕組み」進化論 」、3月19日発売です

というわけで、Amazonにも登録されたのでご紹介。

初出2009.03.04; 販売開始まで更新

やっと上梓の運びとなりました。

関係者の皆様、ありがとうございます。


本書「小飼弾の 「仕組み」進化論 」は、プログラマーという、「純粋な仕組み」を作ることを仕事にしている者が、仕組みというものを一体どう考えているのかを、一般書に落とし込んだ一冊ということになります。

目次 - Amazonより
まえがき - 仕組みの逆襲
Part0 仕組み作りが仕事になる
仕組み化が進んだ社会
  • 高度に進化した仕組みがあなたのクビを絞める!
仕組みづくりを仕事にするための「新20%ルール」
  • 生き残るために必要なのは“本当の”20%ルール
Part1 仕組みの仕組み
-- 仕組みを作る前に知っておきたいこと
仕組みはどんなふうにできているのか
  • あらゆる仕組みは、「テコ」と「奴隷」でできている
  • 見えないテコ=公式が仕事を効率化する
身近にある「テコ」と「奴隷」を使った仕組み
  • ディズニーランドのサービスの秘密は、マニュアル=テコにある
  • テコの力をコントロールできるFXの仕組み
Part2 仕組みを作り直す
-- 目の前の仕事を20%の力でこなす仕組み
プログラマーに学ぶ「仕組み作り」の基本
プログラマーの三大美徳「怠慢」「短気」「傲慢」
  • 同じ作業の重複を嫌がる「怠慢」
  • 先回りして仕組みを作る「短気」
  • プロ意識から仕組みのメンテナンスを容易にする「傲慢」
日常業務を仕組み化してみよう
  • 仕事を定量化する
  • 事例1 無駄な繰り返しを減らす仕組みを考える
  • 事例2 すべての記録を保存して再利用
Part3 仕組みを使う
-- 仕組みのコストとテストを考える
仕組みは使ってなんぼ
  • 何回使えば元がとれるか
  • 残りの80%で遊ばなければならない理由
「使わないでなんぼ」な仕組み
Part4 仕組みを合わせる
-- チームで仕組み合うために
仕組みを合わせる基本ルール
  • 仕組みの中のボトルネックを見つける
  • 生き残るためには安全性の高い並列的な仕組みに
上手に仕組みを合わせる
  • 次の工程を見せて自分の役割を理解させる
  • 仕組みの位相・タイミングを合わせる
  • 泥縄的なマニュアル=最新のマニュアル
安全に“仕組み合う”ための仕組み
  • 非常時に力を発揮するために「緊張しなくてよい」状況を示す
  • 保守担当者には、金銭的なモチベーションも必要
  • 意識させずに安全性を高める「自動化」と「自働化」
  • リーダーの笑顔は義務である
  • 問題は自分よりふたつ上のレイヤーで考える
  • コミュニケーションコストを減らす「モックアップ」
Part5 仕組みと生物
-- 「新しい仕組み」を作るヒント
生き残りの名人「生物」という仕組みに学ぶ
  • どうやって生き残るかを考えるときが来た
  • 生き残るコツは、「生物」にあり
  • 突然変異を誘発するブレインストーミング
生き残るための仕組みを作る
  • レッド・オーシャンの隙間のブルー・オーシャンを狙え
  • 隙間を見つけるには、「遠くを見過ぎない」こと
  • 仕掛品をたくさん作り、最後の1ピースを待つ
Part6 仕組みの未来
「リソース重視」の仕組み作りが格差をなくす
  • 持てる者と持たざる者のギャップ
新しい仕組み作りへリソースを投じよう
  • あなたは本当に働いているのか
  • 怠け者のアリが社会を豊かにする
  • “ending concern”やオープンソース
あとがき 本書ができあがるまでの仕組み

著者名こそ私の名しかありませんが、私の「言葉」が一冊の「書籍」になったのは、日本実業出版の多根さんと、「弾言」を共著してくれた山路さんのおかげです。本書の原稿はこの三人で作ったといっても過言ではありません。改めてお礼申し上げます。著者名が私のみなのは、瑕疵があったら私のみが責められるべきという「仕組み」とお考えください。

個人的にうれしいのは、ついに一般書において「プログラマーの三大美徳」を紹介できたこと。

これを知らぬギークはもぐりだ、と言い切ってもいいぐらいギークの間では有名なこの三大美徳ですが、しかしそのギークというのは世の中のごく一握りの人を指すに過ぎないというのも厳然たる事実で、これをプログラム以外の実例にあてはめて、一般書の文脈で紹介できたことが実にうれしいのです。

本書は「仕組み本」であると同時に、「反仕組み本」でもあります。仕組みを知らぬ者ほど、仕組みのいい面ばかりを吹聴するというのは、数多の仕組み本でずっと私が感じて来た違和感で、その違和感を形にしたのが本書です。当初はもっと「Yet Another 仕組み本」に近い本として出発した本書の執筆ですが、「ありがたい」ことに世界同時バブル崩壊がやってきて、私が本当に訴えたかったが読まれる余地が大きくなったように感じています。

本書で一番強調したのは、仕組みそのものに善悪はないということ。仕組みはかけ算。良いことだけではなく悪いことだって乗じます。世界同時バブル崩壊とうのは、その顕著な例の一つに過ぎません。

そして本書も、それを紹介している本blogもまた、仕組みです。

本書があなたという仕組みを、あなたの望む方向に乗じることを著者として願いつつ本entryのしめとさせていただきます。よろしければご一読を。

Dan the Coder


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
お待たせしました。 電子化の要望が多かった「小飼弾の 「仕組み」進化論 」がこのたび Apple App Storeおよび理想書店で入手可能となりましたのでお報せします。 binWord/blog - 『小飼弾 ...
紹介 - 小飼弾の「仕組み」進化論 for iPhone/iPad/DotBook【404 Blog Not Found】at 2011年01月25日 23:30
3月末、来京した「頭ん中」のマスナガさんにお会いしました。 そのとき私から差し上
# 『仕組み進化論』は「小飼弾の」でいいのだ【禿頭帽子屋の独語妄言 side A】at 2009年04月16日 19:54
『小飼弾の「仕組み」進化論』 読了!読む前に「仕組み」ってなに?って...言葉の定義からしてわからなかった俺は世の中に疎いっすか?(笑)「仕組み」ってのはまぁ狭義で言い換えればビジネスモデルってことかな?たぶん...これはどのように新しいビジネスモデル:個人の...
俺には「努力目標」にとどめてほしい...キツイから【そういう攻撃ver.2.0】at 2009年04月16日 01:03
  会社と個人がお互いに拘束しあう「サラリーマン」であり続けることへの違和感を感じた自分自身の体験から、“雇用”という束縛された関係ではない「企業と個人との新しい結びつき方」を探そうと、この人材業界に飛び込んだ私。 そうやって飛び込んでおきながら、その....
【本】小飼弾の「仕組み」進化論―“雇用”という仕組みの問題は、企業と個人が互いに「生き残る」ことを目的化する点にあった【企業法務マンサバイバル】at 2009年04月14日 07:58
というわけで、小飼弾さん作品3冊一気読みです。 しかしながら、弾さんと、宮川さんと、ホリエモンが同じ会社にいたとは恐ろしい。 この3人がいれば、会社に十分あんだけの価値があったと思いますが。 それはさておき、 1.小飼弾の「仕組み」進化論 2.決弾 ....
小飼弾を読ん弾!【インターネット2.0的】at 2009年04月06日 23:26
「日経ソフトウェア2008年5月号」に掲載され大好評だった「プログラマになりたいあなたへの手紙」のWeb掲載がはじまりましたのでお知らせします。
お報せ - 「プログラマになりたいあなたへの手紙」がWeb掲載に【404 Blog Not Found】at 2009年03月25日 00:12
やっぱり世の中には「絶対善」なんてなかったんだね。>弾さん 「仕組み」それは特効薬でもあり、激毒薬でもあるものだった。 その「仕組みのしくみ」を理解したければ本書は外せない。 「仕組み」をこれほどまでに解体した本は私の本棚にはまだ無かった。 目次P...
「仕組み」取扱注意報!?小飼弾の「仕組み」進化論【ぺってぃブログ】at 2009年03月24日 23:08
昨日のエントリーを書いた後、読み直したら付箋が増えてました。 とはいえ、この本の...
小飼弾の 「仕組み」進化論【WarlockReport】at 2009年03月24日 00:39
「404 Blog Not Found」でおなじみ 小飼弾さんの新刊。 安直な仕組み術ブームに対する小飼さん流の テーゼ本だ。 仕組みの「仕組み」について、と 仕組みの良心について語った概念本なので、 これを一般ビジネス読者がどう理解し 受け入れて行動に移すか、非常に....
Sat,March 21:小飼弾の「仕組み」進化論。【井上和幸の「経営者マインドを科学する!」】at 2009年03月22日 17:50
仕組み進化論について紹介します。 仕組み進化論では、プログラマーがプログラミングをするさいに工夫しているものの考え方について 説明をし、日常生活の応用方法について書かれて...
グーグルを超えた20%ルールの適用!/仕組み進化論/書評【Kuwako-Lab.com】at 2009年03月21日 20:05
というわけで、本日発売です。 小飼弾の「仕組み」進化論 小飼弾 セブンアンドワイ - 本 - 小飼弾の 「仕組み」進化論 オンライン書店ビーケーワン:小飼弾の「仕組み」進化論 生き残るための“新20%ルール” e-hon 本/小飼弾の「仕組み」進化論/小飼 ....
「小飼弾の 「仕組み」進化論 」、本日発売+重版決定【404 Blog Not Found】at 2009年03月19日 08:34
仕組み 何でも仕組み化すれば上手くいく? そう、仕組みをつくろうって本は かな〜り たくさん出ています。 では仕組みって何であって 何の為に必要なの? と書かれていた本 なかなか無いですね。 今日の本では、そんな仕組みというものの本質が 本当....
創り直す時代へ -多読成功術248小飼弾の「仕組み」進化論 小飼弾(著)【多読成功術(仮称)】at 2009年03月17日 03:38
というわけで、Amazonにも登録されたのでご紹介。 決弾 小飼弾 / 山路達也 今月は「小飼弾の 「仕組み」進化論 に加えてこちらも上梓の運びとなります。春休みのお供にぜひ。 今回も「弾言」に引き続き、弾、山路コンビでおとどけします。
紹介 - 「決弾 」、3月23日発売です【404 Blog Not Found】at 2009年03月14日 17:14
小飼弾の「仕組み」進化論 小飼弾 「小飼弾の 「仕組み」進化論 」ですが、一部書店で先行発売することが決定したのでお知らせします。
お報せ - 「小飼弾の 「仕組み」進化論 」の先行発売【404 Blog Not Found】at 2009年03月10日 16:35
3月も1週間が経ちました。 早いですね。 まだ少し肌寒いものの、日が長くなって夕方の犬の散歩も明るいうちに行けるようになりました。 昮..
【雑感】2月のまとめ、3月の楽しみな新刊など【一流への道】at 2009年03月08日 22:10
弾さんの新刊が予約開始されたので、早速予約注文しました。 『小飼弾の「仕組み」進化論』 「小飼弾のアルファギークに逢ってきた」は読み手を選びますが、以前こちらでも紹介させていただいた「弾言」は\"公式集\"のように内容が濃かったので、『「仕...
『小飼弾の「仕組み」進化論』【新田ヒカル公式blog 225先物「投資の真理」】at 2009年03月06日 19:46
書評リンク - 小飼弾の 「仕組み」進化論
小飼弾の 「仕組み」進化論【書評リンク】at 2009年03月05日 21:20
例えば、「日本の未来を誰か一人に託すとしたら誰を選ぶ?」と言われたら、僕は小飼弾さんを選ぶ。その人がヒト・カネ・モノを中心に人生にの..
「弾言 成功する人生とバランスシートの使い方」小飼弾 山路達也【蒼と碧の幻想】at 2009年03月05日 16:12
巨大、どっコイしょ 琵琶湖で最大114センチ、23キロ(京都新聞) - Yahoo!ニュース デカ! (tags: 琵琶湖 釣り) 404 Blog Not Found:紹介 - 「小飼弾の 「仕組み」進化論 」、3月19日...
links for 2009-03-04【blue log 2nd】at 2009年03月05日 10:34
アルファブロガー、小飼弾氏の新刊『小飼弾の「仕組み」進化論』で、ちょっとお手伝い...
これからの世界でどう生き残るか?『小飼弾の「仕組み」進化論』【binWord/blog】at 2009年03月04日 21:18
この記事へのコメント
「決弾」の発売はいつになるんでしょうか?

http://saoriotsuka.blogspot.com/
Posted by Piëch at 2009年03月14日 15:41
早速読ませて頂きました。
「弾言」と比較して今回は実践的なビジネス書ですね。
前作にはなかった仕事でのエピソードが弾さんの別の一面を見るようでした(笑)
Posted by ゴン高 at 2009年03月13日 22:52
先行販売消された?
Posted by ん at 2009年03月13日 19:31
"弾言"がイマイチ弾っぽくなかった、不完全燃焼っぽかったので、今回は期待してます。
Posted by 諒平 at 2009年03月09日 12:22
新著、おめでとうございます。「弾言」が大変な良書でしたので、こちらも予約させていただきました。到着を楽しみにしています。
Posted by 新田ヒカル at 2009年03月06日 19:43
質問したいこととかあったら、ここに書いても良いのかな?
それともやっぱりブログ作っておいたほうが良いのかな?
Posted by shou at 2009年03月06日 10:37
>よろしければご一読を。
そう言われますが「弾言」も本屋で一度も見たこと無いし。
Posted by po at 2009年03月05日 11:12
買うよ!!
Posted by shou at 2009年03月05日 10:35
>仕組みそのものに善悪はないということ

にグッときました。
Posted by あき at 2009年03月05日 10:34
この本は買ってみます。

仕組みと生物の章は、とても安易なメタファーな小見出しの連続のような気もしますし、仕事の仕組みの前に仕事の面白さだと思いますが。
つまり、いくら仕組みを洗練しても、仕事を面白く感じさせるものがないと本末転倒だとも思えます。

しかし、まずは、買います。
Posted by yama at 2009年03月05日 01:35
段取りを
仕組みと
言い換えましたね。

段取りしつぱいだった人が
飛びつくかもです。
Posted by higekuma3 at 2009年03月05日 00:12
弾さん、新刊、おめでとうございます! さっそく予約しました。そうか、こういう企画、あったんですね。むむむ。例のご本、秋ごろとなりますが、よろしくお願いいたします。
Posted by 干場弓子 at 2009年03月04日 21:43
いつもブログを興味深く拝見
しております。有名な方の素の
部分が垣間見られ、不思議です。
Posted by ワンちゃんページ at 2009年03月04日 20:38