2009年03月15日 18:30 [Edit]

ムハマド・ユヌス語録

というわけで、本日は早川書房様のお招きで以下に行ってまいりました。

yunus@20090315-2.jpg ノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス氏来日記念セミナー アカデミーヒルズ
最新著作『貧困ない世界を創る〜ソーシャル・ビジネスと新しい資本主義〜』の邦訳版が刊行されたばかりのユヌス氏に、ソーシャル・ビジネスのコンセプトから実践面、そしてその拡大によって世界を変える道筋までを語っていただきます。

とてつもない人による、とてつもないセミナーでした。

以下、その語録。惰訳にご留意のほどを。


  • 早川氏の紹介の中で、銀行家(banker)というのがなくてよかったか。今日日バンカーは嫌われ者もいいところですし、ましてや日曜の午後にあいたいような人種ではありませんから
  • 私が銀行家になったのは、事故のたまものです(accidental banker)
  • 私は銀行のこと(banking)のことを何も知らなかった。だから出来た
  • 知らなかったので、ふつうの銀行(conventional bank)の逆を行った
  • ふつうの銀行は金持ち(the rich)に貸し、グラミン銀行は貧乏人(the poor)に貸した
  • ふつうの銀行は担保(collateral)を取り、グラミン銀行担保のことは忘れた
  • ふつうの銀行は与信(credit record)を気にし、グラミン銀行は気にしなかった
  • ふつうの銀行は貸し倒れにあえいでいる。グラミン銀行の貸し倒れ率は0.5%を切っている
  • どっちが優秀な借り手だったのか
  • 47人に27ドルを貸したのがきっかけ。今では
    • 口座数800万
    • 職員数28,000
    • 貸出額毎月1億ドル、毎年10億ドルほど
    • 口座所有者の97%が女性
  • 年利20%に関していくつか。まず、金利は4種類ある
    • 一般貸出:20%
    • 預金金利:8.5-12.5%
    • 住宅ローン:8%
    • 教育ローン:0%
    住宅ローンや教育ローンの金利、預金金利より低い。一般貸出で帳尻があうようになっている。あと、金利は複利ではない
  • 弾:「私も口座を開けますか?」ユヌス「今ネット口座に取り組んでいる」
  • 最近NYCでもサービスをはじめた。借りれない人がそこにいるから。彼らは借りれない以前に銀行口座を開かせてもらないのだ
  • 日本でもやらないかって?いいね。定額給付金の12,000円で口座を開設してもらおう
  • 貧困を生み出したのは貧者ではない。貧困を作り出したのはシステムであり、そしてシステムを作ったのは我々なのだ
  • 貧困は人造物である。人が作ったものであれば、人が壊せないわけがない
  • 資本主義(capitalism)が悪いんじゃない。資本主義が半分しか完成していないのが問題なのだ
  • 資本主義の解釈が狭すぎるのが問題なんだ
  • Making money to make money doesn't make sense. Making money to make the world better does make sense.
  • [訳:金儲けのために金儲けするのは理屈にあわない。世界をよくするために金儲けするのならあう]
  • これまでのビジネス(conventional business)の目的は利益(profit)の最大化。社会ビジネス(social business)の目的は幸福(happiness)の最大化。あるいは苦痛(suffering)の最小化。
  • 社会ビジネスの目的(objective)は、具体的でなければならない。「利益」というのは十分具体的なものではない
  • 雇用を求めるな。自分を雇用しよう
  • 我々には自らを雇用する権利がある
  • 政府は何でも作れるが、いったん作ったものを壊せない
  • Don't give food or money. Give options
  • [訳:食事や金ではなく、選択肢を与えよ]
  • Don't seek jobs. Give jobs.
  • [訳:職は探すものではない。与えるものだ]
  • purpose of charity is to get people out of charity. purpose of welfare is to get people out of welfare.
  • [訳:慈善の目的は、人々を慈善から解放すること。福祉の目的は、人々を福祉から解放すること。]
  • Human being is bigger, not beggar
  • [訳:人類は偉大であって乞食ではない]
  • 貧困は博物館行きに

Dan the Audience


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
中公新書経由で著者より献本御礼。 マイクロファイナンス 菅正広 新書というマイクロな版型にぴったり収まった、マクロな処方箋。 亀井金融相‎は直ちに本書を読むべきだ。モラトリアムなんて言ってる場合じゃない。
マイクロも積もればマクロを改善する - 書評 - マイクロファイナンス【404 Blog Not Found】at 2009年09月28日 12:25
情報を知らないで、不安なまま世の中を見ると、「資本主義はヘン」とか「市場はオカシイ」になってしまいます。情報に自由にアクセスできるのにそうだとすれば、「ヘン」や
貧困ファンドは究極のトレードオフ?【TYOスクラッチ】at 2009年04月14日 14:05
ああ、わかってない。 The rich under attack | The Economist ウォールストリート日記 : 業界批判:ウォールストリート不要論? 困ったことに、吊るし上げる方も吊るし上げられる方もわかってない。 問題は、だれがいくら貰っているんじゃないんだ。
資本主義の後ろ半分【404 Blog Not Found】at 2009年04月13日 20:08
半月ほど前にグラミン銀行の設立者ムハマド・ユヌス氏の来日記念セミナーが開催されました。最近新著も出ましたね。 貧困のない世界を創るposted with amazlet at 09.04.01ムハマド・ユヌス 早川書房 売り上げランキング: 1040Amazon.co.jp で詳細を見る で、開催されたセミ...
ムハマド・ユヌス氏の言葉【Social Creators 〜NPO、社会起業家を支援するブログ〜】at 2009年04月01日 01:57
●先進国ではバブルが構造化?  バブルの理由は<先進国である>ことそのものだと考えてみました…先進国あるいはG7以上の国家の経済的な特徴であり共通点が<選択消費
バブルの理由?2【TYOスクラッチ】at 2009年03月17日 16:28
僕はそれなりに情報網を持っていて、きちんと情報をキャッチしていると思っていたのだけれど、全然そんなことはなかった。知らないうちにこんな講演があったなんて。 ノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス氏来日記念セミナー 貧困のない世界を創る 〜ソーシャル・ビジ....
情報弱者【WEB2.0(っていうんですか?)ITベンチャーの社長のブログ】at 2009年03月17日 12:06
この度ブログ゙のタイトルを「ソーシャルベンチャー日誌」に変えた。 会社のウェブサイトで書いていたブログを一旦停止したことを受けて、このブログと会社ブログを統合するという意味を込めて、心機一転タイトルとデザインを分かりやすいものに変えた。   ....
「社会企業」は存在しない【ソーシャルベンチャー日誌】at 2009年03月16日 20:17
この度ブログ゙のタイトルを「ソーシャルベンチャー日誌」に変えた。 会社のウェブサイトで書いていたブログを一旦停止したことを受けて、このブログと会社ブログを統合するという意味を込めて、心機一転タイトルとデザインを分かりやすいものに変えた。   ....
社会企業・ソーシャルベンチャーについて【ソーシャルベンチャー日誌】at 2009年03月16日 20:13
ノーベル平和賞受賞者、ムハマド・ユヌス氏の来日記念セミナーに参加しました。 貧困のない世界を創るムハマド・ユヌス早川書房 ( 2008-10-24 )ISBN: 9784152089441おすすめ度:Private Eyesで詳細...
[イベント]ムハマド・ユヌス、来たる【株式会社 エコブランド】at 2009年03月16日 16:48
内容などはこちらを見てください。(人任せですみませんが。) ムハマド・ユヌス語録 個人的に気になったことなどを書いておこうと思います。
ノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス氏来日記念セミナーに行ってきた【ビジョン実現・目標達成・夢をかなえる仕事術マネジメント】at 2009年03月16日 14:56
グラミン銀行のムハマド・ユヌス氏が日本に来ていらしたようです。 404 Blog Not Foundで、アカデミーヒルズで行われた講演の語録が、同時に3月8??..
ムハマド・ユヌスさんの講演【文学的ハードコアによる全てを詩で読みたいブログ】at 2009年03月16日 11:19
nobilog2: mooカードの次はPoken? (tags: poken) yebo blog: ケビンローズ氏がiPhone 3.0のコピーペースト機能を説明 (tags: iPhone 3.0) ...
links for 2009-03-15【blue log 2nd】at 2009年03月16日 10:34
ムハマド・ユヌスさんが訪日し、講演会を開いたそうです。DANさんのブログや、KU
ムハマド・ユヌスさん【KOOOJI'S】at 2009年03月16日 01:40
アカデミーヒルズで行なわれたムハマド・ユヌス氏のセミナーに行ってきた。 心が震えるセミナーだった。ノーベル平和賞を受賞した人を間近で感じられただけでも貴重な体験だったわけだが、一番印象に残ったのは彼が講演、質疑応答の受け答えを通じて一貫してにじみ出てい....
ムハマド・ユヌス氏の講演【マーケターKuniのアンテナ】at 2009年03月15日 23:42
この記事へのコメント
 自分の知人でバングラディシュへ農業援助活動のため2年間ほど滞在した経験を持つ男がいるのですが、彼は幸運なことにグラミン銀行の融資活動の現場もよく見たそうです。彼によると、融資の返済の請求はかなりシビアで、銀行の営業社員の農家に対する徴収活動を見て「えげつないなあ」と思ったこともしばしばだったそうです。
 また、いままでお金などが介在しなかった農家同士の隣近所の付き合いに集団責任の融資によりお金が入り込んだことで、ギスギスしたものになってしまったり、返済集団の中で能力のない人に対するいらだちなども生まれてしまっているそうです。
 また、ビジネスモデルに関しても集団でみやげ物みたいなバッグを作ったりとかこじんまりしたものが多くて、地下資源開発みたいな、ドラスティックにその国の貧困を解決するような事業は結局一部の権力者に握られたまま、みたいな現状は容易に変わりそうはなさそうです。
 それでも「貧困層になんとか返せて銀行も利益を得るだけの金利で融資し、彼らに現金をもたらす」という悪徳高利貸しよりははるかにマシなコンセプトの有効性は立派だとは思うのですが・・・・・
 評価はしつつもあまりこれで世界が変革できるような幻想を持つべきではないし、ユヌス氏はカリスマ性もあるだけにちょっとの批判と警戒も必要であろうと思う今日このごろです。
Posted by Marv(ま〜ぶ) at 2009年03月17日 18:41
>資本主義(capitalism)が悪いんじゃない。資本主義が半分しか完成していないのが問題なのだ
カッコよすぎですね。
『世界経済危機 日本の罪と罰』の言葉を思い出しちゃいます。
「今回の危機は、ファイナンス理論が使われたために起こったことではなく、使われなかったために起こったことだ…」
Posted by Y-BAT at 2009年03月17日 16:26
グラミン銀行は非常にすばらしいケースではあるのですが、現地の住民によると、ある種の問題も生んでいるようです。
ex. グラミンは起業家に資金を貸すが、全ての人が起業したいわけではない。 融資枠のほとんどが女性向けということで、夫が妻に強要して金を借りさせて夫が横取りにするというケースも。
以上、真偽についてリサーチしたわけではないので参考までに。

もちろんどんな取り組みも正の側面と負の側面があるのは当たり前ですし、上記のような問題もこれから改善されてはいくと思うので、このような負の側面が真実だったとしてもグラミンがすばらしいことには変わりはないのですが。。。
とはいっても、バランスを取る意味で、グラミンについてはもう少し負の側面についての議論が必要なのではないかとも思いますが、どう思われますか?
Posted by shun at 2009年03月16日 12:10

グラミン銀行は最近売れた西原理恵子のカネの本に載ってましたね。

Posted by *.* at 2009年03月15日 22:31
感動です!
Posted by kousu at 2009年03月15日 22:20