2009年04月17日 04:00 [Edit]

組織の最小公分母 - 書評 - ビジネスで失敗する人の10の法則

日本経済新聞金様より献本御礼。

....完璧。参りました。ぐうの音も出ません。

カーネギードラッカーももう古本屋行きでいいやとマジで思わさせられた完美な一冊。


本書「ビジネスで失敗する人の10の法則」の原題の直訳は、「ビジネス上の失敗における十誡」。ビジネスにおける本書の重要性は、ユダヤ・キリスト教における十誡に勝るとも劣らない。いや、神罰承知で書き加えれば、こちらの十誡は信者であろうとなかろうと成り立つ以上、こちらの方が価値が高いとさえ言えるかもしれない。

目次という名の十誡 - ビジネスで失敗する人の10の法則 - ドナルド・R・キーオ,山岡洋一|日本経済新聞出版社にquotesを追加
序文(ウォーレン・バフェット)
法則1(もっとも重要) リスクをとるのを止める
世界は満足できない人間のものだ - オスカー・ワイルド
法則2 柔軟性をなくす
これが人間の悲劇だ。状況は変わり、人間は変わらない - マキアヴェリ
法則3 部下を遠ざける
デスクは世界を眺めるには危険な場所だ - ジョン・ル・カレ
法則4 自分は無謬だと考える
法則5 反則すれすれのところで戦う
管理者は物事を正しく行うことに関心をもつ。指導者は正しい行動をとることに関心をもつ - 作者不詳
法則6 考えるのに時間を使わない
ほんとうに問題なのは、機会が考えるかどうかではない。人間が考えるかどうかだ - バラス・フレデリック・スキナー
法則7 専門家と外部コンサルタントを全面的に信頼する
いくつかの疑問を知っている方が、答えをすべて知っているよりいい - ジェームズ・サーバー
法則8 官僚組織を愛する
委員会は、ひとりひとりでは何もできないが、集団としては、何もしてはならないという決定を下せる人々の集まりである - フレッド・アレン
法則9 一貫性のないメッセージを送る
メッセージで問題なのは、たしかに相手に届いたと錯覚することだ - ジョージ・バーナード・ショー
法則10 将来を恐れる
最悪のケースはめったに実現しない - 作者不詳
法則11 仕事への熱意、人生への熱意を失う
分別のある人は 世界に自分を合わせようとする。分別のない人は世界を自分に合わせようとする。だから、進歩はすべて分別のない人々のおかげだ - ジョージ・バーナード・ショー
謝辞
訳者あとがき

本書の十誡+1のすごいところは、小はたった一人から大は100億人規模まで、およそ人で構成される組織においてすべて適用可能なこと。法則8はあてはまらなそうに思えるが、実は個人といえど複数人格を持ち、その中に「官僚」がいる人が少なくないことを思えば、やはりあてはまってしまう。

これを著した著者は、コカ・コーラに買収された企業からコカ・コーラのCEOとなった人。任天堂の岩本社長みたいだ。バフェットがこの人を見てコカ・コーラ株を買いまくったのはバフェットファンにはよく知られた話だろう。

その人が、「私は成功の方法を知らない」というのである。これは、重い。「私にわかるのは、どうすれば確実に失敗するか」だけなのだと。確かに、失敗の理由はわかっても、成功の理由はわからない。拙著の帯にも「成功」の二文字があるが、何を隠そう、実は私自身の口からはとても発せられない二文字でもある。なぜなら私もまた失敗の理由しかわからないからだ。

成功とは、失敗しないことでしかないのかも知れない。

だからこそ、第一誡が重い。失敗しないようにするには、失敗を重ねるしかないのだから。著者自身、コカ・コーラ至上最大級の失敗をしたことを隠そうともしない。私ぐらいの年齢で当時米国にいたものであれば、誰もが体験と知っているアレだ。わからない人は本書でそれを確認して欲しい。

本書は確かに「誡」であるが、目次を見ての通り不快なところが全くない。著者の誠実さとユーモアのセンスが、本来苦すぎて飲めない本書の薬効を、清涼飲料水なみに飲み下しやすいものとしている。

もちろん、本書の十誡は、組織運営における最小公分母にすぎない。実際にはそれぞれの現場固有の誡がある。コカ・コーラだけで食事が終わらないのと同じだ。

もう一本だけ蛇足すると、ギークとして、IT業界に関する著者の理解の深さと鋭さに驚きを禁じ得ない。1927年生まれの著者が、なぜここまで自分の言葉でこの話題に関して語れるのか。バフェットが株主総会で本書を配るのも無理はない。なにせバフェット本人が「自分より優れた人物」として公言してはばからないのである。そういえばバフェットはITは避けている。

ビジネスで失敗する人の10の法則第12:本書を読まない

Dan the Man to Err


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
投資会社パークシャー・ハサウェイを率い、オバマの賢人として知られるウォーレン・バフェットが永久保有銘柄に選んだ会社、コカ・コーラ。 そんな同社で12年にわたって社長を務めてきたドナルド・R・キーオ氏...
失敗への道を歩み続けていいのですか? - 書評 - ビジネスで失敗する人の10の法則【知磨き倶楽部〜読書で「知」のトレーニングを!〜】at 2011年01月18日 15:12
【はじめに】 失敗のほうが成功より学ぶことが多い と思いましたので購入。 表紙が赤いのは コカコーラの元社長だからかな ペプシの元??.
失敗に学ぶ 【ビジネスで失敗する人の10の法則】 ドナルド R キーオ【僕の問題は誰かが解決している】at 2009年09月22日 15:54
本書「ビジネスで失敗する人の10の法則」は、ビジネス上の10( 1)の訓告を記している。 とても正鵠を射た訓告で、経営者でなくても気に留めておくべき内容だ。 リ
ドナルド・R・キーオ「ビジネスで失敗する人の10の法則」【ぽこログ】at 2009年05月15日 01:21
玉子屋 の社訓 名づけて「事業に失敗するコツ10か条」。 「これをやってはいけません」ということです。 1.旧来の方法が一番良いと信じていること 2.もちはもち屋だとうぬぼれていること 3.暇がないといって本を読まぬこと 4.どうにかなると考え...
失敗する法則【ろーりんぐそばっとの「ため口」】at 2009年05月01日 13:33
この記事へのコメント
立ち読みしてきました。上のエントリで外れと予想した者ですが良書です。

ただ、これはまさに経営者あるいは会社以外の組織のトップにある人向けの本です。他で生かせる内容無しではありませんが、いわゆる間口の広いビジネス本でも無い。ジャケ買いは怪我のもとかも知れません。

コカコーラ元COOが経験を踏まえて語る、トップのための自伝的”べからず”集。自分の経験も他社で見聞きした事例が業界問わず豊富。巨大企業の社長の考え方や見聞の広さ・深さを知るのにも良い本だと思います。

私自身は、当面社長になる予定が無いのでスルー。

Posted by x at 2009年06月04日 12:43
s/至上/史上/;
Posted by A mismatcher at 2009年05月04日 14:46
>成功とは、失敗しないことでしかないのかも知れない。

進化論的に考えると、そういうことになりますね。適者生存。
本自体はまだ未見なので第一感から来る印象にとどめておきますが、
「失敗しないためにあれを、これをやらない」ではなく
正しく「リスク=可能性」で、「どれかが成功するようにいろいろやってみる」
という話であるといいな、と思います。
読んで意見が変わったらまた追記しますね。
Posted by しばらくお待ち下さい at 2009年04月19日 03:54
本を読むことが当たりか外れか。

> 法則4 自分は無謬だと考える

なぜかここだけ引用がなかったりする。
何を言わなかったのか。
気になるなぁ。
Posted by edry(えどりぃ) at 2009年04月18日 10:06
これは面白そうなので、読んでみようと思います。

値段はいくらだろ・・・?

Posted by アホでけっこうだ at 2009年04月18日 00:46
あるあるw
Posted by   at 2009年04月17日 18:47
失敗しない人
  ↓
> 弾氏の書評と本を照らし合わせた自分の経験によると
> 絶賛オススメである」
> 「内容、特に本文への言及が少ない」
> の2点が並立するため、”この本はハズレ”と推定します。
> もし立ち読みしてみて良かったらまた書きます。


失敗する人
  ↓
弾氏の書評を鵜呑みにして本購入
Posted by キーン at 2009年04月17日 15:24
弾氏の書評と本を照らし合わせた自分の経験によると

「絶賛オススメである」
「内容、特に本文への言及が少ない」

の2点が並立するため、”この本はハズレ”と推定します。

もし立ち読みしてみて良かったらまた書きます。
Posted by x at 2009年04月17日 12:31
「その人が、「私は成功の方法を知らない」というのである。」

成功するかどうかは運の要素も強いですからね。
人事を尽くして天命を待つしかありません。
人事を尽くしているかどうかが重要ですが。

Posted by bob at 2009年04月17日 12:17
>ビジネスで絶対に失敗しない法則。
>それは、ビジネスをしないこと。

「ビジネスをしないこと」は、「ビジネスで」ではないと思われます。
Posted by とおりすがり at 2009年04月17日 10:40
> 任天堂の岩本社長

宮本茂とごっちゃになってるんでしょうか。
Posted by マリオ at 2009年04月17日 08:55
ビジネスで絶対に失敗しない法則。
それは、ビジネスをしないこと。
Posted by KKMM at 2009年04月17日 06:06
> 任天堂の岩本社長

岩田です。
Posted by 岩田 at 2009年04月17日 05:50
> 任天堂の岩本社長

岩田でしょ?
Posted by オイオイ at 2009年04月17日 05:47
> ほんとうに問題なのは、機会が考えるかどうかではない。
なんか意味がつながりにくいような。後半に「人間」が出てくるから、
s/機会/機械/;
かな?
Posted by 北斗柄 at 2009年04月17日 05:33