2009年04月20日 15:00 [Edit]

そろそろ「マインドマップ」について一言いっとくか

まずは献本御礼。

「マインドマップ超入門」は「マインドマップ」とは何かを必要十分に説明したものであり、「マインドマップ資格試験勉強法」はそれを資格試験の勉強に使おうというもの。それがこれだけ流行っているのには、それなりに効果があるということなのだろう。そのことは否定しない。多いに活用してもらえばいいと、思う。

しかし、これだけは言っておきたい。

それを臆面なく「マインドマップ」と呼ぶ人のマインドって、この程度なのか、と。


「マインドマップ」とは何か。

トポロジー的には、単なる木構造である。プログラマーにはおなじみで、毎日のように扱っているあれである。これがいかに有効なフレームワークであるかは、言うまでもない。あなたの頭が知らなくても、手足が知っているはずだ。

しかし、見た目はだいぶ違う。どれだけ違うかを、「hobo-多読多評- 小飼弾の「仕組み」進化論」から引用させていただくことにしよう。まずは、そのままの木構造。

小飼弾の「仕組み」進化論
  仕事となる
    人間しかできない仕事があるか
      IT機器で人が追いやられる
      機器にも置き換えられる
      →仕組みを作る人にならないと
    仕組みを作る人に価値が出る
      今存在する仕組み以外の仕組み
      ■仮説→検証→アクションは必要
      よりすぐれた仕組みを求めている
    本当の20%ルール
      既存の仕組みの利用20%
      残りの80%を新しい仕組み作りに
      そのためには
        現行の仕組みの見直しが必要
        ブラッシュアップ方法
          会社が生き残るためん利益を計算
          自分の仕事の役割
          利益の根拠の時間数
          目的:自分の仕事の価値を見直す
          →新しいことに対する挑戦の時間
  仕組みの仕組み
    見えないテコ=公式は存在する
      公式を共有することで効率が上がる
      公式=マニュアルの共有
        目的
          個人の既存の判断結果の再考を減らす
          →能力のフル活用
    仕組み三原則
      人間に危害を加えない
      人間に重複する
      自己を守る力を持つ
        仕組みにリスク回避能力を持たすべき
      ■→仕組みを自動で作る仕組みはないか
        ■人を育てることかな?
  仕組みを作り直す
    内訳
      設計
        心
      実装
        体
      実際に行動してこそ価値がある
    PGに習う
      三大美徳
        怠慢
          作業の重複を嫌がる
            DRY
        短気
          今後起こりえることに備える
          要望に柔軟に対応できる状態にしておく
        傲慢
          メンテナンスの容易さ
            仕組みに責任を持つ
      仕組みを分解
        生成物、入力物単位で仕組みを切る
        モジュール化
    無駄な仕事を見直す
      無駄な繰り返し
      記録の再利用
      車輪の発明を防ぐ
        すでに機能が存在するかを確認する
      チェックする
        作った仕組みの価値を・・
  仕組みを使う
    使い続けるには
      PDCAの流れが必要
        定期的なチェックが必須
        さらに
          あと何回で元を取れるかも計算
          減価償却を考慮に入れる
    使わない仕組み
      リスクに備えた仕組み
      安全確保する仕組み
        テストを重ねる
        次の設計に生かす
        構成要素を減らす
  仕組みを合わせる
    つなぎ方
      並列
        遊びがある、すぐに壊れない
        ベクトルを合わせる
        成果物の価値を見せる
          次工程を提示する
      直列
        効率はいい、無駄がない
        つなげるところを探す
          インプット、アウトプットを的確に
          同時にボトルネックの分析に
    日報で共有
      TODO
      予定、実績を
    ボトルネックが生じる
      仕組みの組み合わせで発生
      誰もが並列をできるような状態を目指す
      →能力を充実させる
      限界を共有する
        わざと壊れるシステム
      自働化
        勝手に働くことには価値は多い
        最初から最後まで実施できることが大事
    ラベリング
      識別を正確にできる状態にしておく
    インプットの枠を合わせる
      最適なものしか入らないようにする
      インプットに合わせてI/Fを設計する
    問題の考え方
      対策が浮かばない時
        自分のレイヤーを上げてみる
    モックアップ
      目的
        コミュニケーションコストの削減
      ビジュアルに訴えた中間生成物
        容易な
  仕組みと生物
    生物は38億年仕組みを続けている
    学ぶこと
      最適である必要はない
        必要以上ではない最適でOK
      確定的な継続ではNG
      「最適でなくても十分であればいい」
        生物の基本思想
      仕組みを記憶する
        言語化できない技術も対象
        残す技術、仕組みを準備するべき
        失敗した事実も記録になる
        電子情報を利用するとき
          全文検索できる文脈を入れる
      速やかな判断
        PDCAの短いサイクル
      突然変異
        許容すること
        ブレスト
          どんなアイデアも認める
    ブルーオーシャンの見つけ方
      今いる場所がどこなのか
      どこに赤い海があるのか
        その隙間を狙う
    準備
      物事、思考を設計しておく
      仕掛品
        あと、どこまでも設計しておいてチャンスを待つ
  仕組みの未来
    リソース効率
      リソースの集中が正確にできているか
      生産に集中ではなく、効率を上げる作業に集中できているか
      使えるものをベストで使えているかを考える必要がある
    仕事以外の必要
      迷走することで新しい発見がある
  META
    出版社
      日本実業出版社
    著者
      小飼弾

次に、「マインドマップ」

mm-preview

どちらが書きやすく、そしてどちらが見やすいかはまさに一目瞭然だ。「マインドマップ」とは、より自然に描け、そして自然に見える木構造」以外の何者でもない。そしてそれこそが、「マインドマップ」がマインドをマップできない一番の理由なのである。

木構造は、発散(diverge)はしても収束(converge)はしない。ジャンプとループが存在しないのだ。それでは、マインドにならない。少なくとも私のマインドには。

発散に限っていっても、「マインドマップ」でマップできる分岐深さは浅すぎる。A0版などを使っても、せいぜい二桁だろう。ところが、ちょっとした思索でも三桁ぐらいは平気で行ってしまう。だから「マインドマップ」にそれを転記しようとすると、あらかじめ思索を収束し、不要な枝を刈っておかなければ(prune)ならない。これでは本末転倒なのではないか。

NED-WLT : 『弾言』 (小飼弾著)
僕にとって、小飼弾さん最大の魅力は「飛躍」にあります。実は、彼ほどロジカルに物事を思考できる人も少ないのですが、彼の思考が常識と照らしてあまりに斬新すぎて、それが僕のような凡人には「飛躍」と映るのです。

「マインドマップ」は、その「結果」をまとめることは出来るけれど、その「過程」を追うことはできないのだ。線を書き足せば「合流」(merge)もサポートすることは出来るけれども、出来上がった「マインドマップ」はスパゲッティにしか見えないだろう。

「マインドマップ」の問題は、フローチャートが抱えている問題に通じる。一言で言えば、表現力が乏しすぎるのだ。しかし、表現力を補おうとすると今度は視認性が失われる。これもまたフローチャートの問題に通じる。

誤解してほしくないのだが、私は木構造の表現法としての「マインドマップ」を非常に高く買っている。本の目次など、「マインドマップ」化で恩恵を受けそうな分野は実に多そうだ。もしそれが「連想木」(association tree)とかだったら、多分ほめるだけで済んでいただろう。問題は、それに「マインドマップ」ということにある。看板に偽りありもいいところではないか。それともトニー・ブザンのマインドはこの程度だったとでも言うのだろうか。

Dan the Unmappable Mind


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
【納得度:広い意味で大】 マインドマップは以前から気にはなっていたのだが、公式サ
強力な思考ツールの一つ ?? マインドマップ講習 in 都高情研 第4回研究協議会【情報教育と数学教育とゲームの不定期日記】at 2010年01月13日 23:35
本気で頭を働かせると、その動きを途中で追いきれなくなることがある。 自分で考えていながら「思考を自分の頭で追えない」なんて言うと矛盾しているように聞こえるが、そうとしか言いようのない感覚に陥る。 一般的な現象なのかどうか知らないが、たぶん多かれ少なかれ経験
[戯言][知的生産][脳]うまく言語化できない。【ミームの死骸を待ちながら】at 2009年06月10日 01:20
マインドマップ戦略入門―視覚で身につける35のフレームワーク 作者: 塚原美樹 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2009/03/13 メディア: 単行本 マインドマップおよびフォトリーディングの公式インストラクターであり、経営コンサルティング事業を営む塚原美樹さんに
[知的生産][書評][積木遊び]”フレームワーク”戦略の価値と、マインドマップは役立たずなのか?という話:『マインドマップ戦略入門』書評【ミームの死骸を待ちながら】at 2009年04月29日 02:38
思考や概念を表現する方法として“マインドマップ”という手法がもてはやされているようですね。 しかし、私は“マインドマップ”に馴染めない派です。 マインドマップをやってみよ...
マインドマップって、みんな使っているの?【自由豁達にして愉快なる理想ショッピングサイトの建築をめざす社長】at 2009年04月24日 02:32
■404 Blog Not Found:そろそろ「マインドマップ」について一言いっとくか http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51203622.html?1240358643
マインドマップの事【無責任な意見】at 2009年04月22日 12:24
この記事へのコメント
つーか、プログラマ、もしくは構造化テキストについて学んだことのある人は
ブザンだかブザマだかのうさんくさいビジネスにお布施することが馬鹿らしいのですよ。

かわいそうな信者の皆さんはいちいち外部にマッピングしないと物事を理解できない。
昔、トロンっていうしょぼいOSがありましたが似たような客層でした。
新書でもベストセラーになるテーマは「知的生産」風のものばかり。
みんな方法に飢えてるんですね。そして「それ」を手に入れれば幸せorましになるとおもってる。
Posted by うんこいーたー at 2009年05月15日 02:32
ツールなんだからも、自分の都合がいいように使えばいいのに…

「これはマインドマップじゃない」っていうのは
揚げ足取りであって、本質の議論ではないよね。

マインドマップは連想を中心から放射状にマッピングしているだけであって
その連想の過程を忠実には再現できないし、あらたな発想を生み出すにも弱い。
「放射状」がマインドマップのキモだけど
結局、それが「マインド」であることから遠ざけてしまっていると思う

Posted by マインドマップ経験者 at 2009年05月01日 14:44
マインドマップの書き方を考えるページです。広告ではないですがw
http://www.mindmap77.com/
Posted by ココロ地図 at 2009年04月30日 10:56
↑そのブザン本を献本してもらっての書評エントリなんですよ、これ。
ここの書評は、みんなこんな感じでテキトーに書いているのかと疑ってしまう。
Posted by Anonymous at 2009年04月24日 22:17
アクセス集めりゃ何でもいいのかよ・・・。
全然分かってないじゃん。せめてブザン本でもちゃんと読んでから書けばいいのに。
かくいう俺は「公式」のMMの書き方は嫌いだし、行き過ぎた礼賛には宗教的な匂いすら感じるけど。
Posted by Zinc at 2009年04月24日 19:48
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50982826.html

以前紹介していた勝間さんのこの本ではマインドマップを使う事を奨励していますよね。
この本もちゃんと読まれてないのでは?

Posted by kazunt at 2009年04月24日 16:47
「マインドマップなんて駄目だ。これを見ろ。」
「それ、マインドマップじゃないんですが」

マインドマップが万能ツールの様に宣伝されたイメージが
あるのは、前にマインドマップを紹介?してたきこ書房
(高価な教材で有名なS.S.I.の関連会社)の出していた本の
アジテーション効果がおおきいのではないかな。
最近のものにはアジテーションはあまり感じない。

収束と発散だと、「マインドマップ問題解決」という本に、、
マインドマップで発散させて、ロジックツリーで収束させると
いうやりかたが紹介されていますね。

あと、上で取り上げられている資格試験法の本は,
マインドマップを要所で使って押さえているけど、
最初から最後までマインドマップ一色というわけではない。

Posted by あとるしゃん at 2009年04月23日 00:11
弾さん、これは無いわ。。
皆さんのご指摘通り。おそらく「マインドマップ」をちゃんと理解せず批判してる。

「発散」には向いてて「収束」に向かないのであれば、「発散」だけに使って、「収束」には別のツール使えばいいだけの話だし、それが面倒臭いというならば、一緒に出来る良いツールを代案として紹介してくれればいい。そんな便利なツールは無い(知らない)なら機能で分けて使えばいいじゃん。便利な道具の1つとして。それだけの話でしょ。
Posted by よねお at 2009年04月22日 10:20
>ていうかマインドマップって見づらい…もっというと汚い…
マインドマップも万能ツールではないので、そういう人は他の方法論がいいと思いますよ。
私は「文字が並ぶよりも絵がある方が見やすい」と思う方なので、この方法はかなり見やすいと思いました。
個人的には右脳派・左脳派によって好き嫌いが分かれるのかな?と思っています。

>熱狂するほどのものなのだろうか?その心をマップしてほしす。
特に誰も熱狂はしてないと思います…有効なので「道具の一つ」として使っているだけです。
自分の意見を通すために、MM使ってる人を狂信者っぽく誘導・煽るのは止めようね。
Posted by 通行人2 at 2009年04月22日 09:04
ていうかマインドマップって見づらい…もっというと汚い…染まろうと思って頑張って書きましたが染まれませんでした。熱狂するほどのものなのだろうか?その心をマップしてほしす。
Posted by 通行人 at 2009年04月22日 08:34
ていうかマインドマップって見づらい…もっというと汚い…染まろうと思って頑張って書きましたが染まれませんでした。熱狂するほどのものなのだろうか?
Posted by 通行人 at 2009年04月22日 08:33
信者がどうこうじゃなくて、「MM じゃないものを引っ張り出してきて『MM は使えない』だの『それを臆面なく「マインドマップ」と呼ぶ人のマインドって、この程度なのか』だのと噛み付く」ことに異論を唱えているのですが。

ちなみに、私は MM を使い始めたばかりで、信者と言われるほど MM どっぷりではありませんし、詐欺みたいな MM セミナー講師に金を払ってしまったこともあって(キャンセルして返金させたが)、MM 界隈は要注意だと警戒しています。
Posted by No Name at 2009年04月21日 22:34
MMとその周辺の信者が如何に多いかがよく分かるコメント欄だ。
Posted by 否定派 at 2009年04月21日 22:08
>あらかじめ思索を収束し

「何枚も書け」が答えだったような。
最初からきれいにまとめようとするのが、そもそも間違いなんじゃないかと思います。
Posted by ro at 2009年04月21日 22:05
実は私も

>あらかじめ思索を収束し、不要な枝を刈っておかなければ(prune)ならない。これでは本末転倒なのではないか。

ってところを感じていた。
理解不足なのかもしれんけど、ここの疑問を埋めてくれるような回答はあるのだろうか?
Posted by マインドマップは面白そうだが… at 2009年04月21日 20:11
いろんな解釈があって楽しいですね。

ところで、弾さんはこのまま一切反論しないのかな。

自説を曲げるも反論するもなしというのは、「論客」としては失格です。

ズバリ言って、ブログというツール(コメントで読者と双方向に・・って死語?)で文章を書く意味がない。

弾さん、なんか書いてくださいね。

全国のファンが泣きますよ。
Posted by 初心者 at 2009年04月21日 20:08
コメント欄もふくめて1つの記事なので、なにも問題はないでしょう。
弾さんの元記事は、図らずも「世間に蔓延している偽マインドマップ」への誤解をそのままに書かれていますから、コメントでその誤解が修正されることで、バランスは取れています。
Posted by amu at 2009年04月21日 17:48

最近妙に明るい恋人がもしマインドマッパーだったらどうする?
Posted by 爺 at 2009年04月21日 14:40
知ったかでここまで書くdankogaiはすげー人だなといつも思う。
Posted by 犬飼 at 2009年04月21日 14:17
たしかにこりゃひどい。
明らかにMMじゃない物を持ち出して、MMを批判するっていうのはアンフェアですな。
Posted by 通りすがり at 2009年04月21日 12:28
>http://blog-imgs-24-origin.fc2.com/s/i/c/sickboyhobo/200904180717009ba.png
これはマインドマップではなくロジックツリーですね。
FreeMindで書いてるし。
http://freemind.sourceforge.net/wiki/index.php/Main_Page
マインドマップとロジックツリーは目的が違いますよ
Posted by 自由な心で at 2009年04月21日 11:04
マインドマップ本には、マインドマップで何でもできるみたいに書いてあるのが、違和感を感じる。
マインドマップで問題解決?マインドマップで議事録?などなど
使えないことも無いが、最適ではない気がする。
安いやつを一冊読めば十分。どれにも大したことは書いていない。
使う人しだいってやつよ。
Posted by のん at 2009年04月21日 10:36
球体上にマインドマップを書いていくと、どうなるか・・・?
そう、日本から始めてブラジルという解に辿り着くんですよ。世界中を旅した後にね。

優れたアイディアや、信念や思想に裏付けられた答え、軸のぶれない考え方は、
思考の土俵が球なんです。平面ではない。

特に小飼さんの頭ん中は、ツヤッツヤでまんまる過ぎて、弾けちゃってるんですけどね。
Posted by ニートマン at 2009年04月21日 10:19
手段が目的になっちゃってる人も結構いると思うよ。
にわかにマインドマップ使ってる人って。

この手の問題に安易に銀の弾丸を求めようってのがどうもね。
Posted by あるある at 2009年04月21日 10:18
マインドマップを使うくらいなら、ロジックツリーで十分だと思っていただけに、全くもってその通り。
マインドマップを使うからといって、アイデアが出るなら苦労はないよね。
Posted by カール at 2009年04月21日 09:32
「マインドマップ○○」ってタイトルつけて、一儲けしたいだけでしょ。
こうやって、本をたくさん出して、煽るだけ煽って売りまくって、次は「マインドマップは役に立たない」なんて内容の本を出してさらに一儲け。
持ち上げて、次は叩く。
よくある手法じゃないですか。
Posted by KKMM at 2009年04月21日 07:09
面白かったです。特にコメント欄が。
Posted by 通り人 at 2009年04月21日 04:22
本来のマインドマップや、マインドマップを使用した記憶術と、「資格試験勉強法」で紹介されている内容には、ずいぶん差がある気がします。「ザ・マインドマップ」について、評してほしいです。
Posted by p7 at 2009年04月21日 02:29
「マインドマップを批評したが、そもそもの対象がマインドマップに成ってなかった。」って事でOK?
Posted by 通りすがり at 2009年04月21日 01:51
>発散に限っていっても、「マインドマップ」でマップできる分岐深さは浅>すぎる。A0版などを使っても、せいぜい二桁だろう。

何故かなと不思議に思っていましたが、
引用されていた画像をみてこのわけが分かりました。
文章をそのまま枝にのっけても広がりませんね。

単語単位で書くというのが、マインドマップの大原則ですから。
Posted by mk at 2009年04月21日 00:20
http://sickboyhobo.blog15.fc2.com/blog-entry-190.html

■MM画像
か。

これ、マインドマップのツールを使って
階層メモをそのまま書いただけじゃん。
使い方が間違ってる。そもマインドマップの目的を理解してない。
マインドマップはもっとブレストとかに近い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97

マインドマップの12のルール
http://kazu0802.s335.xrea.com/www.wakuwaku002.com/2008/08/post.html
http://kosstyle.blog16.fc2.com/blog-entry-112.html

シャベルを岩を壊すのに使って、
やはりシャベルは使いづらい、ツルハシのほうが使いやすいと言ってるようなもの。
Posted by aa at 2009年04月20日 23:53
http://sickboyhobo.blog15.fc2.com/blog-entry-190.html

■MM画像
か。

これ、マインドマップのツールを使って
階層メモをそのまま書いただけじゃん。
使い方が間違ってる。そもマインドマップの目的を理解してない。
マインドマップはもっとブレストとかに近い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97

マインドマップの12のルール
http://kazu0802.s335.xrea.com/www.wakuwaku002.com/2008/08/post.html
http://kosstyle.blog16.fc2.com/blog-entry-112.html

シャベルを岩を壊すのに使って、
やはりシャベルは使いづらい、ツルハシのほうが使いやすいと言ってるようなもの。
Posted by aa at 2009年04月20日 23:53
元々、マインドマップは、一般意味論のアルフレッド・コージブスキーの「科学と正気」の中に出てくる、一次抽象、二次抽象、三次抽象のロジカルレベルを図にしたものですから、内側から外側に向かうに従って抽象度が高くなんなきゃいけないんで普通のツリーじゃないんですけれどね。多分ブザン以外は誰も分かってないんじゃないですかね。
Posted by とおりすがり at 2009年04月20日 23:33
「お作法」を売るっていうのはいい商売だね。


Posted by ブートキャンパー at 2009年04月20日 22:55
いや、だって、「マインドマップではないもの」を引き合いに出してマインドマップの欠点を論じているんだから、仕方ないでしょう。

論争の的になっている図は、「hobo-多読多評- 小飼弾の「仕組み」進化論」のリンクをクリックすれば見られます。リファラを見て、直リンクをはじいているようです。

弾さんのパラパラ速読は結局本の中身を見ていないんじゃないかと勘繰られてもおかしくないほど的外れの持論展開エントリだと思います。

よく知らないものを「そろそろ一言いっとくか」で悪し様に言うのは、いつぞやの「そろそろ PHP について...」のエントリを髣髴とさせます。
Posted by No Name at 2009年04月20日 22:53
宗教と化したものを不用意に批判すると
教義論争になりフルボッコされるという素晴らしい例でした

ありがとうございました
Posted by ?? at 2009年04月20日 22:34
>マインドマップという名称自体のご批判につきましては如何ともしがたいところです。親から授かった名前について名は体を表していないと言われるようなものですので・・・

確かにw
Posted by sasas at 2009年04月20日 22:28
ろくに考えも調べもせずに記事を書くとフルボッコされるという素晴らしい例でした

ありがとうございました
Posted by s at 2009年04月20日 21:48
私はマインドマップを教える立場の人間です。

マインドマップとして引用されているものを現在見ることができませんのでそれについては何とも申せません。

>木構造は、発散(diverge)はしても収束(converge)はしない。ジャンプと>ループが存在しないのだ。それでは、マインドにならない。

マインドマップが比較的発散に強く、収束はそれほどでもないということは私どもも認識しております。そのため最近では収束のために他のフレームワークとの併用を勧める動きもあります。

アイデアプロセッサー的な木構造でジャンプ、ループは困難ですが、マインドマップでは工夫次第でそれも可能だと思います。スパゲティ的になりますがそのために色を活用しております。

マインドマップという名称自体のご批判につきましては如何ともしがたいところです。親から授かった名前について名は体を表していないと言われるようなものですので・・・

最近では、ある高名な方のアイデアはつながりによって生まれるもので発散ツールのマインドマップでは生まれないというような発言もあるようです。

これらのご意見ご批判にきちんとお答えできますように我々も日々研鑽をつんでおります。

もし機会が御座いましたら正式な講座を受講された上で今一度ご意見を賜れましたらと存じます。
Posted by インストラクター at 2009年04月20日 21:24
>http://blog-imgs-24.fc2.com/s/i/c/sickboyhobo/200904180717009ba.png
おいらも見られんよ。
IE8、FireFox3、Chorome1、Safari4、全滅。
Posted by ほげお at 2009年04月20日 20:52
>http://error.fc2.com/blog3/
>このページの表示は許可されていません
Posted by 見れないんだけど at 2009年04月20日 19:16
脳じゃなくて心って何次元なんですかねえ・・・
Posted by Dr脳 at 2009年04月20日 18:50
引用してるMMがすでにMMじゃないんだけど…(^^;
シンプルマップと言えばそれでいいと思うけど。
文章になってる、絵や記号がない、枝の上にない、文章になってる。
あと、ブザン氏は放射性よりかは色と絵とキーワードのほうを重要視してる。
まあ、BOIを選ぶときはまとまりで選ばないと大変なことになるのはこれのマイナス点ではありますが。
このへんは、拡散のMM→収縮させたMMとするといいみたい。
7つのルールをちゃんと読んでから、改めて記事を書き直してもらいたい、それでMMよりも使えるダンさんの使えるツールがあったら教えて欲しい。
Posted by koge at 2009年04月20日 17:34
批判するんだったら、他の良い方法を提示するのが筋。
弾さんの言う「マインドマップ」はどんな形か説明して下さい、話はそれからです。

結論が「絵(フローチャート)には表せない」とかいう答えだったら「そんなの当たり前じゃないか、毒にも薬にもならん話しないでよね」としか言えません。

まさか
>まずは、そのままの木構造。
の下に書かれている機構造のテキストが答え?そうなら弾さんは大きな勘違いをしています。

「マインドマップは木構造以外のリンクは認めません」なんてどこにも書いてない所か「基本は木構造ですが、それとは別に自由にリンクの線を引いてもかまわない」と書かれているはずですよ?

弾さんの場合は知識豊富なんだから、こんな煽り記事なんか書いているより「自分の場合はこうやっている」という記事を書いた方がよっぽど有意義だと思います。
Posted by スズキのkei at 2009年04月20日 17:03
ニューラルネットはモデルとしては
二次元マトリクスなんじゃないんですか?
Posted by マインドソサエティ at 2009年04月20日 16:50
昔NEC系の会社ではSWQC活動の一環で、KJ法をベースにブレインストーミング→特性要因図作成というのをよくやりました。

これにくらべたら、マインドマップなんて無茶な手法としか言えません。まず、幹にあたる部分をうまく導き出せないと、しょっぱなから作図に失敗してしまう手法なんて願い下げです。

まず展開して、それから整理。map-reduceが大事ですよ。
Posted by n at 2009年04月20日 16:39
これは「マインドマップ」とは違うね。
ちゃんと本読んだのかな?
Posted by ゴンザレス at 2009年04月20日 16:13
個々の要素の関係をテンソルやアインシュタインの既約を使って表現することは可能でしょうが、全要素の関係を視覚的に表現するのは不可能でしょうね。マインドマップも同様です。
「線を書き足せば「合流」(merge)もサポートすることは出来るけれども、出来上がった「マインドマップ」はスパゲッティにしか見えないだろう。」
スパゲッティが一か所でも交差していればそれは実質3次元です。どの線がどっちに繋がっているかは人間なら判断出来ますが、それは人間が勝手に「滑らかに接続する線に繋がっている」と解釈し、2次元に収まらない情報を脳で補っているだけです。
Posted by bob at 2009年04月20日 16:02
ほいじゃ4次元の相対論的空間は2次元の紙面上に記述できないわけですか?
Posted by チルチルテンソル at 2009年04月20日 15:46
3次元である脳のニューラルネットによって動くマインドを2次元で表現しようということに無理があるんですよ。
Posted by bob at 2009年04月20日 15:29