2009年04月24日 12:00 [Edit]

プロが独り立ちするためのたった一つの条件

一万時間続けよ

なんと簡単で、なんと難しい条件。

これを指摘しているのが、Gladwell の"OUTLIER"。邦訳は5月13日発売なので、詳評はもう少し後に上げる予定なのだけど、あえて一言でまとめると、「才能は、授かるものではなく培うものだ」ということ。そして、その「天才」が独り立ちできるまでにかかる時間が、一万時間である、と。

一万時間というのは、長い。秒に直すと3600万秒。仮に一睡もせずに取り組み続けたとしても、1年=31,556,952秒(グレゴリオ暦の平均)以上かかる。毎日8時間でも3年以上、週40時間でも250週 = 5年かかることになる。勤務時間=取り組む時間はまず無理なので、半分=4時間とすると、だいたい10年という数字が出てくる。

その一方で、子供の頃からやっていれば、社会人デビュー前にクリアーできる数字でもあるし、本書にも登場する Bill (Joy|Gates)の例のように、「はまれば」大学時代だけでクリアーできる数字でもある。

で、自分にあてはめても、これはかなり心当たりがある。プログラマーとしては、遅く見て25歳に私はこの数字をクリアーしているはずで、そしてこの時期は私が「プログラマーで食っていける」と実感した時期である。「物書き」としてはそれよりも遅く、プログラマーの時ほど「これでよし」感は強くはないが、それでもクリアーしているのは確かで、それが「書評でも食える」になったのは間違いない。

「これをここに加えるのはどうよ」という意見もありそうだが、これは「男女」が「夫婦」になるのにかかる時間にもあてはまるような気がする。入籍前、妻と私は3年間同棲していたのだが、「籍を入れても大丈夫」になるのに、やはり二人で一緒にいるのに一万時間ぐらいが経過しているはずだ。

この一万時間というのは、なかなか絶妙な数字だ。それが好きにならないと続かない数字であるし、それをクリアーしてしまえば「もう嫌いになりようがない」数字でもある。そして何より、「自分だけでは続かない」数字でもある。続けていけるだけの環境が必要なのだ。若くして「一万時間クリアー」した人は、親や保護者の絶大なサポートを受けている。もっとデビューが遅い人は、職場のサポートを受けている。サポートは人である必要はない。それは家庭だったり学校だったり職場だったり人それぞれだが、「はまっているあなたを邪魔しない」環境がないと、この数字の達成は難しい。

というわけで、プロを目指すあなたに一言。

一万時間はまれる場所に、行きましょう。

Dan the Outlier


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
一万時間何かに打ち込めば凄いことが起こるぜ!量質転化だぜ! とか、いろんな人がいろんなところで言っているけど。 例1: ”一万時間” の検索結果 約 7,960 件中 1 - 10 件目 (0.22 秒) 例2:プロが独り立ちするためのたった一つの条件 三峯徹(右上)はたぶん一万時間以...
所長、一万時間の法則の反例を見つけました!【長弘大樹研究室】at 2009年06月30日 17:59
のとーりあす リアルな話すると 日本人の50人に1人は自殺で死ぬ。 http://notorious2.blog121.fc2.com/blog-entry-1235.html       _____     /::::::─三三─\            リアルな話すると 日本人の50人に1人   /:::::::: ( ○)三(○)
あなたが3日坊主で終わる理由。あるいはメンヘル療法。【teruyastarはかく語りき】at 2009年06月25日 04:37
講談社青木様より献本御礼。 天才!:成功する人々の法則 Malcolm Gladwell / 勝間和代訳 [原著:OUTLIERS] ゲラの段階から拝読したので、紹介するまで少し待ちくたびれてしまった。改めて本になったものも手元に届いたので、「404 Blog Not Found:プロが独り立ち....
才能は誰のものか? - 書評 - 天才! 成功する人々の法則【404 Blog Not Found】at 2009年05月10日 14:36
天才! 成功する人々の法則 勝間和代/講談社 原著:Outliers 「天才!成功する人々の法則」の特設サイト その内容をひとことで言えば、「成功」の要素を、才能や努力といった“個人の資質”のみならず、機会、周囲の環境、制度、歴史、文化といった視点から考察した、いわば...
継続は天才なり【ぺってぃブログ】at 2009年05月09日 10:05
カウンセリングの実践講座を半年間受けることになりました。 カウンセリングは教育現場で必須の能力であることに疑い用はありません。たとえば ?? 特別支援教育 キャリア教育(フリ...
仕事で使えるカウンセリングの6つの手順/カウンセリング・マインド【Kuwako-Lab.com】at 2009年04月25日 21:03
この記事へのコメント
成金が貧乏人だったころの気持ちを忘れてしまうのに何年ぐらいかかるだろう。
Posted by おやつ at 2009年04月27日 16:50
新人プロがプロのプロとして独り勃ち…

あと、ゆうこりんはグラマーじゃない気ガス
Posted by 上流入 at 2009年04月26日 06:58
いかにうばわれていることに気付かずに組織を食い物にできるか。
小飼氏や勝間氏を見習わないといけませんね。

Posted by 下流人 at 2009年04月25日 18:11
そうだったのか!働いても働かなくても負けだな!
Posted by なるほど! at 2009年04月25日 18:00
違う!
全然違う!
「プロが独り立ちするためのたった一つの条件」は
一万時間続けた人間が生み出した成果を掠め取ること。

いかに他人から効率よく、そして奪われていることに気付かせずに略奪するか。
それが、プロのたった一つの条件!!!!!
Posted by KKMM at 2009年04月25日 09:47
博士課程、ポスドクと
10年やってから無職になった俺様がとおりますよ
Posted by うーーん at 2009年04月25日 07:46
社員育成に投資をしていない会社で若者が3年で辞めるのも「1万時間の法則」が関係している予感がしますね。
Posted by あ at 2009年04月24日 22:30
1万時間費やしたけど不況が独立を許してくれない。
Posted by 読者 at 2009年04月24日 21:36
量と質は必ず分けて考えないといけないと思ってたけど、違うの?
Posted by 国会議員 at 2009年04月24日 21:10
ひょっとして、
誤) s/プログラマー/グラマー/g
正) s/プログラマー/プロ/g
だったりしますか?
Posted by ibushi at 2009年04月24日 17:17
吉本隆明が「とりあえず10年続けろ。そうすれば大丈夫だ」と言っていたのを思い出しました。
Posted by nagayama at 2009年04月24日 15:51
通りすがり2さん他、
というわけで、
s{s/プログラマー/グラマー/g}{s/プログラマー/プロ/g}g
しました:)
Dan the Typo Generator
Posted by at 2009年04月24日 14:49
高城剛氏は整理ということをしないそうですが、

エンジニアになりたい人は机を整理しましょう
クリエイターになりたい人は整理するのをやめましょう

ということですかね。


Posted by ホ at 2009年04月24日 14:23
いや、さとう珠緒、小倉優子も、ほしのあきも、頭角を現すには1万時間は掛かった。
Posted by joe at 2009年04月24日 13:48
> s/プログラマー/プロ/g ではなくて?

s/グラマー//g
でしょ?
Posted by 通りすがり2 at 2009年04月24日 13:33
えっ?
> s/プログラマー/グラマー/g しても使えます。

s/プログラマー/プロ/g ではなくて?

さすがにこれは誤字というレベルではないと思う。
Posted by 通りすがり at 2009年04月24日 13:21
てっきり、対象記事に対しての激批判が始まるかと思いきや、
そうではなく自分の考えと経験を書いたすごく良い記事。

批判記事よりこういった文章を書く時の方が、自分は好みだな。

Posted by スズキのKei at 2009年04月24日 12:39