2009年05月16日 22:00 [Edit]

本当に外国為替相場取引(FX)で確実にもうける方法

その通り。

Life is beautiful: 外国為替相場取引(FX)で確実にもうける方法(必勝法)
その結果分かったのは、為替相場にあまり詳しくない一般人にすべてのリスクを追わせて、自分たちだけは手数料で荒稼ぎしている業者が横行しているということ。

その名を、銀行という。


FXに限らず、外為がからんだ金融商品の場合、相対通貨の売買金額の差が手数料となる。FXで言うところのスプレッド(spread)であるが、これが外貨預金とFXではべらぼうに違う。

以下は、三大メガバンクの外貨預金の紹介ページから。いずれもページの下の方に、商品紹介そのものよりずっと小さく書いてある。

外貨預金:三菱東京UFJ銀行
円貨を外貨にする際(預入時)および外貨を円貨にする際(引出時)は手数料がかかります。預入・引出時には手数料分を含んだ為替レートである当行所定のTTSレート・TTBレートをそれぞれ適用します。為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手数料がかかるため引出円貨額が預入円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)場合があります(たとえば1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1英ポンドあたり8円、1オーストラリアドルあたり4円、1ニュージーランドドルあたり4円、1スイスフランあたり1円80銭、その他通貨は1通貨あたり最大16円の差があります)。
外貨預金 : 三井住友銀行
TTSレート(円貨から外貨に替えるレート)とTTBレート(外貨から円貨に替えるレート)には差(米ドルであれば1米ドルあたり2円)がありますので、外国為替相場に変動がない場合でも、払戻し時の円貨額がお預け入れ時の円貨額を下回り、「元本割れ」が生じるリスクがあります。
みずほ銀行:みずほ外貨定期預金
したがって、為替相場の変動がない場合でも、往復(預入時・引出時)の為替手数料(1米ドルあたり2円、1ユーロあたり3円、1英ポンドあたり8円、1スイスフランあたり1円80銭、1豪ドルあたり5円、1ニュージーランドドルあたり5円10銭)がかかるため、お受け取りの外貨の円換算額が当初外貨定期預金作成時の払い込み円貨額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。

最もスプレッドが小さいUSDでも、往復2円。これは1USD = 100JPYとして、2%ものマイナス金利があることに相当する。今はそれより円高なので、手数料によるマイナス金利効果はさらに大きい。

FXでは、どうか。FX会社スプレッドランキングによると、最安では1銭。高いところでも10銭程度で、外貨預金の1/10から1/100というのが相場である。

もちろん、低価格なのにはわけがある。業者としては、スプレッドが低くても客になるべく売買を頻繁に行ってもらえばいいし、スプレッドが証拠金ではなくレバレッジをかけた元本に対してかかる。手数料が1/100でも、レバレッジ10倍、取引回数10倍であれば、同額の外貨預金と同じぐらい儲かることになるし、実際FXの取引パターンはそうなりがちだ。

しかし、何もこちらが業者の思惑にそのまま乗る必要はない。レバレッジを低く設定し、LCをきちんと設定すれば、手数料の安い外貨預金として(税制を除けば)立派に機能する。

以上により、「本当に外国為替相場取引(FX)で確実にもうける方法」は、確実に存在することになる。ただし「確実にもうける」の定義は、「外貨預金と比較して」ということになる。同一の運用ポリシーで外貨預金の代わりにFXを使うだけである。これだけで手数料分得をするのだから。

FXのスプレッドの低さは、業者間の競争も大きく貢献しているように見える。そして口座開設以外の手続きを事実上全てコンピューターにやらせ、広告もインターネットに限ることで、コストを格段に下げている。

たとえば、外貨預金が良い例だ。ゼロ金利で資金の運用先に困っている主婦に、
「10パーセントの金利が付くニュージーランド国債を買いませんか」
と持ちかけるのだ。

なんて話は、FXではまずありえない。言葉巧みに主婦を勧誘する人間を雇っているコストなんぞないのだから。実際私のところには、これまで何百という投資勧誘の電話がかかってきた。株から債券から商品先物から、よくもまあこれだけネタがありますねという感じだが、FXだけはない。当然といえば当然だ。外貨預金なら、ある。ランドにルーブルにレアルにドン....

FXに関しては思うところは、以前

に書いたのでここで繰り返さないが、どこをどう見ても外貨預金よりも「健全」である。何が健全かというと、業者どおしの競争があり、強引な勧誘がなく、仕組みがシンプルであり、そしてITによってかつては金持ちしか許されていなかった投資スタイルを可能にしたことである。

satoshiさんの言うことは、一般論としては間違っていない。しかし金融商品に必要なのは、一般論ではなくディテールであり、にもかかわらず外貨預金と外債とFXをクソミソに書くのは、釣りのタイトル以上にひどいのではないか。少なくとも、同記事の読後感は、「やっぱり大切なお金は、大きくて信用できる業者におまかせ」というものであり、大手のヨイショにしか見えなかった。その大手が出した、何千億、何兆という損失はプロだからこそ出た損失であり、「素人は玄人のカモ」という一般論を吹き飛ばすに足りるブラック・スワンではなかったか。

Dan the Investor


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
・アフェリエイト経由で口座を開く→5000円から20000円ぐらいの収入 ・実際に数回取引する →10000円程度のキャッシュバック
ホントウに外国為替相場取引(FX)で確実にもうける方法【某氏のたわごと】at 2009年05月28日 20:00
本当に外国為替相場取引(FX)で確実にもうける方法 http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51213702.html 以上により、「本当に外国為替相場取引(FX)で...
FXは外貨預金よりも確実に儲かる。【あすみのFX検証ブログ】at 2009年05月18日 10:04
ここで書かれているように、一般に、銀行預金で適用される為替手数料は、FX取引のコストよりも大きい。しかし、実は銀行預金の方がFX取引よりも得な場合があるのだ。 当たり前の話だ...
銀行の方がFX取引よりも得なときがある【脊髄反射】at 2009年05月17日 16:30
最近のポンド/米ドルの日足チャートを見てみると下落する確率が高まっていることに気づきます。
ポンド/米ドル下落予想強まる【FX外国為替証拠金取引伝説】at 2009年05月17日 07:25
この記事へのコメント
スプレッドに特化してのコメントですが、〈スプレッドが証拠金ではなくレバレッジをかけた元本に対してかかる。〉という部分はちょっと違うんじゃないですかね?

レバレッジに拘わらずスプレッドが同じであれば、外貨預金よりもレバレッジ10倍のFXのスプレッドは実質10分の1ですから。

FXの場合、およそ10〜20倍以上のレバレッジであれば、スプレッドは誤差ですよ。確かに、スプレッドが小さい通貨ペアのほうが取り組みやすいのは確かですが、だいたいに於いて、ボラティリティの高い通貨ペアほどスプレッドは大きく設定されていますから、公平と言えば公平なんです。

まぁ、雀荘の場代みたいなもんですね。レートの高いテーブルほど1局あたりの場代が高いという。

ただし、同じ通貨ペアであっても、FX業者によって、スプレッドが随分違うのは、やや納得がいかないところですが。例えば、ユーロ・ドルの場合、A社は2pipisなのに、B社は5pipsといった具合です。ドル・円でも2pipsのところもあれば4pipsのところもあります。さすがにA社のランド・円やNZ・円のように8pipsにもなると、ベットする気はなくなりますが。

外貨預金なら、目安として、年金利よりスプレッドが大きければ、最初の絞り込みの段階でパスですね。

とは言え、今から外貨預金をやる、とくに一定期間解約できないものに入れるなんていうのは、愚の骨頂です。目の前に円高が迫っているんですから。
Posted by 鷹司堂後 at 2009年06月03日 05:13
>>うわ氏
そうだよ、つぶれてる
君の言うようにFX業は糞、基本的には儲からない
それを「FX業者の爆儲け、許せん!」とかSatoshi氏がいっているから
おいおいっていう突っ込みなんだけど・・・・・・
つうか儲けのあくどさなら弾こーがいが言うように銀行の方が酷いし
外貨預金とFXを混同してるし、正直Satoshi氏は何を言いたいのか理解できない
Posted by DC at 2009年05月22日 05:30
生き残りのバイアスを考慮したら、さらにFXがクソになっちゃうじゃんwww
つぶれてるってことだからww

つか、何一つ具体的なことを書かずに長文で恥の上塗りとかきついわ
Posted by うわ at 2009年05月21日 01:31
Life is beautifulが擁護コメントしか載せなくなってるね・・・
禁止ワードに引っかかったのかと思って何度か調整したけどダメっぽいのでどうやら批判っぽい内容ってだけではじいてる感じ、まあいいけど
あっちに投稿したのと似た内容の投稿なので、時間がたってから反映されたら二重投稿っぽくなるが勘弁

で、リンク先の元記事自体は正直下調べが足りなすぎって感じはする

「手数料で荒稼ぎしている業者」っていうのはいろいろと無理がある
ちょっと調べてみればわかると思うけどFX業者トータルでの損益は「荒稼ぎ」には程遠い状況
向うの投稿でマネーパートナーズの利益の例を出して勘違いしている人が居るように
生き残りバイアスを理解できていない人もいるのかもしれない
FXで儲かったなんて人をメディアでよく見るのと同じことだ
FXは基本的にはゼロサム(実はちょっとマイナスサム)なのにね


業種としてのFXは基本的には設備産業で(証券取引所のビジネスモデルを思い浮かべると良い)
「いかに低コスト(時間、リソースの両方)で注文を処理できるか」が全てで
価格以外の差別化要素が皆無であり、また固定費が大きく変動費が極めて小さいために手数料値下げ競争が熾烈だから
業界としてはもう終わっている感じ、一時期の半導体産業的な感じになりつつある
まあ、コモディティー系とかやっていたところでリソースが余っているところでは小遣い稼ぎ程度にはなってるみたいだけど基本的には儲からないんだよねえ

まあ、手数料以外のところでかなり悪質な業者は居るんだけど
呑んじゃったり、持ち逃げしちゃったり東証端末もびっくりな裏技使ったりで

「教授とことんディスカッションした上で」こういう的外れな記事書いちゃうってのはどうなのかね?
ブログ主のコメントもいきなり業者認定とか煽りまくりだし、炎上実験でもしてるのかね
Posted by DC at 2009年05月19日 21:35
>すぐにポジション解消できるFXで、そんな心配は無用かと。

マイナススワップあるいは超絶円高になった時点で為替差損で身動き取れなくなるのが大半。
30%や40%の損切りが出来ればいいけどね。
Posted by mikura at 2009年05月19日 01:20
FXの最大のメリットは円高で利益が出せること。
Posted by gdgd at 2009年05月18日 21:50
 FX は業者が倒産してまったく戻ってこないことが結構あるみたいですからね。
 外貨預金も預金保険の対象外だけど、大金を長期間預けるなら、銀行と名のつくところの方がまだ信用できるでしょう。
Posted by ytaro at 2009年05月18日 20:22
>利息が欲しいならFXは辞めましょう。

でも外貨預金は定期だったりすると
すぐには引き出せなかったりするし、
そもそもレバレッジが全くきかないし、
やっぱり物足りない・・・
(長期保有でも2、3倍のレバレッジなら問題無いかと)

マイナススワップ?
すぐにポジション解消できるFXで、そんな心配は無用かと。
Posted by 権兵衛 at 2009年05月18日 18:49
外貨預金とFXの決定的な違いは、FXは利息(スワップ)が一定ではないと言うことにつきます。
買った時はプラススワップでも1ヶ月後にマイナススワップ(金利支払い)でも文句は言えません。
外貨預金なら利率は満期まで一定。
利息が欲しいならFXは辞めましょう。
円高ですぐ逃げたいなら外貨MMFが良いでしょう。
Posted by mikura at 2009年05月18日 03:26
結局のところ、資産は分散した方が有利ですよ。分散するには、安いコストのところが良いに決まってるってことじゃないですかね。上を狙えば幾らでも手段はあるわけで、遊休資産なんぞ、そんなところに手数料を払う程馬鹿ではないって選択肢が正解かと思っております。
Posted by 酔ってる at 2009年05月18日 01:13
普通は、外貨預金の代替手段だったら、外貨MMFあげるでしょ。ネット証券なら、ノーロードもあるんじゃないの。
FXだと大抵リバランスしづらいし、結局借金だから、本当に日本がやばくて円安になったら、金利逆転して逆ザヤになる可能性が高いんじゃないかと。
信用リスクはあるけど(過当競争のFX業界よりはましだと思うが)、イーバンクならそこそこのスプレッドで外貨預金ができる。
Posted by え〜 at 2009年05月17日 20:23
突っ込みどころが多くて、いろんな意味でさびしい
けどまあ、世の中こんなもんなのかな
Posted by u-n at 2009年05月17日 16:23
ウンコと超ウンコを比べると、ウンコが優れてるよという弾言
視野がミクロなのがさびしい

取引所を紹介するコメントは良いね
ただくりっく365は構造上の理由で、FX会社よりもスプレッドと手数料が高くなってしまうと思う
Posted by u-n at 2009年05月17日 14:45
今はくりっく365っていう、東京金融取引所を介したFXがあって
金融庁的には、全面的にそっちを広げてゆきたいみたいです。

そこでは自ずとスプレッドも小さくなりますし、一度調べてみてください。

FX知ったら外貨預金が論外だと思われるのと同じように、
取引所を介したFXを知ったら、FX会社での取引はちょっとありえないですよ。
Posted by little at 2009年05月17日 11:07
全く小飼さんのおっしゃるとおりだと思います。
銀行の外貨預金は論外ですよ。
それよりは所謂FXの方が遥かにマシ。
そして、機関投資家ならぬ個人ならではの有利な点もあるわけで、
相手の手にまんまと乗せられずに自分の強みを理解して生かせば、
FXには個人で参加する意味も大いにあるとは思います。

(クレジットカードで損する人もいれば得する人もいるのと同じように)
Posted by 権兵衛 at 2009年05月17日 04:16
頼む、そろそろ「同士」は「どおし」じゃなくて「どうし」だと覚えてくれ…。
Posted by jonji at 2009年05月17日 00:21