2009年06月19日 00:00 [Edit]

「黒鳥」の正体 - 書評 - ブラック・スワン

ダイヤモンド社より献本御礼。

asin:4478001251 asin:4478008884
ブラック・スワン
不確実性とリスクの本質
Nassim Nicholas Taleb / 望月衛
[原著:Black Swan]
初出2009.06.17; 販売開始まで更新

私が言うのも変だが、邦訳を待ちわびていた人も多いだろう。私自身、前著「まぐれ」を読了後日をおかずして原著を入手して、「これはとてつもない。早く紹介したい」という気持ちを本日まで抑えてきた。

上下分冊は残念だが、しかしこの表紙絵の美しさは原著を凌駕している。そして、単に美しいだけではなく、つがいとなることで本書の本質により近づいている。それぞれ1,890円というのはさらに残念だが、本書を読了してなおそれだけの価値がないと感じるのは、価値感覚そのものが麻痺している人のみだろう。

で、本書をこれから読むみなさんにお願いがある。下巻を必ず読んで欲しい。いや、一冊しか入手する余裕がなければ、下巻の方を入手して欲しい。

そこにこそ、人としてさらに一回り大きくなった著者の成長があるのだから。


前著「まぐれ」(Fooled by Randomness)が現代経済学に対する「反」(antithesis)だとしたら、本書は現代経済に対する「合」(synthesis)である。「現代経済学」、ではなく「現代経済」。そう。本書は前著よりも一回り大きい。著者の器も、そして想定読者層も。

目次 - Amazonより
【上巻】
プロローグ
第1部 ウンベルト・エーコの反蔵書、あるいは認められたい私たちのやり口
第1章 実証的懐疑主義者への道
第2章 イェフゲニアの黒い白鳥
第3章 投機家と売春婦
第4章 千と一日、あるいはだまされないために
第5章 追認、ああ追認
第6章 講釈の誤り
第7章 希望の控えの間で暮らす
第8章 ジャコモ・カサノヴァの尽きない運――物言わぬ証拠の問題
第9章 お遊びの誤り、またの名をオタクの不確実性
第2部 私たちには先が見えない
第10章 予測のスキャンダル

索引
【下巻】
第11章 鳥のフンを探して
第12章 夢の認識主義社会
第13章 画家のアペレス、あるいは予測が無理ならどうする?
第3部 果ての国に棲む灰色の白鳥
第14章 月並みの国から果ての国、また月並みの国へ
第15章 ベル・カーブ、この壮大な知的サギ
第16章 まぐれの美
第17章 ロックの狂える人、あるいはいけない所にベル型カーブ
第18章 まやかしの不確実性
第4部 おしまい
第19章 半分ずつ、あるいは黒い白鳥に立ち向かうには
エピローグ

謝辞
訳者あとがき
参考文献
注解
用語集
索引

「ブラック・スワン」という言葉は、邦訳の登場を待たずして日本でも普及した感がある。言葉自体は前著「まぐれ」にも登場するし、それが実に分かりやすく的確な例えということもあって、すでに「読書する人々」の間では以下の意が常識となっている。

内容紹介より
 むかし西洋では、白鳥と言えば白いものと決まっていた。そのことを疑う者など一人もいなかった。ところがオーストラリア大陸の発見によって、かの地には黒い白鳥がいることがわかった。白鳥は白いという常識は、この新しい発見によって覆ってしまった。
 「ブラック・スワン」とは、この逸話に由来する。つまり、ほとんどありえない事象、誰も予想しなかった事象の意味である。タレブによれば、「ブラック・スワン」には三つの特徴がある。一つは予測できないこと。二つ目は非常に強いインパクトをもたらすこと。そして三つ目は、いったん起きてしまうと、いかにもそれらしい説明がなされ、実際よりも偶然には見えなくなったり、最初からわかっていたような気にさせられたりすることだ。

しかし、本書を読むまでは、あなたはブラック・スワンの真の姿を知らない。そしてブラック・スワンの正体を知らないということは、その呪いに翻弄されつつけるということである。

著者は、前著に「そこに問題がある」という指摘まではした。しかしこの問題に答えを提示したのは、本書が初めてである。前著は面白く、考えさせられる。本書は面白く、考えさせられ、そして感動させられる。私にとって、そしておそらくあなたにとっても、その答えは「まさか」ではなく「やはり」なのではないだろうか。

本書の翻訳の質は、前著と比較するとどうしても見劣りしてしまう。訳者が悪いのではない。著者がよくなりすぎたのである。「ギリシャ人をローマ人より好む」著者による前著は、やはりギリシャ人好みの、ありていに言えばいかにも頭のよい人の文体であり、訳出は difficult ではあるが hard とは言い切れない。しかし本書において、著者はローマ人はおろか、野蛮人=バーバリアンにも届く声で語っている。そう。語っている。書いているのではなく。頭がよいだけではだめで、「体もよく」ないとだめなのだ。そしてこの体の部分、「訳者必死だな」感がびしびし伝わってきて、しかしその必死感が空回り感をより強くして、かなり辛い。ちょっと時間を書けすぎたのではないか。原著の上梓は2007年4月、もう2年以上前である。「ついかっとなって訳した」ぐらいの勢いの方が原著の文体には合う。

一カ所だけ上げよう。

下巻 P.216
私の美的感覚では、散文より詩、ローマ人よりギリシャ人、優雅さより挟持、教養より優雅さ、見識よりも教養、知識よりも見識、知性よりも知識、そして真理よりも知性の方が好きだ。
原著は、こうである。
My aestheticism makes me put poetry before prose, Greeks before Romans, dignity before elegance, elegance before culture, culture before erudition, erudition before knowledge, knowledge before intellect, and intellect before truth.

英語を知らない方でも、原文の1,2,2,3,3,4,4,5とたたみかける感じが、2,1,3,2,4,3,5,4と骨折してしまっていることがわかるだろう。著者が日本語を解したのであれば、「散文といってもここまで散らばってないよ!」と苦笑いするのではないか。私であればこうしていただろうか。

私の美的感覚は、詩を散文より、ギリシャ人をローマ人より、挟持を優雅より、優雅を教養より、教養を見識より、見識を知識より、知識を知性より、そして知性を真理よりひいきしてしまう。

しかし度し難いことに、前著の「頭のよさ」は、本書において少しも損なわれていないのだ。これはきつい。智に働けば角がたつ、 情に竿させば流される、 意地を通せば窮屈だ。とかく、本書は訳しにくい。本書の elegance を保つのに訳者は懸命すぎて、本書の eloquence まで手が回らなかったのが残念だ。二年の月日があれば、なおのこと。

しかし、最も大事なことは、elegantかつeloquentに訳出されている。

それが、ブラックスワンの正体。

今から、その答えを書く。ネタバレといえばネタバレである。書くべきか書かぬべきか迷ったのだが、実は著者がすでにさんざん本書の外でも主張しているとあって、そしてネタがバレても本書の価値は損なわれないという手応えもあって、書くことにした。嫌なあなたはここでウィンドウを閉じていただいて頂きたい。

そうでないあなたは、以下のブラック・スワンを超えてスクロールして頂きたい。

real black swan

ブラック・スワンの正体、それはあなたである。

私でもある。

それを確かめるには、最後のパラグラフを一目見るだけでいい。

地球の一〇億倍の大きさの惑星があって、その近くに塵が一粒漂っているのを想像して欲しい。あなたが生まれるオッズは塵のほうだ。だから、小さいことでくよくよするのはやめよう。贈り物にお城をもらっておいて、風呂場のカビを気にするような恩知らずになってはいけない。もらった馬の口を調べるなんてやめておこう。忘れないでくれ、あなた自身が黒い白鳥なのだ。読んでくれてありがとう。

実は、この結論は論理的には前著の結論と全く変わらない。

まぐれ」 P. 301
レイディ・フォルトゥナの意のままにならないのは、たった一つ、あなたの振る舞いだけだ。幸運を祈る。

しかし、この感じ方の違いは一体なんなのだろう。「幸運を祈る」という捨て台詞で終わった前著、そして「読んでくれてありがとう」という感謝の言葉で終わった本書。

著者は優先したのである。

強さよりも、優しさを。

If the book wasn't hard, it wouldn't be published. If it couldn't ever be gentle, it wouldn't deserve to be published.

とでも言わんがばかりに。

それは決して強者が弱者に見せる哀れみではない。レイディ・フォルトゥナの前では等しく弱者である著者の告白であり、運命は売っても自由は売らないという決意表明なのである。前著で著者は自らの無知を告白することによって知性を証明した。そして本書で、著者は自らの無力を告白することによって強さを証明したのだ。

ブラック・スワンは、あなたであり私である。

それだけわかれば、十分だ。

Dan the One of Six point odd billion Black Swans


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
【秘】最新FX比較ランキング情報が満載! ブラック・スワン 世界金融恐慌を原理的に予言した書として、全米でミリオンセラーを記録!! ・・・でも、イマイチ面白くなかったです。 日本の評論家?にも絶賛されてた本なんですけどねー(・∀・;) 私の....
ブラック・スワン【会社員の株式投資日記】at 2010年03月21日 08:54
「Ever17 PSP -the out of infinity-」に関連するブログを新着 10 件表示しています。
Ever17 PSP -the out of infinity-【Ever17 PSP -the out of infinity-】at 2009年06月27日 01:16
やっぱひとまかせじゃだめだと。 自分で失敗してみなきゃね。 そもそも、演繹思考なんて過去たぶんこんなだったなあというおぼろげな記憶にすぎない。 世界金融危機も片付かず、まして日本の構造的だめだめさが喧伝されてく中で、豚インフルエンザが起る今日この頃。多重フ
真実はライフハック側にはない、もっとはるかに手前にある【HPO:機密日誌】at 2009年06月20日 08:14
この記事へのコメント
初めまして。

最後のブラックスワンはあなたであり、わたしであるにはがっくりきました。

個人的には、マーコビッツとシャープのノーベル賞とモダンポートフォリオ理論をこき下ろした部分が面白いと思いました。
しかしマンデルブロートのベキ乗数がなかなか決まらないのも弱い部分と思います。

「馬の口」、は贈り物のあら探しをしない、ってことですよね?
Posted by はいぱー at 2009年07月14日 07:42
 未読のくせしてすみませんが・・・。
 訳の問題なのですが、原文は、客観的真実よりも、主観的な態度により高い価値を見いだすという著者の主観的な見解を、英語の語順に則り、熱くたたみかけたところのように思います。
 私は、日本語の語順で言えば、訳者様がコメントでおっしゃる順番が自然だと思います。
 ああ、読みたくなってきました。明日買いますw
Posted by らくだ at 2009年06月23日 21:04
> Mr./Ms.原書読者
よかったらどのへんがどうならよかったです? 趣味ってとこ、そりゃすまんかった。でもねぇ、こちとら趣味だからこそたいしたお金にもならないことにやたらと力が入るクチなんで、ありゃ趣味ったら趣味です。
Posted by 望月 at 2009年06月22日 23:10
望月さま
わたしも原書を読んでいて翻訳には首をひねったくちです。
でも、原書を読んだあとで翻訳に触れると大概粗が見えてしまうもので、ある程度は仕方ないことだと思います。
しかし「趣味」云々は購買した方にとても失礼な話だと思います
Posted by 原書読者 at 2009年06月22日 00:31
弾さんならつぎの本にどのような書評をするのか興味深いです。

天地創造の謎とサムシンググレート―「進化論」と「インテリジェント・デザイン理論」 宇宙と生命体をデザインしたのはだれか!?
http://www.amazon.co.jp/dp/4054041027/
Posted by よふかし at 2009年06月19日 17:53
「おたまじゃくしが空から降ってくるなんて」みたいなこと?
Posted by あわごいそり at 2009年06月18日 08:28
レビュー thanx. でも原書の文体が前の本より云々ってのは間違いだな。Black Swan, 構造のがっちりした理屈っぽい文章だよ。バルバロイでもわかるという印象があったならそのせいじゃないかな。次に、読む人の側からすると2年もかかったんだからなんとかできただろってのはわかる。そうだね、いろいろできることはあったのかもしれない。一方、オレ側からすると実働たぶん5-6ヶ月でそんなに時間かけてないんで、うまくいってないところがあったとしたらそれは逆に時間が十分にとれなかったからだね。要は仕事が忙しくて趣味に時間をつぎ込めなかったとか、趣味でやってるはずなのになんだかあれもこれもやることになって右往左往とか(編集のNさんごめんね)。あとは。。。 直前にやってた本に入れ込んでてそのノリ引きずってるってのもあるかも。ヤバい社会学ってやつね(宣伝失礼)。一方、例に挙げられてるところは、Mr./Ms.zzzのコメントにもかかわらずご説ごもっとも。5よりも4, 4よりも3, 3よりも2, 2よりも1が好きってほうが流れがよかったな。
Posted by 望月衛 at 2009年06月17日 23:35
背景自体は不信とか釣りとかw
ネコかぶりが自己責任か否かは別問題かも知れんkedo
Posted by at 2009年06月17日 18:44
例として上げられた箇所は、日本語としては、本の訳の方がわかりやすいです。
Posted by zzz at 2009年06月17日 17:17
本書読んでないですけれど、
挟持は矜持のtypo?

この本は読んでみようかなと思います。
Posted by sakurada at 2009年06月17日 17:16