2012年03月28日 12:45 [Edit]

会計リテラシー必要十分 - 書評 - 借金を返すと儲かるのか?

著者より献本御礼。

初出2009.06.24; 
原著「借金を返すと儲かるのか?」に対する書評

さすが「国語算数理科しごと」の著者である。「国語算数理科しごと」を小学校の教科書として、そして本書を中学校の教科書とすれば、必要十分な会計リテラシーが、現在の義務教育の範囲内で修まる。文科省はまぢで検討すべきだ。


本書「借金を返すと儲かるのか?」は、前著「国語算数理科しごと」を「理念編」とすれば、「実践編」に相当する。中学生以上であれば、いきなり本書からはじめてもいいだろう。前著ではカバーしきれなかった、減価償却や貸倒引当金といった概念も本書ではきちんと網羅されている。本書をクリアーすれば、社会人としては一人前だと弾言させていただく。

目次 - 借金を返すと儲かるのか? - 岩谷誠治|日本経済新聞出版社
「この本で覚えることは、この図だけである」
   
 
 
 
第1章 会計を学んで本当に儲かるのか
第2章 商売の記録と決算書
第3章 パズルの絵
第4章 虚妄のキャッシュフロー決算書
第5章 普通の人が普通に使う会計
補 章 30分で学ぶ決算書の読み方

「実践編」といっても、基礎が出来ていなくても安心していい。なにしろ著者が言う通り、その図だけ覚えてしまえば、あとはいくらでも応用が効くのだから。実に簡単にして美しい図である。

資産
Asset
負債
Liability
資本
Capital
収入
Income
支出
Outgo

著者は、あえて前書きを解説なしのこの図ではじめている。何を意味しているのか、続きは本書で--というには、あまりに根本的な図だ。E = mc2 や e = -1 に勝るとも劣らないぐらい、美しい図だと思う。ゲーテが感嘆したのもうなずける。

そう。これは貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)だ。この双方を上下につなげたところに、著者のセンスがある。B/SはB/S、P/LはP/Lで分けてもいいのだし、むしろこの図ではB/SのB/Sたる 資産 = 負債+資本 になっていないのではというつっこみもありえるが、私はこの図の方が好きだ。

なぜなら、繰越金に利益を足したものを資本としてバランスさせた「〆た」会計より、下にP/Lを乗せることでB/Sがバランスするという「活きた」会計をこちらの方がよくあらわしているからだ。

こうすることによって、P/LとB/Sを単独で眺めていてはわからないことも即座にわかるようになる。

たとえば、利益の増やし方。

P/L的には、それには二つしか方法がない。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす

しかし、B/Sがあることにより、さらに

  1. 資産を増やす
  2. 負債を減らす
  3. 資本を減らす

という方法もあることがたちどころにわかる。B/S+P/Lはつねにバランスするので、そうすることによって収入が増えざるを得ないからだ。資産を増やすには値上がりする資産を持てばよい。負債を減らすには債務を何らかの形で減免してもらえばよい。そして資本を減らすには、配当してしまえばよい。

ここの部分、ちょっと誤解しやすいので補足すると、「他の項目を増減せずに」という条件がつく。たとえば株や不動産を買っても、その時点では資産の内訳から現金がその分減るので資産額はそのままだ。借金も単純に返済しては、資産も減るのでやはり何も変わっていないことになる。

ということは、「借金を返すと儲かるのか?」の答えはNoということになるのだろうか?是非本書で確認していただきたい。

こうした根源的なことだけではなく、本書には実践的な言葉が実に多くちりばめられている。「利益が変わらない話はニュースにならない」は金言中の金言ではないか。

A4で200ページ弱という薄さもよい。優れたプログラムが実は短いのと同様、優れた道具はかさばらない。著者は会計士になる前はSEだったそうだが、本書にはすぐれたハッカーによるスライドのような勢いがある。会計にとどまらず、プレゼンテーションの例としてもすばらしい。もっともこちらの方の価値は「オフバランス」ではあるが。

もちろん、本書の内容だけでは、さすがに税理士や会計士といったプロにはなれない。しかしプログラミングがプロ2グラマーだけのものではないように、会計はプロのものだけではない。前著で著者が指摘したとおり、約束あるところに会計がある以上、約束を守る必要のある人は、会計を知っておかねばならないのだ。

ご存知のとおり、大変残念ながら現時点において会計は義務教育では教えていない。高校ですら必須科目ではない。これは政府の怠慢(あるいは陰謀)であるが、今からでも遅くはない。本書で自営、いや自衛して欲しい。少なくともローンを組むのは、本書をクリアーしてからにした方がいい。ましてや起業ともなれば。

Dan the Bookkeeper of His Own


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
本日、4月3日発売の新刊、 『儲けにつながる「会計の公式」』の見本版が届きました。 お陰さまで、前作 『借金を返すと儲かるか?』が好評なため、日経ビジネス人文庫として文庫化に至った次第です。ご愛読いただいた皆様に、お礼申し上げます。 単行本を、そのまま文庫化す
新刊 『会計の公式』ができました! (いきなりの懺悔)【会計意識  -岩谷誠治公認会計士事務所blog-】at 2012年03月28日 22:48
404 Blog Not Found:会計リテラシー必要十分 - 書評 - 借金を返すと儲かるのか?
404 Blog Not Found:会計リテラシー必要十分 - 書評 - 借金を返すと儲かるのか?【】at 2012年01月19日 15:22
岩谷誠治さんの本。これで「国語 算数 理科 しごと—子どもと話そう「働くことの意味と価値」 - めも帖」に続き読むの2冊目です。読むきっかけは「404 Blog Not Found:会計リテラシー必要十分 - 書評 - 借金を返すと儲かるのか?」で知りました。 今回の本では「会
[書評]借金を返すと儲かるのか?【めも帖】at 2010年07月06日 23:56
借金を返すと儲かるのか? 岩谷誠治 Isologueや弾子飼のブログで紹介されていたので、買って読んでみた。 確かに、これはいい本だ。 まず何がいいかというと、本が薄いことと、ものすごく分かりやすい図がたくさん載っていること。 損益計算書(PL)と賃借対照表(B...
借金を返すと儲かるのか? 岩谷誠治【金融日記】at 2010年04月03日 09:16
JUGEMテーマ:ビジネス  この春のOB訪問でのボクのアドバイスでご紹介した、週刊ダイヤモンド7月11日号で小飼弾さんが厳選された5冊のうちの1冊です。早速読んでみました。
借金を返すと儲かるのか?【rennyの備忘録】at 2009年07月12日 11:35
簿記(booking) 企業が日々行う取引から、貸借対照表や損益計算書を作成するための総勘定元帳を作ることです。単式簿記・複式簿記とかもあくまで方法論。ただ、企業組織の場合は家計簿とは違い、発生したお金の結果だけではなくその原因について因果関係を踏まえて帳簿をつ
[ライフハック]バランスシートが教えてくれること いい椅子に座るために【keitaro-news】at 2009年06月25日 05:25
小飼弾氏のブログ「404 BLOG NOT FOUND」にて、拙書 「借金を返す
小飼氏のBlogにて拙書「借金を返すと儲かるのか?」の書評が掲載されました【会計意識】at 2009年06月24日 11:53
この記事へのコメント
"誤解しにくいので補足すると"

誤解しにくいなら、補足しなくていいんぢゃない? …と思いました。たぶん…。

"理解しにくいので補足すると"

もしくは

"誤解しやすいので補足すると"

では?
Posted by Tommy at 2009年06月25日 02:02
ちょwww
Posted by ui at 2009年06月25日 00:24
貸借対照表と損益計算書が上下につながったその表は試算表といって、普通は貸借対照表と損益計算書を作成するための準備段階で作られるものです。
実務の手順からいうと、試算表をちょっと加工して分解したのが貸借対照表と損益計算書。
会計の知識が無い人が財務諸表を理解するのに試算表を役立てようという試みはベストセラーになった國貞克則「決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法」にもありますし、最近の会計入門本(財務諸表の読み方系)では定番化しているように思います。
弾さんは簿記の勉強をするときっと感動できると思うのです。
(試算表は日商簿記3級受験に必須の知識です)
Posted by だんtheだん at 2009年06月24日 10:01
いつもブログを読ませて頂いており、大変参考になっています。起業を目指しているので、早速購入しました。また、お邪魔させて頂きます。
Posted by tommyyz at 2009年06月24日 08:36