2009年07月16日 12:30 [Edit]

Be Free, at Home - 書評 - 仕事するのにオフィスはいらない

著者より献本御礼。

21日発売の「2011年 新聞・テレビ消滅」がいまだにAmazonに登録されないので、こちらを先に取り上げることに。

結論から言うと、激おすすめ。著者のようにすでにオフィス=雇用主なしで仕事をしている人にも、そして未だ大多数をしめる、仕事=「オフィス=雇用主」の下で働くことである人にも。


本書「仕事するのにオフィスはいらない」は、ばりばりのオフィスワーカーを経て、ばりばりのオフィスレスワーカーとなった著者による、オフィスレスで(被)雇用レスな仕事論+仕事術。両方が絶妙のバランスで新書というコンパクトなパッケージに収まっている。

目次 - Amazonより
はじめに - ノマドって一体何ですか?
第1章 ノマドワーキングのすすめ
第2章 アテンションコントロール
第3章 情報コントロール
第4章 コラボレーション
第5章 クラウドを使いこなす
第6章 ノマドライフスタイルの時代へ
あとがき
さくいん

位置づけとしては「3時間で「専門家」になる私の方法」ということになるだろうか。実はこれには「ひと月15万字書く私の方法」という本が同じ出版社、同じ装丁で出ているのだが、同書は仕事術、すなわち「どうやってオフィスなしで働いているか」ばかりで、仕事論、すなわち「なぜ仕事をするのにオフィスはいらない」ということに関して十分な説得力がなかった。本書は違う。それを説得するのに、自らの事例のみならず、実際にオフィスなしで仕事をしている、他の「ノマド」たちの実例も、十分取材した上で紹介している。

それでは、なぜ今「ノマド」なのか、「仕事するのにオフィスはいらない」のか?

著者自身に、語っていただくことにしよう。

はじめに
 正規雇用が消滅していき、すべての人が契約社員やフリーランスとなる社会へ。
 会社に頼っていればなんとかなった時代から、自分自身で人生を切り開かねばならない時代へ。
 そんな社会を、だれも望んでいないって?そうかもしれません。自分自身の力で生き抜く方法を探していくのは、たいへんですから。しかしこの変化は、否応なくやってきています。
 だったら私たちは、この状況をなんとか乗り切るだけの知恵を付けておかねばなりません。
 逆に言えば、この未曾有の大不況をうまく乗りこなして、より素晴らしい人生を生み出すための材料にしてしまおうという前向きな姿勢がいまや求められているいるのです。
 それこそが、新しいノマドの生き方なのです。

「新しいノマド」。そう、実はこれは「元祖ノマド」と決定的に異なる点が一つある。

元祖ノマドは、孤立(independent)な人たちであるのに対し、新しいノマドは、共立(interdependent)な人たちであるということ。彼らはオフィスには頼らない。しかし頼るべきものは未だかつてないほど多く、そしてそれらに上手にたよることによって、

オビより
さらば残業!さらば満員電車!

という生き方が、元祖ノマドのようなマッチョでなくても手に入るのだ。

以前私はこう書いた。

404 Blog Not Found:バイキング式のレストランで給仕を待つ君たちへ
食べきれぬほどの料理が手をのばせば届くところにあるのに、なぜ給仕が来ないことを嘆き続けるのか。

しかし、見えない人にはどこに料理があるのか、いくら目をこらしても見えない。本書は、それがどこにあるのか、そしてそれを手に入れるのにどういうマナーが必要なのかも、丁寧かつ具体的に紹介している。これが本書の「仕事術」の部分で、この部分に関しても「ひと月15万字書く私の方法」よりも優れている。ネット証券と日経テレコン21の「合わせ技」は、実になるほどであった。

もちろん、超えなければならない壁もある。その一番の壁は、著者の言うところの「アテンションコントロール」が出来るか否かだろう。これはかつて単なる必要条件の一つに過ぎなかった。しかし、いまやこれこそが必要十分条件。これさえあれば、あとはスマートケータイとノートパソコンさえあれば何もいらないのである。

法人も、いらない。

資金も、ほとんどいらない。

必要なのは、自らが自らの主となる心構えだけなのだ。

まだ信用できないって?

本書で、それを確認してください。

あなたにも、きっと出来ます。

著者にも、私にも出来たんですから。

Dan the Nomad


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
監修者より献本御礼。 Me 2.0 Dan Schawbel / 土井英司監 / 伊東奈美子訳 [原著:Me 2.0] はじめに言ってしまうと、私にはもはや必要ない一冊。なぜなら Dan Kogai は 著者 Dan Schawbel 以上に盤石なパーソナル・ブランドを確立しているから。 まだ確立してい...
電網恢々粗にして漏らさず - 書評 - Me 2.0【404 Blog Not Found】at 2010年04月28日 19:56
著者より献本御礼。 iPhone情報整理術 堀正岳/ 佐々木正悟 「何匹目のどじょうだよ」と思いつつ読んだら、なんとどじょうどころか大ナマズだった。それも震源地となる大きさ。 iPhone/iPod Touchをお持ちの方、本書を読みながら使ってみて下さい。読了前に元が....
(iPhone|iPod Touch)オーナー必携! - #書評_ - iPhone情報整理術【404 Blog Not Found】at 2009年10月21日 06:24
おそらく出版社より献本御礼。 わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか? 伊藤春香 「おそらく」となっているのは、添え状が見当たらなかったから。 書籍化のお知らせ - はあちゅうの世界一周主義。〜タダで70日間世界一周出来るかな?〜読んだら元気に....
本当の修学旅行 - 書評 - わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?【404 Blog Not Found】at 2009年09月09日 02:11
著者より献本御礼。 2011年 新聞・テレビ消滅 佐々木俊尚 やっとAmazonにも登録されたので紹介。しかし書影も目次も未登録(ここの書影は文春より援用)。「グーグル 既存のビジネスを破壊する」の時と同じだ。これで「新聞・テレビ消滅」と言われたら、文藝春秋よ....
メディアにマスはいらない - 書評 - 2011年 新聞・テレビ消滅【404 Blog Not Found】at 2009年07月17日 16:33
※ここでいう平社員は、新入社員と言えなくなった人たちで、かつお金と人事の決裁権の無い人を指します。 「会社の言うとおりにやっていたのに!」 上記の台詞は、平社員として「会社の言うことに従う」と言って働いていた人が、ある日突然自分の置かれている境遇に問題があ
平社員が会社というシステムに「頼る」危うさ【pc4beginnerの日記】at 2009年07月17日 13:55
ここのところ、宅急便やらジェルマットやらと有名ブロガーに茶々ばっかりいれていますが(小学生男子が好きな女の子にちょっかい出すのと同じレベルだと思っていただければ幸い)今度は依頼あり?でブロガーの記事が被ってしまった例。 でも「書評」なのでブロガーごとにそ....
仕事するのにオフィスはいらない【地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記】at 2009年07月16日 23:26
この記事へのコメント
この本、今やっと読みました。
衝撃を受けました。

私の夢・目標です。ノマドワーキングスタイル。
Posted by くま at 2009年10月21日 21:34
To: Chic Stone さん、

なるほど。それで千分の一というわけですか。
もし本当にそうなら、街の中の個人営業の店や零細企業も
それこそ桁違いに減っていくということになりますかね。
千分の一とまでは言わないまでも百分の一くらいまでは減るかな?
Posted by 権兵衛 at 2009年07月24日 04:07
税理士・司法書士・行政書士、あと弁理士・旧制度の弁護士など
試験職業の背後には、かつての弁護士浪人の末路を見るとおり
「試験に挑戦して結局ダメ」な屍の山があります。
しかもかつてと違い、今は試験浪人でフリーターをしていた人が
まともに(家を買って妻子を養え、過労死はしない)生きられる
職を得られる可能性はごく低いでしょう。
さらに「試験には合格したけど食えない」率だって低くないです。

翻訳やwebデザイナーも人間関係に運良く当たらなければ、
養成学校は出たけど食えない人が大量にいるでしょうね。

自営業も、特に店の類は24時間巨大ショッピングモールが次々でき、
銀行の貸し渋り体質が変わる要素がどこにもないご時世、ジリ貧です。
考えてみてください、「バイトで24時間365日営業のショッピング
モール内チェーン店」に、家族営業の店がどう対抗するのでしょうか?
夫婦と子供または一人か二人の地域の若者でやるには朝十時から夜八時、
週一日の休みが限度なのです。
Posted by Chic Stone at 2009年07月23日 20:16
>成功するのは千人に一人、残り999人は夢を抱いた代償として
>アンダークラス・非正規雇用として社会から排除され、

そんな大袈裟な話じゃないでしょう。
要するに、個人事業主とか自営業とか自由業とかは、
既にこういう携帯なわけです。
税理士、行政書士、司法書士、翻訳業、webデザイナー、など。

ま、零細企業のおやじという生き方を選択してるわけですな。
生き残る確率が千分の一というのは誇張が過ぎる。

Posted by 権兵衛 at 2009年07月23日 07:25
みんながやっちゃったら社会基盤が崩壊するし、
著者も弾氏も、みんなが容易に漕ぎ出せるなんて思ってないよ。
思ってたらこんなこと書けない。
Posted by ag at 2009年07月21日 10:17
「脱サラ」ってことば、すごく流行ってたんですよ、お兄さん。

脱サラと中小企業の人数は、業種が変われど比率は変わらず。
Posted by 耳喰い at 2009年07月19日 00:45
所謂成功本の著者の人とかに言う人が多い言葉な気がします。
俺にできたからお前にもできるはず。
まあ善意からでているんでしょうけど、できないのはお前が
悪いから、という考えに簡単に移行しちゃいがちな気がするん
ですよね。
自己責任とかと同じで。
たぶん世の中の圧倒的多数はそんなこと出来ない人なんじゃな
いか、と思います。
Posted by 通りすがり at 2009年07月18日 13:09
上司もいらねー
てめぇーもいらねー
Posted by at 2009年07月17日 23:20
成功するのは千人に一人、残り999人は夢を抱いた代償として
アンダークラス・非正規雇用として社会から排除され、
五十過ぎたら高い確率で餓死するのでは?

まあ「まともなレール」に乗ろうとした人も振り落とされて
そうなる確率は高いんですが。
Posted by Chic Stone at 2009年07月17日 20:52
会社員という立場にうまみがなくなってますからね

これから会社員という存在は減っていくと思うしそうなるべき。
Posted by 永尾駿 at 2009年07月17日 11:59
>「私はできたけど、できない人もいるかもしれない」
>という考え方をしない理由を教えてほしい。
心理的なハードルは高くても、技術的なハードルは凄く低い…
と、弾さんが考えているから。
だと、思う。やりたくない人はいても、できない人はいない。
Posted by りょう at 2009年07月17日 05:27
理想ですよね。

是非そうしたい。

と、おもっている人
多いだろうなぁ。
Posted by yang at 2009年07月17日 02:19
> あなたにも、きっと出来ます。
> 著者にも、私にも出来たんですから。

「私はできたけど、できない人もいるかもしれない」
という考え方をしない理由を教えてほしい。

そこに希望があるのかもしれない。
Posted by y at 2009年07月16日 20:13
そこぉぉにぃいいけぇばぁぁ
どぉおんなゆめもぉぉ
かぁなぁうとぉゆうよぉぉ
だぁれもみなぁ
いきぃたがぁるぐぁぁ
はぁぁるかなぁぁせぇかうぃぃ
Posted by タケカワユキヒデは子だくさん at 2009年07月16日 17:25
何処にあるのよ、
ガンダーラ
Posted by 宇宙 at 2009年07月16日 17:14