2009年08月15日 14:30 [Edit]

それを選んでしまわぬために - 書評 - それでも、日本人は「戦争」を選んだ

朝日出版社鈴木様より献本御礼。

これは、すごい。

はじめて「腑に落ちる」日本近代史を読ませていただいた。

なぜ、それでも日本人が、いや二十世紀人たちが戦争を選んだのかを、やっと納得することができた。

そして、わかった。

どうしたら戦争を選ばずにすむのかが。


本書「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」は、歴史学者である著者が、中高年ではなく中高生とともに、日清戦争から太平洋戦争に至る戦争の世紀を一緒に学んだ記録。

それでも、日本人は「戦争」を選んだ 加藤陽子 目次より
序章 日本近現代史を考える
1章  日清戦争 - 「侵略・被侵略」では見えてこないもの
2章  日露戦争 - 朝鮮か満州か、それが問題
3章  第一次世界大戦 - 日本が抱いた主観的な挫折
4章  満州事変と日中戦争 - 日本切腹、中国介錯論
5章  太平洋戦争 - 戦死者の死に場所を教えられなかった国

それでは、なぜ「戦争」が選ばれたのか。

戦争を選んだ者たちにとって、それが経済的に合理的だったからだ。

念のために断っておくと、それが書いてあるのは本書の行間であって本書そのものではない。声高に結論を述べるのであれば、5日間、400ページにもわたって議論を重ねる必要はない。本書の特長は、情に走りがちな戦争という話題を、あくまで理詰めで解明していくところにある。理詰めということは、その理に至るまでの背景と道程を端折れないということである。だからこそ、私は情でも納得できた。理が放置された状態では、情も不快なのだ。

本書には、実に多くの数値とグラフが登場する。本書のサムネールだけみたら、きっとあなたは本書が歴史書ではなく経済書だと誤解することだろう。いや、それは誤解ではない。経済こそが、戦争を選んだ理由なのだから。

「戦争は政治の延長」だと言ったのはクラウゼヴィッツだったが、政治は経済の延長でもある。さすれば、戦争とは経済の延長であり、経済の理解なくして戦争は理解できないということでもある。

戦争とは、経済の一オプションに過ぎないのだ。

ご存知だっただろうか。

太平洋戦争中も、日本の株式市場が開いていたことを。

恥ずかしながら、私は知らなかった。9.11が米国の株式市場を止めた記憶がまだ新鮮であればなおのこと、このことは驚きに値する。

しかも、日本のライフはゼロだったようにしか見えない戦争末期にも、値上がりした銘柄があるのである。どんな銘柄がそうだったかは、ぜひ本書で確認していたきたい。

戦争は、経済である。

問題は、誰にとっての経済か、ということだ。経済には主体がある。あまりに当たり前のことであるが、これを理解してはじめて「戦争を選んだ」理由がわかる。

蒋介石の国民政府の駐米大使、胡適の「日本切腹 中国介錯論」の行間に、それがにじみ出ている。

P. 323
中国は絶大な犠牲を決心しなければならない。この絶大な犠牲の限界を考えるにあたり、次の三つを覚悟しなければならない。第一に、中国沿岸の港湾や長江の下流地域がすべて占領される。そのためには、敵国は海軍を大動員しなければならない。第二に、河北、山東、チャハル、綏遠、山西、河南といった諸省は陥落し、占領される。そのためには、敵国は陸軍を大動員しなければならない。第三に、長江が封鎖され、財政が崩壊し、天津、上海も占領される。そのためには、日本は欧米と直接に衝突しなければいけない。我々はこのような困難な状況下におかれても、一切顧みないで苦戦を堅持していれば、二三年内に次の結果は期待できるだろう。
満州に駐在した日本軍が西方や西南に移動しなければならなくなり、ソ連はつけ込む機会が来たと判断する。世界中の人が中国に同情する。英米および香港、フィリピンが切迫した脅威を感じ、極東における慰留民の利益を守ろうと、英米は軍艦を派遣せざるを得なくなる。太平洋の海戦がそれによって迫ってくる。

著者も私も多いに感嘆したのだが、しかしあえてここに何が登場しないのかを考えて欲しい。行ではなく行間になにがあるのかを推察して欲しい。

それが、民である。

胡適にとって、民というのは客体(object)に過ぎないのである。「損して得とれ」の「損」でしかないのだ。英米参戦という「売上」を確保するのに必要な「投資」に過ぎないのである。

民という資本を投下して行う事業。

それが、戦争だ。

だから、戦争は非道なのだ。

無実の人が死ぬから、ではない。それは理由ではなく結果。無実の人が死ぬというイベントは戦争に限らない。平和な社会でも病死や事故死で人が死ぬことは避けられない。しかし、これらのほとんどにおいて、人は人として死ぬ。戦死は、戦争を選んだ者たちにとって、ヒトの死ではない。モノの死なのだ。犬死の方がまだ尊厳があるのだ。

だからこそ、国家は必死でそのことを隠蔽しようとする。なぜ靖国神社やアーリントン墓地が存在するかといえば、それに尽きるのだ。「ヒトの死」ということにしておかないと、モノがヒトに戻ってしまうのだ。

本書の凄みは、中高生にそのことを明かしたことにある。それも行間で。

金融日記:経済の相互依存だけが世界を真に平和にする
誰も自分の子供が働いている国や、自分の商品をたくさん買ってくれるお得意様がある国に爆弾を落とそうとは思いません。

これが否、であることは、本書を読めばよくわかる。

「爆弾を落とせばもっと買ってくれる」という見込みがあれば、爆弾を落とすのが「合理的経済人」なのだ。アヘン戦争は、アヘン市場を守るためになされたことを忘れてはならない。そして、そうして奪われた香港とマカオを英国から取り戻した鄧小平にとっても、民はポーカーのチップに過ぎないことを。

そしてもちろん、一銭五厘で民を兵にした、かつてのこの国の為政者にとっても。

それを避けるにはどうしたらよいか。

民が、経済の主体となるしかないのではないか。

そのためには、貧困を克服しなければならない。

それも国単位ではなく、全世界単位で。

貧困とは、額の多寡ではない。

モノとしての価値しか認めてもらえないことだ。

そしてそれを一度確立してしまえば、他人(ヒト)がモノにしか見えない者たちでさえ、戦争というオプションを選択肢から抹消するしかなくなるはずだ。

404 Blog Not Found:古典x古典=斬新 - 書評 - 戦争の経済学
世界政府というのは、何よりも経済学的に有利だという結果になりはしないか?

経済は人を戦争に追いやるばかりではない。うまく使えば戦争を根絶するのにだって役立つはずだ。

しかしそのための最低条件は、「何人たりともモノとして扱ってはならない」の確立である。

それがない限り、戦争という選択肢はなくならないのだ。

Dan the Economic Animal


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
それでも、日本人は「戦争」を選んだ加藤 陽子序章 日本近現代史を考える1章 日清戦争 ―「侵略・被侵略」では見えてこないもの2章 日露戦争 ―朝鮮か満州か、それが問題3章 第一次世界大戦 ―日本が抱いた主観的な挫折4章 満州事変と日中戦争 ―日本切腹、中国介錯論5章 太
[本]それでも、日本人は「戦争」を選んだ【Bugle Diary】at 2013年05月17日 01:40
それでも、日本人は「戦争」を選んだ 作者: 加藤陽子 出版社/メーカー: 朝日出版社 発売日: 2009/07/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 16人 クリック: 124回 Amazon.co.jpで詳細を見る dankogai氏のブログで絶賛されていたんで読んでみた。 歴史系の本てほとんど
[書評]それでも、日本人は「戦争」を選んだ【理系大学生の鼻。】at 2010年01月16日 09:53
 小飼弾さんのレビュー 404 Blog Not Found:それを選んでしまわぬために - 書評 - それでも、日本人は「戦争」を選んだ をみて興味を持っていたら、内田樹さんまでレビュー 『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』 | 一流社員が読む本 していたので、これはと「それでも日
[読書]加藤陽子「それでも日本人は『戦争』を選んだ」と「戦争の日本近現代史」【lawの日記】at 2009年12月31日 15:41
戦争が始まれば、もちろん、こうした陸軍の描いた一見美しいスローガンは絵に描いた餅
それでも、日本人は「戦争」を選んだ【COCO2のバスタイム読書】at 2009年11月22日 21:03
それでも、日本人は「戦争」を選んだクチコミを見る歴史はスナップショットだけ切り取って語るべきものではないです。全ての物事は過去の積み重ねの結果なのです。「なぜ戦争なんか起こしたのか」その理由を太平洋戦争前の一時点だけに求めると、おそらく「本当のところ」を....
【殺し合い以外の戦争の側面】書評No. 034 それでも、日本人は「戦争」を選んだ  加藤陽子 (著)【社会起業家を目指すコンサルYUTAのブログ】at 2009年11月10日 22:41
ReviewMarket.NETではそれでも、日本人は「戦争」を選んだの良質なレビューを集めています。
ReviewMarket.NET:それでも、日本人は「戦争」を選んだレビュー【ReviewMarket.NET:良質なレビューを提供するサイト】at 2009年09月10日 00:40
以下のエントリを読んで。 それを選んでしまわぬために - 書評 - それでも、日本人は「戦争」を選んだ こちらの本については未読なのでコメントできませんが、少なくとも太平洋戦争の発生の原因のひとつとして「経済」を挙げるのは興味深い切り口です。戦争というシステムは
戦争というシステム【pc4beginnerの日記】at 2009年08月17日 15:08
今日は64回目の敗戦の日だ、戦後誰が名前を付けたのか知らないが、敗戦という文字を
遙かなりバイカル@8月15日敗戦の日の靖国神社【時事を考える】at 2009年08月15日 23:38
この記事へのコメント
このような議論でしょうか

/佑里發里魘奪したい
△海譴呂任るか
L詰でした
い修譴討發笋辰討靴泙辰
グかった

本来なら,悪いのを子供に教えるべきなのに、
無理のことしたから悪いのように教える

教育者や学者の資格に疑わしい。
Posted by luna1206 at 2010年04月02日 16:46
> そのためには、貧困を克服しなければならない。
> それも国単位ではなく、全世界単位で。

みなさんほど頭が良くないので、言葉遣いが間違っているかもしれませんが、誤解を恐れずに言うと、

「貧困」って、「持っている資源が少ないこと」ではないですよね。銀行口座に100万円が入っていて、それで喜ぶ人もいれば、将来が不安でたまらなくなる人もいます。ここでは絶対的な金額は関係なく、持っているものを相対的にどう認識するか(多い?少ない?)が、裕福/貧困を決めるんだと思います。

どんなに豊かでも、自分のもの、他人のもの、という区分をする視点を持っていては、比較することから逃げられません。そして、どんなに多くのお金・資源を持っていても、他者と比べる視点を持っていては、本当の充足・安息は得られません。

国単位ではなく世界単位で貧困を克服する唯一の手段は、国という枠組みを無くすことでしょう。僕たちが世界市民の一人であるとの認識を持ち、自分の所有物に対する執着を無くすことがもし本当に可能なら、きっと世界から貧困は消えてしまうと思います。

とはいえ、すべてがフラットでは競争によるイノベーションも生まれないと思うので、なんらかの競争原理はあってもいいのでしょうけれど。たとえば大前研一氏が提唱する道州制では、日本を数個(約10)の道州という単位に分け、それぞれが工夫・切磋琢磨することを期待しているようですが、この道州間でいまさら紛争・戦争は起きないでしょう。戦国時代や明治維新中ならいざしらず。

なお、これは貧困ゼロ・紛争ゼロの世界を作るにはという問いに対して、理論的に考えてこうすればよいのではないかという答えを述べているだけで、もちろん僕は自分の財産、家族という枠組みから抜け出すことはできていないことを、予め述べておきます。
Posted by 岩田安樹繁 at 2009年08月25日 17:57
そう、損得で考えて「戦争した方が儲かる」ってなっちゃえば戦争は行われちゃうのよ。その点、引用したブログの人が間違ってるのは弾さんが言うとおり。
Posted by walk at 2009年08月22日 13:32
軍産複合体というのは、アメリカだけのものではない厄介なしろものかもしれませんねえ。
Posted by PK at 2009年08月20日 06:56
うん?まぁ、戦争が経済で、戦争が原理的に人の命を資源化するものであり、日本が戦争を選んだのはそうなんだけど(日中戦争なんかモロ資源目当てだし

少なくとも太平洋戦争の場合は選ばされた形になるね。より経済的に強いアメリカによって。
領土の半分諦めるなら見逃してやってもいいんだよ?とか言われて
はいそうですかなんてやった日にはどんどん削り取られていくのは明らかだし。ゲーム理論的に考えて。

つまり最初はただのしっぺ返し戦略だったわけだ。
しかし「しっぺの返し方」を誤ったせいでアメリカ以外の国まで巻き込んで
ズタボロにされた挙句未だに領土を占領されてるんだね。

まぁ、それは置いといて。

世界中が豊かになることは、やっぱり難しいし、
戦争は経済なのだから
戦争をなくす最も効率的な方法は
戦争をしないことが最も効率的な方法だと世界に示すことだと思う。
だから「今の日本」が経済的にアメリカに勝てたのなら
それにはかなりの効果があると思ってる。個人的に。
Posted by neko at 2009年08月18日 00:48
なるほど
Posted by まこ at 2009年08月18日 00:47
>>zzzさん
「世界でも最も裕福な国(の一つ)であろうアメリカは世界でも最も戦争をしている国ではありませんか。」

世界でも最も戦争をしているからこそ、もっとも豊かでいることが出来ているのかも知れません。
Posted by bob at 2009年08月17日 10:55
弾さん、自分がマルクスシンパだって白状しちゃえばいいじゃん。
あまりにもアホらしすぎる論理だよ。
Posted by エロワード3世 at 2009年08月17日 10:27
  一般法則論のブログを読んでください。
  ヒトとは何か、ヒトが住むこの世界の成り立ちと仕組みはどう造られているか、これに基づいたヒトの生き方の原理の解明が先にないままでは、本当の話は始まりません。
    一般法則論者 
Posted by 一般法則論者 at 2009年08月16日 21:23
生きる糧(利)を得るための行為は正しい行為でしょう、生物はまず生きて子を成す事が存在意義なのですから、それが共食ですら必要ならば成すべきではないでしょうか?

つまる所、効率に生きる糧を得る行為が社会と経済であり、その手段が社会であり外交とその手段たる戦争です。

理想論を現実に持ち込むのは、思考停止した宗教家と50歩100歩。

その他にも平和と過度の繁栄には致命的な問題が有ります。

戦争をしない方が、効率的で利益になるという状況は作り得ない訳ではないですが、だがそのような状況下では「間引き」効果がますます低下し人類という種と人類に必要な生存環境、すなわち地球という資源が枯渇する時期が早まり結果として皆で破滅することになります。

戦争は個人や社会にとっては災厄だが種と遺伝子にとっては、あるいは福音かもしれません?(全面核戦争を除き)

Posted by   at 2009年08月16日 12:41
外交の一手段として「戦争」があって、日本は(今のところ)憲法上ではその手段で外交をしないことになっていますが、それがOKな国家もあります。

非戦論者の人は「外交手段としての戦争をなしにしよう」ということなのでしょうが、経済的な「利」を重んじる人は戦争を選ぶんでしょうね。

かといって貧困をなくすと戦争がなくなるか、といえば否だと思います。どんなに豊かになっても差は生まれるものだし、隣と自分を見て「あっちがよさそう」と思ったら、それを手に入れる手段として戦争を選ぶ人は必ず出てくると思うので。

でも「損か得か」の図式を入れるのは賛成です。「戦争が損」という概念が広がれば、誰もやりたくなくなるでしょう。そのために経済的な損失に留まらないいろんな「損」を訴えかける必要があると思います。
Posted by 丘村 at 2009年08月16日 11:05
1950年から2000年の間に、世界人口は約3倍に増え、世界経済は、約10倍成長したそうです。

おそらく、19世紀後半に出現した諸産業とマーシャル・プランとEECの出現だけではこれは不可能だったでしょう。やはり、ENIAC以来のコンピュータを用いた情報産業が20世紀後半の奇跡的現象を可能にしたのだろうと思います。

1995年のインターネットの完全商用化とWindows95の出現で、IT革命は新たな段階を迎えたのだけれど、おそらく、2050年は、2001年の現実からは想像のつかないほどの技術変化と経済変化と社会変化とが起こっていると思われます。大戦争や大恐慌や世界的な疫病の蔓延がない限り破局的な事態はまずなかろうと思います。

ただ、2050年に貧困は世界からなくなっているか?と問うと、たしかに経済的な貧困は定義を改めていると思いますが、貧困を人間の尊厳の問題にしてしまうと、2050年の社会の世界の貧困問題は、現在の貧困問題より事態がずっと厄介かもしれません。

戦争は政治問題、主として政治的意思決定の問題だと思われます(例:イラク戦争)。これを、経済問題に還元して、経済事象の政治問題の解決が倫理問題、人間の尊厳の問題の解決にもつながるとするのは、思考法があまりにも「近代科学」的なのではないかと、くどくいえばそういうことです。

人間の尊厳の問題は、経済問題からいったん少し遠ざけておいたほうが、事態を紛糾させないですむと思います。田中角栄首相の経済政策は、国民を豊かにはしたけれど、人間の尊厳の問題の最終解決は導けなかったのです。それは、わが国で、立場の弱い女性たちと立場の強すぎる女性たちがどう扱われているかを調べればよくわかることのはずです。
Posted by enneagram at 2009年08月16日 10:10
何を言っているのか分からなくない。
回りくどい。
文章が重い。
この方には致命的なまでに欠けているものがある。
内容はともかくとして藤沢数希さんには分かりやすさが感じられたよ。

本当に頭の悪い人間が増えた気がする……
Posted by あつし at 2009年08月16日 05:55
政治家や経済屋にとってお得だから日本は戦争をした?
あほらしい。まるで中国共産党の言うとおりの論理ですね。

日本の一部軍国主義者たちが、日本人を戦争へと駆り立てた。
殺されたのは一銭五厘の貧しい庶民であり、
天皇は贅沢な暮らしをしているぞとね。

これは悪であり、日本人は過ちを繰り返してはならない。とね。
かれらは決して真実を語らない。

私はあなたに聞きたい。
日本が彼らの国と戦わなかったら、果たして今の日本はあったのでしょうか?
日本人は、開国に際して不平等条約を押し付けられてからずっと、明治、
戦中、戦後においてもなお、ずっと戦ってきた。

日本人は、かれらの言うように日本の支配者と戦うべきだったのでしょうか?そうしたら、日本はどうなっていたのでしょう?

だれだって死ぬのはいやです。ではなぜ、われわれの先祖は戦争に行ったのでしょう?
戦争に行った私たちの祖父や先祖は、彼らの主張するように愚か者で、日本の支配者の利益のために従容と殺されたのでしょうか?

戦前の人、戦中の人はみな戦う理由がわかっていた。
だから、いきたくもない戦争であっても、負けることがわかっていても、
戦ったのではないのですか?

もし戦争が起こったら、戦争で利益を上げる日本の支配者層を殺して共産主義革命を起こせば、戦争は起こらなくなりますか?
革命により支配者のいない、人民主体の経済ができれば、戦争はなくなるのでしょうか?
誰がそれを願うのでしょうか?

日本人は戦時中、天皇のために戦わず、民が、経済の主体となる主体思想を確立するべきだったのでしょうか?そうすれば幸せになれたのですか?

皆が豊かになれば、戦争がなくなるというのは幻想に過ぎません。
その幻想を広めたいと願っているのは誰でしょうね?
Posted by 七誌 at 2009年08月16日 04:10
社会主義が理想かなぁ
資本主義じゃねえもんな帝国主義だもんな
Posted by た at 2009年08月16日 01:53
金持ちけんかせず

貧困を減らすことで戦争が減るであろうことには同意します。
しかし、貧困がなくなっても戦争がなくなるかどうかは疑問です。

また、貧困をなくすとはどこのレベルまで引き上げればいいのでしょうか。
世界でも最も裕福な国(の一つ)であろうアメリカは世界でも最も戦争をしている国ではありませんか。
(アメリカに貧困がないわけではないですが)
そのすべてが貧困側がアメリカに仕掛けている戦争でしょうか?
Posted by zzz at 2009年08月15日 22:52
> 本書には、実に多くの数値とグラフが登場する。
早速、斜め読みしたけどグラフは後半に6枚だけじゃん。
The disabled japanese
Posted by 下げ人知らず at 2009年08月15日 19:50
英霊は、戦争を望んでいないよ。経済だとも思っていないよ。
Posted by えっと at 2009年08月15日 19:00
やだなぁ、戦争が戦争を生むのだよ。

ロシアに勝ったのはいいけど、で、明治政府は、なぜ戦争を始めたかというと、江戸末期に外国と紛争起こしているし、さかのぼれば、関が原が原因でしょ。全部、戦争の連鎖だよ。

金は、なんにでも理由づけられる便利なもの。恋愛は経済である。人生は経済である。どれも、面白いといえば面白いけど、恋愛も人生も何も理解できるわけじゃないよ。戦争は、もっと複雑で、じゃぁ、人殺しも経済であるってことなのか?

終戦記念日だけど、日本が二度と戦争しないためには、経済の問題ではない。敗戦したことと、敗戦で死んだ人たちを心の支えにできるかだよ。生きている人間の都合でいいようにしないということだよ。敗戦で死んでいった人が、新たな戦争を望んでいないと強くコンセンサスをもてることが重要なんだよ。そこを忘れたら、戦争してしまう。経済の問題ではない。だいたい、借金して戦争しているんだから。ま、借金できないほど借金を積み重ねれば戦争はできないってのはあるけどね。

本って、困ったもんだね、心がないから。
Posted by えっと at 2009年08月15日 18:59
TESTeB
Posted by at 2009年08月15日 17:17
TESTeB
Posted by at 2009年08月15日 17:15
>そのためには、貧困を克服しなければならない。

それも国単位ではなく、全世界単位で。

貧困とは、額の多寡ではない。

モノとしての価値しか認めてもらえないことだ。


 <小飼さん、そういってしまうと、貧困とは、経済の問題ではなく、政治の問題、倫理の問題ということになってしまいます。確かに正論なのだろうけれど、こういう意見は、マルクス主義者たちの意見の蒸し返しになる危険性もあるんですよ。マルクス主義者たちも、経済の問題と政治の問題と倫理の問題を混同したところから多くの悲劇の原因を作り出したんです。もう少し、この点は整理して考え直したほうがよいのではないかと思われます。

     切込隊長みたいな(?笑)保守主義者のenneagram

Posted by enneagram at 2009年08月15日 17:00