2009年08月30日 11:30 [Edit]

世界は誰が変えるのか

先ほど投票をすませた。期日前投票するつもりが、結局その暇がなかったからだ。当日投票であれば投票所は我が家の隣。実は時間は最短で済む--はずだったのだが、思いもかけないことがそこで起きていた。

行列、である。


生まれて40年。有権者となって20年。生まれてはじめて、投票所の行列というものを目にした。私の経験が少なくてたまたまそうなったのかとも思ったが、私より明らかに年長そうな出口調査員に逆インタビューしてみると、「こんなのみたことない」という答え。

Twitter / Kazutoshi Ono: なんかハッシュタグの前後にスペース入れ忘れたので再投 ...
なんかハッシュタグの前後にスペース入れ忘れたので再投: ギルドオフで #LLTV に参加した人から話が出たんだけど、「LL Televisionのスピーカーって、世界を変えた人は一人でもいるの?」その点、 #tenka1 は常に世界を変えた人が最低一人は出てるね

実に若者らしい、無礼な勘違いだ。

勘違いしている点は、三つある。

一つは、世界というのは変えないと変わらない場所であるという勘違い。

世界というのは何もしなくとも変わってしまう場所である。小さかった宇宙は大きくなり、熱かった宇宙は冷たくなり、そして形あるものは壊れていく。「生きる」というのは、実はこの流れに逆らうことでもある。他から負のエントロピーを奪うことで「変わる」をそれに押しつけ、それによって「変わらぬ」ことを得るのが生物なのだ。生物は変わるからすごいのではない。変えないからすごいのだ。生物が変わるのは、変わることによってしか守れないときだけだ。だからこそ、「変える」はよほどのこと、なのだ。

「世界を変えた人は一人でもいるの?」と語った御仁も @lalha も、「どれだけ世界を変えた」かといえば、 @takahashim や私の足下にはるか及ばない。世界を変えていない者ほど、ものごとを「変える」でおしはかりたがるのは、「変わる」がわかっていないからなのだろう。

二つは、世界を変えるということはよいことだだ、という勘違い。世界は何もしなくても変わるものだと先ほど述べたが、それでも変わる速度は変えられる。そして変わる速度を変えたとき、それが「よいこと」である確率はぞっとするほど低い。21世紀のこの9年で、最も世界を変えたのは誰か?私は「アルカイダ」と答えざるを得ない。アルカイダは米国を変え、変わった米国が世界を変えた。オバマの"change"は「変わる」という点に関して George W. に及ばず、そして George W. はアルカイダに及ばない。

世界を変えるのは、簡単だ。よい方に変えることこだわらなければ。

そして三つ。世界は誰が変えているのかの勘違い。

「世界を変える」奴じゃない。

「世界によって変わった」人々、である。

世界を変えたのはジョブスじゃない。ジョブスの製品に対して何らかの行動を起こさずにいられなかった人々なのだ。Macをそのまま支持した人もいれば、Windowsを作った人もいる。そしてどちらを選んだにしても、選んでしまった人は、もう「それがなかった世界」にいたときとは同じ行動は出来ない。

世界を変える人なんて、いない。

いるのは人々を変える人だけだ。

そうした変わった人々が動いてやっと、世界は変わるのだ。

ピラミッドを作ったのはファラオなのか古代エジプトの民なのか。興味深いが重要ではない。

重要なのは、ピラミッドは民が動いてはじめて出来るのだということだ。

いくら偉大なファラオでも、民が動かなければお手上げなのだ。

日本の民は、実によく動く民だ。#lltvや#tenka1のようなイベントがあるたびにそう思う。世界をより「よい」場所に変えることに関しては、日本の民が他国の民にひけを取らない。それなのになぜか「日本の政治」というイベントに関して、民の腰は重かった。政治というものが、「変える方法を変える」というメタ変化だからだろうか。変えるのは好きだが、変え方を変えるのはいや、といったところだろうか。

ところが、「日本の政治」のために民が動いているありさまを、今回はじめて私は目にすることができた。いままで見逃していただけなのかも知れないし、今回たまたま動いている民だけを目撃しただけなのかも知れない。それでも、民が動いているという実感を得たのは、本当に今回がはじめてなのだ。

「それはよいことだ」と無邪気に喜ぶには、私はあまりに「変わる」を体験しすぎている。「変わった」が「よかった」になることというのは、実に実に実に稀なのだから。それでも願わずにはいられない。この「変わる」が「よい」になることを。

Dan the One of 100 Million


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
全然 日本じゃないし・・ [涙目ニュース速報@2ch掲示板 対馬守備隊:サモア島大地震の影響で日本の太平洋沿岸に津波注意報発令 絶対に海岸に近づくなよお前ら] [時事ドットコム:南太平洋・サモア諸島で大地震=M8.3、津波発生−気象庁] [asahi.com(...
呑んだら情報操作【今北プロレス】at 2009年09月30日 23:21
何が やっぱりプロレスは面白いのだ!だよ。 解ってだよ そんなこと。 何年見てんだっつう って あ ニワカだったんだっけか。ゴメンゴメンww [痛いニュース(ノ∀`):2009年衆院選、民主党300議席超 政権交代確実に] [asahi...
馬尺前最強【今北プロレス】at 2009年09月01日 02:01
あまりに世界は誰が変えるのかが面白かったので、どーでもいい思いとともに。 で、世...
変わるという連続性【それ】at 2009年08月31日 15:55
この記事へのコメント
オウムは選挙に惨敗した時から先鋭化していきましたからね。
弾さんの言う通り、自民党が悪いほうに変わらないことを願いますが。。。
Posted by taka at 2009年08月31日 20:42
>世界を変える人なんて、いない。
>いるのは人々を変える人だけだ。
>そうした変わった人々が動いてやっと、世界は変わるのだ。

名言だと思います。
ただ、変わる「世界」の定義づけが、個人の主観に支えられて
いるのではないかと思います。

弾さんが、「世界」を考える際に影響を受けた本があれば
ブログで、ご紹介してもらえればと思います。

Posted by kuma at 2009年08月31日 16:27
で、結局70%にも満たない投票率っと
Posted by へー行列か at 2009年08月31日 13:33
ジョブズが変えたのでなく、買う人によって?
買う人が「買おう」とし、その行動に出たのは、そう心境を「変えた」のはジョブズはもとより、その意志を支えるアップル社では?
Posted by もぴ at 2009年08月31日 03:21
いい方に変わる方が稀だって書いてあるじゃないですか
Posted by は? at 2009年08月31日 03:04
悪く変わるとは、考えないんですか?
Posted by いや at 2009年08月31日 01:01
これは重症だ
Posted by Nad, I'm the only one. at 2009年08月30日 21:32
内容はともかく、
「一つは」、とくれば後に続くのは
二つ目、三つ目、
とか
もう一つ、最後に、
とかでは。
Posted by 出口調査を無視してごめん at 2009年08月30日 17:31
たまたま行列ができていたのをたまたま見かけただけで、これだけのことが書けるのがアルファのアルファたる所以でしょうか。
ちなみに11時現在では前回を1%弱上回っていつようです、投票率。

>いくら偉大なファラオでも、民が動かなければお手上げなのだ。
大阪城を造ったのは誰? 豊臣秀吉。 ブー、大工さん。
っていうなぞなぞを連想しました。

民はいつの世にもいますが、ピラミッドのようなものは多くはありません。
民を動かすことができるファラオはやはり偉大なのです。
その偉大なファラオがいて初めてピラミッドができるのです。

まあ、現代社会では一人の力で変わることは難しそうですし、そのような偉大なカリスマがいない方がよいと思いますけど。
Posted by zzz at 2009年08月30日 16:04
 ヒットラーは選挙で選ばれた、ドイツの破たんした経済を短期間で立ち直らせた天才政治家だった。みんなが彼に期待していたし、20世紀を代表する賢者ハイデガーですら彼に期待してナチ党員になった。もちろん結果はみんなが知っている通りなんですけど。彼は世界を「良く」しようとしたわけですよ。その結果があれなんです。いや、ヒットラーというよりも彼に一任しちゃった人々、判断することを辞めた人々があの大惨事を作ったとおもうんですけどね。

 たとえばマザーテレサとかってスゴイと思うんですけど、彼女は世界を良くするためにに世界に何かを訴えたりとかそういうことをしたわけでなくて、目の前にいる「ほっとけない人」をただほっとけなかっただけだったり。

 僕はこの文章を世界を変えようとか「良く」しようと思って書いてるんじゃない。書きたくなっちゃったから書いてるし、ダンさんも書きたいから書いてるだけなんだろうと思ってます。
Posted by うんち at 2009年08月30日 15:56
ちょっとずつしか動かないんだけどね。

そのちょっとを認識できなくて
動いてないと思って
あきらめると、
放置されるから。

残さないといけないのは、最初に動かそうと思った時の
記録です。

記憶だと、自分都合で、どんどん書き換えられちゃう。

blogみたいに。
Posted by higekuma3 at 2009年08月30日 14:34
いや、小飼さん、あなたがエントリーを書き続けることで、本当に、世界はよいほうに変化しているんですよ。コメントを入れている私も貢献しているし、ほかのコメンテーターの方々もトラックバックを使う方々もアフィリエートで買い物をする方々も、みんな間違いなく世の中をなんらかよいほうに動かしているはずです。

ただ、そのよくなった成果を手にし、ましなものになった世界に住める機会を手にすることの出来る人たちが現れるのが、5年後だったり、20年後だったり、150年後だったりするんで、大勢の人たちが痺れを切らして、ふてくされたりもするんです。

選挙できちんと投票することも大切なことだと思っているんです。きっと、来年の参院選でゆり戻すと思うけれど、また、大勢の人が選挙で投票行動をすれば、みんなが事を始める前からしらけていた時代に比べれば、ゆり戻しながら、ゆり戻しながら、世の中全体がだんだんましになっていくと思っているんです。

そして、もっとましな世の中になったころには、ジョブズは、今の世の中で、ワットやフォードについてみんなが持ちうる程度の感想しか持ち得ない人物として記録されるようになるんじゃないかと思うんです。
Posted by enneagram at 2009年08月30日 14:15