2009年09月06日 01:00 [Edit]

ペア書評 - 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか/図で考えるとすべてまとまる

双方とも献本御礼。

「図で考えるとすべてまとまる」はエリエス・ブック・コンサルティング古谷様より。「「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」は著者およびなぜか女子勉の中の人より。イラストまでありがとうございます。

東大合格生のノートはかならず美しい 」のヒットもあって、今「ノート本」は巷にあふれていて、私のところにもどっさり献本されて来るのだが、この二冊は外れない。

ただし、この二冊は傾向がちょうど正反対にある。その点について書くことにする。


「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」と「図で考えるとすべてまとまる」の一番の違いは、ノートの用途。「書くため」指向なのが前者、「読むため」指向なのが後者。どちらもノートの目的として不可分であり、どちらも「正しい」ノートの使い方のだが、私自身を強いて分類すると後者ということになる。

私のノート術、あるいは「非」ノート術に関しては、過去に何度か触れている。

達人の仕事術:“忘却力”で仕事する──404 Blog Not Foundの小飼さん - ITmedia Biz.ID
誰かに会う約束など、人が絡むイベントは必ずMacのスケジューラ「iCal」にメモするが、それ以外は基本的にメモを取らない。大切な予定を忘れてしまうリスクがあるようにも思えるが、逆に自分の“忘却力”に信頼を置いている。大事なことだったら忘れるはずがないし、どうでもいいことであれば忘れる。いわば、脳の力でふるいにかけるのだ。「今のところ、忘却力に勝る情報整理ツールはない(苦笑)」

そんな私なので、ノートは基本的にとらない。強いてとるばあいも、いきなり MacBook か iPhone で「清書」する。「ノートは仕事で三冊使う」という「「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」とは、まさに対極である。これに対し、「図で考えるとすべてまとまる」で使うノートは基本的に一種類、方眼マスのノートのみである。これ、実は米国の研究者が愛用している Lab notebookそのものである。米国のそれは、A4 に近い 8 1/2 x 11 (レターサイズ)の黄色地の方眼ノートで、使うときにカーボン紙をはさめばまさにとりかたまで Lab notebook になるのだが同書ではさすがにそこまでしていない。

と書くとピンと来た方もいるだろう。そう。この場合のノートというのは、先発明主義をとっているかの国においては、特許訴訟において「決定的な証拠」としても扱われる大変重要なものである。それだけ重要なものなので、その取り方もある程度きちんと手ほどきしてくれる。もはや20年以上前のことではあるが私もその手ほどきをおぼろげながら覚えている。

404 Blog Not Found:ありそでなかったノート術 - 書評 - アタマが良くなる合格ノート術
繰り返す。ノートの取り方は、独学では意外とわからない。こういう時こそ術である。

素直に従うにしても、私のように「ぐれる」にしても、義務教育の段階で教えるべきなのではないか。さすがに小学生では少し速いかとも思ったが、今壁にぶちあたっている小学五年生の長女は確実に恩恵を受けそうだ。理科室での実験がある中学であれば確実に教えられるし、高校ともなれば、それを成績の判定基準にしてもよさそうだ。

とはいっても現実はそうなっていないので、足りない分を自ら補わねばならないのだが、その点において「図で考えるとすべてまとまる」が素晴らしいのが、本物の手書きノートの写しがそのまま使われていること。

404 Blog Not Found:ありそでなかったノート術 - 書評 - アタマが良くなる合格ノート術
ただし、洗練されすぎているきらいもある。特にノートのサンプルの時が写植というのはこの場合いただけない。ここは手書きにして欲しかった。

という不満が同書で一気に解消されているのだ。「「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」にも手書きのノートの写しは一応出てはくるのだが、それはノートブック込みの写真であって、「図」とは呼べない。

その代わり、「「結果を出す人」はノートに何を書いているのか」のノート、そしてノートブック(電子的手段含む)は実に多彩である。道具に凝る人はこちらだろう。特にシステム手帳を使っている人は、どんなリフィルをどう使うかがとてもよくわかる。

それにしてもありがたいのは、私は「ノートは手書きでなければならない」時代より後に社会に出たこと。図版はとにかく、文字に関しては走り書き程度のものさえコンピューター(iPhone含む)がなければ話、いや字にならない。カタカナの「ミ」なんて、もう何千回忘れているかわからない。現代手書きでなければならないものというのは、サイン程度である。いや、「手で書いた方がいい」ものは私ですらあるのだけど(たとえば数式とか)、しかしそれは「方がいい」であって「でなければならない」ではない。

「書くか」「打つか」の違いはあれど、ノートの必要性というのはますます増しているのは確かなようだ。まるでOA(死語?)が紙を減らすどころか紙を増やす方向に働いたかのように。だったら一度は習っておいてもいい。従うにしても背くにしても。

Dan the Lazy Note-Taker


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
著者より献本御礼。 逆算メモ術 マイコミジャーナル編集部 「書評」ではなく「紹介」なのは、私自身が本書の取材対象だから。 手前味噌を差し引いても、なかなかの傑作ではないか。 最も真似し難い人々の所行から、最も真似しやすい術をメモり出したという点に....
How to and not to - 紹介 - 逆算メモ術【404 Blog Not Found】at 2010年10月20日 17:09
図を使って考えるということは、随分前から言われていたと思うのだが、最近になってまたもやその気運というかブームの兆しが見られるような気がする。 色々なことを図示化することは、ビジネスの場では絶対的に必要なスキルだと個人的には思っているので、そういった動きに...
【書評】図で考えるとすべてまとまる【ビジネス書で「知」のトレーニングを! ?? 知磨き倶楽部】at 2009年11月16日 15:46
村井瑞枝氏著、「図で考えるとすべてまとまる」を読了。 まず結論。非常に良い本だ...
図で考えるとすべてまとまる by 村井瑞枝 [Book Review]【No Second Life】at 2009年09月29日 12:37
図で考えるとすべてがまとまる この本は、200Pもないとても薄い本に、伝えたい要素がギュっと詰まっているため、1時間程度で読むことができました。 図の描き方としては基本的なものしか載っていませんが、本書に載っている基本の図をおさえることができれば、ほぼ全ての...
薄くてすぐわかる!整理された図の利用本|書評:図で考えるとすべてがまとまる【Kuwako-Lab.com】at 2009年09月26日 18:07
「スーパーサラリーマン」の異名を取る有名サラリーマンの美崎さんの処女作。 株式会社花王でばりばり働くエリートサラリーマンであり、築地朝食会などの勉強会も複数主宰し、きちんと結果を出してきている美崎さんが、説得力のあるタイトルの本書で、その源を教えてくれて...
【書評】「結果を出す人」はノートに何を書いているのか【ビジネス書で「知」のトレーニングを! ?? 知磨き倶楽部】at 2009年09月17日 14:51
図で考えるとすべてまとまる村井 瑞枝定価 : ¥ 1,344発売日 : 2009/09/14出版社/メーカー : クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日小飼 弾さんの記事で、美崎さんの本と一緒に紹介されていた1冊。 著者の村井さんは、ア...
【図】「図で考えるとすべてまとまる」村井瑞枝【マインドマップ的読書感想文】at 2009年09月13日 09:47
【はじめに】 多田健次さんや奥野宣之さんと出会うキッカケをつくってくれた 「大阪夜の陣」を開催してくれた 美崎さんの新刊です。 ノヮ..
タイム母艦ノートを早速 【「結果を出す人」はノートに何を書いているのか】 美崎栄一郎【僕の問題は誰かが解決している】at 2009年09月11日 14:29
ReviewMarket.NETでは図で考えるとすべてまとまるの良質なレビューを集めています。
ReviewMarket.NET:図で考えるとすべてまとまるレビュー【ReviewMarket.NET:良質なレビューを提供するサイト】at 2009年09月10日 00:43
ReviewMarket.NETでは「結果を出す人」はノートに何を書いているのかの良質なレビューを集めています。
ReviewMarket.NET:「結果を出す人」はノートに何を書いているのかレビュー【ReviewMarket.NET:良質なレビューを提供するサイト】at 2009年09月10日 00:43
「図で考えるとすべてまとまる」が あの小飼 弾さんの 『404 Blog Not Found』で弾言!していただけました!! こちら↓ 404 Blog Not Found 『404 Blog Not Found』から引用 「東大合格生のノートはかならず美しい 」のヒットもあって、今「ノート本」は巷に...
あの小飼 弾さんの 404 Blog Not Foundに!【図で考えるとすべてまとまる】at 2009年09月08日 01:54
「図で考えるとすべてまとまる」が あの小飼 弾さんの 『404 Blog Not Found』で弾言!していただけました!! こちら↓ 404 Blog Not Found 『404 Blog Not Found』から引用 「東大合格生のノートはかならず美しい 」のヒットもあって、今「ノート本」は巷に...
あの小飼 弾さんの 404 Blog Not Foundに!【図で考えるとすべてまとまる】at 2009年09月08日 01:53
うぉーーー!。 今度は、弾言!されちゃいました。 404 Blog Not Found ペア書評 – 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか/図で考えるとすべてまとまる http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51285691.html 404 Blog Not Found より...
404 Blog Not Found で弾言されました!【misaki2.net】at 2009年09月06日 04:11
うぉーーー!。 今度は、弾言!されちゃいました。 404 Blog Not Found ペア書評 - 「結果を出す人」はノートに何を書いているのか/図で考えるとすべてまとまる http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51285691.html 404 Blog Not F...
404 Blog Not Found で 『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』掲載さ【『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』公式ブログ】at 2009年09月06日 04:03
この記事へのコメント
始めまして。記事を楽しく拝見させていただきました。
営業マンにとっても、ノートや図の書き方は、非常に気になるところです。
一度読んでみます。
ちなみに、僕がやってるブログをトラックバック貼らせていただきました。
良かったら、読んでみて下さい。

また、寄せてもらいます。
Posted by 通りすがりの営業マン at 2009年09月09日 20:50
小飼 弾様
ありがとうございます!
Posted by 村井瑞枝 at 2009年09月08日 01:59
小飼 
Posted by 村井瑞枝 at 2009年09月08日 01:55
書評というより
本を読む手ほどきになっているので、
弾ちゃまの言うとおりにする人にとっては、
ガイドとなっています。

なので、
信者が増えれば、自然と、
本の読者も増えるという構造です。

普通の書評を望むなら、サーチ。
Posted by higekuma3 at 2009年09月07日 23:30
手抜きレビューですね。自分の体験ばかり強調されて、本の内容がさっぱりわかりまへん
Posted by ゆうこりん at 2009年09月07日 12:23
私は、紙のメモパッドと紙の手帳を愛用し、紙のカレンダー(九星気学カレンダー)にスケジュールを書き込んでいますが、紙でも、記録媒体がないよりは便利です。

メモとか手帳なんていうのは、紙か電子かより、使い方が上手か下手かが肝心な問題なのではないでしょうか。
Posted by enneagram at 2009年09月07日 07:52
s/速い/早い/
Posted by 通りすがり at 2009年09月06日 12:11
この種の本を見るときれいにノートや手帳を書きたいなあと思いますが、社会人になってきれいにとる必要はほとんどないわけです。次の人に伝えるべきことを除けば。
そう考えると、次の人に伝えるために、ノート・メモをどのように残すかという本がでてきてもいいですね。
Posted by マリンゾウ at 2009年09月06日 10:08
>カタカナの「ミ」なんて、もう何千回忘れているかわからない。
何千回も書けないで困った、みたいな体験があれば覚えそうなもの
ですけどね。
Posted by 通りすがり at 2009年09月06日 02:00