2009年09月08日 16:00 [Edit]

ノイズが強めるシグナル

以下で何か言い忘れていたか、やっと思い出した。

404 Blog Not Found:ITの礎 - 書評 - 通信の数学的理論
ツイッターはなぜノイズが少ないか - 池田信夫 blog
最近、2週間ほどツイッターを使ってみて、意外にノイズが少ないことに気づいた。
という場合の「ノイズ」は、シャノンのノイズではない。

確率共鳴、だ。


なんだか難しそうな言葉だけど、これを見ればたちどころにわかる。

ここに、25%グレイで書かれた文字がある。これを単純に白黒にしようとして、50%グレイ以上は黒、それ未満は白とすると、当然のことながら結果は真っ白になってしまう。

thin gone

ところが、ノイズを加えてから同じ処理をすると、文字はまだ残っている。

thin random thin+random stochastic_resonance

上では0-100%で一応に分散したランダムな絵をノイズ源としている(左から2番目)。

単純な脳、複雑な「私」」のP. 321にも、この現象は「確率共振」として登場する。持っている人は改めて確認していただきたい。

実際の減色処理でも、これににた手法が使われている。Floyd-Steinberg法、または誤差拡散がそれ。以下は実際にそれで減色した例。

floyd-steinberg

おそらくこれは、「ノイズ」と「シグナル」をはっきり言う人たちに感じる違和感の源である。ノイズがなければシグナルだとわからないものを、それでは見逃してしまうではないか。

そしておそらく、これは、 twitter がノイズが少ないと感じられる理由の一つにもなっている。実のところ twitter の中の tweet のほとんどは「おはよう」だとか「ただいま」だとかといった挨拶で、それがシグナルかノイズかといったらノイズであり、「有為な情報」という観点から見れば100%ノイズなのだ。

しかしそういうノイズに囲まれていないと、我々はどうやらシグナルを発見できないようなのだ。

そして「ノイズ/シグナル論者」の言うところの「ノイズ」を見てみると、それは「ノイズ」というよりネガティブなシグナルであることが多い。彼らが挨拶のような「100%ノイズ」を「ノイズ」と呼ぶことはなぜかほとんどない。

はてなブックマークの「不快」は、ノイズ過多ではなくシグナル過多なのではないか。

どんなものをシグナルと感じ、そしてどんなものをノイズと感じるかは人それぞれ異なるが、適量のノイズがないとシグナルもなくなってしまうということ自体はどんなヒトにも共通であるようだ。

Dan the (Signal|Noise) Generator


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
つまり我々の目はバイアスで曇ってる。というワケか。だから閾値が出てしまう。
それゆえ、ノイジーな空間に居なければシグナルが読み取れない。

しかし、シグナルなんて存在するのか?
Posted by src at 2009年09月24日 21:18
例えばライオンの群れの中に
一匹だけ元気に暮らす
ウサギがいたとする―
そのウサギはスゲー
ウサギだと思わねーか!?
Posted by Micheal at 2009年09月09日 11:51
twitterのノイズをサンプリング点としてみるわけか。面白い
Posted by shou at 2009年09月09日 10:59
>しかしそういうノイズに囲まれていないと、我々はどうやらシグナルを発見できないようなのだ。

なるほど、えびはら先生がマチコ先生と山形先生をいろいろ演出してくださらないと、なぜ、ショーペンハウアーとフロイトとラカンが同一の系譜に属する思想家なのか、なかなか実感を持って納得できないのはそういうわけだったのですね。

Posted by enneagram at 2009年09月09日 08:40
> はてなブックマークの「不快」は、ノイズ過多ではなくシグナル過多なのではないか。

ああ、なるほど。まさに。
Posted by PHO at 2009年09月08日 23:45
何が言いたいのかさっぱり理解できない
Posted by jun at 2009年09月08日 22:58
> zzz
> ノイズがなければ、あるいは少なければ、この時点で十分シグナルを受け取れます。

閾値って知ってる?
Posted by Inoue at 2009年09月08日 22:22
 ノイズの一粒は細かくなければ集まったときノイズにならない。
おはよう をノイズの一粒とすると、ウェブ上では シグナルもまたノイズの一粒と同じサイズ。
 そうすると、シグナルはノイズの一粒より必ず大きくないといけない。(かなり大きくないと)
サイズの違いだとか、ボリュームの違い などをリアルな感覚で掴みにくい。それがウェブの一つの特徴。
Posted by angel at 2009年09月08日 22:16
>しかしそういうノイズに囲まれていないと、我々はどうやらシグナルを
>発見できないようなのだ。

ここでいきなり論理が飛躍してませんか?
twitterに適用できるのはなぜ?
Posted by 通りすがり at 2009年09月08日 21:17
もとの画像がランダムじゃなくて色として存在するんだから、
それに0-100でランダムに色をマスクしたらそりゃー元の画像の方に
ノイズが集まって結果元の画像が見えてくるのは当然の結果では?
Posted by xxx at 2009年09月08日 20:11
>ここに、25%グレイで書かれた文字がある。

ノイズがなければ、あるいは少なければ、この時点で十分シグナルを受け取れます。
Posted by zzz at 2009年09月08日 17:45