2009年09月25日 04:00 [Edit]

#sekaicamera - セカイカメラを通してみた世界

sekaicamera-logo

下馬評を聞いていた段階では「ふうん」だったけど、こうして実物を見てみると「これはすごい」。まさに「電脳コイル」の世界がそこにある。

iPhoneを持っている人は必携のアプリがまた一つ誕生した。


「セカイカメラって何」かといえば、今のところは「iPhoneでAR = Augmented Reality を実現するもの」というのがその答えになる。「じゃあARって何?」ということを本で知りたければ、右の「ARのすべて」がある。日経BPの中川様に献本いただいたのでこの場を借りて御礼。

しかし、こういった「体に訴えるもの」というのは、やはり実体験がないとピンと来ない。というわけで、セカイカメラを通すと世界がどう見えるのかというのが、以下の写真。

sekai-camera1

3GSなので、方位もきちんと出ている。

要するに、iPhoneのカメラの先に何があるのかをタグで示してくれるというわけだ。

それだけのこと、だというのがすごい。

もちろん、現時点のセカイカメラは荒削りもいいところで、タグの操作などはiPhoneからしか出来ないようだ。おかげでプロフィール一つ作るのも一苦労ではある。

sekai-camera2

このあたりは既存のPCともきちんと連携できるようにして欲しいところだ。

あと、プラットフォーム。iPhoneに限らず、手でカメラを持たなければならないというのは以外と大変で、しばらく使っていると乗り物酔いのような気分になってくる。体調不良もあって、実はこれもかなり吐き気をこらえて書いている。

やはりここは本物の電脳メガネが欲しいところだ。本物の電脳メガネが出来たら、3,40万ぐらい出す人はいくらでもいるのではないだろうか。私は買うよ。ARはウェアラブルコンピューターのキラーアプリになるのは間違いないだろう。

Dan the Newbie Thereof


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
今週リリースされた、セカイカメラを早速使ってみました。それも銀座、数寄屋橋で。 セカイカメラ? AR(拡張現実)のソフトの一つです。どんなものかと、カメラレンズを通して写している画面上に、さまざまな情報を表示させるソフトになります。ドラゴンボールとかSFもので、...
セカイカメラを使ってみた【MBA+MC=Logic+Art 大野真護のブログ】at 2009年09月26日 23:09
セカイカメラを通してみた世界(404 Blog Not Found) 色んなαブロガーがセカイカメラに言及しています。 やっぱり革命的なサービスなのは間違??.
セカイカメラはリアルスカウター【KKネタ帳】at 2009年09月25日 05:03
この記事へのコメント
>仁和寺の法師がこれを持っていたら、後悔しなかっただろうにw

わはは。つい吹き出しちゃったぜ。
発想が面白い。
Posted by 権兵衛 at 2009年10月20日 13:56
まさにエデンですな

MRやってるものからすれば技術的な興味はないですけど
まあこの実装(というか実行)の早さでMRやらARの広がりを加速させられるのなら
Posted by tok at 2009年09月27日 10:29
トウサツスポットタグヨロチク
Posted by at 2009年09月26日 11:41
エデンシステムw
Posted by U D at 2009年09月25日 13:20
10年以上前かな、ソフト屋と話していて、PCのGPSとかが入ると、位置情報が取れるようになるので、ゴーグル型めがねをして見ると、知り合いにタグがつけられるようになるなんて話をしていましたね。

現在の所、自分の周りの地理的な静止物がタグの対象のようですが、今後は、双方が移動する物体のタグ付けが可能になるんでしょうね。

楽しみですね。
Posted by charlestonblue at 2009年09月25日 13:12
セカイカメラを片手にオフィス街を歩き回りましたが、周りから見ると変な人に見えますよね。(苦笑

歩いていると思わぬところにタグが貼られていて面白いです。
Posted by akezora at 2009年09月25日 11:24
網膜コネクタか超小型Bluetoothでコンタクト内臓が理想。
Posted by SN at 2009年09月25日 10:23
AR研究者からは「そんなん無理だろ」と言われ続けてたものですが、ここまで来ましたね…!
iPhone借りて試してみましたが、都心から離れたところで既にタグがいくつかあってびっくりしました。(Google Mapなどから公共機関の情報だけでも取得してたりするんだろうか)Flickerと連携してタグの場所で取った写真が見えたり、とか、道案内サービスやら、夢が膨らむアプリですね

プラットフォームが進化してPTAM等のAR画像処理技術を応用できるようになったら、すごいビジネスになりそうです。
Posted by イデ at 2009年09月25日 09:56
こういうので、天球図なんかが作れると、野尻抱影先生の世界のリアリティが紙媒体を超えるのでしょう。

でも、天文単位を「リアル」に縮尺してしまったら、天球図を作れないので、それはそれで、なんらかのトポロジーの採用が不可欠なのだろうと思います。

今の時代、航海に天文観測が必須というわけでもなかろうから、セカイカメラの天球図も都市住民の道楽なのだろうけれど、そういう高度な道楽が万人のものになることで、そのうちに、偉大な物理学者や偉大な天文学者が輩出される契機になるのだろうとも思っています。
Posted by enneagram at 2009年09月25日 09:15
仁和寺の法師がこれを持っていたら、後悔しなかっただろうにw
Posted by mk at 2009年09月25日 06:52
以外→意外

写真だと「電脳コイル」より「東のエデン」をより強く連想しました。
面白そう。
iPhone持ってないけど。
Posted by 11031 at 2009年09月25日 04:28