2009年09月27日 23:00 [Edit]

公言は傲慢にするべき3つの理由

うちにはまだ「目立つ力」は届いていないのだけど、鼎談の内容はよく覚えているので。

[を] 「目立つ力」は勝間和代のブログ論の集大成である
小飼 公の場では、プライベートな場よりは傲慢にふるまうべきです。ずうずうしいくらいでちょうどバランスがとれると思います。
勝間 それはそうですね。傲慢というか、自分を前面に出していい。
小飼 要するにへりくだらない。むしろ、1対1で会ったときにへりくだったほうがずっと好印象です。(p.238)
方針としては良いですが、まあ状況によりますね。

いや、状況によらない。

発言の大やけど、もとい公度が高ければ高いほど、より傲慢にするべきというのは、例外なき法則と弾言、いや断言する。


傲慢は表現を簡潔にする

  1. 傲慢は表現を簡潔にする
  2. 傲慢は表現を簡潔にします
  3. 傲慢は表現を簡潔にするはずです
  4. 傲慢は表現を簡潔にすると思います

この例を見れば分かる通り、同じ内容でも、傲慢度が上がるほど簡潔度もましている。この原理は、言語を問わず成り立つ。へりくだった表現ほど多くの言葉が必要になるのだ。

公言が特権であった時代であれば、そこにおいてへりくだる贅沢も許されよう。しかしこれだけ公言が溢れ、そして公言が求められている時代、それは不要どころか、受け手の時間を奪う表現メタボとでもいうべきものなのだ。

傲慢は強く速やかに訂正される

傲慢な発言に対しての反論は、当然検挙な発言に対するそれよりも厳しくなる。

それが、いいのである。

それは、元発言が間違っていた場合においてはより速やかに間違いが正されるということであるし、そして正された発言がより広く伝わるということを意味する。

あなたは、それにより傷つく。しかしそれによって公はより正しい意見を手に入れることが出来る。

公にとってどちらが得かは言うまでもない。

傲慢はあなたに研鑽を迫る

だからといって発言者は傷ついてばかりはいられない。当然それを避けるためには、発言前に自らの意見をより厳しく検証することとなる。結果、発言者の言動はより研ぎすまされることとなる。

http://twitter.com/yto/statuses/833905751
その分野について詳しくないならば、それについての批判は表現は穏やかにするべき。つまり自分が間違ってるかも、という謙虚さが必須。これ基本。

批判を穏やかにするより、用意を周到にした上で傲慢に振る舞った方が、少なくとも公は得をするし、長い目で見れば本人も得をする。

あまりに多くの人が、「傲慢な表現」と「傲慢な態度」を取り違えている。避けるべきは傲慢な態度の方であって、表現は積極的に傲慢にすべきなのである。「謙虚な表現」に対して「慇懃無礼」という表現もあるではないか。

そして実際のところ、謙虚な表現というのは受け手が十分少なくてはじめて成り立つ表現なのである。謙虚な表現とは、「である」調を「ですます」調にしろという単純なものではない。一番大事なのは、相手の立場をどれほど思い計るか、である。ところが、公言というのは誰が受けるのかはわからない。公度が高ければ高いほどそうなる。

さすれば、誰得な謙虚を捨て、傲慢に中味を語ることこそ誠意なのではないか。

言葉には必ず二つの「ペイロード」、あるいは「コンテンツ」が乗る。「何を言うか」と「どう言うか」である。傲慢な表現とは前者を重視することであり、謙虚な表現というのは後者を重視することだと言ってよいだろう。

これ以上続けると傲慢度が下がるのでまとめる。

公言においては、

傲慢は一人一時の恥。謙虚は万人万時の損。

Dan the Hubristic Speaker


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
僕は自分に自信(confident)を持つことは本当に大切なことだと思っています。野心(ambicious)を抱くのも良いでしょう。でも、決して傲慢(arrogant)になってはいけません。人生は長丁場です。いつ??.
Be Confident,Not Arrogant.【お疲れ、かつを】at 2009年11月19日 00:19
目立つ力 (小学館101新書 49)(2009/10/01)勝間 和代商品詳細を見る  【 目 次 】  第一章 インターネット・メディアの可能性と威力を知る ??..
目立つ力 勝間 和代(著)【Makeup Life! メイクアップ・ライフ!】at 2009年10月03日 01:08
ここで言ってる「傲慢」って、つまりはPerl流あるいはハッカー流の「傲慢」なんだよね。「強い自負に裏打ちされた高レベルな仕事」とでも言おうか。 確かに、優しい礼儀正しい言の..
RE: 公言は傲慢にするべき3つの理由【blog.桜井@猫丸屋】at 2009年09月30日 18:37
というわけで遅まきながら小学館出版局小川様より献本御礼。 目立つ力 勝間和代 これぞ本当の「ブログ本」。 まだブログを始めていない人は、なぜ始めるべきかを。 すでに初めているけど、続けられない人は、なぜ続けるべきかを。 そして続けている人は、なぜ....
公言が特権でなくなった時代に - 書評 - 目立つ力【404 Blog Not Found】at 2009年09月29日 21:50
小飼さんの404 blog not foundに「公言は傲慢にするべき3つの理由」というエントリーが投稿された。 三つの理由の最後の「傲慢はあなたに研鑽を迫る」という辺りが気に入った。なにしろ、傲慢に言い放って間違った時の恥ずかしさといったらない。見事に間違った時など、2~...
傲慢であることは責任ある発言につながる【肉団子閑居為不善】at 2009年09月28日 09:26
最近あまり言う人はいなくなったけど、私の文章は傲慢に感じる人が少なからずいたらしい。そういった批判はネット探せば出て来るかも。まぁ10年くらい前の話が多いから、過去のことだったりするんだが。 最近は1世代若い(?)小飼氏あたりがその役回りのようだ。 公言は傲慢に...
手っ取り早く傲慢風な文章にする方法【おごちゃんの雑文】at 2009年09月28日 03:13
この記事へのコメント
あんたの場合
発言が傲慢なんじゃなく
性根が傲慢だったんじゃねーのww
Posted by ^p^ at 2009年10月07日 15:32
あまりにも深い、逆説的でおもしろいエントリーだったので、初めてですがついついコメントしちゃいます。

下記の部分と皆さんのコメントを読むと秀逸でした

---------------------引用終わり----------------------
傲慢は強く速やかに訂正される

傲慢な発言に対しての反論は、当然検挙な発言に対するそれよりも厳しくなる。

それが、いいのである。

それは、元発言が間違っていた場合においてはより速やかに間違いが正されるということであるし、そして正された発言がより広く伝わるということを意味する。

あなたは、それにより傷つく。しかしそれによって公はより正しい意見を手に入れることが出来る。

公にとってどちらが得かは言うまでもない。
---------------------引用終わり----------------------

コメント欄で皆さん方が正しい反論をすればするほど(たとえば僕が、ふむふむ、このコメントの言うことももっともだ、とより正しいと思われる知見を学んだとする)、弾さんのの記述(公はより正しい意見を手に入れることができる)の正しさが際立つという事実。弾さんが傷ついているかどうかは知りませんが(笑)

Posted by Hiroshi at 2009年10月03日 03:25
この404 Blog Not Foundには初めて書き込みます。
あえて傲慢に振る舞って意見を募る……というより誘発してみるという方法も、
選択肢に入れたらってトコですかね?
まあ、哀れに思われるよりはずっといいのでしょう。エネルギーが出てる分。
以前までの、日本の首相の何人かの言動を見てきた分にはそう思います。

営業の仕事に関する事で
「押しても引いても駄目なら、相手を怒らせる選択をあえて取ってみな」
という方法を行っている人がいるという話を、コメント書いてて思い出しました。
Posted by 渓 at 2009年09月29日 17:21
なるほど、何を言われようと、批判は無視すればいいわけですね。
Posted by sis at 2009年09月29日 14:35
傲慢と言う表現が適切かどうかはわかりませんが(弾さんが意図的にこの表現を使っているのは了解しています)、公の場でこそ断言するというのは極めて倫理的な態度だと思います。自分の発言にパブリックな責任を負うということと断言するということは一致するはずです。
Posted by ぐぁじぐぁじ at 2009年09月29日 14:33
弾さんポジティブシンキングだからねえ
その思考が万人に共通するとは思わんといてやー
Posted by sat at 2009年09月29日 13:54
選択肢が是か非か2つしかないときは、傲慢な表現をして意思決定者(たち)に匕首を突きつけていいと思うんです。

でも、いくつもの多様な選択肢がある中で、どれが最適か、どれがまだましかという状況で、傲慢な声の大きい人が特定の1つの選択肢にみんなを引きずってしまったら、あまり感心しないことも多かろうと思います。

ケース・バイ・ケースだとおもいます。

背景、前提、選択した結果の諸影響をよく考えてということだろうと思います。何でも一点突破主義というのはあまりよいことではありません。世の中たいていのことは一筋縄ではいかないものです。
Posted by enneagram at 2009年09月29日 09:20
ありがとうございます。すっきりしました。
ときどき、ありますね。
頭の中で、もやもやと浮かんでいた事を
的確に言語化してくれることが。
このお礼はまたどこかで。
Posted by しげ at 2009年09月29日 01:52
傲慢というのは人を見下す事を表す表現/言葉なので、
今回あなたが書いた内容としては断言、の方が日本語として正しい。
Posted by アスタナ at 2009年09月28日 22:35
これはすごくいい心構え
特に物書くのが苦手な人がキャッチコピー書いたりや説明文ライティングするとき意識するといい
冗長性とか曖昧さ、書き手の主観的で甘ったるい感情が自然に排除されてく
というか今実際に試してみたんだけど
いや、これほんとすごくいいっすわ
Posted by あああ at 2009年09月28日 19:56
>「何を言うか」と「どう言うか」である。傲慢な表現とは前者を重視することであり、謙虚な表現というのは後者を重視することだと言ってよいだろう。

 「表現」という言葉がかなり拡張されて使われているようなの、ロジックが分かりにくいのですが、結局は「放漫」な「内容」を語れということでしょうか。

 「表現」だけ「放漫」で内容がなければ、ただの愚か者ですし。
Posted by 風竜胆 at 2009年09月28日 19:47
つまり、小林よしのり氏のやり方は正しかったと。


さて、弾さんは自らの発言が間違っていた場合において間違いを正そうとされていますか。
Posted by zzz at 2009年09月28日 18:03
うざっ!
Posted by 記事の印象 at 2009年09月28日 16:57
「受け手の時間を奪う表現メタボ」

すばらしい表現です。これからは傲慢なる!
Posted by diet男 at 2009年09月28日 15:19
「公度が高ければ高いほど、より傲慢にするべき」
なんだから、「公度以外のパラメーター」には左右されるでしょう。

たつをさんのところで出てる
「DISられがちな会社のサラリーマン」「ブロガーとしてリアルに交流しない人」というのもその例に見えます。(後者は「公度が変化しない人」の例ですね)
なので「公度が高ければ高いほど、より傲慢にするべき」
からは離れてないですよね。
「方針としては良い」って言ってますし。

今回の弾さんの反論はちょっと的外れな印象ですね。

とはいえ、こういう風に厳密に解釈するよりも
脊髄反射的にシンプルに反論しちゃう方がパブリックな場では有効なんでしょうね。
「状況による」を読んだ多くの読者はそんな細かい解釈はしてないでしょうし。

と考えるとなかなか深いですね。
Posted by sthooo at 2009年09月28日 13:35
>じゃあ、商談中に予想外の質問がきたらどうするの?

商談のようなプライベートな場では、へりくだったほうがいいのでは?
Posted by oo at 2009年09月28日 13:32
>でも、みんな責任取りたくないから、

そうそう。
頭を下げるのが苦手な人は、断言できないんだよね。
何故謝ることを恐れるのかと問い詰めたい。
Posted by oo at 2009年09月28日 13:30
よかったね。傲慢に言って、後で間違い指摘されたらただ直せばいいんだから・・・

じゃあ、商談中に予想外の質問がきたらどうするの?そりゃ情報武装してないんだし、傲慢にはでられないよね。そもそも、情報武装できてるケースの方が少なくないですか?

こうすべき、ってのはナンセンスだと思う。シンプルに言えば、自信度によって表現方法を変える、ということ。それが曖昧で抽象的な日本語の表現力なのだから。自分の状況にあった表現方法をするのが相手にとっても一番理解しやすい。
Posted by sis at 2009年09月28日 13:22
「何を言うか」と「どう言うか」。

そういえばいつも「どう言うか」ばかり考えていたことに気づきました。
「公」と「1対1」で使い分ける。
本当にそうだなぁと思います。
何かを書く時、話す時、頭の片隅に置いておこうと思います。

弾さんの記事にコメント付けたくなるのは「傲慢」ぶりも作用しているのでしょうか。
(ま、有名だからっていうのも大きな理由でしょうが)
Posted by tai0121 at 2009年09月28日 13:09
いいこと言うわ弾さん。

でも、みんな責任取りたくないから、
傲慢にならないんだよね。

弾さんの言うようにみんなできるような社会に
なるといいですよね。
Posted by yang at 2009年09月28日 12:22
「傲慢」な人の表現は簡潔になるかもしれませんが、「簡潔な表現」すなわち「傲慢」ではありません。この記事で弾氏が言いたかったことは、「自分の考えは、簡潔にわかりやすく表現して世に問おう」程度のことだと思いますが、「自分を目立たせる」ためには、こういう、書き方になっちゃうんでしょうね。影響力の大きさが必ずしも内容の正しさや豊かさを意味しないのは、ネットでも旧来のマスコミでも同じのようです。
Posted by 傲慢なコメント at 2009年09月28日 11:48
たとえばこのエントリを読んで、
「いや弾さんの言うことも最もなのですが、それは表現的に問題があります。なぜなら」
というよりも
「アホだろオマエ」
の一言のほうが良いということだな
Posted by shou at 2009年09月28日 10:33
そうか!公をめざしたブログはディベーティブであるべきなんだ!
反論その他のコメントを含めてコンテンツな訳ですね。
Posted by makoto at 2009年09月28日 10:15
「傲慢にふるまう」というのは「正しい意見を手に入れることが出来る」のを拒むことじゃないの。

「状況による」っていうのは、表現するときに傲慢にふるまって、正しい意見を手にしたら謙虚にふるまうってことでしょ。
Posted by ひ at 2009年09月28日 08:02
s/当然検挙な発言/当然謙虚な発言/
Posted by 北斗柄 at 2009年09月28日 05:48
今回の話は弾さんの、日本社会における交渉優位を反映した話で、普通の人が一般論として真に受けたらエライことになると思います。

日本社会は基本的に、雇う側、仕事を頼む側、お金を払う側が極端な交渉優位に立っており、お金を持っていて、仕事を頼む側、雇う側がメインになっている人は、よほどのことでない限り何をやっても許されるというところがあります。また、弾さんが仕事を依頼される側に回った時でも、その社会的属性から言って、使い捨てカイロのような扱いを受けることは絶対にないでしょう。

そういう意味で、お金を持っている弾さんは圧倒的な交渉優位に立っているので何をやっても許されるというだけの話であって、お金をもっている訳でもなく、三顧の礼を尽くして迎えられるような訳でもない人が無駄に傲慢なだけだったら、行きつく先はかなりの確率で…という話だと思います。

弾さんの持っている社会的属性から傲慢であることが許容されているという話であって、一般化はできないと思います。
Posted by labor at 2009年09月28日 03:09
傲慢というと威圧的な感じがしますね。傲慢というより、説得力のあるメッセージ力でしょう。傲慢さがあるだけで、誤解されるより真摯に相手のハートに語りかける方がいいと思いますよ。
また、検挙というより、謙虚ですし(笑)、謙虚というより「相手のいう子を二耳を傾ける」ということではないでしょうか。
Posted by tomkimu at 2009年09月27日 23:53