2009年10月21日 21:00 [Edit]

売上6倍、時価総額6割 - HPとAppleに学ぶ、デザインの力

一週間前の今日、AMN経由で日本HPの個人向けPC冬モデル発表会に行ってきた。

そして今日、Apple Store銀座に行ってきた。

いやでも理由がわかった。

なぜAppleの6倍以上PCを売っているHPの時価総額が、Appleの6割しかないか、が。


前四半期、HPは全世界で1612万台ものPCを売った。もちろん第一である。

同時期に売れたMacは、Apple Reports Third Quarter Resultsによると「わずか」260万台。上のレポートには、Othersにまぎれて出てこない程度の値でしかない。

AAPL vs HPQ,DELL,GOOG,MSFT; 1yr @2009.10.21

しかしこの印象は、時価総額を見ると逆転する。Appleの現時点における時価総額は1780億ドル。これは1756億ドルのGoogleをわずかながら上回り、1621億ドルのIBMをも上回る。HPのそれは1155億ドル。

なぜだろうか。HPにiPhoneとiPodがないから?

もちろんそれは大きい。しかし総売上で見ても、HPはAppleの三倍近くあるのだ。今やAppleの主力商品となったiPhoneとiPodだけみても、納得しがたい。

しかし、この二つの商品を比べてみれば、腑に落ちる。TouchSmart 600PCiMacだ。TouchSmartの上位機種600PCが、iMacの下位機種である21インチモデルと真っ向から対決する。

長らくMacユーザーの私の目から見ても、TouchSmartはなかなか魅力的だ。名前どおりタッチスクリーンを備えていて、iPhoneのようなマルチタッチにも対応している。

Windows 7も、少なくとも Vista よりはずっと軽く感じた。悪くない。iMacにはない地デジチューナーも備えている。しかし、「悪くない」で留まってしまっているのである。たとえば、タッチスクリーンを使うときにはボタンをはじめとするコントロールが大きくなるなど、Appleであれば必ずするであろう配慮がないのだ。

いや、配慮できないのだ。なぜならそれはOSの領分であり、Windows 7のなわばりだからだ。

このモデルに限らず、発表会での質疑応答に、自ら全てを采配することが出来ぬ悔しさがにじみでていた。たとえばネットブック。あいもかわらず標準搭載RAMが1GBしかないのは、「Windows免税点」がそこにあるからだ。2GB以上積めれば見違えるように魅力的になるのに、それを100も承知しているのに、HPは指をくわえているしかないのだ。

Appleはまさにその逆だ。ユーザーが触れる部分は、好き放題にデザインしている。今回タッチパッドの代わりに、「タッチマウス」を用意してきたことにこれは象徴される。Appleにとって「この美しい」画面を指紋でべたべたにされるのは気が済まないことであったのだろう。ユーザーの視点から見ても、袖で拭えるiPhoneならとにかく、小モデルでも21インチもある画面をしょっちゅう拭く羽目になるのは便利とは言えない。

AppleもHPも、100%自前で設計しているわけではない。今のパソコンは、MacもPCも「部品の寄せ集め」であることに変わりはない。しかしApple製品は--Apple製品だけが--そうであることを感じさせない。全てのデザインに責任を持っているからだ。

21 vs 27 on Twitpic

このことが、製品のPRのあり方にも反映される。HPの製品発表会は、「記者クラブ」に対して、Microsoftとの協賛--いや監視の元--行われるのに対し、Apple Storeはいつもより込んではいるものの、特別な催しはなかった。それでいて、ずっと快適に「取材」できるのだ。

右の写真は、21インチと27インチの大きさの差を把握するために妻に撮影してもらったものだが、実はこの時にApple Storeの人がとっさに人をよけてくれた。名刺を頂いたらなんとそこには「広報部長」とある。彼は私が「アルファブロガー」だのということは一切知らなかっただろう。知っていたとしても、そんなそぶりは一切見せなかった。ただ「こいつに写真を撮らせたら、Appleにとっていいことがありそうだ」と瞬時に判断し、瞬時に動いたのだ。それも私を「えこひいき」していると周囲の客に受け取られないようにすばやくさりげなく。

これもまた、Appleなりの User Experience に対する責任の果たし方の一貫なのだろう。

Appleほどではないが、Googleの株価回復も目覚ましいが、両社に共通しているのは、User Experienceに対して100%責任を負うという姿勢だろう。だからAppleはハードもソフトもつくり、Googleもまたそうしている。100%自前で制作しているわけではないが、100%自前でデザインしている。

会社の価値は、どれだけ自社製品のデザインに対して責任を負うかで決まる。

そしてデザインに対してソフトウェアが占める割合は、今後もますます高まり続ける。

いいかげんそろそろ Apple 以外のハードウェアベンダーで、ソフトウェアを自社デザインするところは表れないものか。何なら Microsoft だっていい。Xboxでやっているのだから出来ないとは言わせない。こうも Apple の一人勝ちが続いては、ユーザーとしても張り合いがないではないか。

Dan the Designer of His Own Life

こちらへもTB


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:売上6倍、時価総額6割 - HPとAppleに学ぶ、デザインの力
404 Blog Not Found:売上6倍、時価総額6割 - HPとAppleに学ぶ、デザインの力【】at 2012年01月21日 23:06
27インチモデルに至っては、メモリ16GB対応、最上位はCore i5/i7ならクアッドコア搭載で、性能的にはMac Proに肉薄するところまで来ちゃいました。 その上、「ターゲットディスプレイモード」なる、他のPCなどのディスプレイとしても使えるモードまで搭載されてるわけで、ぶ...
答えは、Magic Mouse【Soukaku's HENA-CHOKO Blog】at 2009年10月31日 23:01
reading: 404 Blog Not Found:売上6倍、時価総額6割 - HPとAppleに学ぶ、デザインの力 http://j.mp/3d5sRb
ttmnr's status on Thursday, 22-Oct-09 21:52:50 UTC【ttmnr】at 2009年10月23日 06:53
 いっぽう、ユーザーインターフェイスについてみれば、アップル製品がエクスペリエンスを重視して徐々に進化してきたのに対し、マイクロソフト製品はWindows 1.0、2.0、3.0でメジャーバージョンアップのたびに、大幅に作り替えてきた。 ...  Mighty Mouseは、「1ボタンと...
継続は力なり - Magic Mouseにみる一貫性こそApple成功の秘訣【Tokyo O life - ずばぴたテック】at 2009年10月22日 08:31
大方の予想どおり、iMacとMac mini、MacBook が、リニューアルされました。 Windows 7の発売直前に発表されたあたりは、結構意図的なんでしょうけど。 まず、iMac。 基本デザインはキープしたまま、液晶サイズ変更(21.5&27インチ)と、中身の強化でした。最上位モデルのみ...
答えは、Magic Mouse【Soukaku's HENA-CHOKO Blog】at 2009年10月21日 23:56
この記事へのコメント
たまたまさん、

例えば、営業車しか運転しない人には分かり難いかも知れませんが、自腹で車を買う様な車好きな人は車談義だけでそれこそ話は尽きません。
互換性に関する指摘は分からなくもありませんが、その辺も含めて好きな人には「選ぶ・買う楽しみ」の内なんじゃないですかね?
弾さんと言えば、IT業界では超有名人。
読者にも『好き者』が集まっていても不思議はありません。
そんなBlogで「MAC/Appleってどう思う?」と言う流れになれば議論百出。こんな感じになるんじゃないですかね?
Posted by 通りすがり at 2009年11月03日 03:30
たまたまさん、

>ここにザッと書いてあることを読んでいて“与えてくれる物”をよくもここまで絶賛できるかと感心するばかり(笑)

あなたにもその意義が理解できるとは結構なことですね。
ま、楽器でも車でも包丁でも自転車でも鋸でもプログラミング言語でも何でも、使う道具を十分に評価して選ぶのは当然のことです。

職人が使う道具を選ぶのは全く合理的なことで、要するに機会費用を十分に意識しているということですよね。だって道具の使用に注ぎ込む時間と労力の量が膨大ですから。

Posted by 新町伊作 at 2009年10月27日 20:34
Dan Kogaiさんは「時価総額」って何か分かってるの?

Posted by appleはなんで売り上げが少ないんだろ?って疑問は考慮外? at 2009年10月27日 13:43
仕事以外にコンピュータを触ろうって気がサラサラないので、WIN or Mac?って云う白熱の議論がよくわからん。ここにザッと書いてあることを読んでいて“与えてくれる物”をよくもここまで絶賛できるかと感心するばかり(笑)
ぶっちゃけ、Windows7は普通に売れていくだろうし新出荷の林檎も売れるだろう…で、それが何だというのだろう
色んなOSが出てくるのは面白かろうが(嘗てはあった)、普通に仕事してれば現在でも面倒くせぇのに互換性に苦労するのは願い下げだ
全てがMacでも別に構わないが(笑)、同じ顔が百並ぶってのはぞっとしないな
Posted by たまたま at 2009年10月26日 16:08
正直言うと私はアンチappleなんですが、と言うのは、どうもappleって囲い込みがきついような気がするんです(google voiceの件とか)。
そう言う意味では、imode/docomoなんかとどこか似通ったところがある様な気がしてしまいます(“macワールドではappleが王様”みたいな)。
そんなこと無いんですかね?(まあ“winワールドではMSが王様”ってことで、どっこいどっこいの話なのかも知れませんが)
素人考えですが、「もっと“オープン”かつ“フェア”な感じが好きかな?」と思ったりするんです。だって、「王様が言うことは絶対」なんて嫌ですから(合コンゲームじゃあるまいし)。
Posted by 通りすがり from 金融業界 - part 2 at 2009年10月25日 11:39
WinとMacどっちがいいかなんて、肉まんとピザまんはどっちがおいしいでしょうっていうような議論だよ。

使いたいアプリケーションに合わせて選べばいい。
ってか両方買えばいい。
Posted by lazycat at 2009年10月25日 08:20
sisさん、
>普通にWINとMACを比べたら、ほとんどの人がMACのほうが魅力的だと思うだろう

同感。

仕事の都合や周囲がWindowsばかりだという事情などがあれば当然Windowsだろうし、
特に使いたいハードやソフトがWindowsにしか対応していないのなら選択の余地は無いけど、
そういう事情がなければMacはかなり魅力的な選択肢。

長い間Windowsを使ってきて最近Macに乗り換えたんだけど、
全体的に見てMacの方が使い易くてストレスが少ないと思う。
コンピュータの面倒を見る手間があまりかからず、やりたいことに専念しやすい。

もちろん用途次第で向き不向きがあるので一概には言えないのだけれど。
Posted by 新町伊作 at 2009年10月25日 00:45
Mac好きというだけで信者って呼ぶ人もどうかと思うぞ。
普通にWINとMACを比べたら、ほとんどの人がMACのほうが魅力的だと思うだろう。Macとそのユーザーを批判する人多いけど、実際にMacをしっかり使ったことある人って、あんまいないんじゃないかな。

自分はWIN飽きたので次はMACの予定。MACダメならまたWINにもどるかな。いやubuntuかな。
Posted by sis at 2009年10月25日 00:33
良いもの作りをして、適正な価格で販売する。
こういう基本的なことが出来ているメーカーがAppleなんだと思います。
社長は自分が最高だと思う製品を自信満々で販促する。(自分の言葉で)
今の日本でこれが出来る企業はないです。
Posted by kaz at 2009年10月24日 13:51
ソニーは、なぜ独自OSを開発しないのだろう。
PS3であれほど美しいUIを設計しているんだし、NEWSの蓄積だってあるだろう。
PS3の皮をかぶったNEWS-OSなんて、面白いと思うがなぁ。
Posted by golem14 at 2009年10月24日 11:26
Mac信者は大変だなぁ。
Posted by ? at 2009年10月24日 02:56
>>いわば寄生虫なわけです
>それを正確に言うなら、IBM以外の全PCメーカーは安いハードウェ
>を採用する寄生虫で、Appleはその群れに加わったということです
>ね。

説明不足だったかもしれませんね。正確に言えば、今のアップルのハードウェアは、Windowsをベースにしたエコシステムへの寄生虫です。
Posted by 匿名子 at 2009年10月23日 23:26
>>いわば寄生虫なわけです
それを正確に言うなら、IBM以外の全PCメーカーは安いハードウェアを採用する寄生虫で、Appleはその群れに加わったということですね。
Posted by 通りすがりん at 2009年10月23日 21:48
アップルが持ち直した大きな理由の1つは低価格化ですが、それはWindowsマシンと基本的に同じハードウェアを採用したことが大きく、Windowsマシンのハードウェアコストが安いのは、元を辿ればIBMがハードウェアをオープン化したからですよね。その点だけをみれば、アップルはおいしい部分だけを吸い取る、いわば寄生虫なわけです。素人ならいざ知らず、長年この業界に身を置いている人間が、現時点でたまたま業績がいいからといって手放しでアップルを持ち上げるのはとても不自然です。
Posted by 匿名子 at 2009年10月23日 19:34
ソフトウェア業界に長くいますが、Win信者は見たことがありません。
Mac信者はいます。
そして、アンチMac(というよりアンチマカー)もいます。
Posted by とおりがすり at 2009年10月23日 16:20
WIN信者の皆様はなにゆえMacを憎むのでしょうね?不思議だ
Posted by いわ at 2009年10月23日 15:51
一製品ごときで時価総額の開きの差がわかるなんて、さすが弾さんですね!!

日本を代表するぎーくがこれなら、アップルもあと10年は安泰だね!
Posted by tago at 2009年10月23日 00:26
僕の勝手なイメージ

apple → もっと楽しく
google → もっと便利に
microsoft → もっと儲けを(勿論、MSに限らず株式会社である限り“儲けが大事”ではありますが)

それ以外のプレーヤーも含めて皆さんで切磋琢磨していただくのがよろしいかと…
時価総額については、金融業界に身を置く者の感覚としては、株価は将来への期待感で決まるのでブームが来ればみんな乗り遅れまいと一気に群がり“ポーン”と上がります。必ずしも期待が現実になるとは限らない(結構裏切られたりすることもある)のでご注意を。
投資は“買い時”も大事ですが、同じぐらい“逃げ時”も大事です。
Posted by 通りすがり at 2009年10月23日 00:01
愛があるなら Windows より Mac!
Posted by Kei at 2009年10月22日 10:37
まあ、日本企業は出遅れているのでしょうね。

日本企業は、「メーカー」で「モノづくり」だから。

日本の役人は、「情報」に疎いからね。役人には、人、もの、お金、知識の流れについてのセンスがないんですよ。役人やメーカーも、流通のセンスをもっと身に着けるべきですよ。

Appleは、それができているんじゃないかな。
Posted by enneagram at 2009年10月22日 10:33
株を買う人はそこまで見てないのでは?
売り上げの絶対値ではなく、単に利益率の問題のような気がします。
Posted by bob at 2009年10月22日 07:46
まじで教えて欲しいのだけれど、73歳になる母親は現在Win XPのユーザー。
次の買い替えの時にWin 7やOutlook 2007の使い方を教えないといけないことを思うと激しく鬱なんだが、もしかしてiMac買い与えた方が、楽だったりするのだろうか?
Posted by 通りすがり at 2009年10月22日 07:32
↑落ち着けよ・・・
Posted by 通りすがり at 2009年10月22日 04:23
WATERMANさん、

>MacはDirectXが動きませんからねえ。


問1.下の括弧内に入る語句をできるだけ多く記せ。

「Windownsは(  )が動きませんからねえ。」

Posted by けん at 2009年10月22日 02:36
>シェア的にいえば、一人勝ちなのはWindowsでしょう。

シェアがあればいいってもんでもないわけで・・・

Posted by けん at 2009年10月22日 02:34
akiraさん、

>今回のiMacを見て「すごい」と思うセンスのない人

ってどんな人?
今回のiMacを見てすごいと思う人はセンスがない人だってこと?
Posted by けん at 2009年10月22日 02:32
普段はスーパー凄い人なんだけど、
Macの話になるとただの信者さんだな。
Posted by はは at 2009年10月22日 01:56
>通りすがり

今回のiMacを見て「すごい」と思うセンスのない人には
何を説明しても無駄かな、と思わせる書き込みですね。

最近Macユーザになりましたが、それはデザインがあまりに魅力的だから。
OS9の時代は「なにこれw」くらいにしか思っていなかったですから
Posted by akira at 2009年10月22日 00:26
こういうのってAppleが好調の時だから「俺はAppleが好調な秘密を
発見した!」なんていう奴がでてくるけど、不調の時だと「やっぱ
りハードとソフトを同一メーカーがやるのは効率が悪いね、得意と
する会社が分業するのが一番」とかいう話になるよね。

なんか説明しているようでいて、内容はゼロ。
Posted by 通りすがり at 2009年10月22日 00:03
いつも元気になる記事を有り難うございます。

今日の記事に特に共感したという訳ではありませんが、弾さんのブログにいつも励まされている田舎教師です。

これからも元気になる記事をどうぞよろしくお願いいたします。

全部読めもしないのに、弾さんが紹介される本は逐一購入して、良かったものから同僚に勧めています。

一度もお会いしたことはありませんが、とても素敵な先輩であり、素敵な上司だと勝手に思って居ります。

いつも感謝して居ります。

田中 十督拝
Posted by 田中 十督 at 2009年10月21日 23:28
新しいMacが出たので宣伝したのですね。
Posted by lazycat at 2009年10月21日 23:21
こんなところにも記者クラブの弊害が?
Posted by 鉄馬 at 2009年10月21日 22:41
MacはDirectXが動きませんからねえ。
Posted by WATERMAN at 2009年10月21日 22:31
シェア的にいえば、一人勝ちなのはWindowsでしょう。
Posted by zzz at 2009年10月21日 22:26
すいません、結局何でなのか分からないんですけど。
Posted by at 2009年10月21日 22:19
信者乙
Posted by   at 2009年10月21日 22:00
>いいかげんそろそろ Apple 以外のハードウェアベンダーで、ソフトウェアを自社デザインするところは表れないものか

と聞いて思い浮かぶのは、SUN ですなぁ。
(あとは、任天堂、SONY、ATARI、いや・・・)
Posted by 新町伊作 at 2009年10月21日 21:42