2009年11月24日 12:30 [Edit]

価格を捨てる勇気 - 書評 - フリー

原著は出てすぐ購入。日本語版は@freemiumjpよりPDF1万人「献本」キャンペーンにて入手御礼。

本書の期待の高さは、本blogで「ネットビジネスの終わり」で存在を紹介しただけに等しいにも関わらず今月のベスト1セラーであることからも疑いようがない。

予約を入れたみなさん、安心していい。本書は間違いなく来年から始まる10年代を生き抜くのに欠かせない一冊だ。フリーであれプレミアムを払って読むのであれ、今後は本書を読んでいることがエコノミック・アニマルとしての必要条件になる。


本書「フリー」は、無料とは単にN円からN円引きした価格、すなわち 0 != N -- N でないということを、すでに多くのエコノミック・ビーイングが実践している「各論」を交えながら、総論として一冊にまとめあげた一冊。

目次 -- 書籍『フリー』について | フリーミアム.jp [FREEMIUM.jp] クリス・アンダーソン著 『フリー <無料>からお金を生みだす新戦略』より
フリーコラム
  • どうして航空料金がタダになるのか?
  • どうしてDVRがタダになるのか?
  • どうして車がタダになるのか?
  • どうして医療ソフトウェアがタダになるのか?
  • どうして株式売買手数料がタダになるのか?
  • どうして講演会をオンラインでタダで配信しても、高額なチケットが売れるのか?
  • どうして電話番号案内がタダになるのか?
  • どうして銀食器がタダになるのか?
  • どうして音楽CDがタダになるのか?
  • どうして教科書がタダになるのか?
  • どうしてタダの自転車貸し出しが成功したのか?
  • どうして大学の授業がタダになるのか?
  • どうして数百万点の中古品をタダで提供できるのか?
プロローグ
第1章 フリーの誕生
無料とは何か?
第2章 「フリー」入門
-- 非常に誤解されている言葉の早わかり講座
第3章 フリーの歴史
-- ゼロ、ランチ、資本主義の敵
第4章 フリーの心理学
-- 気分はいいけど、よすぎないか?
デジタル世界のフリー
第5章 安すぎて気にならない
-- ウェブの教訓=毎年価格が半分になるものは、かならず無料になる
第6章 「情報はフリーになりたがる」
-- デジタル時代を定義づけた言葉の歴史
第7章 フリーと競争する
-- その方法を学ぶのにマイクロソフトは数十年かかったのに、ヤフーは数ヶ月ですんだ
第8章 非収益化
-- グーグルと二一世紀型経済モデルの誕生
第9章 新しいメディアのビジネスモデル
-- 無料メディア自体は新しくない。そのモデルがオンライン上のあらゆるものへと拡大していることが新しいのだ
第10章 無料経済はどのくらいの規模なのか?
-- 小さなものではない
無料経済とフリーの世界
第11章 ゼロの経済学
-- 一世紀前に一蹴された理論がデジタル経済の法則になったわけ
第12章 非貨幣経済
-- 金銭が支配しない場所では、何が支配するのか
第13章 (ときには)ムダもいい
-- 潤沢さの持つ可能性をとことんまで追究するためには、コントロールしないことだ
第14章 フリー・ワールド
-- 中国とブラジルは、フリーの最先端を進んでいる。そこから何が学べるだろうか?
第15章 潤沢さを想像する
-- SFや宗教から、〈ポスト稀少〉社会を考える
第16章 「お金を払わなければ価値のあるものは手に入らない」
-- その他、フリーに対する疑念あれこれ
結び -- 経済危機とフリー
巻末付録(1):無料のルール
-- 潤沢さに根ざした思考法の10原則
巻末付録(2):フリーミアムの戦術
巻末付録(3):フリーを利用した50のビジネスモデル
日本語版解説(小林弘人)

ゼロ円がただの「最安値」でないことは、およそ自ら商いをする者であれば誰でも体で知っている。

404 Blog Not Found:一円の壁 - 書評 - 週末起業サバイバル
P. 141
それでも3万円を稼いでいる方は自信をもってください。実は、一番大きな壁が「一円の壁」だからです。アンケートでも、フォーラム会員のうち58%、半分以上の方がまだ1円も稼いでいないと答えています。
そう。0と1の違いは、1と3万より大きいのだ。

しかしほとんどの商人は、「お金を頂くとは大変なことなのだ」という自戒で終わってしまっている。その代表例が、マイクロソフトだ。 Bill Gates のドクトリンは、「我々は大変なことをしたのだから、その代価を支払うべきだ」という、古き良き「商人道」に立脚している。目次にもある通り、同社は本書の事例としても登場する。

今までは、それでよかった。

しかし、今後は「お金を無理に頂くともっと大変になる」というのが商売の常識となる。ゼロ円は「仕方なく」受け入れるものではなく、積極的に行使すべき価格となるのだ。

その著者の主張の根底をなすのが、「アトム」(atom)と「ビット」(bit)という言葉。アトムは経済における物理を、そしてビットは経済における心理をさす。実は私は本blogでも拙著でも、「経済=物理+心理」という主張を繰り返し行っている。最新の「働かざるもの、飢えるべからず。」では、章の一つをまるまるこの話題にあてている。同時発売なので一緒に入手していただけると幸いである。

そして今後の経済は、いかにアトムを節約し、ビットを「浪費」するのかで決まるのだ。

それが、本書の「総論」であるが、本書が理論書にとどまらない実践書であるのは、「フリー」の活用事例をこれでもかと取り上げているからだ。「読んだその場で役立てたい」という人は、本文を飛ばしてコラムを読むこと。それだけで本書の元は「取れる」

折角なので私も一つ披露しよう。本blogのエコシステム、ではない。確かに私は「タダ」で月々30-40万円相当の本を献本され、それ以上の売上げを読者から「タダ」、すなわち読者に対して一切請求している形で得ているが、どうしてそうなったかは「空気を読むな、本を読め。」を参照いただきたい。ここでお話するのは、「本当の自転車置場論議」だ。

私はマンションの理事を三期に渡ってつとめていた。ITギークにとっての自転車置場論議とは、どうでもいいようなことほど議論が紛糾してしまうことを指すが、都市部のマンションにとって、それは日本における高速道路無料化の是非に匹敵する重要な問題である。足りない、狭い、混雑しているというところも似ている。

この問題を解決するあたって私が活用したのが、まさに「フリー」である。我々はレンタサイクルを無料とし、しかも最新の電動自転車を揃えるという措置をとった。レンタサイクルというシステムそのものは入居時から存在したが、レンタル料を徴収していた上、台数も少なくそして各自転車はただのママチャリで魅力に欠けるものだった。

今では二十台の電動自転車が住民には無料で貸し出され、不法駐車であふれていた自転車置き場には空きさえ出ている。もし自転車置場を拡充するとなったらどれほどのコストが生じたか、考えるのも痛いではないか。

駐車場という、都市部のマンションにおいては管理組合の収益の半分を稼ぎ出す「プロフィットセンター」とは異なり、自転車置場というのは、どうあがいてもコストセンターである。それであれば、そこでプロフィットを上げるのではなく、いかにコスト=アトムを減らすかという考えに至るのは自然である。そしてその時、フリーは絶大な力を発揮する。

これはフリーの力のほんのささいな一例である。そしてフリーほど、「思い立ったが吉日」な概念というのもないのだ。フリー(gratis)の力は誰もがフリー(libre)に使えるのだ。

フリー(Free)の力は、我々をフリー(Free)にする。それがわからない人は、いつまでたってもアトムの奴隷なのだ。

Dan the Free Writer

追記:本書自体が、「無料で先着一万人にPDFを配る」という本書の主張を忠実に実行したのは素晴らしい。本entryもその恩恵を受けている。英語版は今でも英米ではフリーで読めるのであるが、「ロケーションフリー」ではなく、日本では読めない措置を施されているのが残念である。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
遅ればせながらのエントリーになりますが。 読了後、ブログで取り上げる予定でほったらかしにしてました『フリー』です。 月刊『フォー??.
『フリー 〈無料〉からお金を生み出す新戦略』と『情報革命バブルの崩壊』【Stay Hungry, Stay Foolish】at 2010年03月07日 21:23
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略著者:クリス・アンダーソン販売元:日本放送出版協会発売日:2009-11-21おすすめ度:クチコミを見る現在移行中のiXUS WEBのサイトの『たしなみ』のカテゴリに『フリー』の本の感想を書きました。『たしなみ』は、iDLSのパートナー以...
とても参考になった:フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略【iXUS - イクサス】at 2010年03月01日 18:24
これぞ、次世代のビジネスモデルの探求
[本]21世紀型のビジネスモデル探求!FREE【Bugle Diary】at 2010年02月22日 21:31
  先着1万人が無料で全文をDLして読めるという『フリー』を読ませてもらいました。 『フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略』 世の中に今起こっている変化についての断片的な知覚が、猛烈な勢いで整理された状況です。 自由と無料にまたがる特許権や著作権などの知...
『フリー』という価値観への変化に法律はついていけるのか【企業法務マンサバイバル】at 2009年11月25日 05:57
この記事へのコメント
読了したので、コメントに戻ってきました。


「フリーの≪まわり≫で稼ぐ」のがキー・ポイントだったんですね。自分になにができるか判りませんが、とにかく「フリーミアム」に向けて努力します。


本書を御紹介いただきありがとうございました。
Posted by 蓮風 at 2009年11月30日 13:51
>無料を実施したものの、目論見通り人が動かず挫折。これが恐らく大多数。^^)
でしょうね。こんな記述がありますよ。↓
「フリーを追求することは、正しい計算ができていない者には過酷な商売なのだ」 第8章 非収益化


昨日の私の書き込みの※1は表現が少し変(自分で違和感あり)ですが、
第16章の「フリーはまやかしだ」に対する反論の話と、第4章の「ペニーギャップ」の話です。まぁ、実際に本を読めばわかるかと。
Posted by 浦川 真一 at 2009年11月27日 22:51
無料を実施したものの、目論見通り人が動かず挫折。これが恐らく大多数。^^)
使って貰ったり、引きつけるには、凄いと思わせる策が必要いいますが、無料は武器だが、それのみでは現実は厳しい。
フリーで勝つ。アイデア一本って、やってみたいなー。

Posted by jjishii at 2009年11月26日 22:53
昨日の書き込みが少しもの足りないので書き足します。

良質なサービスがフリー(無料)で提供されていれば(※1)、人を意図した特定の方向に強力に動かすことができます。人が動くその方向に何を仕掛けておくか?というビジネスモデルは各自考える必要がありますが、この本の本文や付録で紹介されている豊富な事例からヒントを得ることができるかと思います。

試供品商法も古典的な手法の一つ(※2)でが、試供品の提供は人の行動の延長で回収するビジネスもでるの一部でしかありません。人が動いた先にビジネスを作ると考えれば、趣味(※3)やボランティアへの適用は可能だと思いますよ。
東京駅の近くを通ることがあれば、昨日の夕方、OAZOの丸善入り口に積まれていたと思いますので、軽く立ち読みされるのもいいかもしれません。(本屋もある意味フリーですね)

※1
厳密に無料かどうかが重要ではなく、「人が動くその瞬間に(1円でも)コストを意識させない」ということです。

※2
試供品商法は第3章フリーの歴史で、ベンジャミン・バビットの例が紹介されています。


※3
第4章では著者が趣味をいかしたプロジェクトDIY Dronesの話をしています。これかな? http://diydrones.com/
Posted by 浦川 真一 at 2009年11月26日 19:54
試供品商法だから新しいものでもなんでもないでしょ。
このブログの記事が、アフィリエイトへの「撒き餌」であるようなもの。

趣味やボランティアの場合は関係なし。
サービスとして継続するためには金が要るよね、じゃあどうしよっか
という話なんだから。
Posted by 通りすがり at 2009年11月26日 18:29
稼ぐのに四苦八苦の激安デフレ時代。「フリー」と聞くと、商売人は頭に血が上ったりします。^^)
よくある貧乏・節約の薦めと違い、確かに面白そうですね。 買ってみようかな。

私もフリーソフト出してますが、ページアクセスも結構な量で
うまく活用できないかと思案してます。 遊びみたいなもんですが、
それで食ってる人の邪魔してるのかなー。なんて思ったりもしていますが。

Posted by jjishii at 2009年11月26日 13:54
「全てタダで提供することが良い」といっているわけではありません。
本書のテーマは「フリーの周辺でお金を稼ぐことがビジネスの未来になる」です。
実際にそういったビジネスの成功例、その要因などがわかりやすくかかれているので面白いですよ。
特許や中国における海賊版の問題に対する見方が少し変わるかも。
Posted by 浦川 真一 at 2009年11月25日 20:44
インターネットでダイレクトにつながれる世界では、Freeをビットしたほうが、トータルコスト的に安くなるケースが出てくるという事でしょうか。。。

読んでみようと思いました。
Posted by Yosio at 2009年11月25日 17:04
どうなんでしょう。
皆がお金を出すことで世の中が回る。それが貨幣経済。
フリーはその逆な気がしますが。
マイクロソフトは税金沢山支払ってますが、Googleはそうじゃないですし。


高い価格設定で、研究開発やユーザーサポートを手厚くして
競合に勝つ会社が、ソフトの世界には沢山あります。
ソフトはビジネス系市場が大きく、ハイエンドが有利っぽいですが。
Posted by jjishii at 2009年11月25日 12:13
> 年中、図書館の使用時間30分間無料のインターネットサービスを使って調べ物をしています。

その図書館の財源がどこからきてるかは、ちょっとは考えましょうよ。たぶん、図書館を構成する本や情報の値段はフリーに近づくかもしれませんが、図書館の建物、電気・水道(トイレいるだろうし)、職員の人件費、図書の貸し出しシステムの運営費用、もちろん司書の方の人件費....。

フリーにしてくれるのはいいんだけど、結局、その代償をどこかで払ってるわけだからねー。自分じゃない、誰かが...。

結局、お客さんになれる人が少なくなっちゃう状況だと、そもそもフリーを支えるビジネス(公的図書館で言えば、税収?)ですら危うくなると思うのだが...。
Posted by ff at 2009年11月25日 11:03
年中、図書館の使用時間30分間無料のインターネットサービスを使って調べ物をしています。

たぶん、自分でブログを立ち上げたら、情報源は、図書館で閲覧できる新聞(例、赤旗)が中心になると思います。

無料の情報を使って、知識ビジネスを立ち上げることは不可能ではありません。

ネットオークションだって、インフラを作ってくれたのはヤフーや楽天で、売買のコストなんて、ほとんど「フリー」みたいなもんです。

「フリー」は間違いなく社会を豊かにする!
Posted by enneagram at 2009年11月25日 09:22
ビジネスですから、結局はお金ですよ。
どこかで掛けたコストをフリーにして、どこかからお金を取る。
ボランティアの話ならどうでも良いですが。
Posted by おーえすえす at 2009年11月24日 19:20
二重投稿してしまいました。
お手数ですが、削除をお願いします。
Posted by 蓮風 at 2009年11月24日 18:17
実は 3DCG の世界でオープンソース・プロジェクト(http://www.behind-universe.org/)に挑戦してみたのですが、ほぼ収益が上がってません。生計が立てられなければプロジェクトの継続は難しく、正式版のリリースと共に有償化を検討しています。

理念としては『フリー』に与したいのは山々ですが、現実的にはなかなか茨の道であるのも事実。ちょうど良いタイミングで本書を紹介していただいたので、まずは一読してから今後を検討してみます。読み終えたら所感をコメントするかも知れません。


ちなみに『ウィキノミクス』と『オープンソースソフトウェアの育て方』は既読です。情報系の学生だったので、この文化の恩恵も受けて育ってきてます。

では。
Posted by 蓮風 at 2009年11月24日 18:16
実は 3DCG の世界でオープンソース・プロジェクト(http://www.behind-universe.org/)に挑戦してみたのですが、ほぼ収益が上がってません。生計が立てられなければプロジェクトの継続は難しく、正式版のリリースと共に有償化を検討しています。

理念としては『フリー』に与したいのは山々ですが、現実的にはなかなか茨の道であるのも事実。ちょうど良いタイミングで本書を紹介していただいたので、まずは一読してから今後を検討してみます。読み終えたら所感をコメントするかも知れません。


ちなみに『ウィキノミクス』と『オープンソースソフトウェアの育て方』は既読です。情報系の学生だったので、この文化の恩恵も受けて育ってきてます。

では。
Posted by 蓮風 at 2009年11月24日 18:15
英語版オーディオブックは今でもダウンロード可能です。
http://www.longtail.com/the_long_tail/2009/07/free-for-free-first-ebook-and-audiobook-versions-released.html

iPodに入れて持ち歩くこともできるので、忙しい合間に聞きました。
さすがクリスアンダーソン、内容のまとめ方がうまいですね。
Posted by Kaz at 2009年11月24日 14:10