2009年12月11日 13:30 [Edit]

なぜ「「暇つぶし」のために働いていると言わないのが「普通」なのか

以下の記事に、案の定の反応が来ている。

会社はヒマつぶし?:日経ビジネスオンライン
「お金のため」「生活のため」なら、まだわかる。百歩譲って、たとえ本当に「暇つぶし」と思っていたとしても、それを大勢の人がいる講演会場や、初対面の講師の前で、普通は言わないでしょう。
はてなブックマーク - 会社はヒマつぶし?:日経ビジネスオンライン
ん?じゃあお金の心配が無い人はなんで働いてるって答えるのが正解なんだ?

以下は、どちらも正しい。

  1. 仕事とは暇つぶしのことである。
  2. 「仕事とは暇つぶしのことである」と職場で言うな。

実は仕事どころか、人生そのものが暇つぶしだということ、すでに何度も書いている。拙著「働かざるもの、飢えるべからず」でも、「『働いている』人なんて元々存在しない」という「公理」から直に導き出される「最重要定理」として扱っている。

しかし、それが事実であることと、それを職場で言うのとは意味が全くことなるのだ。「Aである」と「『Aである』はBである」は、別の問題である。ブックマーク主はこの二つを混同している。

それでは、なぜ「『仕事とは暇つぶしのことである』と公言すべきではない」のか。

この設問には、逆設問で答えるのが最短距離である。

それでは「仕事は暇つぶし」であると公言している諸君にお尋ねする。

あなたは、そう公言している人に仕事を頼みますか、と。

「いや、頼む」という人は、本当に仕事場で暇をつぶしている人に仕事を頼んだり、そういう人からモノを買ったりしたことがない人である。そういう人は中国の地方都市のデパートに一度足を運んでみるといい。本当に職場で手持ち無沙汰にしている小姐たちが何人もいるから。出来れば土産の一つでも買おうとしてみるといい。「電球を変えるのに何人の○×が必要か?」という問題を思い起こさずにはいられないだろう。

いや、中国にはもういないかも知れない。それくらいかの国の変遷は激しい。米国の地方都市のさびれたショッピングモールの方が同様の経験はしやすいかも知れない。日本の地方都市のデパートにも、そういう光景は残っているかもしれない。

本題に戻ろう。

あなたは閑古鳥が鳴いている店からものを買いたいですか?

それとも繁盛している店からものを買いたいですか?

むしろ「仕事とは暇つぶしのことである」という人ほど、閑古鳥が鳴いている店は避けているのではなかろうか。

この「パラドックス」は、実はパラドックスではない。「仕事とは暇つぶしである」とも矛盾しない。結局のところ、誰かと仕事をするということは、誰と暇つぶしをするかという問題でもあるからだ。誰かと暇をつぶすのであれば、それが暇つぶしであると気づかないほど楽しく有意義な暇つぶしにしたくはないだろうか。

十分高度な暇つぶしは、仕事と区別がつかない。

のであれば、それを仕事と認めてもらうためには、あなたの暇つぶしは十分高度でなければならないのだ。

何をもって十分高度とみなすか。

客としてのあなたが、今そこにいるあなた自身に仕事を頼むかどうかではないのか。

これは、就職活動におけるたった一つの冴えた質問でもある。

以上を踏まえて、お金の心配がなくなってしまった私が最初の質問に対する正解をお答えしよう。

あなたの暇と私の暇を、それが暇つぶしとわからないほど楽しく有意義につぶすためである。

あなたにとっての本blogが、そういう暇つぶしでありますように。

Dan the Player of the Game


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
ここ最近は仕事でやったやってないの議論になったり、いろいろ怪しまれたり疑われたり。ストレスで風邪引いてさらに口の中を火傷して舌炎になりました。 ポカリスエットがどんどん消費されていきます。 今働いている会社では女性の比率も多く私の熱意や仕事に対する前向きさ...
仕事は暇つぶし?仕事の熱意についてのコラム【いいだしっぺ】at 2010年05月17日 22:07
チャールズ・バベッジ―コンピュータ時代の開拓者 (オックスフォード科学の肖像)大月書店 ブルース コリアー Amazonアソシエイト by 汎用京速計算機の予算が着られそうになって削減されたそんなご時世に読んでみた なんと19世紀に完成していたかも知れないコンピュータと...
ここは酷い英国式事業仕分けですね【障害報告@webry】at 2009年12月18日 18:37
なぜ「「暇つぶし」のために働いていると言わないのが「普通」なのか 404 Blog Not Found ダンコーガイがここでやっているのは言葉遊びの拡張である。 彼が使用している「暇つぶし」という言葉の意味は、 その言葉が本来持っていた意味からはかけ離れてしまっている。 「暇つ...
ソーシャルメディアに潜むもの【monogoto.jp】at 2009年12月18日 06:24
http://mojix.org/2009/12/16/sell_kurou 父が仕事を再開した。 叔父がやってる山の仕事だ。 肉体労働&重機を使う仕事なので数ヶ月前には骨折をした。 母や僕は止めろというが、それでも聞かない。 60歳のジジイ(悲しいかな、久しぶりに会った父はジジイになってしまっ
人生は暇つぶし【kmfdmmdfmkの日記】at 2009年12月16日 09:40
小飼弾さんが指摘するように,人生は壮大な「暇つぶし」であり,労働もその例に漏れない。情報職業など「時給」や「拘束時間」に縛られない職種だととくに「暇つぶし」を実感する。一生懸命に,知恵の限りを巡らせて懸命に「暇つぶし」するとき,人は生きる喜びを感じるもの...
高度な「暇つぶし」【メディア戦隊レッドテイラー】at 2009年12月12日 09:30
お金の次は名誉(欲)だというのは通例ですね。
人生暇つぶし【某氏のたわごと】at 2009年12月11日 18:46
この記事へのコメント
弾さんの狙いがわかった気がします。

「『働いている』なんて元々存在しない」ということをいうために、米の例をなぞなぞとして本の先頭で出したのは、その本で述べることを読ませる前の一種のショック療法ではないかと思います。
これまでの常識を覆すことを受け入れさせる前に、読者の常識をまず「崩す」ことが狙いかと。
ただし、僕のように「全ての事象に意味などない」と言ってしまって「更地」にしてしまっては、自分が行う主張のところまでわざわざ構築する必要があります。それでは本が冗長になってしまう。そこで、半ば強引に米の例で自分の主張が通る“ちょうど良いところ”まで破壊したのではないかと。
そして、なぞなぞとするところにしたたかさを感じます。
ただの主張では押し付けがましい、完全にねじ伏せるのではなく「一本とられたなぁ」くらいの感じをねらっているのでは?

ちなみに、収奪は言いすぎかと。
なぜならば、米は稲の果実であり、種ではないからです。このことは植物と動物との間に相互依存がある可能性を示しています。
実際、稲は人の力によりありえないほど繁栄しているわけですから。
Posted by shinichiurakawa at 2009年12月14日 20:21
コメント承認制にしてコメントの質が上がった気がします。自分の責任で発言するようになるからでしょうね。僕もうかつに下手なことは…いかん!
Posted by nabeodesuyo at 2009年12月14日 19:30
さて、早速ですが誤解も理解のうちとして少々疑問をなげさせていただきます。

>『働いている』人なんて元々存在しない」という「公理」

極論すればこの世で起こっている全ての事象に意味など初めからありません。
意味を与えるのは人間で、人が事象に「自分にとっての価値が出るような意味」を与えているだけです。
自分にとっての価値とは、単純にその人の脳内の興奮の種類。


本がまだ手元に無いので、「働かざるもの飢えるべからず」はざっと立ち読みさせていただきました。(あとできちんと買います)
「『働いている』人なんて元々存在しない」は米を例に出した話として印象に残っています。

米の話の場合、「つくっている」という言葉の中心に置かれるものは人によって異なります。

例えば、「はさみ」で「紙」を切る場合、切っているのは「道具をつかっている人」と見るか、「ハサミ」、「ハサミの刃」、「刃を構成する原子」とみるかは、切るという動作をどのスケールで、どういった価値で捉えるかということによって異なります。

米に話を戻せば、イネという装置をさらに大きな田んぼという装置に組み込んで、これを制御して米を作っているのが「お百姓さん」と見ることもできます。


ただ、この批判自体も意味はないかもしれません。

本当はそんな細かい話ではなく、これまでの習慣で、なんとなく決まってしまった意味をあたかも絶対的なものとして捉えている人に対しての批判ではないでしょうか?
この場合、とくに「働く」という言葉が生み出す概念に対して行っているものと思います。
Posted by shinichiurakawa at 2009年12月12日 10:51
>あなたにとっての本blogが、そういう暇つぶしでありますように。

おかげさまで、良い暇つぶしになっております。
弾さんのブログは本質がズバッとかいてあるので目からウロコが落ちることがありますが、その冴えた文章は僕のような凡人が理解するためには少々時間がかかることがあります。
理解したと誤解することも少なくなかったり(笑
良いトレーニングになっています。
Posted by shinichiurakawa at 2009年12月12日 10:39
閉じカッコ(」)が、ひとつ少ないです、タイトルの。
Posted by しみず at 2009年12月11日 14:34
詭弁
Posted by at 2009年12月11日 13:56