2010年01月28日 09:00 [Edit]

「手作り」 - Apple iPad

ipad

「なにこのiPod Fat」

と、この写真を見て感じた人も少なくないのではないだろうか。

そして実況中継を見ていた人は、もっと強くそれを感じたのではないだろうか。

私もそう感じた。

このビデオを見るまでは。


スリムなiPhoneと比べて、なんて横幅が広いんだろう。

枠ぎりぎりまで画面があるiPhoneと比べて、なんてふちが広いんだろう。

手のひらに収まるiPhoneと比べて、なんてうすらでかいんだろう。

正直、かっこわるくね?

実はこれ、iPadの「真の姿」ではないのだ。

そこにあなたの手が加わって、はじめてiPadはiPadとなる。

Jobのプレゼンでピンとこなかったのは、そこに人の手がなかったからだ。スクリーンにはiPadが大写し。大写しはいいけど、おかげで実際にどれくらいの大きさがどれくらいかわからない。MacBook 13インチよりひょっとしたらでかいのか。それとも逆に、文庫本サイズなのか。Jobsが実物をかかげてみても、片手ではやたらiPadが大きく見える。

しかしどうだろう。実際に人の手がそれを動かしている姿ときたら。

すべてが、手にしっくりおさまっているではないか。

幅広なのは、そうでないと横にしてキーボードを表示させたとき、それ以外の表示領域があまりに狭くなるため。実際iPhoneを横にしてキーボードを表示すると、上に残る部分がやたらと狭い。

ふちが広いのは、そこが「手すり」だから。スクリーン全てがマルチタッチスクリーンなiPadを文字通り縦横無尽に使うには、支えている方の手がスクリーンに触れないようにしなければならない。その点が全体を片手でつかめるiPhoneとは決定的に異なる。

Jony Ive
There's no up there is no down. There's no right way or wrong way of holding it.

iPadは、そこにあなたの両手があってはじめて「完成する」のだ。

主人公は、あくまであなたで、主演はあくまであなたの手。iPadはあくまで助演者であり、黒子なのだ。

I don't have to change myself to fit the product. It fits me.

そうなのだ。これこそが、彼らが届けたかったものであり、ことなのだ。

Macは、「最悪」でもパソコンになる。Windowsパソコンとしても優れものであることはBoot Campしてみればすぐわかるし、そしてパソコンがWindowsである必然性は、Webのおかげでかつてないほど低い。なんならUbuntuだっていいのだ。

iPhoneは、「最悪」電話になる。電話としてはもう少し圏外になりやすすぎるかも知れないが、それを改善するのは日本では孫さんたちの仕事であってJobsたちの仕事ではない。もちろん圏内であれば実に有能な電話だ。住所録の使い勝手一つとっても、他の電話の追随は許さない。

iPadには、そんな逃げ道はない。タブレットというのはモバイルデバイスにとってまさに死の谷。AppleもまたNewtonという犠牲者を出している。

そして NetBook.

Netbook is good at nothing. It's just a cheap laptop.

というJobsの主張には、オーナーとして同意せざるを得ない。Netbookはいわば残飯でつくったまかない飯。たまたま食ったら意外とイケルということで皆こぞって「わざわざ」作ったが、作れば作るほど利益も出ない状態になったのはこれまでのあらすじ。

私は軽自動車には軽自動車の良さがあると思っているし、実際さまざまなNetbookを物色したが、今のところはトラバントばかりでワゴンRはないと言わざるを得ない。少なくともそれしか買えない人が「唯一の一台」として買っていい代物ではない。

みながこぞって残飯を売りに出す中、Appleだけは、畑の土から作っていた。専用CPUをつくってもらうなんて、MacもiPhoneも受けられなかった高待遇ではないか。後でiPhoneの方でおいしくいただくという「セイフティネット」は用意されていたとしても。

しかし「まるで新しい」ものを、人は使いこなすことが出来ない。それが出来るのは子供だけで、大人は「いままで使ったことのあるもの」の延長でしか、新しい道具とつきあえない。iPhoneアプリとの上位互換性はまさにそのためにある。「でっかいiPod Touch」として使えれば、買った人には少なくとも損をさせずにはすむ。

しかし、iPadの真価は、「Netbookより軽いMac」でも、「大画面のiPhone」でもどちらでもない。

手が合わせるのではなく、手の方に合わせる道具だ。

Macには、パーソナルコンピューターという制約がある。

iPhoneには、電話という制約がある。

ましてや、Kindleには「本」という制約がある。

iPadは本「にもなる」。

404 Blog Not Found:iBookがアプリ名になる日 - #弾言_ & #決弾_ に見た「読むの未来」
となると、電子書籍リーダーアプリは、Apple純正のものが欲しくなる。iPodに電子書籍ビューワー機能を追加するか、あるいは iBook という名のアプリにするか。操作性を考慮すると、別アプリの方がいいと思います。それなら iPod で音楽を流しながら iBook で読書できるでしょ? 幸い iBook という名は、かつての iBook が MacBook に移行したおかげで空いてます。

iBookではなくiBooksではあるが、まさにその通りになった。しかしKindleと決定的に違うのは、「本」というのは数あるiPadの機能のうちの一つにすぎないこと。Kindleから本を除いたらほとんど何も残らないが、iPadから本を引いてもその魅力はほとんど落ちない。日本の iTunes Store はまだ動画を売っていないけれども、それでもiPhoneもiPodも売れているではないか。

iPadは、ほぼまちがいなく全世界同時に売られるだろう。iPod TouchはiPhoneの後を追って登場したが、iPadはWifiのみモデルと3Gモデルとが同時に発表され、Wifiモデルの方がやや先行する形で発売されるようだ。これで日本を後回しにするわけがない。iPhoneが3Gまで待たされたのは、日本にGSM回線がなかったからにすぎない。そしてiPadにiPhoneの制約はないのだ。

その凄く見えなささに、その凄さを感じずにはいられない。

Dan the Owner-to-Be


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:「手作り」 - Apple iPad
404 Blog Not Found:「手作り」 - Apple iPad【】at 2012年01月24日 08:06
 ちょっと前に、続きを書くと言ったので、それを書きます。書いてたらやっぱ長くなったので、何回かにわけます。 ソフト業界で言われていた「互換性」という言葉に惑わされたく...
iPadは僕に夢を見させてくれない#1【大人読本】at 2010年04月24日 22:14
Kindle Wireless Reading Device(6" Display, Global Wireless, Latest Generation) というわけで、Kindle買ってみた。 もちろん、Apple iPadと(後に)比較してみるためである。 結論から言うと、「元は取れる」が、「お買い得」とは言いがたい、となるだろうか。
Okay? Yup. Great? Nope. - "書評" - Kindle 2【404 Blog Not Found】at 2010年01月30日 01:50
Appleから発表されると噂されていました「タブレット型PC」ですが、「iPad(アイパッド)」という名称でしたね。 「iPad」という商品...
Appleの進化【みんなの知】at 2010年01月29日 22:42
「iPad」キタ━━━━(・∀・)━━━━ッ!! ということで,○ちゃんねらーでもないのに, 思わず2○んねる風に叫んでしまいましたですけれ??.
【主張】iPadの数詞は「枚」であるべきだ【ガンジーの〈楽知ん〉研究日誌】at 2010年01月28日 22:12
ブログ更新:AppleよりiPadが発表されましたね。404 Blog Not Found:「手作り」 - Apple iPad賛否両論あるようですが、上のブログにもあるようにこのiPadビデオを観てしまうとね??。久しぶりにワク...
iPad欲しい!1/28/10【和歌山県 南紀白浜スパダイブログ】at 2010年01月28日 14:12
iPad・・・まさかのiPad。 iPodと被るようなネーミングに耳を疑いましたが、公式発表でiPadでしたね。 発音すると”アイパッド”って引き締まらないから、iSlate(アイスレート)の方がかっこいいと思う。 iPhoneに比べて枠の幅が広いのは、握るのではなく持つためだからだそ...
[Apple]iPad【アンドロイドは笑う夢を見るか?】at 2010年01月28日 12:06
この記事へのコメント
正直この商品は逃げ場がない。
この記事にあるようにiPhoneは電話になるし、何よりみんながもともと持ってたiPodとして使えます。
でも、この商品は全く新しいジャンル。
確かにiPadはネットブックの代替品ではないが、そもそもネットブックを毎日持ち歩いている人は少ないですから。
荷物を増やすことにこの商品で成功したら、本当にジョブスおよびマックという会社を尊敬します。
私はマニアの家にあったなーくらいの商品になるのではないかと思ってしまいます。
Posted by mkeishi at 2010年01月31日 11:30
そのデバイスを最大限に利用できた
アプリが出て、はじめて
評価できるのでは?

iPhone使いはじめましたが、
速度的に、アプリ数的に、やっと
充実してきた気がします。

iPadが、そこに到達するのにも、
やはり、少し時間はかかる気がします。

ま、製品のこなれていく範囲ですが。
Posted by higekuma3 at 2010年01月31日 09:53
AppleカスタムARM系CPUの製品採用は、今後はiPhone/iPod touchを超えてどんどん広がると予想しています。
2〜3年のうちにAppleTV→MacBook Air→MacBookと採用される可能性があるんじゃないでしょうか。
Cortex-A9 Dualコア 1.6GHzくらいの性能が達成できればローエンドPCの性能は十分代替できます。OSXはGPUの能力さえ高ければCPU性能はそんなに高くなくても動作に支障はありません。

最近のIntelのMPU戦略はいよいよAppleの方向性とあわなくなってきてますし、コストも高いですしね。

まぁ3年後にはMacBookもiPadと融合したような製品になっていそうではありますが〜♪
Posted by fukuyas at 2010年01月28日 16:40
> その凄く見えなささに、その凄さを感じずにはいられない。

これがきちんと伝わるかどうかが販売の成功につながるかどうか、ってところでしょうか。自分のブログでいろんなものと比較してみましたが、比較すること自体間違っていると言うのもよくわかりました。

使われ方ですが、個人マーケットだけじゃなく法人マーケットにも浸透すると面白いんじゃないかと。まず触れてみて、というのがパソコンでは職場や学校からスタートしている人はまだまだ多いと思うので、ここをターゲットに導入が進むと楽しそうです。

たとえば幼児教育の教材として、頭の柔らかい子供たちはすぐに「落書き帳」と「お遊戯道具」、「絵本」が一体となったiPadをすぐに使えるようになるんじゃないかと思います。壊したら大変だけど。キーボード入力で文字をおぼえる教材としてもよさげです。

あと、タッチパネル式のハンディ端末使っている事業では、webシステムと組み合わせることで馬鹿高い端末を放棄でき、コストが劇的に下がりますよね。これはiPodtouchでも同じ事ができますが、あまり使われていないようにも感じます。

アイデアは無限大、これをいかに現実化するか、てところですかね。
Posted by pc4beginner at 2010年01月28日 14:14
iPadの情報を知ってはいたと思いますが、意外と歯ぎしりをしているのはchromeかもしれませんね。
売りである起動して、すぐにネットに繋げるという流れを華麗に先どりされてるのですから。

さらにいえば、画面の小ささから、細かくて使いづらいアプリにとっても嬉しい話でしょう。
周りの評判もいまいちですが、個人的には面白いと思います。
Posted by pepc at 2010年01月28日 10:16
ようやく最近、iPhoneを購入したのですが、iPadも買いなのでしょうか?
iPhoneが凄い!凄い!とさんざん言われて、やっと凄さを理解できかけているのですが、iPadの凄さも理解するのに時間が掛かりそう…
Posted by tommyyz at 2010年01月28日 09:26