2010年03月05日 22:00 [Edit]

ベーシックインカム 一番かんたんな方法

これぞ、コロンブスの金の卵。

ベーシック・インカム懐疑論で最も大きいのは、「財源どこ」というもの。

私ですら、財源の議論が欠如していることをもって「ベーシック・インカム入門」を批判したし、私自身は「弾言」や「働かざるもの、飢えるべからず。」で社会相続をその原資に充てることを提案している。

もちろん財源に「古典的」な消費税や所得税を充てることも可能で、これらは「やさしいベーシック・インカム」で議論されている。献本御礼&紹介が遅れたことを陳謝。ちなみに共著者の星飛雄馬は本名。「働かざるもの、飢えるべからず。」でもお手伝いいただいた。

いずれも誰かの財布が痛む。もう痛みがない故人から拝借するという点で私は弾案が最も優れていると今でも確信しているが、それでも遺産を愉しみにしていた人が痛みを感ぜずにはいられない。

しかし、もし誰の財布からも金を抜き取らないとしたら?


そんな方法が、あるのである。

妙案!と思った0.2秒後には、私はこう返事をしてしまった。不覚にも。

この時私は、自ら試算した5万円/人月(必要財源72兆円/年)や、ニコ生のラフコンセスである7万円/人月(必要財源84兆円)というものを想定してた。それだけの額を必要とするのも、生活保護や基礎年金を置き換えることが念頭にあったからだ。

しかし、そういったものを全て後回しにして、「日本経済復活 一番かんたんな方法」のインフレターゲットをベーシック・インカムで実装したらどうなるかを改めて考えてみた。

同書、というより共著者の飯田泰之の十八番、「日本の潜在経済成長率は2%はあるはずだ」の+2%をターゲットとし、それと実績(-2.1%)との差、4%程度の政府紙幣を発行し、これを全国民に均等割する。話をわかりやすくするため、その額総額24兆円、一人年額20万円としよう。この程度はリフレ派経済学者が普通に唱えている数字だ。しかもリーマンショックの前だったから、今は「もっと刷れ」と言っているかもしれない。

違うのは、それを銀行を通して市中に出すのではなく、国民一人一人に直接手渡しすること。これだけだ。これも定額給付金という実績がすでにある。一回こっきりということもありその手際は悪いものだったが、日本居住者(そう。外国籍も含む!)であれば誰でも受け取れたのである。継続性があるということであれば、ずっとましなシステムが作れるだろう。なんなら国民背番号と同時導入したっていい。徴税のためなら痛いが、ベーシック・インカム給付のためであればずっと受け入れやすいものとなるだろう。

すると何が起こるか。

日本を鳥の目で見ると、ものもことも(以下あわせてグッズ)増えておらず、貨幣だけが増えたのだから、インフレが達成されたことになる。飯田流に言えば、100円のものはこれで102円になるわけだ(何もしなければ98円になっていたことに留意!)。それだけのこと。手持ちのもので買えるものが増えたわけでは全くない。

だから意味なし、というのが財政再建派の論法であった。が、今度は日本人を虫の目で見てみよう。

無収入の人は、これで国民年金をちゃらにできる。今までは無収入であっても成人であればそれだけ支払わねばならなかったのだ。専業主婦の妻の分は、当然私が肩代わりしている。

年収200万のワーキングプアにとっては、10%の年収アップである。

年収300万の森永卓郎言うところの「B級」も、6%アップ。年収1000万円までは、年収の増加がインフレ率を上回るのだ。

家族4人であれば、80万円。中古車であれば買えるし、すでに車を持っていれば下取りとの差額で新車が手に入るかもしれない。

グッズがなにも変わらなくても、こうなのだ。

@YAMAMOTO_Nozato指摘のとおり、実はこれ、暗黙の累進課税強化とも見なせる。しかし富裕層は、それを増税という形ではなく、商品値上げという形で体験する。この方がずっと彼らにとっても--私にとっても受け入れやすい。

ところで実際のインフレというのは、ものの値段が均等に同率で上がるのではない。あるものの値段はそのまま、またあるものの値段はインフレ率よりずっと高率で値上がりする。必需品と高級品とどっちの値上がり率が大きいだろう?前者だとしたらBIの効果は帳消しになりかねないが、私は現時点においては高級品の方が値上がりすると見ている。

理由は、バブルがまさにそうだからだ。あの頃不動産や株の値段は倍にも三倍にもなったが、自動販売機の缶飲料の値段は100円が120円になった程度だった。これとて20%もの値上がりだったが、以後ずっとその値段で来ている。

インフレなのに、ものは余っている。「失われた20年」の中にいるはずの日本で、2000万トンの残飯が出ている。

だとしたら、安物を買うインセンティブは下がる。そしてそれ以上に、預貯金という名で貯金しておくインセンティブも下がる。株や不動産といったリスクアセットを取りにいかなければ、腐ってしまうのだ。

しかし見ての通り、収入増は収入が少なかった人ほど大きい。

なんと、インフレプロテクションまでついてくるのだこのプランは。

もちろん政府紙幣ではなく、地域通貨もさらに良さそうなアイディアである。自由貨幣もいいだろう。

しかし、それらは本質ではない。

最も重要なのは、今までのホールセール型の間接金融政策を、直接金融政策にすることだ。

マクロ経済学者というのは、マクロだけあって、国だのGDPだの何兆円だのといったことは気にかけても、いまそこにいるあなたの年収がいくらで、あなたにとって1000円が何の意味を持つかについてなーんも考えて来ていなかった。クジラの生殖には精通していても、ヒトのセックスに関しては童貞どころか精通前のようなちぐはく感の原因がそこにある。

私も少しマクロ経済熱にかかっていたのかもしれない。こんな単純なことをこんなちょっと深く考えなかったのだから。

もちろん、これはベーシック・インカムの理想型ではない。しかし十分考慮、いや実施に値する初体験ではなかろうか。そうして、国からはわずかではあるが確実にお金がもらえるという体験を積んでいけば、我々も「間合いをつかむ」ことが出来る。そしてどんな問題が出てくるかを、妄想ではなく実体験として積むことができる。

なにも全部ただにしようってんじゃない。

昼飯ぐらい、我が国におごらせようじゃないか。

Dan the Free Luncher


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:ベーシックインカム 一番かんたんな方法
404 Blog Not Found:ベーシックインカム 一番かんたんな方法【】at 2012年01月21日 06:29
2〜3年前から話題になっている「ベーシック・インカム」。 昨年末くらいから一部有識者の間で議論がかなり盛り上がっていますね。 賛否両論あるみたいですが、自分は賛成。 現在の生活保護や、新たに始まるらしい子ども手当などよりも公平性もあるしね。 知れば知るほど非...
ベーシック・インカムに賛成!【in respect for Dr.Philip Kotler】at 2010年03月17日 00:03
前囘の記事「ベーシックインカムのユートピア」で小飼弾さんを批判したところ、偶然にもその直後、小飼氏が自身のブログでベーシックインカムをあらためて推奬した。しかも財源として、私が同じ記事で批判した飯田泰之さんのインフレ構想を「コロンブスの金の卵」などとほめ
[市場と國家]ベーシックインカムのユートピア【自由の騎士が行く】at 2010年03月06日 22:25
今回のきっかけは、 ブログ「404 Blog Not Found」 http://blog.livedoor.jp/dankogai/ の作者として有名な小飼弾さんがTwitter http://twitter.com/dankogai/status/10018231854 で書かれた やはり @p_hal と @totodaisuke を巻き込もう。保険って「不幸プットオプション」
「不幸の定量化」に関する一考察【アクチュアリー試験数学の研究】at 2010年03月06日 16:41
  ベーシック・インカム論争で思ったことを忘れる前に書いとく。   ベーシック・インカムっていう発想は、田舎もんの私からすると、とても都会的な発想に見えた。なんでかというと、田舎には「天の恵み」というベーシック・インカムがあるのだが、最近盛り上がった議論の
[考え事]田舎のベーシックインカムは天の恵みだったという話。【しんたろサンの日記】at 2010年03月06日 10:27
「やさしいベーシック・インカム」を小飼弾さんが紹介してくれました。多謝。 せっかくなので、ベーシック・インカムの財源に関する話を。 消費税の欠点として、次の点がよく指摘されます。 「お金持ちほどより高い税率が設定されるべきだが、消費税の場合は全ての...
ベーシック・インカムの財源として消費税を充てる案について【新田ヒカル公式ブログ】at 2010年03月06日 00:08
バンカーな方々とは日常良く話す。話しを聞いていると、お金の調達はぜんぜん問題ないけど、貸し先がないらしい。なんでも「短資」とかいうのだろうか、オーバーナイトの金利が限りなくゼロに近くなっているらしくて、それでもじゃぼじゃぼだとか。リフレとか、日銀の量的緩
お金が足りないんじゃなくて、成長産業が足りない【HPO:機密日誌】at 2010年03月06日 00:05
日本で一番わかりやすく書かれたベーシック・インカム本です。 ベーシック・インカム研究所としての、初の刊行物となります。 第一章は、私が担当し、ベーシック・インカムの概要を解説しています。 第二章は、BI研の星研究員が、財源や実現のプロセスについて詳細に解...
「やさしいベーシック・インカム」発売【ベーシック・インカム研究所】at 2010年03月05日 23:49
この記事へのコメント
 課税の代わりにヘリコプターマネーで通貨の価値を下げ、実質的な課税に替えるという案はなかなか面白いですね。
 通貨ベースで所有している財産は減ることになり、確かに課税と同じ効果が期待できます。
 しかし、これをBIと絡めるのはどうでしょうか。
 仮に、目標インフレ率−現在のインフレ率の4%分をばらまいて、実際に2%のインフレが発生したとします。(目標インフレ率が2%、現在のインフレ率が-2%)
 ではその後はどうするのでしょうか?
 2%のインフレが発生しているのだから、目標インフレ率−現在のインフレ率は0%ですね。
 インフレが達成できたらBIの支給額が無くなってしまうモデルということになりますね。
 むしろ現在のインフレ率が目標インフレ率を越えてしまったら、逆のBI(つまり徴税)になってしまいます。
 結局のところ、この案は破綻しているのでは?
 池田信夫さんがよく言うように「フリーランチは存在しない」に一票投じます。
Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/u540mrdbVIb5etvNTFCFUJ40iuo-#576de at 2010年03月12日 18:58
国は、放っておいても、
存続する。

という、アホ的な考えは、
いまどき、まずくねぇか?
Posted by higekuma3 at 2010年03月12日 04:58
 ベーシックインカムを導入するにあたって、所得税をフラットタックスにすればいいと思う、
そのときの税率を30パーセントで、一切の控除は廃止所得の捕捉率を100パーセントを
目指します、
年収が250万ぐらいの人(自分がそうだったりします)は微妙なところですが、社会保障関係を
ばっさり切れるので、会社としても社員一人あたりの負担率は少なくなり、給与アップしていただけると信じます。
 そして、税収の20%をベーシックインカムに回します。
 残り10%で国を運営してください。
 そうすれば、高額所得者も、薄給にあえいでいる人も納得していただけるのではないかと
思うのですが。
Posted by yasushi_da2 at 2010年03月08日 13:18
>市街地での大きなデモも発砲事件も頻発しているわけではないですから。

名古屋市内では、同一犯と見られる「ひったくり」が3年ほど、頻発してますが。
 
Posted by hidk at 2010年03月07日 10:33
ごめんなさい、前のコメント、2行目は、「必需品デフレ」ではなく、「必需品インフレ」です。間違いなのはすぐわかっていただけると思うけれど。

必需品インフレをひどくしたかったら、円をたくさん刷って、外国にばら撒くといいと思います。発展途上国発のインフレになると思います。購買力が向上するから。

高級品デフレとは言っても、今まで一般的に「高級」「贅沢」だったもののデフレということで、希少性の高いものは、買い手がもっと増えれば、当然価格上昇は起きます。中古のワークステーションやベンツなんかはネットオークションで入手しやすい値段になる可能性が高いけれど、神戸牛や本マグロは天井知らずかもしれない。そのかわり、廉価なメキシコ産豚肉がより流通するようにもなると思います。

金儲けは楽になる、というのは、産業構造のサービス業化が進むということで、就業にあまり特殊技能が要らなくなると思うということ。代わりに、忍耐は今より求められるかもしれませんが。日本の場合、運がよいことは、清浄な淡水が豊富なことです。ミネラルウォーターや水道水をそれなりの価格で輸出できるかもしれない。

トンでも八分な鳩山内閣の民主党でも国がちゃんと回っているのです。まだまだそんなに心配な段階とは思っていません。市街地での大きなデモも発砲事件も頻発しているわけではないですから。(enneagram)
Posted by h7bb6xg3 at 2010年03月06日 14:39
BRICsなんかの発展で、民衆の購買力が増えて、そう遠くないうちに必需品デフレはきますよ。たぶん。農業や繊維産業は儲かる面白い産業になると思います。

高級品はデフレのままと思います。パテントは切れるし、ネットオークションは、世界中でまだまだ普及するし。

でも、先進国は生活しやすくなるし、発展途上国も生活水準は上がるし、先進国での金儲けは楽になるし、いい世の中になると思いますよ。東京で、ベンツやキャデラックを何台も所有したいなんていうばかばかしい願望を持たなければ、生活はたぶん楽になる。タイ米やカリフォルニア米なら5キログラム200円なんてことになるかもしれない。一方、魚沼産コシヒカリは5キログラム10万円以上かもしれない。1ドル90円〜72円をキープしていればの話だけれど。

みんな辛抱がないんですよ。辛抱して待てば、いずれは、1920年代のアメリカみたいな生活が、世界的に普遍化する可能性を開けたのに、辛抱できないから、方々で共産主義革命が起きて、大勢の人たちが人生そのものを元も子もなくしてしまった。IT革命の社会変化も、産業革命の社会変化と、多くは相似形だろうと思います。
Posted by h7bb6xg3 at 2010年03月06日 12:06
財源は、「増刷」でいいから、支給方法を考慮したらどうか?
私なら、ワオンカードのようなプリペードカードとする。
匿名で、使用が把握できる、増刷コスト(これ自体経済効果とするのか?)
を抑えられる。
 もっとも、それ以前に、配給とバーターの「労役」を設定すべきだろう。
徴農はもちろんのこと、消防団や町内自治会参加とか、防災・救急講習の受講を支給条件とすべきだ。「徴兵」が出来ないのだから。
Posted by hidk at 2010年03月06日 11:47
そんなのどうでもいいから、月5万ぐらいください
家賃3万、食費1万です
Posted by r_c_3 at 2010年03月06日 03:17