2010年03月20日 21:00 [Edit]

被害者は私だという全ての人たちへ

あなたを慰めるつもりは、微塵もない。

被害者はいないという大きな男の人たちへ - はてこはだいたい家にいる被害者はいないという大きな男の人たちへ - はてこはだいたい家にいる
どうかお願い、聞こえるところでそんな話をしないでね。

「なぜ嫌がるんだ、芝居だよ? 誰も君を傷つける気はないさ」

っていうのはね、あんまり慰めにならないよ。本当に襲われたたくさんの人とそっくりの場面があちこちに織り込まれたお芝居を、舌なめずりして見てるのを、安心して見ているのは難しいの。

なぜなら、あなたには慰められる資格がないからだ。

私にもない。読者にもない。そんな資格をもった人はおそらくどこにもいない。


我々は暴力の被害者ことを恐れるのと同時に、暴力の加害者となることが大好きなのだ。

被害者はいないという大きな男の人たちへ - はてこはだいたい家にいる
私は4歳まで疑うことを知らないいたいけなお嬢さんだったけれど、ある時から年子の弟とつかみ合いの喧嘩をするようになり、そのたび必ず負かしてきた。

あなたも、その例外ではない。

私の二人の娘たちもその例外ではない。彼女たちも時には喧嘩をする。しかしその結果は常に三年早く生まれた長女の勝ちとは限らない。「戦闘」では手喧嘩でも口喧嘩でも長女が常に勝つが、「戦争」ではそうならないのだ。

親が、いるからだ。

いくら長女が三年分強いといっても、長女の四倍も生きてきた親にはかなわない。そのことを次女はずいぶんと早く学んだ。実に上手に親を利用する。この親の利用法という点においては、次女の方が長女より長けている。結果、「戦争」の成績では長女の方が分が悪いとさえ言える。

こういった現象は、小は家庭から大は国家まで見られる。のび太とスネ夫が喧嘩してどちらが強いかはわからないが、ジャイアンを抱き込めば勝負は明らかだ。日本が米軍を手放さない理由も、こう言えばまだ小学生の娘たちにもわかる。

「タイマン」というのは、喧嘩のありようの一部にすぎず、一部にすぎないのは愚者の喧嘩だからだ。うちの次女にもわかることが、それよりも年長であろう読者諸君にわからぬわけはない。

だとしたらなぜ気づかないのか。

法というのも、暴力なのだ、と。

そして暴力において、性的な暴力は氷山の一角にすぎない。

Togetter - まとめ「青少年健全育成条例関連、飛さんの意見」
いいたかったのはこういうこと。(1)児童にポルノを見せるのは、法的にも立派な児童虐待。たとえ児童がそれを望んでも。(2)親がスクリーンするとはかぎらない。むしろ積極的になる危険もある。(3)児童が容易にポルノにアクセスできない社会環境を作るのが大人の勤め。(4)そのかぎりにおいて、一定の権限を行政に付与するかどうかは市民が民主的手続きによって決めること。(5)表現の自由を侵害するセンシティブな部分は、ガイドラインの合意形成過程をオープンにするなどして、規制を受ける側の意見を十分に反映すること。(6)ガイドラインとその運用は常に監視されるべき。(7)表現者側も、自分が児童虐待に加担する危険があることを認識し、緊張感と自律精神を持って、制作と営業に励むこと。以上。俺なんかおかしなこと言ってる?

その上で

二次元だろうが三次元だろうが四次元だろうが、ポルノはポルノ。

とあるが、一次元が抜けているのは発言者が作家だからだろうか。それはとにかく、私が児童だった頃に読んだ筒井康隆作品は、フィクションもノンフィクションもエロスとヴァイオレンスのオンパレードだった。そう。ノンフィクションも。子供にも性欲があることが普通であることを知ったのは同氏のエッセイを通してであった。同氏の兄弟が別の兄弟に欲情したことを告白したシーンは今でも鮮明に覚えている。「近親相オカマ」という言葉とともに。

先日、私は一家全員でアバターを見に行った。暴力だらけの作品であることは、トレイラーを見ただけでもわかる。米国でのRatingはPG-13ということであるが、小学生の娘たちが特に入場をとがめられることもなく、3Dメガネもにこやかに入口で渡された。暴力を見せることが立派な児童虐待ということであれば、私はまごうことなき児童虐待者ということになる。

私は私の親よりも、遥かに多くの暴力を作品を通して体験してきた。一方、父親の拳を毎日のように浴びていた私が、子供を殴ったことはただの一度としてない。私に暴力衝動がないからではない。心の中では父どころか母や妹すら何度も殺している。夢まで含めれば娘たちだってその犠牲者だ(私が殺される夢の方が遥かに多いが。たいてい食われる)。暴力衝動の強さをどう計るかはわからないが、仮にその方法があったとしたら私の暴力衝動は親たちをマグニチュードで1以上上回る自信がある。

その私がリアルの暴力に走らずに済んでいるのは、暴力衝動を心の中で昇華する術を学んだからであり、そしてその術を教えてくれたのは一次元二次元三次元四次元の数多の作品であった。親の薫陶しかなかったら、私も人一倍立派な暴漢となっていたことは全財産をかけてもいい。

まず認めようではないか。

我々は、三度の飯より暴力が好きなのだ、と。

その暴力的な力を法で押さえ込めると考えるのは、「空腹禁止」と法に書いたら腹が減らないと思い込むほど空虚な絵空事である。

我々の子供たちが学ぶべきなのは、外の暴力から目をそらす事ではない。

いかに内なる暴力を内に止めておくか、なのである。

Dan the Violent


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:被害者は私だという全ての人たちへ
404 Blog Not Found:被害者は私だという全ての人たちへ【】at 2012年01月18日 14:40
成人してみたものの、幼少期に描いていたような自分に育っただろうか。思うような仕事に就けているだろうか。思うような家庭を築けているだろうか。何でも思うように事を進めるのは難しいね。しかしその責任を他人に押し付けるのは簡単だ。
自分がダメになったのは親の責任?【日常と非日常】at 2010年04月27日 18:36
あなたが悪くないんだ 世の中がわるいんだ という心地よい言葉に だまされるから、 世の中良くならないんだよ
世の中が悪いのは、あなたが悪いからだ【某氏のたわごと】at 2010年04月06日 16:58
動画:ここで鍵盤たたいている人は知事に直訴しても罰は当らないと思う  少々古めですがこんな話を アニメ・漫画・ゲームの児童ポルノ規制 都が条例改正案@朝日新聞3/16より  東京都がアニメなどに登場する18歳未満と判断される架空の人物の性描写を規制対象にする、...
グレーゾーンが生み出すもの〜非実在青少年に思う〜【ぶらざーてぃのblog】at 2010年04月06日 01:35
>> 「実在すればいいんだろう、ああ!?」事態は最悪の展開を迎える [[tweet by @kkshow at 6:31 AM Mar 29th>>http://twitter.com/kkshow/status/11257730166]] 非実在青少年なんちゃらの騒動見てると、そ...
非実在青少年、都条例騒動をめぐる論点【watashi wa idiwaru na evidesu】at 2010年04月03日 20:33
表現の自由を重んじるみなさん、こんにちは。先日被害者はいないという大きな男の人たちへ宛ててエントリーを書いたら、「被害者面スンナ!」「わがままなんだよ」「幼稚」「もっと大人になれ」「人間やめろ」「嫌い」「好きになれない」「きんも〜」などたくさんの暴言が寄
[エッセイ的なもの]怖いのはワガママでも幼稚でもない【はてこはだいたい家にいる】at 2010年03月24日 00:39
「非実在青少年」問題とは何なのか、そしてどこがどのように問題なのか?まとめ - GIGAZINE 彼等は本気で信じているんだなぁ 被害者はいない??.
ならわたしは消えるしかありません【あめりあ日記】at 2010年03月23日 22:01
小飼弾、くだらないナルシズムを垂れ流すのもいい加減にしろ。 404 Blog Not Found:被害者は私だという全ての人たちへ だとしたらなぜ気づかないのか。 法というのも、暴力なのだ、と。 まず、弾は、「法というのも、暴力なのだ」といって、法システムの持つ暴力性にコミッ
弾でもわかる「法システム」入門【女教師ブログ】at 2010年03月23日 12:31
オタク自認のある人の中にはものすごく自己否定が強い人がいる。生まれてすみません、生きててごめんなさい。それが裏返って、生きてたら悪いのかよ、いま俺を否定したね? いや、した。絶対した、みたいに過剰防衛になってる人もいる。君たち、女の子がいるところで女の子
[エッセイ的なもの]三度の飯より暴力が好きという人へ【はてこはだいたい家にいる】at 2010年03月21日 16:40
大前提として、ロリコンショタコンやペドフィリアという性癖は、誰しも抱える「動物としての本能」であることを理解しましょう。 乳幼児に対してまで性的興奮を催すとしても、それはそれで仕方ない面もある、と云うコトです。 ココはもう、人間が動物であると云うコトと同程...
肉親による「児童に対する性的虐待」は耐性不足が原因【にっき (n-yoshi@laresjp)】at 2010年03月20日 22:15
この記事へのコメント
>bobbob1978
具体的に条例案のどの部分を読んでそのような感想を抱いたのか、どこかで説明していただけると幸いです。どうも疑心暗鬼を産んでいる状態に見えますが。
>地下に潜ってヤクザの資金源になるだけです。
今現在サヨクの資金源になっていて、その資金源を守るために必死なのだとしたら?そのおかげで民主党・社民党に対する応援や協力に偏った規制反対運動が展開されているのかもしれませんよ〜
Posted by oykt_jiji at 2010年03月24日 01:57
ダブったのはしつこいわけではありません。前のコメントはダメだったので書き直せとライブドアが言ったからです。念のため。
Posted by somuoyaji at 2010年03月23日 23:24
四次元ポルノはどこに行けば手に入りますか。
Posted by somuoyaji at 2010年03月23日 23:20
四次元ポルノってどこへ行けば手に入りますか。
Posted by somuoyaji at 2010年03月23日 23:19
「「それを販売するときには子供が見ないように努力してくれませんかね」と書いてあっただけなのに。」

この辺りが規制賛成派と規制反対派の意見が合わない点なのでしょう。私は規制反対派なのですが、あの条例案を見て「それを販売するときには子供が見ないように努力してくれませんかね」と書いてあるようには全く思えませんでした。大体、このような内容なら新しい条例なんか作らなくても現行法で十分対応出来ます。
そもそも裏DVD屋が軒を連ねている現状でこんな条例を作っても規制が巧く行くとは思えません。地下に潜ってヤクザの資金源になるだけです。
Posted by bobbob1978 at 2010年03月23日 10:15
バーチャルの暴力を隠す必要はないけれど、あまり過度に子供たちに露出させるのも考え物ですよ。

その時代ごとの常識の範囲というものがあると思います。肩に力を入れるべき論題なのでしょうか。
Posted by h7bb6xg3 at 2010年03月22日 09:22
青少年を守りたいという意識と当事者が自分を守りたいという意識が混ざって議論がグダグダになっているような気がしますw

自分も加害者となっているという意識が希薄な人は厄介ですね
社会で完全な被害者になるのはとても難しいのに
彼女は、それを成し遂げたのだろうか・・・
Posted by vanillawall at 2010年03月22日 09:01
「表現の自由を侵害するものは許さないぞ」と軍隊アリのように攻めて来る条例改正反対派の人達は、自分たちを指揮した弁護士さんが理事を務める団体がどんな同人誌を出したか知らないのだろうか。
そして、その同人誌を見て嫌悪感をもよおさずにいられるのだろうか。
条例は発禁など求めておらず、つつましく「それを販売するときには子供が見ないように努力してくれませんかね」と書いてあっただけなのに。
自分が担いだ神輿がどんな本を出したか興味のある大人だけ本の内容を確認すればいいと思うよ。
【エログロ注意】
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0000/06/03/040000060372.html
Posted by oykt_jiji at 2010年03月22日 01:11
「被害者はいないという大きな男の人たちへ」は読んでいましたが、それに対する意見がこの記事だとすれば、牽強付会もいいところですね。表現規制に賛成のロジックを含む主張はとにかく何でもいいから批判しておけと思ってはいませんか。

人は等しく暴力衝動を持っているというのも乱暴な想定なら、暴力衝動を心の底に抱えているかぎり「被害者」として声をあげる資格がないというのも粗暴な議論です。ましてや、「リアルの暴力に走らずに済んでいるのは…一次元二次元三次元四次元の数多の作品」のおかげというのは噴飯物の思い込み。

論者の知能に欠陥があるか、ためにする議論であるか、どちらかでしょう。
Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/q4_l3dtDWozNuT86oCO9NsyiK9M3GXo-#f6a1f at 2010年03月21日 09:57