2010年04月09日 12:30 [Edit]

金は剣より強いか?

もしかして本当にそうかも知れない。

金融日記:グローバル資本主義だけが世界を平和にし、世界の貧困問題を解決できる ?米軍ヘリによる民間人誤射殺の映像から考えた事
僕には、それはグローバル資本主義をさらに加速させ、世界の全ての国を互いに密接につながった自由市場経済圏にすること以外考えられない

問題は、グローバル資本主義を信じている政府の数がゼロだということである。

グローバル資本主義のエヴァンジェリストを含めて。


証拠はいくらでもあるのだが、ここではあえてフィクションから例を引く事にしよう。


日米開戦
Tom Clancy / 田村源二
[原著:Debt of Honor]

架空戦記もので第二次世界大戦後の日米が戦うものは少なくないのだが、米国の著者が書いたものとして最も有名なのはこれだろう。新品では手に入りづらいが中古品は原著、邦訳とも豊富に存在するので一読をお勧めする。既読の方も少なくないのではないか。

同作では、日本側の「主人公」がハワイの土地の過半を買い占めるところから話がはじまる。その後米国太平洋艦隊を行動不能にするあたりから「本当の戦争」がはじまるのだが、しかし同作では戦線布告は行われず、日米市民とも戦争が本当に行われていることを知らず戦争は「裏」で進んでいく。日本車はあいかわらず米国内で売られているし、太平洋路線もいつもどおり運行されている。

実際には冷戦時の米ソ直接対決以上に「ありえない」日米開戦に同作がある程度のリアリティを持たせているのは、日本側の武器がグローバル資本主義と民主主義というところにある。日本側は合法的、そう合法的に太平洋の島々を占領しようとしていたのだ。ハワイで土地を買い占め、グアムでは土地を買い占め…

それでも日本側は米国太平洋艦隊を行動不能にし、核を持とうとする。なぜか。

グローバル資本主義を米国が信じていない事を信じているからだ。

グローバル資本主義を担保しているのがグローバル軍国主義であることを知っているからだ。

この点において、 Clancy は120%正しい。

A Bumper Sticker seen everywhere in the U.S.
This car is insured by Smith & Wesson.

つまりそういうことなのだ。

それでは、「グローバル資本主義という建前とグローバル軍国主義という本音」を兼ね備えた米国は、日本をどう見ているのか。

従者の復讐 (内田樹の研究室)
私はさきに日本人は「アメリカの軍事的属国であることを知っていながら、知らないふりをしている」と書いた。
これにはもう少し追加説明が必要だ。
日本人がほんとうに知らないふりをしているのは「日本が従者として主人におもねることを通じて、その没落を念じている」ということそれ自体なのである。

彼ら--少なくとも為政者--は、知っている。

それが日本の本音であることを。

だからこそ「100年予測」でも中国を差し置いて日本は仮想敵国として登場するのだ。フィクションである「日米開戦」とは異なり、こちらはノンフィクションである。

「ペンは剣より強し」という言葉がある。

実はこれ、「情けは人のためならず」という言葉以上に誤解されている言葉だ。

アホの壁 P.111
 「ペンは剣より強し」と言ったのは、枢機卿リシュリューである。名言として、現代でも文筆業者、特に新聞記者などが、憎い相手に筆誅を与えたりする時に便利に引用している。しかし本当にペンつまり文筆の力は、剣より強いのだろうか。剣というのは今では権力の意味にも使われていて、新聞記者や雑誌記者などが政権の中枢にいる人物を攻撃しようとする際にもこの諺を使っている。
 しかしこれは、とんでもない間違いであろう。リシュリューは「権力のもとではペンは剣より強い」と言ったのであり、それが間違えて伝えられているのだ。リシュリューは国家に反旗を翻し、反乱を企む輩に対して、いつでも逮捕状や死刑執行命令にペンでサインできるのだと脅したのである。

さすが、日本語圏一のペンの達人である。

まさにこの意味において「資本主義は軍国主義よりも強し」は正しい。

剣が権力の意味で使われているように、ペンも実は財力の意味で使われている。確かにクレディットカードのサインも小切手の裏書きもペンでなされる。資本主義を裏書きしているのは軍国主義なのだ。

それでは現代人が誤解している意味--いや、ペンを駆使する者の願望としての「ペンは剣より強し」はありうるのだろうか。

実は私は「ありうる」とも考えている。が、それは別entryにまわすことにしよう。

今は、「ペンは剣より強し」の真意を再確認するに留めておく。

Dan the Potential Enemy of the State


この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
不謹慎な発言ですが、これだと今までの武力戦争の方が単純で楽ですね。
Posted by torohimiwai at 2010年04月10日 01:39
印象操作=謀略論=行動経済学みたいな
Posted by hanayos at 2010年04月09日 17:34