2010年06月17日 12:00 [Edit]

勝間和代を目指さないあなたたちへ - 書評 - 夫婦で年収600万円をめざす!二人で時代を生き抜くお金管理術

著者と出版社よりそれぞれ献本御礼。

通常であれば一冊余計と思うところであるが、本書に限って言えば妻と私それぞれに献本いただいたとうれしく解釈できた。

これこそ真の意味での「勝間和代を目指さない」生き方にして、勝間和代に出来なかった生き方。

苦しい時代も二人で働けばリスク半分、チャンス二倍

それを知る、あるいは思い出すためだけでも、本書は解である(誤字にあらず)。


本書「夫婦で年収600万円をめざす!二人で時代を生き抜くお金管理術」のキモは、「600万円」でも「時代を生き抜く」でも「お金管理術」でもなく、「二人」で、である。

これが、ありそうでなかった。

目次
はじめに
苦しい時代も二人で働けばリスク半分、チャンス二倍
Chapter1 結婚すると「お金」が楽になる
結婚すると独身時代より年間200万円カットできる
結婚資金を心配する必要はない
結婚は早ければ早いほどお得
いざというときに事実婚は損をする
Chapter2 夫婦二人で世の中を生き抜く力をつける
夫婦は戦友!共働きでそれぞれの人生を生きて幸せになる
夫に「風呂」「メシ」は言わせない
会社を辞めないほうがお得
子どもを産む前にキャリアを築く
月収10万円からでもメリットは大きい
Chapter3 二人で年収600万円で豊かに暮らす
時代遅れ(昭和)のライフスタイルはリスク
なぜ二人で年収600万円なのか
二人の給料明細を見てみよう
二人のお金の北極星を決める
具体的なお金のルールを決める
Chapter4 二人の支出ダイエット戦略
お金問題から解放されるために、いまの支出を把握する
無駄な固定費をダイエットし、自由なお金を増やす
現在の支出、資産、負債を把握する
クレジットカードは二人で3枚まで
ほんとうに気をつけるべきは、見えない支払い
無理なく光熱費を安くする家電の選び方
嗜好品を減らして浪費をなくす
お金の使い方をすべて「投資」に変える
Chapter5 二人の貯金戦略
二人のお金の管理のしかた
将来のために貯蓄する仕組みをつくる
保険では積み立てをしない
具体的なお金の管理法の紹介
金融機関とのつきあい方
Chapter6 二人の住居&車戦略
住居は賃貸がおすすめ!
失敗しない住宅ローンの組み方
ローンについて勉強する
マイカー所有は高くつく
Chapter7 二人の生命保険戦略
生命保険は入り方しだいで10倍差がつく
妻が仕事をしていると保険金の支払いコストを下げられる
医療保険から卒業しよう
Chapter8 二人の教育費と老後資金積み立て戦略
子どもの教育費をいくらにするかは二人しだい
二人がほんとうに必要な老後資金を知る
上手な老後資金のつくりかた
二人のマネープランを行動に移そう
おわりに

「600万円」という「マジックナンバー」そのものは、夫婦としては失敗した「勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド」にも登場するし、「お金管理術」に関してはもっとよい本がいくらでも出ているし、「時代を生き抜く」に至っては拙著を含め(苦笑)、いまやどんなノンフィクションにも登場する言葉である。

しかし、いずれの場合も、個人か国家という両極端の話ばかりであった。

二人で。

本書の価値は、そこに集約される。

P. 8
だから、私は夫に「つらくなったらいつでも辞めていい。私は働いているし、貯金もあるから大丈夫」といつも声をかけるようにしています。

本来夫婦であれば、当然の言葉であると、夫として、またかつて本当にまだ妻になる前の彼女に餌付けられていたものとして、思う。

しかし、このことをあまりに多くの夫婦が忘れているようだ。特に夫の勘違いがはなはだしい。

自殺にみる男女格差 - Chikirinの日記
グラフからすぐにわかることは、経済的な理由で自殺する男女差の大きさです。全体に男性の方が自殺する人が多いので、すべての要因で男性(水色のバー)の方が高くなっています。しかし、他の理由では男女差はせいぜい倍程度ですが、経済的理由で自殺する人は、男性10人にたいして女性1人という割合で男性が圧倒的に多いのです。驚くべきデータですよね・・・経済的な理由での自殺男女比がここまで違わなければ、全体での男女の自殺比率格差もかなり縮小することでしょう。

その意味において、本書は主婦である著者が「お金管理術」としてはやや主婦よりに書いているが、より読むべきなのは夫の方ということになる。

正直、本書のディテールに関しては文句のつけどころも少なくない。本書の「お金管理術」は、ほぼ「お金は銀行に預けるな」に沿ったものではあるが、それゆえ同書に対する批判は本書にもそのまま適用できる。住宅ローンに関する項目で、夫婦間でも贈与税の対象になることを指摘しているのに、住宅を夫婦共有名義にできることを説明していないのは手落ちではないか。

しかし、本書が「間違っている」のは「端数」にして委細であり、それこそえくぼにしか見えないあばたである。

404 Blog Not Found:結婚って何だろう - 書評 - 「婚活」時代
結婚というのは、幸福というリターンを分かち合うことではない。それなら恋愛で充分だ。結婚とは、不運、不遇、不幸というリスクを分ちあうことなのだ。だからこそ、その旨をわざわざ社会的に登記するのである。

それが「気持ちの問題」に留まらず、「お金の問題」でもあることを指摘した上で、荒くはあっても、しかしそれだけに実行しやすい解決法を提示したことに、本書の意味がある。

良いとき、富めるとき、健やかなるとき、夫婦というのは心理的にも金銭的にも冴えたやり方とはいえない。これに関しては「独身貴族」という言葉が正解だ。

悪いとき、貧しきとき、病めるときのためにこそ、夫婦という生き方が活きてくる。

そのことを、これから結婚する人は覚えて欲しい。そしてすでに結婚した人は思い出してほしい。

Dan the Spouse


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:勝間和代を目指さないあなたたちへ - 書評 - 夫婦で年収600万円をめざす!二人で時代を生き抜くお金管理術
404 Blog Not Found:勝間和代を目指さないあなたたちへ - 書評 - 夫婦で年収600万円をめざす!二人で時代を生き抜くお金管理術【】at 2012年04月18日 18:07
夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術 花輪陽子 オビより 年収600万稼ぐ男を見つけるより、 二人で年収600万円稼ぐほうが近道です! 夫婦で働けばリスク半分 ...
婚活前に嫁! -書評- 夫婦で年収600万円を目指す!二人で時代を生き抜くお金管理術【Blogmarks.jp】at 2011年03月04日 12:07
奥さんに殴られました。 ええ、釣りではありません。 ガチです。 たぶん、グーでいかれましたw 目をつぶっていたので定かではないけど...
ついに奥さんに殴られたので報告しますの件【さぼてんと奥さんとハムスターのゆるゆる生活】at 2010年10月06日 23:15
皆さんおはようございます。今日から他人語りはTG-***になりました。TB的で...
TG-303 他人語りはTG-***になりました【HARDCORE TECHNORCH [ハードコアテクノウチ] - Gabba, Happy Hardcore, J-Core, and more...】at 2010年06月18日 09:00
『夫婦で年収600万円をめざす!二人で時代を生き抜くお金管理術』の書評を小飼弾さんが書いてくださいました。 http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51462373.html 本書で一番お伝えしたかったことを書いて下さり本当に嬉しいです。 どうもありがとうございます。 き...
書評ー小飼弾さん【花輪陽子公式ブログ:資産形成エリートを目指そう!】at 2010年06月17日 14:28
花輪陽子さんから「夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術」が届いた。彼女の処女作である。 出版社は干場社長のディスカヴァー・トゥエンティワン。編集者は大山聡子さん。 本を読み終え、正直驚いた。彼女がこれほどの良書を書けるとは。もちろん...
花輪陽子デビュー作 「夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術」【新田ヒカル公式ブログ】at 2010年06月17日 13:03
この記事へのコメント
勝ち戦の時はどうにでもなるものです。
本当の絆は負け戦の時に発揮されるのです。
これから結婚される方々がよき伴侶に恵まれますように。
Posted by jpndefender at 2010年06月19日 01:48
小飼さま、

素敵な書評をどうもありがとうございます。

いただいたお言葉をしっかりと受け止めて次作以降もっとよいものを作っていきたいと思います。

今後もどうぞよろしくお願い致します。

花輪陽子
Posted by yokohanawa at 2010年06月17日 22:03
「お金のリスク」を誰かと分かち合うことはとても重要だと
思います。
でも、こういう本をみると、選択肢が「結婚」=(日本だと)
異性愛かつ1対1の関係だけに集約されがちなように思えて
息苦しいです。

「お金」のリスクを分かち合う相手と、「気持ちのリスク」
や「性愛」をシェアする相手は一緒である・一緒なのが幸せ、
ということが暗黙の前提になっていると感じられるからです。

法律婚は確かに税制上、社会保障上、お得だと思います。
でも、成人同士の特定の関係だけを「お得」にしているのって、
どうなの、と思います(同性婚を立法すればよい、という文脈
においてではなく)。
Posted by twill0516 at 2010年06月17日 20:02
おそらくご自身が素晴らしい結婚生活を営まれているからこそのエントリだと思いました※勝間さんがどう、というつもりはないのですが。

とはいえ、

http://www.amazon.co.jp/%E6%A0%BC%E4%B8%8B%E5%A9%9A%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1-%E6%B0%B4%E6%AC%A1%E7%A5%A5%E5%AD%90/dp/4484102137/ref=cm_cr-mr-title

↑という本も出てしまうご時世ですが、結婚生活で不満がある人にこそ

・悪いとき、貧しきとき、病めるときのためにこそ、夫婦という生き方が活きてくる。

という言葉を思い出して欲しいと思いました。
Posted by pc4beginner at 2010年06月17日 13:14