2010年09月05日 18:00 [Edit]

今、そこにある物理 - 書評 - 今この世界を生きているあなたのためのサイエンス

楽工社杉並様より献本御礼。


今この世界を生きているあなたのためのサイエンス
Richard Muller / ,二階堂行彦
Physics for Future President

今この世界を生きているあなたのためのサイエンス」邦題を見るといかにもポピュラーサイエンスの本で、それを期待して買うとかなり裏切られるだろう。本書の原題は"Physics for Future President"。「(米国)大統領のための物理」だけあって不都合な物理的真実もたくさん載っている。

だからこそ、目をそらせない。

人倫には逆らえても、物理には逆らえないのだから。


本書の「きなくささ」は、目次からだけでも伺い知る事ができる。

目次

第一講 テロリズム
1 九・一一事件──何が起きたのか?
2 テロリストと核兵器
3 バイオ・テロ
第二講 エネルギー問題
4 エネルギー問題の知られざる真実
5 エネルギー問題の知られざる真実
6 太陽エネルギー
7 石油の終焉?
第三講 原子力
8 放射線の基礎知識
9 放射性物質の基礎知識
10 核兵器を知る
11 核兵器を知る
12 原子力
13 原子力
14 核廃棄物
15 核融合制御

第四講 宇宙空間の利用
16 衛星の基礎知識
17 衛星の基礎知識
18 重力を応用したテクノロジー
19 人類の宇宙進出
20 不可視光線による監視
第五講 地球温暖化
21 温室効果
22 証拠
23 証拠
24 役に立たない解決策
25 誰にでも実行可能な解決法
26 誰にでも実行可能な解決法
27 新しいテクノロジー

いずれも確かに米国大統領であれば抑えておかなければならないトピックであり、そしてそれだけに夏休みの自由研究で本書を扱ったら日本の学校ではむしろ怒られてしまいそうなものばかりである。

しかし大事なことなので何度も繰り返すが、物理というのは法理よりも先に来る。

404 Blog Not Found:「理」の進化論
まず、最も古く、そして強い「理」として、宇宙の「理」、すなわち「物理」がある。これを出し抜く方法は、ない。法律に何と書いたところで、月まで何かを送り届けるのには1秒以上は必ずかかる。光速という宇宙的速度制限に警察はいらない。宇宙そのものが警察なのだ。

そこには超法規的措置などというものはない。世界一強力な軍隊の最高司令官といえど、物理には従うしかない。TNT火薬には同じ重さのガソリンの1/15しかエネルギーがないことを変えることはできないのだ。

宇宙へのアクセスも同様だ。なぜスペースシャトルがダメなのか、本書では「スペースシャトルの落日」以上に厳しく、しかし淡々と説明する。第一宇宙速度が秒速8kmであることは大地よりゆるぎない。いや、大地がそう決めてしまった以上我々は従うしかない。

しかし我々が息ができるのは、そのおかげなのだ。我々が火星人なら宇宙はもっと近かっただろうが、我々まで進化するだけの時間も与えられない。そうなる前に酸素も窒素も宇宙に逃げてしまうのだから。

そうやって見て行くと、CやGやℏから化石燃料の量に至るまで、我々に設定された物理の絶妙さに改めて感嘆する。何も知らず野方図に世界を使うには世界はあまりに貧しいが、知って工夫すれば十分以上にやっていけるほど豊かである。仮にゲームデザイナーが存在していたとしたら、まさにネ申と呼ぶしかないほど。

そう、ゲーム。物理とはこの世界のゲームのルールなのだ。ルールブックは、ない。だから自分たちで調べてそれを書き記さなければならない。そして為政者は知らねばならない。

彼らにも変えようのないルールが、そこにあることを。

Dan the Physical Being


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found(小飼 弾氏).でも紹介のあった こちらの本を読んでみました。 今この世界を生きているあなたのためのサイエンス〈1〉作者: リチャード・A. ムラー出版社/メーカー: 楽工社発売日: 2010/09メディア: 単行本 今この世界を生きているあなたのためのサイエ...
【必読】「今この世界を生きているあなたのためのサイエンス」緊急レポート【つれづれサラリーマン日記】at 2010年12月31日 12:11
たとえば、机の上にリンゴがある。その机をはさんで私はA君と向き合って座っている。
リンゴの存在証明【哲学はなぜ間違うのか?】at 2010年09月05日 21:30
この記事へのコメント
その機械的で非人格的な物理の世界でね、私たちの運命は、易の六十四卦のどれかに常に遭遇しているんです。

そういう、神の人格性の発現の世界の知識も少しくらいは持っているほうが、あんまり間違わずに世の中をそこそこ無事に渡りやすいんです。

オカルティストの立場から、そのくらい言及しておきます。
Posted by h7bb6xg3 at 2010年09月06日 07:44