2010年10月22日 14:30 [Edit]

MuramasaがMacBook Airになれなかった理由

新型 MacBook Air が、発売初日から飛ぶように売れている。

その一方で、こんなニュースが飛び込んで来た。

シャープの「Mebius(メビウス)」ブランドは消えるのか、パソコン事業撤退報道を受けて問い合わせてみた(GIGAZINE) - livedoor ニュース
GIGAZINE編集部でシャープの広報室に問い合わせたところ、シャープから「今後は、従来のハードを中心としたパソコン事業から脱却し、ハードとコンテンツ配信を融合させた当社ならではのGALAPAGOS事業を展開していきます」というコメントが寄せられました。

これでは考えざるを得ない。

なぜ、 Sharp は Muramasa を育てられなかったのか、と。


これがなかったからとしかいいようがない。

back-to-the-mac

Mebiusというブランド名に反して、輪がなかったのだ。

MebiusはMebius、AquosはAquos。ケータイのワンセグにこそAquosという名前をつけているけれど、名義貸し以上の意味はユーザーからは見えない。

つながりに欠けるのは事業単位という空間方向に留まらない。その点において、時間方向はさらにひどい。ほんと出したらそれっきりという感じで、次が見えない。MebiusもZaurusもNetwalkerも。

いくらとんがった面白い製品を出しても、これではユーザーは根付かない。

これはSharpに限らず、日本の、いや、Apple以外のメーカーに共通した宿痾ではないか。

Apple以外のヴェンダーは、製品を売っている。製品とはゴールであり、終着点であり、あとはそれがどれだけ売れるかが勝負だ。

Appleだけが、道具を売っている。道具とは過程であり出発点であり、本当の勝負はそれが売れてからどう使われるかだ。

その使われる過程において、次の製品に乗り換えるという段階はいつか必ずやってくる。この点においてAppleは他の追随を許さない。古いMacから新しいMacに乗り換えるのと、古いWindowsから新しいWindowsに乗り換えるのとでは、住まいをただ引っ越すのと、新居を一から建てるのと同じぐらいの違いがある。

Software Reinstall Drive

Appleは技術は惜しみなく捨てるが、ユーザーは感動的なまでに捨てない。それが端的に現れているのが、この「ソフトウェア再インストール用ドライブ」だ。他社がコスト削減のために導入した「リカバリ領域」をAppleはかたくなに導入しなかった。それはメーカーの都合であって、ユーザーの都合ではないから。リカバリ領域を一度破壊したら、ユーザーだけでそれを元に戻すことはできないが、これならたとえ100% Windows化しても、あるいはUbuntu化しても、後でいくらでも買ったときの状態に戻すことができる。

その結果、一度マカーとなったユーザーは次もMacを買うはめになる。Appleが次に何を捨ておうと、安心して続けられることを知ってしまったから。

ヴェンダーのみなさん。

「ものづくり」という美辞麗句を、「関係づくり」をおろそかにする言い訳にしてませんか?

この記事は、昨日購入したばかりの MacBook Air 11"で書いている。

MuramasaもZaurusもNetwalkerも買ってきた私には、それが実に不思議で、かつ実に自然な感慨なのである。

Dan the User, not Consumer, of Both


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
というわけで金曜日に衝動買いしてしまった MacBookAir 11" だが、そろそろレポートをあげることにしよう。
そろそろ MacBookAir (3,1) についてレポートしておくか【404 Blog Not Found】at 2010年10月24日 23:45
404 Blog Not Found:MuramasaがMacBook Airになれなかった理由 ダンさんはシャープについて述べている で私はなんとなくソニーをアップルの比較対象にした ソニー(パナソニックでも)撮影した物をTVで見よう 程度のリンクしかイメージ出来ない CMなどで受けるイメ...
ソニーのサイロは現存中【けんがい】at 2010年10月22日 19:59
いやぁ、すごい。興奮してしまったよ。 Togetter - 「Back To The Mac」 発表があったのは、こんな感じ。 FaceなんちゃらってiPhoneのテレビ電話をMacからも使えるようにする。 iOSと連動だの、フルスクリーンAppだのを実現したOS X ライオンを来年夏(だよね?)に発売する
The Next Generation MacBook Air = Back To The Mac【HPO:機密日誌】at 2010年10月22日 18:18
久々に当ブログで他人のブログに言及。
MacBook Airはバカ売れするのだろうか。【パソコンとそれに繋がるもの】at 2010年10月22日 15:40
この記事へのコメント
切り捨てたユーザーの行き先を
ちゃっかり用意してるところが
アップルとシャープの差、ですね。

68KMac からPowerMacへの移行時も
切り捨てつつも逃げられないよう周到に
行き先をちゃんと用意してありましたからねぇ。
Posted by katotaka4416 at 2010年10月23日 15:24
へー(棒
PCは互換機の世界だしなぁ・・・。
むかーし、Macに互換機があったとき、そっちが売れて純正が売れず、Appleは締め出しした歴史がある(あれは衝撃的だったなぁ)。Appleはソフトの技術力ないから、OSやアプリだけじゃ生きていけないというのもある。もし、Mac OSがMURAMASAやLet's noteに搭載されていたら、どっちが売れると思う?

iPodだってあのひどいUI(初代iPodは除く)でよく人気になるよね。まるで「外車ってよく壊れるし、維持費高いけど(これはステレオタイプだけど例として)、所有している俺ってクールじゃん?」みたいな(W
Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/IQ1hYVEJPP4YeKtJaDrrIHdWTY820hFBD2Lt67Y-#745ec at 2010年10月23日 10:30
MacOS 9 系から X へは切り捨てられたけどなー。
PPC から Intel Mac の時も(移行期間はあったけど)アプリ資産が無駄になったし。
Posted by ichy_kenji at 2010年10月22日 21:29
機械伯爵/トチロー/鉄郎
あなたならどれを選ぶ?みたいな?
Posted by hanayos at 2010年10月22日 18:25