2010年11月19日 23:00 [Edit]

Android vs. iPhone が Windows vs. Macにならない理由

私もそういう未来もありかなと思ってた時期もありますよ。

Steve Wozniak: Android will be the dominant smartphone platform -- Engadget
Woz then moved on to the topic of Android saying that Android smartphones, not the iPhone, would become dominant, noting that the Google OS is likely to win the race similarly to the way that Windows ultimately dominated the PC world.

実機を触ってみるまでは。


1. Android? どのAndroid?

同じAndroidといっても、IS03とGalaxy Sではずいぶんと使い勝手が違う。その違いはiPhoneとGalaxy Sとの違いよりも大きい。スクリーンのアンロックの仕方からして違うし、ホーム画面はもっと違う。そしてアップグレードできるとは限らないことを、IS01が先日証明してしまった。NetBookすらWindowsは別途インストールできるのに、この点は確実にWindows以下である。

その中で最もよく出来ているのは Galaxy S だが、よく出来ている一番の理由はAndroid 2.2だからなのではなく、 iPhone に一番近いからというのが悲しい。例えば Home ボタンは形は違えど iPhone と同じ位置にあるし、スクロールも Android の中では一番スムーズで、マルチタッチにも対応していて、そして root を取ったりSDKを用意しなくてもスクリーンショットも取れる。

その Galaxy S ですら、「iPhoneに似ている機能」がiPhoneに劣っているところがさらに悲しい。それも Google Map という、iPhoneに対する優位性を最も出しやすいはずのアプリがそうなのだ。地図を二本指でズームしてみる。iPhoneでは縮尺は無段階に切り替わるのに、Androidでは解像度ごとにノッチがある。「この方が見やすい」という人もいるかも知れないが、目はそう思っても指には強烈な違和感が残る。

2. なんでiPhoneより高いの?

Windowsが普及した一番の理由は、Macよりも安かったから。PCメーカー間の競争のおかげで、Windows税を払ってもPCはMacよりずっと安く提供できた。この点においてハードウェアとソフトウェアが分かれているのは明白な利点だった。一番儲けたのはMicrosoftだけど、Compaq改めHPもDellも儲かったのだ。

しかしファウンドリーのおかげで、Wintelが持っていた価格優位性はとっくに消滅している。「いくらで作れるか」という点において世界のフラット化、いや山塞化は完了している。それどころか機種が少ないAppleは、MacもiPhoneも他メーカーより安く作っている可能性すら否定できない。

ハードウェアでさえそうなのに、携帯電話の場合いくら端末を安く作っても通信費はそうは行かない。その結果iPhoneの方がAndroid端末より安いという状況がずっと続いている。「模造品」より「本物」の方が安いのだ。

それでもAndroid端末が、特に北米で売れているのは、キャリアーの品質が低いから。iPhoneに対する最大の不満がiPhoneそのものよりキャリアーにあることは北米も日本も同じだ。VerisonがiPhoneを売り始めたら一体どうなるのだろうか?

3. 機種変更したらデータはどうなるの?

しかし上記二つは、Wozも言う通り「今の延長線上の進化」で解決しうる。特にBOP (Bottom Of the Pyramid) 向けの端末は、NetBookを"Good at Nothing"と一蹴したAppleが手を出さないことがほぼ明らかなマーケットで、今ここを抑えているNokiaのシマを、今は名もないメーカーないしフィーチャーフォンでも強いSamsungがAndroidで切り取り放題にする公算は非常に高い。その意味でAndroidの負けはなさそうだ。

しかし、それではiPhoneには勝てない。

電話は簡単に買い直せても、データはそうはいかないからだ。

今のAndroidでも、電話帳やMailといった、「すでにクラウドに置くことが当然」とされているデータは機種変更に耐える。これはMobileMeも同様だが、無料な分Androidの方が有利ですらある。しかしまだそうなっていないものがある、アプリや音楽や映像、そう。iPhoneであればiTunesを介してやりとりするデータだ。

この点において、Android「陣営」は、解決に向かって動いているふしすら見られない。著作権の世界というのは"Don't be evil"という錦の御旗が通用しない世界だ。「石頭」で「強欲」な既得権者たちを手間暇かけて説得していくしかないのだが、Appleだけがこの"the long and winding road"を、既得権者たちが納得する形で歩んだ。The Beatlesに対してAppleは完勝したのに、「勝ったのはThe Beatlesです」といわんがばかりに、偉大な、しかし半分は鬼籍入りし、もう半分も64を過ぎたご老体たちを立てているのには立派な理由があるのだ。

しかし The Beatles をはじめ、iTunesでソフトウェアを売っている人たち以上の既得権者がすでに存在する。

iTunesですでに買い物をした人々である。これまでに売られた100億以上の楽曲、2億以上のTV番組、そして70億以上のiOSアプリは、すべて彼ら--私もその一員なので我々--の既得権なのである。

この既得権の尊重なくして、「全データのクラウド化」は今のところありえない。真の意味でAndroidがiPhoneに勝つには、iTunesに勝てる「むこう側」が絶対に必要なのだが、それを誰が構築し、誰が運営し、そして誰が責任を持つかが一向に見えない。本来それはGoogleの役割であるはずだが、この点におけるGoogleの態度は、控えめに言っても蛙の面に小便というものだろう。

結論:Windows and Mac are Operating Systems. iOS is an Ecosystem.

先日献本いただいた「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」に、こんな一節がある。

 ちょうどこの本の草稿を書き上げた頃、携帯音楽機器の二〇一〇年八月の国内販売台数で、ソニーのウォークマンが米アップル社のiPodを抜く見通しであることが報道された。記事には、「携帯音楽機器市場は平成十三年の投入以来、iPodの独擅場だったが、後じんを拝してっきたウォークマンが初めて『悲願』のトップを奪う」とある。そして、「純粋に音楽だけを楽しむ層を開拓できている」というソニー担当者のコメントが引用してあった。
 私はこの記事を見て、その上っ面をなぞった報道のレベルの低さに驚くと共に、なんだかソニーがかわいそうになった。これは、単にiPodユーザーが、音楽も聴けるiPhoneに移っていてそれがカウントされていないことと、ちょうどiPodの新商品発表前でユーザーの買い控えが起きている結果に過ぎず、何も「純粋に音楽だけを楽しむ層を開拓できている」などという理由ではないのは誰がみても明らかであった。しかも、仮に日本で巻き返したとしても世界的なアップルの優位はもはや揺るぎようもない。

これと同様の感想を、Androidに関する記事を見て抱かざるを得ない。彼らの言っていることは「純粋にスマートフォンだけを楽しむ層を開拓できている」としか聞こえないのだ。

そもそもAndroidとiPhoneは競合するのかということ自体、「Googleの正体」も指摘する疑問なのだが、仮に競合するのだとしたら、端末ではなくエコシステムを見なければならないはずだ。

"gPod Touch"も"gTunes"もない Android を見て「Androidが勝つ」というのは、戦車の数だけ見て「イラク軍に多国籍軍はかなわない」と言っているに等しい。このまま行くと、「Androidの勝利」の形というのは、米軍に対するゲリラネットワークの勝利のような形、つまり「生き残るが戦勝品なぞありえない」状態になるのではないか。

Dan the Man with an iTune-full of Data to Lose


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
    さっき、ブログのアクセス日記書いたところだけど、よく...
android他スマートフォンの普及率を垣間みた2011年3月のブログアクセス【i6i6!】at 2011年04月18日 02:09
●Android vs. iPhone が Windows vs. Macにならない理由 う〜ん、一理はあると思いますが、最終的にはやっぱりAppleはマイノリティの域を出ない気がします。 当のApple自身がメジャーを望んでいないと思いますし、多数の支持を集めやすいデバイス/プラットフォーム=Win...
Androidの未来は?【□■ 神戸三宮便り ■□】at 2010年11月23日 10:54
Android vs. iPhone が Windows vs. Macにならない理由 これは事実だろう AndroidではiPhoneには勝てない。 しかしiPhoneではAndroidには勝てないのも事実。 この理論の根拠は iTunesのエコシステム...
Android vs. iPhone【D4D】at 2010年11月22日 00:31
あらかじめ言っておくと,今のところ個人的には iPhone に興味がない。
Android vs iPhone という構図は成り立たない?【Baldanders.info】at 2010年11月21日 11:34
404 Blog Not Found:Android vs. iPhone が Windows vs. Macにならない理由 http://ping.fm/IVtSp
farelmarthy97's status on Friday, 19-Nov-10 17:51:50 UTC【farelmarthy97】at 2010年11月20日 02:52
この記事へのコメント
→xenobiaさん、
なるほど。一理ありますね。

ただ、そのように考える場合、OSのバージョンアップのペースの違いを顧慮しないとフェアではないように思いますが。

いやいや、Consumer Goodsにもかかわらず、そんなに頻繁にOSのアップグレードがあること自体がおかしい、と言うべきか。

Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/BpWhg89lI6a__rDjKVvrDKhhgw--#bfe7d at 2010年11月24日 10:41
>OSを「アップグレードできるとは限らない」のはiPhoneも同じですよね。
初代iPhoneは今後のiOSアップグレードに対応できるのでしょうか?


はっはっは、コッチの方がヨッポド暴論だよ。
私達が、今 話題にしてるのは、今年 発売に為った機種で 2.2 にアップデート出来ない Android 携帯のコトなんで、初代 i-Phone って何時発売されたか知ってんの!? もう、2年以上前ダゼ。

ソレをゴッチャにする様じゃ、議論の刷り替えと言われても仕方ないナ!
Posted by xenobia at 2010年11月23日 20:57
ううむ。

Android端末を特に苦労なくiTunesライブラリと同期させている身としては暴論だと思いますね。OSを「アップグレードできるとは限らない」のはiPhoneも同じですよね。初代iPhoneは今後のiOSアップグレードに対応できるのでしょうか?

いずれにせよ、実機を「触った」くらいで語られたくないなぁ。「使って」もらわないと。

と言いつつ、iPod touchには慣れてしまっているので、DocomoからiPhoneが出たら、乗り換えてしまうだろうなぁと予感している自分。



Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/BpWhg89lI6a__rDjKVvrDKhhgw--#bfe7d at 2010年11月22日 17:48


>今後のコンテンツに関してはむしろオープン系を基準とした商売が有利であることがわかる。書籍と違ってTVやインターネットでは拡散させる個数や配布先をコントロールすることが難しく実行しようとすれば莫大な経費がかかるからだ。


コレは一概にはソウと言えません!!!!!!!!!

嘗ては正論だったカモ知れないが、Apple のi-Tune や App Store の大成功は、アナタが言ってる論を根本から突き崩したと言えるでしょう!

『人は確かな価値を持つモノに対しては、" 正当な対価 " を払う事にやぶさかではナイ』!!!!!!!!!

という事がハッキリしたんです!

その集金システムにしても、Apple の i-Tune Store や App Store では全て1元管理出来るので、実に楽でコストという程のコストはかかりませんネ!!!!!!!!!!!!


つまり、 Apple は


『 新しいビジネス・モデルそのものを創出したんデス 』!!!!!!!


ソレこそが、Apple の最大の貢積なのカモ知れません!!!!!!!!!


コノ部分は今日の弾さんのエントリーと深く係わって来る問題デスネ!


Posted by xenobia at 2010年11月21日 13:54
簡単な1例を挙げますと、アメリカの最大の Carrier でアル Verizon (日本で言う所の NTT docomo 的存在と思って下さい)やイギリスの Vodafone で売られている Android Phone に載ってる検索システムや Map は何と Google では無くて、 Bing なんです! Google の Android Phone に載ってる検索システムや地図システムが Google ではなくて Bing ってアリ??????
一体、ドウイウ事!!!!!!??????

と誰もが不思議に思うでしょうし、 Google の検索が当然入ってると思って買った人間は裏切られた感覚を持つでしょう。

しかし、コレは Carrier が勝手に決める事が出来る様に為ってる訳です。ソレがドンナ理由であろうと。


更にコレラの Android Phone には Default で Crappy Ware と嘲笑される Carrier 独自のアプリが勝手に埋め込まれており、 - 当然 UI(ユーザー・インターフェース)に大きく鎮座ましまして居り - End User がソレ等のアプリを Delete しようと思っても、root ( i-Phone で言う所の " Jail-Break ")作業を施さねば取り除けない様に為っています。しかし、一般のごく普通のユーザーが Jail Break を前提に携帯電話を買う事なんてアリ得ません!!!!!!!!!!!!!!!


つまり、コノ時点で欧米の Android User は、Google が主張してきた自由なシステムというのが、如何に嘘っぱちでアルかをマザマザと見せ付けられた訳です。

繰り返して言うなら、Android System は一部の Carrier や Manufacturer にはオープンであっても、 End User には完全に閉ざされたシステムであると言うコトを!!!!!!!!!!!!!


盛んに Apple の事を Closed Closed だと言って嘲笑・非難していた輩共が振り返ると何と自分達のシステムこそ Closed の極みダッタ事に気付かされる破目に為ってシマッタという笑うに笑えナイ話ナンデス!
Posted by xenobia at 2010年11月21日 13:51
Wiki Pedia でも何でもイイので確認して欲しいのは、本当の " Open Source System " とは、


1. 誰もが自由に閲覧出来るコト!

2. 誰もが自由にアクセス出来、ソノ素材を利用出来るコト!

3. 誰もが利用した結果得られた、その " 果実 " をシステム自体に還元し、システム自体が助長発展するのに貢献するコト!!!!!!!!!


という大前提がアル訳ですが、Android は、全て " NO!!!!!!! " なんです!

先ず Android の開発は、一部の Carrier や Manufacturer の人間以外には完全に閉ざされた、密室で行われており つい先日もソフトの共同開発に携わっていた Face Book の直接の担当者でさへも激しく Google の密室性を非難した程、システムの進捗状況さえ判らないほどに隠密裏で行われているんですネ、システム開発が。

更に、Google は GNU/Linux のオープン・ソースを利用して多大な恩恵を受けているにも拘わらず、自分達が得た果実は GNU/Linux のエコ・システムに全く還元・貢献してナイんです!!!!!!!!!!


更に、アメリカやイギリスの Android User の間で大問題に為り、Eric Schmidt - Google の CEO - への大非難を巻き起こしたのが、

" BloatWare "

の問題です。

日本ではソノ言葉の存在すら知らない人間の方が多いと思いますが、コレは Android が如何に言葉とは裏腹に、End User にとっては完全に閉ざされたシステムであるかを図らずも露呈してしまった端的な例です。


Posted by xenobia at 2010年11月21日 13:47
"Open source is a development method for software that harnesses the power of distributed peer review and transparency of process. The promise of open source is better quality, higher reliability, more flexibility, lower cost, and an end to predatory vendor lock-in."

Android is not Open Source because Google develop it behind closed doors and don't contribute back to the upstream Linux kernel. They "use" Open Source but they don't contribute to it which makes them leeches.

Android apps and games run inside their Java VM only and don't benefit the broader GNU/Linux ecosystem.

Google doesn't care about real Open Source licences. All they care about is harvesting as much information from fAndroids so as to sell them more advertising. It's ultimately about how much money they can squeeze out of users.

WE ( At Least REAL TECHIES unlike YOU ) ALL KNOW Android's Open Source is just a " MARKETING LABEL "!!!!!!!!!!!!.

In A NutShell, Android Open System is
Counterfeited!!!!!!!!!!!!!
Posted by xenobia at 2010年11月21日 13:44
@minomi66

アナタは仲々の知識をお持ちダガ、肝心な点で幾つか勘違いされてます。


>Androidは開発環境をWindowsであろうとMacであろうと無料でそろえられることを含めたオープンであるLinuxとするのが正しく思う。


先日の Steve Jobs 氏のキー・ノート発言をキッカケに Open - Closed 論争と言うのが、アメリカで再燃した形になり、私も幾つか投書を書き込みましたが、一番 多くの人が勘違いしておられるのは、Google のプロパガンダに載って、

Apple - Closed System

Android - Open System

と単純に思ってる人が多いと言うコトなんです。

ハッキリ言って Android は、Google の広告・宣伝とは裏腹に本当の Open Source System でも何でもナイんです。


Posted by xenobia at 2010年11月21日 13:41
続き2)なぜ、Greeが本当は実態は有料のゲームを無料部分というものを設けて商売し、大発展し、また現時点においてもOSでは圧倒的にシェアを取っているMicrosoftが開発環境において、無料のExpressをやめないのか。またはやめれないのかということを考えれば、コンテンツの価値の特質をよく示している。それゆえ過去の著作物関してはまさにそうであるが、今後のコンテンツに関してはむしろオープン系を基準とした商売が有利であることがわかる。書籍と違ってTVやインターネットでは拡散させる個数や配布先をコントロールすることが難しく実行しようとすれば莫大な経費がかかるからだ。
Posted by minomi66 at 2010年11月21日 04:54
続き)すなわち「Linux vs. Mac」と見た場合、この対戦はまた別の色を見るようになる。つまり、オープンであるか、商品であるかということである。Windowsの時代ではほぼWindowsがシェアを取ってから、Linuxが出てきたが、Windowsがまだそうでない時代にLinuxが出てきたらどうなるのかという観点で見ることができる。
 また、著作権商売にしても現在のiTuneのやり方が最適解かといえばどうだろうという疑問が残る。過去のコンテンツに対してはそうだろうが、コンテンツ(情報)というのは、入手した瞬間にその価値が激減するという特質を持っている。
 それゆえコンテンツ商売は常に無料提供で間接的に広告という形で収入を得ていることが主流である。代表的なのはTVであろうが、これは書籍からそうで本そのものより、雑誌という広告が取れる形態を出版が手放せないことからもわかる。もしGoogleがオープン系のiTuneを作ることの重要性に気がついたら、iTuneの有利さは一気に無くなる可能性がある。Googleが何を商売をしているのかは言うまでも無いでしょう。
Posted by minomi66 at 2010年11月21日 04:42
私はそもそも「Android vs. iPhone」をみて「Windows vs. Mac」と対比していること自体違うんじゃないかという気がする。iphoneはAppleでまさにジョブズのApple製品ですが、AndroidはどうみてもWindowsではないですよね。その出自からみてもまた扱いからみてもLinuxと位置づけるのが正しい。つまり「Linux vs. Mac」の対戦であって、すなわち「Windows」はあの世界では存在していない。「Microsoft」も「Apple」と同じクローズドの製品であって、ユーザーおよび開発者としての導入において初期費用が「どちらかがより安い」の違いでしかない。MicroSoftは最初のころでこそ「無料」でMS-DOSを出してきたが、開発環境は無料ではなかったし、Windowsの時代になる前にすべて有料化してきた。むしろ、現在のAppleのやり方(開発環境がMacしかないとか)は当時のWindowsの戦略に似ている。そしてAndroidは開発環境をWindowsであろうとMacであろうと無料でそろえられることを含めたオープンであるLinuxとするのが正しく思う。そういった意味では「Linux vs. Windows」でもある。すなわち、「Linux vs. Mac」もしくは「Linux vs. Windows」ではあるが、「Windows vs. Mac」ではない。無い対戦を想定してどちらが勝つかを考えるのはちょっと違うんじゃないかと。
Posted by minomi66 at 2010年11月21日 03:48
Fragmentedってのは、なかなか鋭い指摘だと思います。
以前にちょびっとだけ携帯電話の開発にかかわった経験から言わせてもらうと、どうも日本の携帯電話の現場では、スマートフォンがどういうものかを正確に認識してないっぽい印象がありましてね。Androidも便利なパーツ扱いって感じで、それ以上のものだって認識をしてないようですよ。だから、どこかのauのIS01みたいにバージョンアップできないというふざけた結果になるわけで。最初から変更不能なパーツ扱いにしちゃってるわけですよ。だから、いつまでたってもガラケーなわけで。
Posted by clausemitz at 2010年11月20日 18:58
ソレにしても、スティーブ・ジョブズ氏が Android Phone を評して

" Fragmented(バラバラ)" とはヨク言ったもので、殆んど毎月の様にドコカのメーカーから新機種が発売されており、今年に入ってからダケでも、OS でさへも 2.0 2.1 2.2 とバラバラ!!!!!!!!!


今回、docomo や AU、ソフトバンクから発売の 2.2 のアンドロイド・フォンは最新機種と言う触れ込みで大々的に売り出されている訳ですが、世界的に見れば、年末にはモウ 2.3 どころか 3.0 まで出ると言われてるんデスよ!!!!!!!!!!!!!!!


2ヶ月持たずにアップ・デートが必要になる製品って、何????????


って、普通の人なら思いますケド!!!!!!!!!!!


更に弾さんが触れられている様に、2.2 へのアップ・デートさへ上手くイカナイ機種がもう既にコレまでに日本で発売されたアンドロイド・フォンの中には幾つも出てきています。


" アンドロイド・フォン を今 買ってはイケナイ理由 "

は、山ホド指摘出来ます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
Posted by xenobia at 2010年11月20日 12:47
一々訳しませんが、要するに Android 携帯の OS を始めとするソフト・ウェアは " 盗作品 " で成り立ってると言うコトなんですネ!!!!!!!!

UI (ユーザー・インターフェース)一つ取ってミテモ、完全な i-Phone の 『模造品』!!!!!!!!!!!

コノ中でも、JAVA については、Sun/Oracle の固有知的財産を1字1句 完全に引き写した盗用品である事は誰の目にも明らかで、裁判になれば Google に勝ち目はありません - 裁判官を買収すれば別ですが!


コレに対して、今回 世界的な同時発売(日本はナシ!!!!!!! この点でも完全に日本は世界に遅れを取ってる!)となった Windows 7 Phone のインター・フェースは i-Phone とは違ったオリジナルなモノ! Windows 7 Phone は今回12機種発売された訳だが、スマート・フォンの完成品と呼ぶには機能的に劣ってる部分が幾つか(例えば初期の i-Phone の様にカット & ペーストが出来ない等)アリ、i-OS や アンドロイドと勝負するには厳しいが、コノ様なソフトの面でのアップ・デートは直ぐにも追い付いてこれるモノ。寧ろ、i-Phone とは別のインター・フェースで挑戦してきたマイクロソフトの姿勢を高く評価する専門家や Gadget Geeks は多い!!!!!!


つまり、私は来年に成れば、アンドロイド・ブームは過ぎ去りアンドロイド・ユーザーの3分の1は、Windows Phone 7 に取られると見ています。

Posted by xenobia at 2010年11月20日 12:43
弾さんの論は、日本ではレベルが高すぎて理解出来る人間が少ないのが、今の日本の " ガラパゴ " 状態を象徴している!!!!!!!!!!!!!



今日、弾さんが述べた事は全て真実!!!!!!!!!

「模造品」 を 『模造品』 と言って何か悪いですかネ、yayugu さん!?

海外のチッタア IT の内部事情に詳しい人間の中で、ほぼ常識化して謂われている事がアリマス。それは、

Android is :

- Stolen Multi-touch interface from Apple.

- Stolen App store from Apple.

- Stolen intellectual properties from WinMo.

- Stolen JAVA from SUN/Oracle.

- Stolen Location Service from Skyhook.

- Stolen Logo/Icon name from Atari.

Posted by xenobia at 2010年11月20日 12:40
「戦車の数だけ見て「イラク軍に多国籍軍はかなわない」と言っているに等しい。」
に私も同感です。
http://sitekamimura.blogspot.com/2010/08/q210androiditmedia.html
以前はiPhoneの方が製造コストがAndroidより高くなると想像してましたが、Androidと変わらない、あるいはより低コストかもしれないと本記事で知り、よりその思いが強くなりました。
ただ、iPhoneやiPadのある欠点が解決されることも期待してたりも。
私の親が私がiPadを使っているのをみて「それ欲しい」と言ったのでプレゼントしようと思ったのですが、私の親はMac/PCの使い方が分からない、すなわちMac/PCのiTunesが使えない。なのでiOSのアップグレードや同期が出来ない。。。
この問題を噂されているクラウドiTunes等でAppleが解決して、Mac/PCのiTunes無しでiPhone/iPadが使えるようになると、さらにAndroidよりiPhone/iPadが魅了的なものになる気がします。
Posted by kamimura8 at 2010年11月20日 12:03
Androidを「模造品」呼ばわりするのはあんまりにも失礼じゃありませんか?

Android端末もiPhoneもどちらも本物です
Posted by yayugu at 2010年11月20日 09:04