2010年12月20日 08:30 [Edit]

国辱 - 書評 - なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか

本書「なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか」は、日本よりも一時はパチンコが普及、いや蔓延した韓国におけるパチンコ全廃の歴史を通して、日本の権力の腐敗ぶりを告発する一冊。

オビより
韓国では、往時にはパチンコ店が1万5000店、売上高は日本円にして約3兆円にのぼった。それが、2006年の秋に全廃され、いまは跡かたもない。だが、その事実を伝えた日本のメディアはなく、それを知る日本人は、いまもほとんどいない。
目次
一章 なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか
韓国のパチンコ全廃を報じなかった日本のマスコミ
タクシードライバー、キム氏の話
韓国人向けカジノ「江原ランド」のその後
玉は弾かない韓国独特の「メダルチギ」
法案成立の翌月には、パチンコ台一〇〇万台を没収
政府高官にまで逮捕者が出た「パダイヤギ事件」
韓国首相による国民への「お詫び談話」
製造、販売業者にも及んだ徹底した不正の追及
抵抗勢力による妨害はなかったのか?
韓国で起こったパチンコによる事件、事故の数々
読む者の胸を打つ「朝鮮日報」の社説
日韓共通のパチンコによる家庭崩壊
「数千人の利益のために、数百万人を泣かせる」業界
廃止後の闇営業も徹底摘発する韓国
日本のパチンコは、どこでおかしくなったのか?
なぜ韓国人は、自国でパチンコが流行していたことを知らないのか?
小沢氏に、パチンコの規制緩和を持ちかけた李大統領
パチンコ全廃による経済効果とは?
韓国CBS放送の取材を受ける
二章 なぜパチンコは、廃止されねばならないのか
パチンコ店店員も依存症になる世界
ターゲットは、年金生活者と主婦
月一〇〇万負けるのは、珍しくもなんともない世界
パチンコ店にATMという恐怖の光景
店内は、まさに賽ノ河原
母を殺し、金を盗ってパチンコ店に行った息子
パチンコの害を批判する韓国、しない日本
業界が「依存症対策セミナー」を開く偽善
自動販売機に規制がかからない不思議
客が絶対に勝てない、恐怖の「顔認証システム」
警察に対する業界の涙ぐましい心づかい
主婦を直撃する貸金業法の改正
パチンコ店のイベントに、天下の横綱がやってくる
「子ども手当」もパチンコ台に消える
裕次郎が草葉の陰で泣いている
パチンコ問題に目を瞑るマスコミの責任
パチンコ業界を告発した記事がボツになる国
一円パチンコで、問題の解決にはならない
法律には必ず抜け道が用意されている国・日本
家族まで巻き添えにする、パチンコ悲劇の深刻さ
三章 なぜ日本は、パチンコを廃止できないのか
パチンコ業界のアドバイザーに名を連ねる政治家たち
民主党による呆れはてた「パチンコ支援プロジェクト」
業界を代弁して国会で恫喝する民主党議員
パチンコ業界の損失に、国家賠償を要求
今も相次ぐパチンコがらみの殺人事件
パチンコ被害者に光明を与える訴訟事件
韓国では、カジノ被害者の原告勝訴
韓国にあって日本にはない、判断のスピード
車内マナーでも韓国に負けている日本
正面切ってパチンコ賭博を合法化しようとする政治家
パチンコ問題に集約される日本の病根
なぜ大新聞が、パチンコの全面広告を掲載するのか
金に目が眩み、口を封じられたマスコミ業界
大阪市議から届いた一通のメール
地方から産声をあげるパチンコ反対運動
パチンコ店の出店を認めた最高裁の判断
元警視総監が会長を務める「保通協」とは?
警察官が生活安全課に行きたがる理由
北朝鮮への献金の実態とは?
規制をかいくぐって生きのびるパチンコ業界
韓国にできて日本にできないという恥辱

それでは、なぜ韓国ではパチンコを廃止できたのか?

急速に蔓延したおかげで、社会問題が顕在化したということもあるだろう。韓国の「パチンコ禍」は劇症にして急性。それだけに対策の方もすばやく進んだというのは、エボラ出血熱のような劇症で急性な感染症の方がかえって犠牲者の数が少ないことを彷彿とさせる。

それに比べると、日本のそれは劇症度が低いかわりに慢性度が高く、問題は一段と深刻だと言える。法による規制が規制という名の保護になり、取り締まるはずの警察にとっては貴重な天下り先であり、マスメディアにとっては上客であり、そして今や漫画家やアニメーターにとっては欠かせないパトロンである。

韓国のパチンコ中毒は、市民レベルどまりだった。

日本のパチンコ中毒は、業界レベルなのである。

立法や行政どころかマスメディアまで抱き込んでいるという点においてイタリア・マフィアを彷彿とさせるパチンコ業界ではあるが、もはや誰にも止められないのだろうか?

止められる。

我々がパチンコ屋に行かなければいいのだ。

パチンコ - Wikipedia
『レジャー白書2010』によれば、パチンコの参加人口は1720万人、2009年の市場規模は21兆650億円で前年より6510億円減少した[4]。近年、急激に客離れが進み、市場規模が縮小している。パチンコチェーンストア協会によると、就業人口は約44万人であり、就業人口に対して売り上げが大きいとされる。現在は娯楽の多様化や、古臭いイメージによる若者離れ、高くなったギャンブル性と依存性が指摘され、ピークの参加人口からは年々減少し現在過去最低水準にある。

パチンコ屋が強者に資金をばらまいているのは、彼らの危機感の裏返しでもあるのだ。サラ金と同じだ。

そしてその資金を出しているのは、結局のところ中毒者たち。彼らが被害者であることに目覚めれば、あとはサラ金と同じ流れになるはずだ。

404 Blog Not Found:なぜ特区に反対するのかがわかって怖くなった
山手線内でさえ駅前のいたるところにパチンコ屋がはびこっているし、パチンコ屋の駐車場で子供が熱中症で死ぬのは今や夏の風物詩だ。それでいて、「ゲーム脳の恐怖」は出版されても「パチンコ脳の恐怖」は出版されない国、それが日本だ。

パチンコで身を持ち崩すのは、自業自得ではある。

しかしそれで子供たちが実際に死んでいることに、業界は何と申し開きをするのか?

私自身は、パチンコの滅亡までは望んでいない。パチンコ特区の一つや二つあってもいいと思う。パチンコを排した韓国だって、外国人向けのカジノを運営しているではないか。そこに行って身ぐるみ剥がれても、それは自己責任というものだ。

しかし、街角という街角にパチンコ屋があり、さびれゆく地方でそこだけが栄えているという今日が明日も続くことは、望まない。

P. 215
庶民は、正常な感覚を失っていないのである。政府は、庶民の声に耳を傾けるべきである。このままでいいわけがない。

まずは、現状を知るべきである。

その上で、はじめてこう言えるのだから。

このままでいいわけがない、と。

Dan the Taxpayer

See Also:


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
なぜ韓国はパチンコを全廃できたのか 若宮健 p159 2009年の時点で、パチンコ業界の売り上げ高は21兆650億円。月に換算すると1兆7554億円である。 2009年の ...
節度のあるパチンコとは ??読書?? なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか【小林由雨の「よまず嫌らい」】at 2011年02月20日 07:00
・頻尿理由⇔過活動膀胱??膀胱が過敏に活動。加齢も原因。男性は炎症も。
歯科医 今夜起用【美しい女神とプロ野球に栄光あれ!】at 2011年01月18日 16:32
先日、2つのブログ記事を読みました。 国辱 – 書評 – なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか- 404 Blog Not Found そろそろネット住民の反パチンコ論についてひとこと言っておくか – よそ行きの妄想 – BLOGOS(ブロゴス) – livedoor ニュース...
韓国で2006年に禁止になったパチンコは、日本では今後もそのままでいくのか。【ブログ名の設定は、まだ。】at 2010年12月26日 18:23
なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書226) 作者: 若宮健 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2010/12/01 メディア: 新書 クリック: 94回 この商品を含むブログ (6件) を見る ここ数日間、『404 Blog Not Found』あたりを発端としてブログ上でのパチンコに関する
[ネタ]これはひどい。日本遊技機工業組合の年末年始広告。【世界はあなたのもの。】at 2010年12月23日 12:54
パチンコのような中毒性のあるギャンブルを取り締まる風俗営業法という法律があります。 パチンコのような業態の営業を行うには、上記の法律により各都道府県の公安委員会の許可を要する必要があります。 委員は警察または検察の職務を行う職業的公務員の前歴の無い人から選
パチンコ屋さんを巡る不可思議な事【pc4beginnerの日記】at 2010年12月22日 12:12
なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか 若宮健 「なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか」のAmazon在庫も復活したようなので、告知を兼ねて改めて検証しておくことにしよう。 パチ ...
パチンコが「このままでいいわけがない」理由【404 Blog Not Found】at 2010年12月22日 11:10
現在は青少年育成条例や築地問題で批判する石原都政ですが、翻るとカジノ構想が頓挫した、 怨念が原因なのかも知れない。としたら都民も大いなる人材を浪費したことになる。発想の元は、 セブンネットで注文を出した『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』から。ま...
[2113]新書『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』…若宮健、読む前の書評【プログラマー 大塩高志の断片談義】at 2010年12月21日 17:17
 先日、秋葉原の書店の店頭で、『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』(若宮健著、祥伝社新書)といふ本を見かけた。  そのことについてブログに書かうと思ってゐたら、すでに小飼弾氏が書いてゐた。 ...
クルマ社会とパチンコ社会日本【暫定龍吟録】at 2010年12月20日 22:51
404 Blog Not Found:国辱 - 書評 - なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか 韓国のパチンコ中毒は、市民レベルどまりだった。 日本のパチンコ中毒は、業界レベルなのである。 立法や行政どころかマスメディアまで抱き込んでいるという点においてイタリア・マフィアを彷彿とさ
【パチンコ・マフィア】立法や行政、マスコミを取り込み肥大するパチンコ賭博業界【脳内新聞(ソース版)】at 2010年12月20日 11:51
この記事へのコメント
親族でギャンブル中毒になり、辛い目にあったとかならまだしも
関係の無い人はあまりパチンコには干渉して欲しくないな。
高卒やら中退のカスな連中らの稼ぎ場所でもあるんだ。
金ある層が店に金を落として、それのおこぼれを頂く。
パチンコによって救われる日本人もいることを忘れないでくれ

ただ業界がズブズブで裏があるならなんとかしないといけないだろうけど
まぁ、末端の人らにまで変な影響を出させないで欲しい

放っておけってのは横暴かもしれないが、アニメ漫画といい、外部の人らが口出しをするのは、暴走する一部の人が目立つからだろうか

とりあえず、頭のいいひとらで日本人を保護しつつ良い妥協案を出せることを祈ってる。否定するだけなら誰でもできるし、というかこれで食ってるから思うことなんだが、なんでそんなに否定的なんだ?
Posted by unix_x at 2010年12月24日 23:24
なぜ韓国ではパチンコを全廃できたのか。
もともと認可されていなかったからだ。
Posted by suzume002 at 2010年12月23日 18:25
本当は韓国に全廃できて
日本にできないわけはないのだが

日本ではTVでCMを垂れ流す始末
そこしか期待できる産業はないのだろうか

そろそろ僕らも気づくべきだ
ただ、踊らされているだけだと

でも、僕は手放しでギャンブル依存症者を
自業自得だとは思わない

僕もその一人だし
きっかけは些細なことだし

それだけ大きな社会問題になっているのに
業界に対して何も言えない

国家や政治家に対して
憤りを感じてしまいます
Posted by tomonyanuoza at 2010年12月23日 01:15
先日、中国に出張したときに聞きましたが
中国でも、昨年からパチンコが禁止になったそうです。

こちらも、日本ではニュースになりませんね。

こまったものです。

Posted by niseissa at 2010年12月22日 12:25
前略 私の方でも読む前に記事のネタにしてみました。私自身は手を出していませんが、結果として石原都知事のカジノ構想は応援すべきだったのでしょうね。でも富籤(とみくじ)を認めて丁半博打を取り締まった昔から、庶民から巻き上げる構図は変わっていないと。
                     草々
Posted by ohshio_t at 2010年12月21日 17:30
>>「パチンコ脳の恐怖」は出版されない国、それが日本だ。
いや、その手の本はあるから…ってそれは前にもコメントしたような。
まあ、この本も近そうですが。

>> 我々がパチンコ屋に行かなければいいのだ。
合っているようで違います。そう思うような人は既に行っていません。
小飼さんが「我々」と書いてもそこに中毒者が入るようには見えないです。

ところで、業界の売上は減っていますが遊技人口は下げ止まっています。5年くらい前は1,400万人くらいだったと思います。1パチとかが増えたので遊技人口は増えましたが一人当たりの売上が減りました。


私は業界側の人間ですが、むしろ特区には賛成です。
まごうことなきギャンブルなのに、ギャンブルでないふりをしてるのが問題かと。

特区にすると経産省が出てきちゃうので警察が反対してる模様。
ホール側も現状それに追随。たとえ賛成でもそうは言えないですし。

パチンコ業界についてはちょうど3年前の日経ビジネスの特集が秀逸でした。
Posted by nekono_mansaku at 2010年12月21日 04:56
いやぁ驚きました。日本は業界レベルまで侵されてしまっているんですね。近年テレビでもパチンコ業者や宗教団体がCMを流す時代ですから、癒着が拡大しているのでしょうね。立てば(今は立ちませんが)パチンコ、座ればマージャン、歩く姿は馬券買い、なんて言葉がありましたが、賭博は脳の快感物質を刺激するんでしょうね。パチンコ税を設けてお金を別の流れに循環させる必要がありそうでね。
Posted by sarikatagi at 2010年12月20日 15:18
よくぞこの問題を取り上げてくれました。高利貸しの蔓延と一体の問題だから、弾劾せねばならない問題だと思います。


>もはや誰にも止められないのだろうか?

>止められる。

>我々がパチンコ屋に行かなければいいのだ。

その通りです。
Posted by h7bb6xg3 at 2010年12月20日 08:52