2010年12月29日 07:30 [Edit]

2010年のAppleから学ぶべき3つ不等式

老いたな、大前さん。

大前氏 アップルは失敗繰り返しアンドロイドに負けると予測(NEWSポストセブン) - エキサイトニュース
アップルのCEOのスティーブ・ジョブズは、今まさにパソコンのMac(マッキントッシュ)と同じ失敗を繰り返そうとしているように見える。“Macの失敗”とは、OSを他の企業には売らず、ハードとワンセットで自分で売ろうとしたことである。

15年前とはルールが変わったのに。

いや、変えたというべきか、

インターネットの自らの重みと、Appleが。


以下、学習難易度順に不等式をならべてみる。

1. 利益>売上

まずはこちらをご覧いただこう。

これは一年間を通してみたAAPL, GOOG, MSFT の「IT三巨頭」の株価の騰落にNASDAQのそれを重ねたものだが、MSFTはおろかGOOGまでNASDAQよりアンダーパフォームなことにやや驚かされる。しかし最も驚きなのは、APPLの上昇率だろう。今年の5月26日にMSFTを時価総額でも抜いて以来その差はさらに広がり、今やAAPLの時価総額は$300Bを伺うところまで来た。MSFTのそれは$240弱、GOOGのそれは$190強。

それでいて、割高感はそれほどない。P/Eがそれほど上がっていないからだ。AAPLは21.5、MSFTは12.03、GOOGは24.71。MSFTの割安感が目立つが、これこそWindowsの呪いというものだろう。よりによって携帯OSにまでWindowsの名をかぶせるとは。 iOS が Mac OS X Mobile で Android が Phonix だったらこうなっていただろうか。しかし重要なのは、Androidを擁するGOOGより、AppleのP/Eは低いということ。

Appleの株価には、利益の裏付けがあるのだ。

企業の持続可能性は、利益で決まる。

売上では、ない。

個人事業から世界最大の会社まで。

大前さんが絶賛していたAOLとTime-Warnerの合併のその後を見れば、それがわかる。AOL Time-Warnerが再び分かれた時に失われた時価総額、およそ11兆円。これもすごいが、わずか一年でそれ以上に時価総額を得たAAPLはさらにすごいとしか言いようがない。

2. 長期>短期

2010年だけ見ると、Appleの成長は「まさか」であるが、Jobsの復帰以降のAppleを見ているものからすれば、むしろ「やはり」という感が強い。Appleの製品が「途切れていない」からだ。

これに関しては

にも書いたのだが、GoogleとMicrosoftの分を補足すると、両者ともやはり続ける力においてAppleに見劣りする。Nexus OneにGoogle Wave…ProでもAirでもないプラスティックのMacBookにクリソツのChrome PCは続くのだろうか? Microsoftに至っては、続ける力以前にはじめる力を疑いたくなる状況だ。Windows Phone 7 で巻き返すというのならKinって一体なんだったんだ?

続ける力がいかに重要かは、MacBook AirとApple TVに見ることが出来る。どちらも初代は話題になった「だけ」だったが、メイジャーチェンジ後大ヒットとなっている。Windowsだって95まではそんな状況だったのだ。Googleは…あまりに多くのことに手をつけ、あまりに多くのものを放置しているのでまとめようがない。多分中の人々にすら。

3. 減らす>増やす

1995年。ほとんどの人にとって、インターネットはまだはじまったばかり。当時は接続できること自体がすごいことだった。サードパーティーのソフトを買わずともOS自体が接続をサポートするWindows 95が爆発的ヒットになったのはあまりに当然のことだった。

以来15年。インターネットというのは日常茶飯事になった。先進国ではパソコンどころかケータイも普及して久しく、そのどちらもすでにネット接続が当たり前になっていた。一生かかっても見切れないどころか、一ページ見ている間に生涯に見ることが出来る以上の早さで生み出されるWebページ。その隙間にアップロードされる、一生かかってもダウンロードできないほどの適法違法有象無象のファイルたち…

ネットワーカーたちは、心底うんざりしていたのである。

コンピューターとネットの、うざさに。

Googleは、そのうざさを減らすことで自らの価値を高めてきた。必要なページをすぐに見つける検索、スパムフリーのWebメール。そして著作権団体の訴訟にもびくともしない動画投稿サイト…

Appleも、しかり。「Karma-Free」な音楽販売システムは、今や音楽だけではなく映画や番組も、そしてアプリも売るシステムへと進化をとげ、「1000曲をポケットに」入れる事ができる音楽プレイヤーは、今やWebそのものをも持ち歩ける万能電話になった。

その過程でいかに多くのものが無視され捨てられてきたか。Google八分にFlashバンドル廃止…その都度「自由の敵!」というシュプレヒコールが上がれど、過ぎてしまえばシュプレヒコールを上げた者さえ両社のとりこになっている。

Googleの株価の迷走ぶりは、自らの価値を見失っているぞという市場からのメッセージではないか。AAPLはとにかくNASDAQよりアンダーパフォームとは情けないにもほどがある、と。

Appleはこの点でぶれることがなかった。Jobsの最大の功績は、Appleのぶれをぴたりと止めたことにある。ぶれを大きくしそうなものごとを、全部捨てさせたのだ。

改めて振り返ってみると、前世紀には三つの不等式の向きは全て逆だった。利益は四半期で語るべきもので、1円より多く稼ぐ事より1円でも多い額を集めてくることが優先され、そして狭く深くを追求する者より広く浅くを追求するものがもてはやされた。

今は、全ての不等号が逆転している。

古き佳き日本の企業には、むしろ順風ともいえるのではないか。

老舗日本的な慣習など、とっくに捨てたものがほとんどかも知れないけれども。

そんな2010年もあと3日。なんだかんだ言ってAppleの主要新製品を全て買った自分に呆れつつ、電話付きのものだけで14機種も出た Android端末を「どれにしようか」と迷ったあげく、ついに一台も入手せずに終わりそうなことが少し寂しく、そしてそのことに多いに納得した一年であり、今後10年の潮流がしっかりと感じられた一年であった。

Dan the Man with Too Many Apple Products Bought, and Even More Competitive Products Tried


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:2010年のAppleから学ぶべき3つ不等式
404 Blog Not Found:2010年のAppleから学ぶべき3つ不等式【】at 2012年01月16日 15:39
大前氏 アップルは失敗繰り返しアンドロイドに負けると予測 2010年のAppleから学ぶべき3つ不等式(404 Blog Not Found より) この二つの記事を見比べた時に、Android(Google)はシェアではリードする、しかし、利益はiOS(Apple)がリードすると思いました。 この差が生まれるの...
2010年のAppleを振り返って【AppDate(徐行運転)】at 2010年12月31日 02:53
この記事へのコメント
コメントの大半は潮流の変化に気付いてすらいないのだろうか。。
情けない。
Posted by ctrttopao at 2010年12月31日 10:05
ガジェット屋とビジネスソフト屋とネットサービス屋が「仕事にも使えるネット接続ガジェット」をめぐって覇権争いをするのは興味深いですね。

三社の得手不得手が重複しないため、意外とそのまま棲み分けるかもしれません。
Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/e.Uo5WVXW4GE1fyBlII0wNJ3 at 2010年12月30日 23:38
長期>短期といっておきながらシェアについて言及していないのは

プラットフォーム戦争においてシェアの拡大が最大の焦点でしょう
米ではすでにAndroidのシェアが大幅に拡大しつつあるわけで(おそらく日本でも似たような状況になると思いますが)
iPhoneがSoftbankからしか契約できない状況が続く場合、Androidが急拡大する今の状況が一変することもないでしょう
その点を大前氏は指摘したかったのでは?

もちろんAppleの収益性の高さが株価に反映していることはたしかですが、今後10年を見たときに同じ事が言えるかどうかは微妙だと思いますが
Posted by ryooopan at 2010年12月30日 09:12
Why 2011 isn’t 1995 for Apple
http://scobleizer.com/2010/12/26/why-2011-isnt-1995-for-apple/

思考回路の行き着くところは一緒ですね。
Posted by s1100027 at 2010年12月30日 01:43
全員がとりこにはなっちゃあいない(僕はAppleやめたしGoogleもGMail以外全部やめた)。
Appleのは一過性のブーム。今のユーザーは昔のAppleを知らないからであり、かつ、Appleをぽっと出の"ブランド"として見ているだけでしょう。これだから古くから林檎信者は。。。

昔と変わったのはユーザーのPCリテラシー(MSが裾野を広げたからだが)。Appleは一見自由そうだが実は不自由な世界を構築し、そこで人工甘味料の入った綺麗で小さいアメをユーザーに与えて、疑似的満腹感をユーザーに得させている。それで不自由な世界をユーザーから巧みに隠ぺいしているんだ(技術に詳しい人なら気が付くよね)。

それに、この記事はつい最近の事実だけ元に原因は無視して俺様ルールを創ったのでしょう?これでは読者は納得しにくいし、大前氏の記事の方を支持するのでは(林檎信者以外は)。

・・・まぁ、どっちも外れると「予測」しておこうかなw。
Posted by https://me.yahoo.co.jp/a/IQ1hYVEJPP4YeKtJaDrrIHdWTY820hFBD2Lt67Y-#745ec at 2010年12月29日 22:09
iPhoneという端末は結局、バッテリーパック好感も、SDHC等の差し替えもできません。
結局、ユーザーの自由を事実上制限していると思います。キャリアも固定でしょう。ここら辺の自由度のなさ、Mac/iTunesを軸にしたユーザーの囲い込みの雰囲気が旧MSのやり方そっくりです。

Appleの物作りはすごいものがあると思いますが、思い上がりすぎです。

それが大前氏の指摘なのでは?
それを老いたと発言する方が、信者乙の世界だと思うのですよ。
操作感ではiPhoneの方がAndroidより、現状では上だと思いますが、今のままでは、そのうちAppleIIとIBM PCの歴史を繰り返すことになるでしょう。

僕は、Android端末を買いました。
Posted by lazycat0419 at 2010年12月29日 19:42
今後10年の潮流。ふふふ。

たぶん、AppleとGoogleが腰を抜かすような新産業が、情報とも通信とも無縁の分野から、いくつか立ち上がって、そういう超高生産性産業が若い人たちを強くひきつけるようになることでしょうね。ふふふ。

弾氏でさえ、陳腐化との戦いが始まる、今後10年でありましょう。ふふふ。
Posted by h7bb6xg3 at 2010年12月29日 11:31
Appleの弱点はAppleがJobs頼みという点でしょう。MSは脱ゲイツ化に成功しつつさるように思えますが、Appleは脱Jobs化を果たせていません。Jobs引退後にAppleの真価が問われると思います。
Posted by bobbob1978 at 2010年12月29日 08:06