2011年01月07日 11:30 [Edit]

職がなければ遊べばいいのに - 書評 - コンピュータが仕事を奪う

この話題に正面から取り組んだ本は意外と少ない。はじめから日本語で書かれたものともなると、なおのこと。その意味において本書は仕事を必要とする人全てが読んでおくべき一冊である。

しかしこの問題は「正面から取り組む」という姿勢そのものが間違いだという思いを年々強くしている。本entryはよって、本書に何が書かれているかより何が書かれていないかを主に書くことになる。


本書「コンピュータが仕事を奪う」は、コンピューターと知的労働の関係を、教育者らしく真面目に、数学者らしく必要十分に考察した一冊。だからこそ、この問題に関する「正解」を提示するのに失敗している。

オビより
人間の仕事を楽にするはずのコンピュータは、爆発的な処理能力の向上により人よりはるかに速く、安く仕事をこなし、私たちの職を脅かしつつある。絶対に人にしかできない仕事とは何か、そしていま私たちは何を学ぶべきか。
目次
はじめに—消えていく人間の仕事
第1章 コンピュータに仕事をさせるには
第2章 人間に追いつくコンピュータ
第3章 数学が文明を築いた
第4章 数学で読み解く未来
第5章 私たちは何を学ぶべきか
おわりに—計算とともに生きる

勘違いしないでほしい、本書の解答は、本書の立てた問題そのものに対しては「間違い」ではない。コンピューターは万能ではない以上、コンピューターに出来ない仕事は依然残る。具体的にコンピューターに何が出来て何が出来ず、どのような仕事が残るのかは本書で是非確認していただきたい。

しかし「どうすればコンピューターに仕事を奪われずに済むのか」という本書の設問は、「人には仕事が必要である」ということを暗黙の前提としていて、そして本書はこの前提から一歩も外に踏み出すことがない。そのことは、本書の結びからも伺うことができる。

P. 218
医者も教育者も研究者も、商品開発者も記者も編集者もセールスマンも、耳を澄ます。耳を澄まして、じっと見る。そして起こっていることの意味を考える。それ以外にコンピュータに勝つ方法はないのです。

「コンピュータに勝つ」ということは、本書においてコンピューターは労働者として擬人化されているということである。「コンピュータ」は「我々から仕事を奪う」「あいつら」であると。本書におけるコンピューターはその意味において"My Job Went to India"のインド人や中国人と変わらない。

しかしそもそも仕事なるものは人が人として生きて行くのに欠かせないものなのだろうか?

本書の設問そのものにこう疑問を投げかければ、答えは明らかとなる。

本書にないもの、それは「遊」である。

コンピューターに出来ないことのうち、なぜかこれだけ抜けているのである。

コンピューターは、仕事しか出来ない。ゲーム機で遊んでいるのは人であってコンピューターではない。そしてコンピューター以降に創出された仕事のほとんどは、ゲーム機に代表されるように、遊びそのものか遊具づくりなのである。なぜ未だに多くの人が仕事にありつけるのか。不要不急の遊びが仕事化されたからだ。

高度に発達した学びが遊びと区別がつかない」のと同様に、「高度に発達した遊びは仕事と区別がつかない」のである。

もういいかげんこのことが常識化しないと、仕事が必要だと思い込んでいる人々はますます苦しまなくてもいいことに苦しむことになるだろう。いや、すでにそうなっている。「働かざるもの食うべからず」の行き着く先は、The Matrixしかありえない。本書もそう認めている。ほとんどの人は、青いピルを選ぶのだ、と。

だから私は今後、「何をしてますか」という質問には、あえてこう答えることにしよう。

「遊んでいます」、と。

それもコンピューターで。

仕事なんて、コンピューターにくれてやればいい。

白川静が生前言っていたように、遊ぶのは彼らコンピューターの「神」たる我々にしかできないことなのだから。

Dan the Metaplayer


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
移動手段の発達によって、人口は、多種多様な「つながり」が得られる都市に集中することになります。近代であれば、やはり「電車」の登場が大きなイノベーションだったと思います。 人間は、もともと自分と価値観の似た人と「つながりたい」と考えていると思われます。...
職場コミュニティーが弱体化する「本当の原因」【NED-WLT】at 2011年02月05日 17:02
小飼 弾さんのブログでこんな記事。 職がなければ遊べばいいのに - 書評 - コンピュータが仕事を奪う ブログでは『コンピュータが仕事を奪う』の内容について書いていたけれど、私が読みながら気になったのは「じゃあなんで仕事してるんだろう?」。 タイトルは「職がなけれ
なんで仕事してるんだろう【トモエコラム】at 2011年01月11日 11:16
生きていくのに必要なものが不足している『足りない』世界は沢山あります。そういった世界では必要なものを供給するためには『しかたなくする仕事』が求められます。一方で私達はいわゆる『足りている』世界に住んでいます。そんな足りてる世界においては仕方なくする仕事に
[考え方]飽きない工夫こそが続けるために必要なもの【読んだものまとめブログ】at 2011年01月10日 18:46
「高度に発達した学びが遊びと区別がつかない」のと同様に、「高度に発達した遊びは仕事と区別がつかない」のである。 なんじゃこりゃwww 意味不明www 「高度に発達した仕事は遊びと区別がつかない」というフレーズならどこかで聞いたような気もしないではないが、このバカ
高度に発達したバカは戯言とまともな言辞との区別もつかないwww【消毒しましょ!】at 2011年01月09日 02:21
404 Blog Not Found:職がなければ遊べばいいのに - 書評 - コンピュータが仕事を奪う IT革命やらグローバル化やらでもはや日本人に仕事がなくなってきている今日この頃。 モンスターエンジンのいう暇をもてあました神々の遊びが神だけでは収まらなくなりつつある。 しかし、
暇をもてあました 人々の 遊び【SEやめた人の日記】at 2011年01月07日 16:57
この記事へのコメント
以前にikedanob氏がブログの中で、GDPとは別の指標が必要なのではないか、という旨の提起をされてました。
"遊び"を指標にするのはもしかしたらアリかもしれませんね。
国内総娯楽Gross Domestic AmusementでGDAとか?
Posted by brownlabel at 2011年01月22日 00:44
 http://amzn.to/h3meDW この漫画おもろいよ
Posted by amanokatan0405 at 2011年01月17日 04:23
これは神エントリー
技術がこんなに発達しました系のニュースがあると、コメンテーターやアナウンサーは決まって「人間にしか出来ない仕事というのは何かを考える必要がありそうですね」とコメントする。
自分もそのことを考えていて、結果としては「将来的には、コンピュータに出来ない仕事なんかなくなるだろう」というものだったけど、じゃあどうすんだ?って思っていました。
このエントリーでパッと光が見えた感じ。じゃあ遊べばいいのか。なんという明快な答え。
Posted by glatan2 at 2011年01月12日 23:03
コンピューターがもっと働いて十分遊べるだけの金を稼いでくれるよう考えるのは人間の仕事。とりあえず今の所は。

コンピューターには出来ない仕事を頑張って探すなんて馬鹿らしい。
出来る仕事をどんどんコンピューターに投げていけば自ずと人間がやらざるを得ない仕事が残るだろう。
Posted by itousai at 2011年01月10日 21:17
コンピュータに仕事が奪われる。このテーマ、15年ほど前から言われ続けてきてきました。15年経ってみて、どうやら正解は「奪われた、奪われなかった、という議論ではなく、 ̄η称琉茵↓∈固称琉茵△△襪い廊N省の領域において、人間がより活躍できる領域をより明確にしてくれた」ことだと考えます。


Posted by sarikatagi at 2011年01月09日 21:52
蒸気機関に接続された機械が人間から多くの肉体労働を奪ったけれど、もっと多くの生産性の高い事務労働と巨大流通業を生み出した。

写真は多くの似顔絵画家の職を奪ったけれど、以前よりはるかに優れた現代芸術を生み出すのに成功した。ジャーナリズムを生み出すことにも成功した。

コンピュータも多くの非人間的な職を奪うだろうけれど、きっと、さらに多くの人間的で創造的で芸術的な生き方を生み出してくれるはずだ。

今までの技術発展の経緯を見ればそうなるに決まっている。
Posted by h7bb6xg3 at 2011年01月07日 16:08
「がっつり遊びたいけど、金がない」

その遊びは「消費する遊び」ですね。
「創造する遊び」には紙と鉛筆があれば十分です。
紙と鉛筆があれば、画が描ける、詩が書ける、数式を書き証明することも出来る。
遊ぶのに金なんか要りません。
Posted by bobbob1978 at 2011年01月07日 12:52
僕も小飼さんの「真面目に真面目を考える」とかのエントリを読んだりして、「ヒト」にしか出来ないことってなんなのかなってよく考えるようになりました。

今日のエントリの「遊ぶこと」っていうのは、僕の頭の中の知識マップには無かった考え方なので、とても面白いなって感じました
Posted by kobayu44 at 2011年01月07日 12:51
がっつり遊びたいけど、金がない
 ↓
金が欲しいので働くか
 ↓
「30歳ゴミクズ無職はいりません」
 ↓
GoTo 1

はい、論pry
Posted by r_c_3 at 2011年01月07日 11:56