2011年03月04日 12:15 [Edit]

受験より公平な選抜 - 乱択のすすめ

これこそ、受験に代わるたった一つの冴えたやりかたではなかろうか。

理不尽にやると上手くいく - レジデント初期研修用資料
法律それ自体に理不尽を組み込んで、ここから先は黒、グレーゾーンに入ったらサイコロを振られて、理不尽な目が出たら問答無用で皆殺し、というルールにすると、グレーゾーンに近寄る人はいなくなる。サイコロやくじ引きと交渉したり、怒りをぶつけたりするのは空しいだけだから。

少なくとも、日本においては。


今回の「ソーシャル・カンニング」に限らず、毎年この時期になると入試の話題で巷はごったがえす。天候不順で入試に間に合いそうになかった受験生を通りすがりの誰かが送り届けた「美談」だとか、「出題ミス」で「正解がない問題」を出題しただとか…入試に翻弄されているのは受験生だけではなく、それが飯の種であるはずの予備校ですら辟易しているのは「悪問だらけの大学入試」にもある通り。

にも関わらず、入学試験に代わる入学志願者選考システムが日本でなかなか受け入れられないのは、それが公平--だと見なされている--からだ。たとえ貧乏な田舎者でも、友情はさておき努力さえすれば、裕福な都会人に勝利できるのだ、と。

それが幻想であることは、「お」が付く方の受験を体験した親子であれば嫌でも気づく。私の長女はこの春から中高一貫校に通うのだが、公立小学校の授業の範囲内の努力では絶対合格できなかったと断言できる。彼女ももちろん努力したのだが、その努力を滑らせなかったのは、努力を効率化する塾の存在と、塾通いを支える彼女の母の献身と、そして彼女達がそうしても家計が破綻しないだけの財力がたまたま私にあったからだ。

その長女がお受験を選んだのは、私立に行きたかったからではない。公立に行きたくなかったからだ。6年前にせっかく小中学校の隣という一等地に引っ越して来たのに。私としてはちょっと損した気分にもなったのだが、公立校の実情を娘から直接聞き及んで、私としては彼女の決意を支持するしかなかった。

その一貫校の教科書が先日届いたのだが、それを見た瞬間「ああ、こりゃ公立かなわんわ」と感嘆せざるを得なかった。理科の教科書一つとっても、中学の段階で物理・化学・生物・地学に分かれている。正直、これほどの差だとは思わなかった。

正直、「やる気まんまん」の地方の清貧優等生が、「公立がいや」で都会の中高一貫校に進んだ彼女達に「勝つ」のは、ボールでゲルググを仕留めるぐらい難しいと言わざるを得ない。それは不可能とは言えないけれど、公平とはもっと言えないのではないか?

理不尽にやると上手くいく - レジデント初期研修用資料
議論をとことん戦わせて、「正しい意見に誰もが合意する」状況を目指してしまうと、結論はたいていろくでもないものになる。劣ったアイデアが「努力賞」として取り込まれた結果として、成果物の魅力が削がれてしまったり、「全員の合意」に到達できなかった結果として、組織を「純化」する流れが生まれて、合意できない人が殺されてしまうことだってある。

それが具現化されたのが、今の受験制度ではないのか?

私立大学はとにかく、国公立大学は、「上から3000人」ではなく「授業についていける候補者から3000人」を乱択した方がよいのではないか。それであれば、「授業についていける」の確認は高校の成績なりセンター試験の結果なりで充分だろう。

そうすれば、志願者たちは受験に特化した無駄な努力からも免除されるし、コンディションのムラを気にする必要もなくなるし、なにより無理な優越感や劣等感からも解放される。もちろん大学側は、最大の雑務がなくなるという、受験生以上に大きな利を得る。

乱択のよい点は実はもう一つある。すでに実績があるということだ。

国立大付属小学校、中学校について : 趣味・教育・教養 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
国立大付属小・中の試験は、定員の倍の人数をまずとって、それから抽選で合格を決める方法が多いです。
よって、例え試験では1番だとしても抽選で落ちてしまう事もあります
理不尽にやると上手くいく - レジデント初期研修用資料
決定が困難な場所にランダムさを持ち込むと、物事は案外上手くいく。

「誰が京大生になるべきか」という問題は、まさにこれに相当する。

現行の受験制度をどう弥縫しても、そこにあるのはぬるい友情・無駄な努力・むなしい勝利だけではないか。これ以上マイナス十三組をこさえてどうするよ?

なあに。元を正せば、我々だって乱択の結果この世にいるのである。上位順では決してない。上位順なのはせいぜい精子であって、その中に乗っていたあなたの半分ではない。

Are you feeling lucky now?

Dan the Lucky


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
第一印象は「そんな理不尽な!」でもゆっくり考えてみるとたしかに公平で入試の問題点を解決した方法だ。
理不尽だ!でも公平だ!【gundenがブログ】at 2011年03月05日 03:55
この記事へのコメント
まー弟子が師匠を優越するなんてのは
いろんな場面でありますしね
いーたいことは分かります。ハイハイ
Posted by hanayos at 2011年03月07日 22:31
 さて小飼さんを知ったのは「youtube3/23朝までニコニコ生激論ベーシッ
クインカム」でした。
 そこでのブドウ糖発言に、私と似た視点を持つ人がいたと、興味がわき
ました。

 「石高制は変?」http://zanki.blog.so-net.ne.jp/2011-01-07
Posted by zanki9 at 2011年03月06日 20:53
>入試は公平。それが幻想であることは、「お」が付く方の受験を体験した
>親子であれば嫌でも気づく。
ほんとにそうですね。私も実感しました。

 うちの息子も去年、公立でありながら入試のある中高一貫校の都立武蔵に
入りましたが、当然授業料がタダなので貧乏人からセレブまで広い層の家庭
が受験したのは受験当日の親の服装でわかりました。ファッション嫌いの私
のひどい恰好にも劣るような親御さんも沢山いて。
 息子は偏差値はそこそこあっても競争率12倍?じゃ受からないなとその時
思ったのですが、蓋をあけてみれば合格。そして入学式やその後の授業参観
や父兄の会合で会う親御さん達の服装はといえば、受験日の時に見たような
ひどい恰好の人は皆無。
 やはり塾に通わすくらいの経済力がなければ受からないのだと実感しまし
た。

 それにしても「ボールでゲルググ…」とは。あなたも好きですね。  
Posted by zanki9 at 2011年03月06日 12:39
「中学の段階で物理・化学・生物・地学に分かれている。」

中高一貫校には「理科」という科目の先生なんていないですからね。必然的に中学の段階から分かれることになります。
Posted by bobbob1978 at 2011年03月05日 09:08