2011年07月21日 23:30 [Edit]

tips - Lionの唸り声がしばらくやかましい理由

OS X Lion - Apple���

獅子来る。

アップル - OS X Lion - Lionを手に入れよう。Mac App Storeだけで購入できます。
MacをOS X Lionにアップグレードする方法は極めてシンプル。Mac App Storeアイコンをクリックして、Lionを購入するだけです。価格は2,600円。あとはMacにまかせましょう。Lionをダウンロードするために必要なものがそろっているか、確認しておくのをお忘れなく。

というわけで私も(今や旧式の)Mac Book Air 3,2 と(もっと旧式の)iMac 11,1 を獅子化したのだけど、一つ引っかかったことがある。


なぜか、冷却ファンがまわりっぱなしなのである。

特にMacBook Air。そもそも回ることさえ滅多にないのにフル回転。

割とすぐに思い立ったのが、 SpotLight のインデックス作成。

実際 Activity Monitor を見てみると、mdsががんばっていた上、Spotlightメニューはこんな感じになっていた。

lion-spotlight-indexing

これならしばらく放っておけば落ち着く。

そう思って放置すること小一時間。Spotlightメニューからバーグラフは消え、普通に検索できるようになっていた。

なのにまだmdsはがんばりつづけ、Macbook Airのファンはまわり続けている。

なにこれきしょい。

で、調べてみた結果。意外な事実が判明した。

なんと、Time Machineのバックアップディスクまで、Lionはインデクシングしていたのである。

% sudo mdutil -s '/Volumes/'Time Machine Backups'
/Volumes/Time Machine Backups:
	Indexing enabled.

これでは時間がかかるわけである。

ただでさえバックアップ元よりファイルも多いのに、リモートディスクなのだから。

結局どうしたかというと、 MacBook Air の方 は、これまでのTime Machineディスクイメージをバックアップした上で、新規バックアップを作成した。これなら作成と同時にインデクシングも同時になされる上、インデックスの対象も少なくなる。

ファイル数180万、65GB弱。5GHzの11nで2時間半。Time Capsuleを新調しておいてよかった。

Lion の Spotlight Index はそれ以前のものと非互換なようで、よってはじめからボリューム内すべてのファイルをインデックスしなおす。これもまた時間がかかる理由の一つだ。

よって、古いインデックスも削除することにした。こんな感じ。

% sudo mdutil -i off /
% sudo rm -rf /.Spotlight-V100/Store-V1/Stores
% sudo mdutil -E -i on /

意味するところは、man mdutil でご確認を。

私の MacBook Air の場合、これで2GB強浮いた。

しかしそうして作り直された Spotlight の威力もまたすばらしい。以前よりずっと細かく属性を指定できる上、Time Machineの内部ですら内容検索ができる(以前はインデックスを使わない、ファイル名検索などしかできなかったはず)。Macbook Airも今までどおりの静けさを取り戻した。

というわけで「Lionがうるさい」とお嘆きの方は、しばらく放置してあげておいて下さい。主人に懐くのに必要な過程みたいなので。

Dan the New Lion Master


この記事へのトラックバックURL