2011年09月21日 04:10 [Edit]

0th Impression - Windows Phone IS12T

IS12T

なぜかAndroid Phone & Tabletまでおまけについてきてしまったが、IS12Tを購入した。Metro UIをもっと知りたかったので。

Metro UIに関しては別記事で改めて書くことにして、まずはIS12Tという携帯端末について、書いておくことにする。店頭で触ったり借りたりしただけではわからないこともかなりあるので。


  • 色はシトラス。マジェンタにしてもこれにしても、UIにあわせるには難しい色なのに、これがMetro UIにぴったし合わさる。このことだけでもMetro UIは評価に値するんじゃないか。
  • 動作は機敏。よくある「サクサク」とか「ヌルヌル」という形容詞より、テキパキという言葉が似つかわしい。このあたりはMetro UIの考察記事でもう少し詳しく語る予定。
  • 電池の持ちは素晴らしいの一言。現状iPhone 4とタメをはれる唯一のスマートフォンではないか。
  • Windows Phone 7 Connectorの出来が素晴らしい。 iTunesでiOSデバイスを同期したことがある人であれば何の問題もなく使えるレベル。プレイリストもiTunesのそれがそのまま使えるし、メディアもプレイリストごとやムービーごとの選択もできる。メディア同期だけではなく、Windows Phone 7デバイスのフルバックアップ/リストアにも対応しているのにはMicrosoft++
  • ただし、Zune Marketplaceにはアクセスできない。もっともiPhoneのApp Store同様、Marketplaceにはデバイスから直接アクセスできるしその方が便利だったりするので不便はまるで感じない。
  • それだけに、iOSのiTunesアプリと同様の期待を Music+Videos Hub にかけると幻滅を味わうことになる。楽曲の早送りと巻き戻しができない(さすがにスキップはできる)し、イコライザーもついていない(余談だけどiPod/iPhone標準イヤフォンでも、イコライザーの設定を"small speakers"にしておくだけで低音部がずっとよくなる。これ豆な)。Cover Flowなんてどこにもない
  • しかしこれらのことに目をつぶったとしても、スクリーンロックすると音量ボタンまでシカトするってどうよ?Appleでさえ、iPod Touchの音量ボタンを復活させたというのに。個人的には、一番がっかりだったのがここ。iPhoneはスマフォであると同時にiPodでもある。もしZune HDのUIがこのとおりだったとしたら、そりゃ売れないわー。
  • あとカバーイメージで、同期されるものとされないものがあるのだけど、どうやらPNGなカバーイメージが表示されないっぽい。こういうバグ報告って窓口あるのかな?
  • 「アプリが少ない」という声も大きいけど、私はむしろ逆に感じた。Marketplaceにはすでにブラウズしきれないほど多くのアプリが上がっていて、懐中電灯のようなニッチなものまですでにある。ただiOS App Storeと比べて、有料率が高いように感じた。iOSと違って試用ができるからかな。
  • ボタンの配置は、これが正しい。というかXperia以外、つまり[戻る]ボタンが右側にあるandroid phonesは全部ミキサーにかけるべき
  • でもIS12Tのそれは細すぎ。これじゃ指の腹で押せない。指のへりか爪で押す羽目になる。防水と誤動作防止の兼ね合いでこうなったのかも知れないが、「あとからソフトウェアで改善しようがない」IS12Tの改善点として、私的には唯一最大なのがこれ。
  • Galaxyを除くAndroid Phone全般にも言えることだけど、スクリーンショットが取れないってどういうことよ?これなしでどうやってエバンジェリストが人に薦めるっていうの?リアルでどうぃ〜〜〜んいわせっちゅうんか?

総評としては、ななふぉの中の人に120%同意。

iPhoneに完成度で劣るが、将来への期待を感じさせる - Windows Phone「IS12T」レビュー:ITpro
このようにWindows Phoneは高い将来性を秘めており、IS12Tにもその一端が見え隠れしているものの、現時点ではiPhoneのほうがプラットフォームとしての成熟度が高く、優れていると言わざるを得ない。たとえば初めてスマートフォンを購入するユーザーや、スマートフォンで何ができるのか知らないユーザーにはiPhoneを薦めておく

それでも、未熟なWindows Phoneを今買ったのは、iPhoneのおかげ。ソフトウェアがバージョンアップするごとに使いやすくなっていくあの体験を、またしてみたくなったから。前述のとおりソフトウェアで直しようがないハードウェア由来の不満は、キーの大きさぐらいで、あとはいくらでもソフトウェアの改良でよくなる点ばかり。この点におけるAndroidのトラックレコードは投資不適格。Windows Phoneはまだこれからだが、少なくとも Windows Phone 7 Connectorを見れば、この点においてMicrosoftが手を抜いたりハードウェアベンダーやキャリアーに妥協することはありえないことが強く感じられる。

というわけでまずはMicrosoftにお願い。なるはやでスクリーンショットを取れるようにしてくれ。それが出来ないなら、社員総出で店先でどうぃ〜〜〜んいわすぞ!

Dan the WP7 Newbie


この記事へのトラックバックURL